サイト スキーマSite schema

に適用されます: SharePoint 2016 |SharePoint Foundation 2013 |SharePoint オンライン |SharePoint Server 2013Applies to: SharePoint 2016 | SharePoint Foundation 2013 | SharePoint Online | SharePoint Server 2013

共同作業アプリケーション マークアップ言語 (CAML)のサイトのスキーマを使用して、サイト コレクションのルート サイトを含む web サイトを作成するためのメタデータを定義します。The Site schema of Collaborative Application Markup Language (CAML) is used to define metadata for creating websites, including the root site of site collections. サイト定義では、ナビゲーション バー、リスト テンプレート、ドキュメント テンプレート、リストの基本タイプ、構成、モジュール、コンポーネント、およびサイトを作成するためのサーバー電子メールのフッターを指定します。A site definition specifies the navigation bars, list templates, document templates, list base types, configurations, modules, components, and server email footer for creating sites.

%ProgramFiles%\Common ファイルにサーバーの extensions\15\TEMPLATE\SiteTemplates、および、 Onet.xmlファイルをサイト定義を指定するWebTemp*.xml %ProgramFiles%\ にあるファイルファイルにサーバーの一般的な extensions\15\TEMPLATE\1033\XML です。The site definition is specified through an Onet.xml file located in %ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\SiteTemplates, and through a WebTemp*.xml file located in %ProgramFiles%\Common Files\Microsoft Shared\web server extensions\15\TEMPLATE\1033\XML.

サイトを作成またはオブジェクト モデル (たとえば、 SPWeb対象のクラスのメンバーまたは、 SPSiteクラスとSPSiteCollectionクラスのメンバー) を使用してプログラムによって変更できます。Sites can be created or modified programmatically through the object model (for example, members of the SPWeb and SPWebCollection classes, or members of the SPSite and SPSiteCollection classes). リモートで作成または管理 Web サービス ( Adminクラスのメソッド)、ドキュメント ワークスペースの Web サービス ( Dwsのメソッド)、または会議の Web サービス (会議のメンバー) を使用して変更します。They can also be remotely created or modified through the Administration Web service (methods of the Admin class), the Document Workspace Web service (methods of Dws), or the Meetings Web service (members of Meetings).

サイト スキーマ要素Site schema elements

Onet.xmlOnet.xml

<プロジェクト><Project>

<NavBars><NavBars>

<ナビゲーション バー><NavBar>

<NavBarLink><NavBarLink>

<NavBarPage><NavBarPage>

<ListTemplates><ListTemplates>

<ListTemplate><ListTemplate>

<DocumentTemplates><DocumentTemplates>

<DocumentTemplate><DocumentTemplate>

<DocumentTemplateFiles><DocumentTemplateFiles>

<DocumentTemplateFile><DocumentTemplateFile>

<BaseTypes><BaseTypes>

<BaseType><BaseType>

<メタデータ><MetaData>

<構成><Configurations>

<構成><Configuration>

<ExecuteUrl><ExecuteUrl>

<リスト><Lists>

<リスト><List>

<データ><Data>

<行><Rows>

<行><Row>

<フィールド><Field>

<モジュール>(モジュールのスキーマを参照してください)<Modules> (see Module schema)

<WebFeatures><WebFeatures>

<機能><Feature>

<プロパティ><Properties>

<プロパティ><Property>

<SiteFeatures><SiteFeatures>

<機能><Feature>

<プロパティ><Properties>

<プロパティ><Property>

<モジュール>(モジュールのスキーマを参照してください)<Modules> (see Module schema)

<コンポーネント><Components>

<ExternalSecurityProvider><ExternalSecurityProvider>

<FileDialogPostProcessor><FileDialogPostProcessor>

<ServerEmailFooter><ServerEmailFooter>

モジュールのスキーマModule schema

<モジュール><Module>

<ファイル><File>

<AllUsersWebPart><AllUsersWebPart>

<BinarySerializedWebPart><BinarySerializedWebPart>

<GUIDMap><GUIDMap>

<GUID><GUID>

<Web パーツ><WebPart>

<NavBarPage><NavBarPage>

<プロパティ><Property>

<ビュー><View>

<BinarySerializedWebPart><BinarySerializedWebPart>

<GUIDMap><GUIDMap>

<GUID><GUID>

<Web パーツ><WebPart>

<WebPartConnection><WebPartConnection>

<WebPartTransformer><WebPartTransformer>

WebTemp*.xmlWebTemp*.xml

<テンプレート><Templates>

<テンプレート><Template>

<構成><Configuration>

関連項目See also