AppliedWebFeatures 要素 (アップグレード)AppliedWebFeatures element (Upgrade)

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

Microsoft SharePoint Foundation 2010 で作成された web サイト用には、「プロビジョニング」としてマークする機能を web サイトの一覧を提供します。Supplies a list of website Features to be marked as "provisioned" for websites created in Microsoft SharePoint Foundation 2010. などに関連する) の新しいバージョンと同じアナウンス機能の以前のバージョンのお知らせリスト テンプレートを割り当てる必要があります。For example, an announcements list template of the previous version must be mapped (related) to its equivalent announcements Feature in the new version.

<AppliedWebFeatures>
    <Feature
      ID = "GUID"
      Force = "true" | "false" />
</AppliedWebFeatures>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

なしNone

子要素Child elements

親要素Parent elements

注釈Remarks

AppliedWebFeatures要素は、web サイトをアップグレードすると、機能をアクティブにするイベント ハンドラーを実行するなど、各機能をアクティブにします。The AppliedWebFeatures element activates each feature, including running a Feature activating event handler, when the website is upgraded. これにより、アップグレード時にカスタム コードを実行し、カスタムのサイトの変換を行うためだけのカスタム機能を実装することができます。This allows you to run custom code during upgrade, and implement custom features solely for the purpose of doing custom site transformation.

Example

この要素の使用方法の例では、アップグレード定義スキーマを参照してください。For an example of how this element is used, see Upgrade Definition schema.