クラシック ページをモダン ページに変換する

従来の SharePoint サイトでは、Wiki ページ、Web パーツ ページ、ブログ ページ、発行ページにクラシック ページが使用されており、これらのページはモダン ユーザー インターフェイスを使って表示できませんでした。 ただし、従来のサイトでは、ハイエンド ユーザー エクスペリエンスを実現する先進のページをホストすることができます。 SharePoint Look Book からインスピレーションを得てください。Office 365 の SharePoint で構築できる最新のエクスペリエンスを見つけることができます。

SharePoint PnP モダン化は、PnP フレームワーク ライブラリ (ソース コード) の一部であり、ページ変換機能が備わっています。この機能については次の章で説明します。

重要

  • ページ変換機能は、Wiki ページ、Web パーツ ページ、ブログ ページ、および発行ページに使用できるようになりました。
  • SharePoint PnP モダン化は、PnP フレームワークの一部であり、継続的に進化しています。リリース ノートで常に最新の変更内容を確認してください。 問題が発生した場合は、「PnP フレームワークに関する GitHub の問題リスト」で問題を提出してください。
  • モダン化ツールと他のすべての PnP コンポーネントは、それらをサポートしてくれるアクティブなコミュニティによって支援されているオープン ソース ツールです。 公式の Microsoft サポート チャネルのオープン ソース ツールのサポート用 SLA ではありません。

ページ変換は、次のうち 1 つ以上のモデルで使用できます。

モデル 手法 対象ユーザー 発行ページのサポート 注釈
ユーザーのためにこちらでページを変換する PowerShell DevOps はい 通常、複数のサイト コレクションのページをモダン化するときに使用します。 PowerShellの使用は、 最も簡単で推奨された アプローチです。
ページ変換処理をこちらで完全に制御する .Net DevOps はい 通常、ページ変換機能を既存のサービスやツールに統合するときに使用します。 ページ変換の中核を成すのは、.NET ベースの SharePoint PnP モダン化フレームワークです。 .NET を使用すると、変換プロセスを細かく調整できます。この方法は、変換プロセスを完全にコントロールする必要がある場合や、ページ変換を別のソリューションや製品に統合する場合にお勧めできる方法です。

ページ変換は、幅広い SharePoint バージョンとページ タイプをソースとしてサポートします。これらはすべて、結果として SharePoint Online の最新のページになります。 以下の表は、最新のページ変換リリースを使用して最新のページに変換できるページの種類とページ ソースを示しています。

ページの種類 SharePoint 2010 SharePoint 2013 SharePoint 2016 SharePoint 2019 SharePoint Online
Wiki ページ x x x x x
Web パーツのページ x x x x x
ブログ ページ x x x x x
発行ページ x x x x x

注意

SharePoint 2010 のページを変換するには、従来のバージョン (SharePointPnPPowerShellOnline / PnP モダン化 フレームワーク) を使用する必要があります。

関連項目