プロパティ要素 (ビュー)Property element (View)

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

現在実行している ForEach ループのコンテキストでプロパティを返します。ビューやフィールドを選択し、Property 要素を使って、ループのコンテキストからある属性の値を取得することができます。Returns the property from the context of the current ForEach loop. When a view or field is selected, the Property element can be used to retrieve a specific attribute value from it.

<Property
  AutoHyperLink = "TRUE" | "FALSE"
  AutoHyperLinkNoEncoding = "TRUE" | "FALSE"
  AutoNewLine = "TRUE" | "FALSE"
  Default = "Text"
..ExpandXML = "TRUE" | "FALSE"
  HTMLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  Name = "Text"
  OuterLookupField = "TRUE" | "FALSE"
  Select = "Text"
  StripWS = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncode = "TRUE" | "FALSE"
  URLEncodeAsURL = "TRUE" | "FALSE">
</Property>

要素と属性Elements and attributes

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。The following sections describe attributes, child elements, and parent elements.

属性Attributes

属性Attribute 説明Description
AutoHyperLinkAutoHyperLink
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEのテキストを囲むように<A>(www.microsoft.com など) のハイパーリンクと同じようにテキストが表示されている場合にタグを付けます。TRUE to surround text with <A> tags if the text appears like a hyperlink (for example, www.microsoft.com).
AutoHyperLinkNoEncodingAutoHyperLinkNoEncoding
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEのテキストを囲むように<A>タグを HTML エンコードせずにハイパーリンク (たとえば、www.microsoft.com) のようにテキストが表示された場合。TRUE to surround text with <A> tags if the text appears like a hyperlink (for example, www.microsoft.com) but without HTML encoding.
AutoNewLineAutoNewLine
オプションの BooleanOptional Boolean. TRUEを挿入する<BR>タグをテキスト ストリームにし、複数のスペースを改行をしないスペースに置き換えます (&nbsp;)。TRUE to insert <BR> tags into the text stream and to replace multiple spaces with a nonbreaking space (&nbsp;).
DefaultDefault
オプションの TextOptional Text. 選択によって返される値が空の文字列である場合に、この属性に割り当てられているテキストを表示 ("")。Renders the text assigned to this attribute if the value returned by a selection is an empty string ("").
ExpandXMLExpandXML
オプションの Boolean。レンダリングされたコンテンツを CAML (Collaborative Application Markup Language) インタープリタに再度渡す場合は、TRUE に設定します。これにより、CAML で CAML をレンダリングできます。Optional Boolean. TRUE to re-pass the rendered content through the Collaborative Application Markup Language (CAML) interpreter, which allows CAML to render CAML.
HTMLEncodeHTMLEncode
オプションの BooleanTRUE で、ブラウザにテキストとして表示されるように埋め込み文字を変換します。つまり、HTML タグと混同する可能性がある文字はエンティティに変換されます。Optional Boolean. TRUE to convert embedded characters so that they are displayed as text in the browser. In other words, characters that could be confused with HTML tags are converted to entities.
名前Name
オプションの Text。プロパティの名前を指定します。Optional Text. Specifies the name of the property.
OuterLookupFieldOuterLookupField
オプションの Text。フィールド定義で使います。Optional Text. Used in field definitions
SelectSelect
必須の Text。選択するプロパティの名前を指定します。Required Text. Specifies the name of the property to select.
StripWSStripWS
オプションの Boolean。要素から返される値の先頭および末尾にある空白を削除する場合は、TRUE を設定します。Optional Boolean. TRUE to remove white space from the beginning and end of the value returned by the element.
URLEncodeURLEncode
オプションの BooleanOptional Boolean. 場合は TRUE 、スペースなどの特殊文字に変換するのには引用符で囲まれた UTF-8 形式 (たとえば、%c3%abの文字をë)。TRUE to convert special characters, such as spaces, to quoted UTF-8 format (for example, %c3%ab for character ë).
URLEncodeAsURLURLEncodeAsURL
オプションの BooleanOptional Boolean. URLEncode、ですが、 TRUEを指定する文字列をエンコードする URL のパス コンポーネント スラッシュを転送するためのように (/) はエンコードされません。Like URLEncode, but TRUE to specify that the string to encode is a path component of a URL so that forward slashes (/) are not encoded.

子要素Child elements

なしNone

親要素Parent elements

多数Numerous

出現回数Occurrences

  • 最小 : 0Minimum: 0
  • 最大 : 制約なしMaximum: Unbounded

備考Remarks

<Property Select="."/>ではスキーマの要素の本文を返します。The line <Property Select="."/> returns the body of the element in the schema that is being enumerated. ようにForEachステートメント内で、<ForEach Select="CHOICES/CHOICE">を指定する<Property Select="."/>の条件のいずれかのテキストを返します。For example, within a ForEach statement such as <ForEach Select="CHOICES/CHOICE"> specifying <Property Select="."/> would return the text of one of the conditionals.

プロパティが見つからない場合は、選択で指定したテキストと同じ名前がスキーマの列挙体の現在の要素の副要素が評価されます。If a property cannot be found, a subelement of the current element in the schema enumeration is evaluated whose name is equal to the text specified by Select. フィールド要素を持たないプロパティの既定値] と呼ばれる場合など、<Property Select="Default"/>既定値と呼ばれる副要素を検索し、場合は、本文テキストのレンダリングが見つかりました。For example, if a Field element has no property called Default, <Property Select="Default"/> will also search for a subelement called Default and render its body text if found.

Example

次のように記述すると、現在着目しているフィールドやビューの Name プロパティの値に置き換えられます。The following line of code returns the Name property from the current field or view.

<Property Select="Name"/>

関連項目See also