SharePoint アドインのオンプレミスの開発環境をセットアップするSet up an on-premises development environment for SharePoint Add-ins

開発環境の要件は、条件的にもコスト的にも本番稼働環境より緩和された要件となっています。ここに記載するガイドラインは本番稼働環境のインストールには該当しません。The requirements for a development environment are less stringent and costly than the requirements for a production environment, and the guidelines described here do not support a production environment installation.

SharePoint を本番稼働用にインストールして環境を構築する際の手順については、次の記事を参照してください。For the instructions to set up a production environment installation of SharePoint, see:

SharePoint アドインの開発環境用にオペレーティング システムをインストールするInstall the operating system for your development environment for SharePoint Add-ins

どんな開発環境でも、SharePointをインストールして実行するには、x64 対応の CPU と少なくとも 16 GB の RAM が搭載されているコンピューターを使用する必要があります (24 GB の RAM を推奨)。In any development environment, you should use a computer with an x64-capable CPU, and at least 16 GB of RAM to install and run SharePoint; 24 GB of RAM is preferable.

それぞれの要件および予算に応じて、以下の選択肢から選択できます。Depending on your specific requirements and budget, you can choose from the following options:

  • SharePoint を Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 または Windows Server 2012 にインストールします。Install SharePoint on Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 or Windows Server 2012.

  • Microsoft Hyper-V を使用して、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 または Windows Server 2012 ゲスト オペレーティング システムが実行されている仮想マシンに SharePoint をインストールします。Use Microsoft Hyper-V and install SharePoint on a virtual machine running a Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 or a Windows Server 2012 guest operating system. SharePoint 用に Microsoft Hyper-V 仮想マシンをセットアップする場合のガイダンスについては、「SharePoint 仮想マシンと Hyper-V 環境にベスト プラクティスの構成を使用する」を参照してください。For guidance on setting up a Microsoft Hyper-V virtual machine for SharePoint, see Use best practice configurations for the SharePoint virtual machines and Hyper-V environment.

注意

SharePoint のインストールは、Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 または Windows Server 2012 でのみサポートされています。Installation of SharePoint is supported only on Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 x64 or Windows Server 2012. Windows 7 または Windows 8 上で SharePoint 用の SharePoint アドインを開発する場合は、Office 365 開発者向けサイトにサインインして、リモートでアドインを開発できます。If you want to develop SharePoint Add-ins for SharePoint on Windows 7 or Windows 8, you can sign up for an Office 365 Developer Site and develop add-ins remotely.

オペレーティングシステムと SharePoint の前提条件をインストールするInstall the prerequisites for the operating system and SharePoint

  1. インストール ファイルに含まれている PrerequisiteInstaller.exe ツールを実行します。Run the PrerequisiteInstaller.exe tool that is included with your installation files.

  2. インストール ファイルに含まれている Setup.exe ツールを実行します。Run the Setup.exe tool that is included with your installation files.

  3. マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項に同意します。Accept the Microsoft Software License Terms.

  4. [インストールの種類を選択してください] ページで [スタンドアロン] を選択します。On the Choose the installation you want page, select Stand-alone.

    図 1. インストールの種類の選択Figure 1. Installation type choice

    SharePoint インストール サーバーの種類

  5. インストール中にエラーが発生した場合は、ログ ファイルを確認します。ログ ファイルを見つけるには、コマンド プロンプト ウィンドウを開いて次のコマンドを入力します。インストールの完了時にはログ ファイルへのリンクも表示されます。If any errors occur in the installation, review the log file. To find the log file, open a Command Prompt window, and then type the following commands at the command prompt. A link to the log file also appears when the installation is complete.

      cd %temp%
    dir /od *.log
    
  6. インストールが完了すると、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを開始するかどうかを確認するメッセージが表示されます。After the installation is complete, you're prompted to start the SharePoint Products and Technologies Configuration Wizard.

    注意

    ドメインに参加していても、ドメイン コントローラーに接続されていないコンピューターを使用している場合、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードは処理を中止することがあります。The SharePoint Products and Technologies Configuration Wizard may fail if you're using a computer that is joined to a domain but that is not connected to a domain controller. このエラーが発生した場合、ドメイン コントローラーに直接、または仮想プライベート ネットワーク (VPN) 接続を介して接続します。あるいは、コンピューターの管理者特権を持つローカル アカウントでサインインします。If you see this failure, connect to a domain controller either directly or through a Virtual Private Network (VPN) connection, or sign in with a local account that has administrative privileges on the computer.

