SharePoint の BCS 開発環境のセットアップSetting up a development environment for BCS in SharePoint

Business Connectivity Services (BCS) を使用してSharePointソリューションや SharePoint アドインを開発するための開発環境のセットアップについて説明します。 構築するソリューションのタイプによって、クライアント コンピューターまたはサーバー コンピューター上で、BCS を使用して SharePoint ソリューションや SharePoint アドインを作成できます。Learn about setting up a development environment for developing SharePoint solutions and SharePoint Add-ins using Business Connectivity Services (BCS). You can create SharePoint solutions and SharePoint Add-ins by using BCS on a client computer or on a server computer, depending on the type of solution you are building.

サーバーベースのソリューションと SharePoint アドインを構築するBuilding server-based solutions and SharePoint Add-ins

通常、BCS ソリューションとアプリの多くは、サーバー環境でホストされます。これらのサーバー ソリューションおよびアプリは、SharePointの BCS のすべての機能によって大きな柔軟性が得られます。Typically, the majority of BCS solutions and apps will be hosted in a server environment. These server solutions and apps provide the greatest amount of flexibility with all of the features of BCS in SharePoint.

サーバーベースのソリューションでは、ソリューションの開発は、通常、SharePointがインストールされたローカル コンピューターで行うほうが有利です。そうすれば、ソリューションの作成とテストを行う際に、本番環境のサーバーに展開することができます。開発環境は、ホスト ワークステーション上または、Windows Server 2008 Service Pack 2 を実行する 1 つ以上の仮想コンピューター上に構築できます。For server-based solutions, it is usually best to develop the solution on a local computer where SharePoint is installed and then, when the solution is built and tested, deploy it to the production server. You can install a development environment on either a host workstation or on one or more virtual computers that are running Windows Server 2008 Service Pack 2.

SharePoint アドインを構築するための環境をセットアップするSetting up an environment to build SharePoint Add-ins

BCSでアプリを開発するために使用する環境は、あらゆる SharePoint アドインを開発するための環境と同じです。The environment that you use for developing apps with BCS is the same as for developing any SharePoint Add-in.

オペレーティング システム、SharePoint、Visual Studio 2012、Office Developer Tools for Visual Studio 2012 など、開発環境のコンポーネントをインストールする方法を習得するには、「 SharePoint の一般的な開発環境の設定」の手順に従ってください。To learn how to install the components of a development environment, including the operating system, SharePoint, Visual Studio 2012, and Office Developer Tools for Visual Studio 2012, follow the instructions in Set up a general development environment for SharePoint.

クライアントベースのソリューションを構築するBuilding client-based solutions

クライアントベースのソリューションでは、Office 2013 クライアント アプリケーションを使用して、SharePoint ソリューションまたは SharePoint アドインからアクセスできる同じ外部データにアクセスすることができます。これを行うには、BCS クライアント キャッシュを使用してコードを実行します。クライアント コンポーネントは、クライアントサイドのコードとクライアント キャッシュを使用して BCSとデータをやり取りします。これにより、Office クライアント アプリケーションに、外部コンテンツ タイプを介して SharePoint が使用できるリッチ データを提供します。Client-based solutions enable Office 2013 client applications to access the same external data that a SharePoint solution or SharePoint Add-in can. You can do this by implementing code using the BCS Client Cache. The client components communicate with BCS through client-side code and the client cache. This provides Office client applications with the rich data that is available to SharePoint through external content types.

これらのソリューションはコードを必要としないため、SharePoint Designer 2013や Office 2013 を使用できます。Because these solutions don't require code, you can use SharePoint Designer 2013 and Office 2013.

関連項目See also