Visual Studio 2017 のインストール

ここでは、Visual Studio の新しいインストール方法について説明します。 最新バージョンでは、必要な機能のみをより簡単に選択してインストールできるようになりました。Visual Studio の最小フットプリントが縮小されたことにより、従来よりもさらにすばやくインストールでき、システムへの影響が小さくなります。

他の新機能については、 リリース ノートを参照してください。 また、新しくなったインストール エクスペリエンスの詳細については、Visual Studio インストーラーの処理速度と効率性の向上および影響の少ない Visual Studio インストールの詳細に関するブログ投稿を参照してください。

インストールの準備ができたら、 各ステップを順に実行していきます。

システム要件を確認する

作業を始める前に、システム要件をチェックして、コンピューターが Visual Studio 2017 をインストールできる状態であることを確認します。

Visual Studio をダウンロードする

最初に、Visual Studio をダウンロードします。 これを行うには、次のボタンをクリックし、[保存][フォルダーを開く] の順にクリックします。

インストーラーのインストール

Visual Studio 2017 をダウンロードして、ブートストラップ ファイルを取得します。このファイルを実行すると、新しいライトウェイト インストーラーがインストールされます。 この新しいインストーラーには、インストールのカスタマイズに必要なすべてのものが含まれています。

重要

ご使用のコンピューターに Visual Studio 2017 のプレビュー リリースがインストールされている場合は、Visual Studio 2017 をインストールする前に削除するよう求められます。

  1. [ダウンロード] フォルダーで、次のいずれかと一致する、または似ているブートストラップ ファイルをダブルクリックします。

    • Visual Studio Enterprise の場合は vs_enterprise.exe
    • Visual Studio Professional の場合は vs_professional.exe
    • Visual Studio Community の場合は vs_community.exe

    ユーザー アカウント制御の通知を受信する場合、[はい] をクリックします。

  2. Microsoft のライセンス条項プライバシーに関する声明の確認を求められます。 [続行]をクリックします。

    ライセンス条項とプライバシーに関する声明

インストールの進行状況を示すいくつかのステータス画面が表示されます。 インストールが終了したら、次は、必要な機能セット (ワークロード) を選択します。

ワークロードのインストール

ワークロードを使って、インストールをカスタマイズできます。 必要なワークロードを 1 つ以上選択します。各ワークロードには、好みのプログラミング言語またはプラットフォームに必要な機能が含まれています。

取得方法は次のとおりです。

  1. [Visual Studio のインストール] 画面で、必要なワークロードを見つけます。

    Visual Studio 2017 セットアップ ダイアログ

    たとえば、.NET デスクトップ開発ワークロードを選択します。 これには既定のコア エディターが用意されており、20 を超える言語の基本的なコード編集サポートが含まれ、プロジェクトなしで任意のフォルダーからコードを開いて編集することができます。また、統合ソース コード管理を利用できます。

  2. 必要なワークロード (複数可) を選択したら、[インストール] をクリックします。

    そうすると、ステータス画面が表示され、Visual Studio のインストール状況が示されます。

  3. 新しいワークロードとコンポーネントがインストールされたら、[起動] をクリックします。

個々のコンポーネントのインストール

便利なワークロード機能を使わずに Visual Studio のインストールをカスタマイズする場合は、Visual Studio インストーラーで [個々のコンポーネント] オプションをクリックし、必要なものを選択して、画面の指示に従います。

Visual Studio 2017 - 個々のコンポーネントのインストール

言語パックのインストール

選択した言語で Visual Studio 2017 をインストールするには、Visual Studio インストーラーで [言語パック] オプションをクリックし、画面の指示に従います。

Visual Studio 2017 - 言語パックのインストール

インストーラーの言語の変更

既定では、インストーラー プログラムが、最初の実行時にオペレーティング システムの言語の照合を試みます。 インストーラーはこの設定を記憶します。 コマンド ラインからインストーラーを実行することで、この設定を変更できます。 たとえば、vs_installer.exe --locale en-US コマンドを実行して、インストーラーを英語で実行するように指定することができます。 この設定は、次回インストーラーを実行したときにも保持されています。 インストーラーでは、zh-CN、zh-TW、cs-CZ、en-US、fr-FR、de-DE、it-IT、ja-JP、ko-KR、pl-PL、pt-BR、ru-RU、es-ES、tr-TR という言語トークンがサポートされます。

サポートを受ける

ときには、問題が発生してしまうことがあります。 Visual Studio のインストールが失敗した場合は、「Visual Studio 2017 のインストールとアップグレードの問題のトラブルシューティング」ページにあるトラブルシューティングのヒントをご覧ください。

関連項目