  7. 構成ウィザードが完了すると、新しい SharePoint サイトの [テンプレートの選択] ページが表示されます。After the configuration wizard is complete, you see the Template Selection page of the new SharePoint site. このページで、[開発者向けサイト] テンプレートを選択します。On this page, select the Developer Site template. SharePoint アドインは Visual Studio から開発者向けサイトにのみ展開できます。You can only deploy SharePoint Add-ins from Visual Studio to a Developer Site.

    図 2. サイト テンプレートの選択ページFigure 2. Select the site template page

    サイト テンプレート ページ

SharePoint のサービスをサーバー間アドインで使用するために構成するConfigure services in SharePoint for server-to-server add-in use

この手順では、SharePoint のサービスをサーバー間アドインで使用するために構成します。In this step, you configure services in SharePoint for server-to-server add-in use. これらの手順を実行すると、プロバイダー ホスト型の信頼性の高いアドインを作成できます。These steps ensure that you will be able to create high trust provider-hosted add-ins with your installation. このようなアドインの作成の詳細については、「SharePoint の高信頼性アドインを作成する」を参照してください。For more information about creating this kind of add-in, see Create high-trust SharePoint Add-ins.

App Management Service とユーザー プロファイル アプリケーションが構成されていることを確認します (SharePoint アドインの元の名前は「SharePoint 用アプリ」でした。そのため、App Management Service と呼ばれています)。Ensure that the App Management Service and user profile application are configured (it is called "App Management Service" because SharePoint Add-ins were originally named "apps for SharePoint"). 手順は次のとおりです。The steps are as follows:

  1. [サーバーの全体管理] で、[アプリケーション構成の管理][サービス アプリケーションの管理] を選択します。In Central Administration, under Application Management, select Manage service applications.

  2. [ サービス アプリケーション] ページで、次のサービスが開始されていることを確認します。On the Service Applications page, ensure that the following services are started:

    • User Profile Service アプリケーションUser Profile Service Application
    • アプリ管理サービスApp Management Service
  3. [ アプリケーション管理] の [ サーバーのサービスの管理] をクリックします。Under Application Management, select Manage services on server.

  4. [ サーバーのサービス] ページで、次のサービスが開始されていることを確認します。On the Services on Server page, ensure that the following services are started:

    • ユーザー プロファイル サービスUser Profile Service

少なくとも 1 つのプロファイルが [ User Profile Service アプリケーション] に作成されていることを確認します。手順は次のとおりです。Ensure that at least one profile is created in the User Profile Service Application. The steps are as follows:

  1. [ サーバーの全体管理] で、[ アプリケーション構成の管理] の [ サービス アプリケーションの管理] を選択します。In Central Administration, under Application Management, select Manage service applications.

  2. 次に、[ User Profile Service アプリケーション] をクリックします。Next, select User Profile Service Application.

  3. [ プロファイル サービスの管理: User Profile Service アプリケーション] ページで、[ ] の [ ユーザー プロファイルの管理] をクリックします。On the Manage Profile Service: User Profile Service Application page, under People, select Manage User Profiles.

  4. [ ユーザー プロファイルの管理] ページで、[ 新しいプロファイル] をクリックします。On the Manage User Profiles page, select New Profiles.

  5. [ ユーザー プロファイルの追加] ページで、アカウント名と電子メール アドレスを入力します。On the Add User Profile page, type your account name and email address.

  6. [保存して閉じる] をクリックします。Select Save and Close.

    注意

    作成するプロファイルが既に存在していることを通知するメッセージが表示された場合は、[キャンセルして戻る] をクリックします。If you get a message saying that the profile you are trying to create already exists, select Cancel and Go Back.

  7. [ユーザー プロファイルの管理] ページに戻り、[プロファイルの合計: 1] が表示されていることを確認します。Back on the Manage User Profiles page, you should see Total number of profiles: 1.

Visual Studio と Office Developer Tools for Visual Studio をインストールするInstall Visual Studio and Office Developer Tools for Visual Studio

Visual Studio での詳細ログVerbose logging in Visual Studio

詳細ログを有効にする場合、次の手順を実行してください。Follow these steps if you want to turn on verbose logging:

  1. レジストリを開き、HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\ nn.n\SharePointTools に移動します。nn.n は Visual Studio のバージョン (12.0、14.0 など) です。Open the registry, and go to HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\VisualStudio\ nn.n\SharePointTools, where nn.n is the version of Visual Studio, such as 12.0 or 14.0.

  2. EnableDiagnostics という DWORD キーを追加します。Add a DWORD key named EnableDiagnostics.

  3. このキーの値に 1 を指定します。Give the key the value 1.

レジストリ パスは Visual Studio の将来のバージョンで変更されます。The registry path will change in future versions of Visual Studio.

SharePoint の分離アドイン ドメインを構成するConfigure an isolated add-in domain in SharePoint

このセクションの手順を実行する前に、「ホスト Web、アドイン Web、分離ドメイン」を読んでください。Before you carry out any procedures in this section, read Host webs, add-in webs, and the isolated domain.

テスト SharePoint ファームに分離ドメインを作成する必要があります。また、SharePoint インストール環境では、SharePoint がホストするアドインをプロビジョニングできる場所となる、汎用ワイルドカード ホスト ヘッダー ドメインが必要になります。You must create an isolated domain in your test SharePoint farm. Also, your SharePoint installation needs a general wildcard host header domain where it can provision SharePoint-hosted add-ins.

開発目的の場合は、必要に応じて、開発用コンピューターが SharePoint アドイン のテスト用インスタンスにルーティングされるようにホスト ファイルを変更することができます。Visual Studio は、アドインの構築時および展開時には自動でホスト ファイルを変更します。For development purposes, you can modify your hosts file as you need to route your development computer to a test instance of a SharePoint Add-in. Visual Studio modifies your hosts file automatically when you build and deploy the add-in.

注意

運用フォームの場合、イントラネット内で DNS ルーティング方針を策定しオプションでファイアウォールを構成することが必要な場合もあります。For production farms, you would have to create a DNS routing strategy within your intranet and optionally configure your firewall. SharePoint アドインの運用環境の作成と構成についての詳細は、「SharePoint アドインをインストールおよび管理する」を参照してください。For more information about how to create and configure a production environment for SharePoint Add-ins, see Install and Manage SharePoint Add-ins.

次の手順を実行して、分離アドイン ドメインを作成します。Perform the steps in the following procedure to create an isolated add-in domain.

注意

以下に説明するすべての手順は、ファーム管理者としてサインインして実施する必要があります。また、コマンド プロンプトおよび SharePoint 管理シェルは管理者として実行する必要があります。You must perform all the steps in the following procedure while signed in as the farm administrator, and you must run the command prompt and the SharePoint Management Shell as an administrator.

開発用コンピューターに分離アドイン ドメインを作成するCreate an isolated add-in domain on your development computer

  1. コマンド プロンプトを開いて以下のコマンドを入力し、spadmin サービスと sptimer サービスが実行されるようにします。Ensure that the spadmin and sptimer services are running by opening a command prompt and entering the following commands:

      net start spadminv4
      net start sptimerv4
    
  2. SharePoint 管理シェルを管理者として実行し、次のコマンドを入力して、分離アドイン ドメインを作成します。Create your isolated add-in domain by running the SharePoint Management Shell as an administrator and entering the following command.

    contosoaddins.com は、使用するアドイン ドメインに置き換えます。Replace the contosoaddins.com with your add-in domain. ホスト SharePoint ドメインのサブドメインにはしないでください。It should not be a subdomain of the host SharePoint domain. サブドメインにすると、分離アドイン ドメインを使用するセキュリティ上の利点が大きく損なわれることになります。Doing so largely defeats the security advantages of having isolated add-in domains. たとえば、ホスト ドメインが contoso.com の場合には、addins.contoso.com をアドイン ドメインとして使用しないでください。For example, if the host domain is contoso.com, do not use addins.contoso.com as the add-in domain.

      Set-SPAppDomain "contosoaddins.com"
    
  3. SharePoint 管理シェルで次のコマンドを入力して、SPSubscriptionSettingsService サービスと AppManagementServiceInstance サービスが実行されるようにします。Ensure that the SPSubscriptionSettingsService and AppManagementServiceInstance services are running by entering the following command in the SharePoint Management Shell:

      Get-SPServiceInstance | where{$_.GetType().Name -eq "AppManagementServiceInstance" -or $_.GetType().Name -eq "SPSubscriptionSettingsServiceInstance"} | Start-SPServiceInstance
    
  4. SharePoint 管理シェルで次のコマンドを入力して、SPSubscriptionSettingsService サービスと AppManagementServiceInstance サービスが実行されていることを確認します。Verify that the SPSubscriptionSettingsService and AppManagementServiceInstance services are running by entering the following command in the SharePoint Management Shell. 各サービスがオンラインかどうかが出力に表示されます。The output will indicate whether each service is online.

      Get-SPServiceInstance | where{$_.GetType().Name -eq "AppManagementServiceInstance" -or $_.GetType().Name -eq "SPSubscriptionSettingsServiceInstance"}
    
  5. SPSubscriptionService と AppManagementServiceInstance のサービス インスタンスが実行されるアカウントを指定する必要があります。You must specify an account under which the SPSubscriptionService and AppManagementServiceInstance service instances will run. このアカウントは SPManagedAccount になる必要があります。This account must be an SPManagedAccount. SharePoint 管理シェルで次のコマンドを入力すると、SPManagedAccount を作成できます (アカウント ドメイン\ユーザーとパスワードを入力する必要があります)。You can create an SPManagedAccount by entering the following command in the SharePoint Management Shell (you'll be prompted for the account domain\user and password):

      $account = New-SPManagedAccount
    
  6. SharePoint 管理シェルで以下のコードを入力し、SPSubscriptionService および AppManagementServiceInstance サービスについてアカウント、アプリケーション プール、およびデータベースの設定を指定します。SPManagedAccount を前の手順で作成している場合は、そのアカウント名をここで使用します。Specify an account, application pool, and database settings for the SPSubscriptionService and AppManagementServiceInstance services by typing the following code in the SharePoint Management Shell. If you created a SPManagedAccount in the preceding step, use that account name here.

     $account = Get-SPManagedAccount "domain\user" 
     $appPoolSubSvc = New-SPServiceApplicationPool -Name SettingsServiceAppPool -Account $account
     $appPoolAppSvc = New-SPServiceApplicationPool -Name AppServiceAppPool -Account $account
     $appSubSvc = New-SPSubscriptionSettingsServiceApplication -ApplicationPool $appPoolSubSvc -Name SettingsServiceApp -DatabaseName SettingsServiceDB 
     $proxySubSvc = New-SPSubscriptionSettingsServiceApplicationProxy -ServiceApplication $appSubSvc
     $appAppSvc = New-SPAppManagementServiceApplication -ApplicationPool $appPoolAppSvc -Name AppServiceApp -DatabaseName AppServiceDB
     $proxyAppSvc = New-SPAppManagementServiceApplicationProxy -ServiceApplication $appAppSvc
    
  7. SharePoint 管理シェルで次のコードを入力して、アドインのプレフィックスを指定します (「ホスト Web、アドイン Web、および分離ドメイン」を参照してください)。Specify your add-in prefix (see Host webs, add-in webs, and the isolated domain) by typing the following code in the SharePoint Management Shell:

      Set-SPAppSiteSubscriptionName -Name "add-in" -Confirm:$false
    

プロキシ サーバーを使用している環境の場合のみ、以下の手順を実行してください。 分離アドイン ドメインを作成したら、次の手順で Internet Explorer のバイパス一覧にそのドメインを追加します。この設定により、SharePoint ホスト型アドインの展開後、またはアドイン Web が含まれるプロバイダーでホストされるアドインの展開後、このドメインに移動することができるようになります。Carry out the following procedure only if your environment uses a proxy server. After you create your isolated add-in domain, perform the steps in the following procedure to add that domain to your bypass list in Internet Explorer. This ensures that you can navigate to this domain after you deploy a SharePoint-hosted add-in or a provider-hosted add-in that includes an add-in web.

分離アドイン ドメインを Internet Explorer のバイパス リストに追加するAdd your isolated add-in domain to your bypass list in Internet Explorer

  1. Internet Explorer で、[ツール] を開きます。In Internet Explorer, go to Tools.

  2. [インターネット オプション] を選択します。Select Internet options.

  3. [接続] タブで [LAN の設定] ボタンをクリックします。On the Connections tab, select the LAN Settings button.

  4. [設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。Clear the Automatically detect settings check box.

  5. [LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにします。Select the Use a proxy server for your LAN check box.

  6. [詳細設定] ボタンをクリックして、[例外] リストに「*.YourAddinsDomain.com」を追加します。Select the Advanced button, and then add *.YourAddinsDomain.com to the Exceptions list.

  7. [OK] をクリックします。Select OK.

  8. [OK] をクリックして、[ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Select OK to close the Local Area Network (LAN) Settings dialog box.

  9. [OK] をクリックして、[インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。Select OK to close the Internet Options dialog box.

アドインの展開に関するオプションについては、「SharePoint アドインの展開とインストール: 方法とオプション」を参照してください。For information about your options for deploying your add-ins, see Deploying and installing SharePoint Add-ins: methods and options.

ヒント

SharePoint ホスト型アドインをインストールに展開した後、そのアドインを起動する際に、資格情報を使用してサインインするよう指示される場合があります。After you deploy a SharePoint-hosted add-in to your installation, you may be prompted to sign in with your credentials when you try to launch it. これらの指示を解除するには、ループバック チェックを無効にする必要があります。You need to disable the loopback check to get rid of these prompts. ループバック チェックを無効にする方法については、「IIS 5.1 または以降のバージョンでホストされ、統合認証を使用する Web サイトを参照するとエラー 401.1 が表示される」を参照してください。For instructions about how to disable the loopback check, see You receive error 401.1 when you browse a Web site that uses Integrated Authentication and is hosted on IIS 5.1 or a later version.

関連項目See also