SharePoint Server 2016 を 1 台のサーバーにインストールするInstall SharePoint Server 2016 on one server

要約: 単一サーバーに SharePoint Server 2016 をインストールする方法について説明します。Summary: Learn how to install SharePoint Server 2016 on a single server.

限られた数のユーザーを対象にした少数のサイトのみをホストしている場合、あるいは、試用環境または開発環境を作成する必要がある場合、単一のサーバーに SharePoint Server 2016 をインストールして構成できます。この構成は、最初にニーズを満たすようにファームを構成してから、後の段階でファームにサーバーを追加する場合にも便利です。You can install and configure SharePoint Server 2016 on a single server if you are hosting only a few sites for a limited number of users or if you want to create a trial or development environment. This configuration is also useful if you want to configure a farm to meet your needs first, and then add servers to the farm at a later stage.

注意

SharePoint の以前のバージョンでは、単一サーバー インストールによって SQL Server Express が自動的にインストールされました。SharePoint Server 2016 では、単一サーバー インストールに含まれるのは SharePoint のみです。SQL Server は同じサーバーまたは別のサーバーにインストールすることができ、両方のシナリオがサポートされています。パフォーマンスを向上させるために、SQL Server を別のサーバーにインストールすることをお勧めします。In previous versions of SharePoint, a single server installation automatically installed SQL Server Express. In SharePoint Server 2016, a single server installation contains only SharePoint. SQL Server can be installed on the same server or on a separate server; both scenarios are supported. For better performance we recommend installing SQL Server on a separate server.

概要Overview

セットアップおよび SharePoint 製品構成ウィザード が完了すると、バイナリがインストールされ、セキュリティ権限、レジストリ設定、構成データベース、およびコンテンツ データベースが構成され、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトがインストールされます。その後は、ファーム構成ウィザードを使用したファームの構成、ファームで使用するサービスの選択、最初のサイト コレクションの作成などを行うことができ、必要に応じて手動でファームの構成を実行することもできます。After you have completed setup and the SharePoint Products Configuration Wizard, you will have installed binaries, configured security permissions, configured registry settings, configured the configuration database, configured the content database, and installed the SharePoint Central Administration web site. Next, you can choose to run the Farm Configuration Wizard to configure the farm, select the services that you want to use in the farm, and create the first site collection, or you can manually perform the farm configuration at your own pace.

SharePoint Server 2016 を単一サーバーにインストールする前にBefore you install SharePoint Server 2016 on a single server

SharePoint Server 2016のインストールと構成を開始する前に、以下の操作を実行してください。Before you begin to install and configure SharePoint Server 2016, do the following:

ヒント

必須コンポーネントを手動でインストールする場合も、Microsoft SharePoint 製品準備ツールを実行して、各サーバーで必要な必須コンポーネントを確認できます。If you decide to install prerequisites manually, you can still run the Microsoft SharePoint Products Preparation Tool to verify which prerequisites are required on each server.

SharePoint Server 2016 を単一サーバーにインストールするInstall SharePoint Server 2016 on a single server

SharePoint Server 2016を単一サーバーにインストールして構成するには、以下の手順を行います。To install and configure SharePoint Server 2016 on a single server, you will follow these steps:

  1. Microsoft SharePoint Products and Technologies 2016 Preparation Tool, を実行すると、SharePoint Server 2016 の使用に必要なコンポーネントがすべてインストールされます。Run the Microsoft SharePoint Products and Technologies 2016 Preparation Tool, which installs all prerequisites to use SharePoint Server 2016.

  2. セットアップを実行します。セットアップによって、SharePoint Server 2016のバイナリのインストール、セキュリティ権限の構成、およびレジストリ設定の構成が行われます。Run Setup, which installs binaries, configures security permissions, and edits registry settings for SharePoint Server 2016.

  3. SharePoint 製品構成ウィザードを実行すると、構成データベースとコンテンツ データベースのインストールと構成、および SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトのインストールが実行されます。Run SharePoint Products Configuration Wizard, which installs and configures the configuration database, installs and configures the content database, and installs the SharePoint Central Administration web site.

  4. ブラウザーの設定を構成します。Configure browser settings.

  5. ファーム構成ウィザードを実行すると、ファームが構成され、最初のサイト コレクションが作成され、ファームで使用するサービスが選択されます。Run the Farm Configuration Wizard, which configures the farm, creates the first site collection, and selects the services that you want to use in the farm.

  6. インストール後の手順を実行します。Perform post-installation steps.

重要

以下の手順を完了するには、使用するアカウントが、SharePoint Server 2016 をインストールしようとしているコンピューターで Administrators グループのメンバーである必要があります。ユーザー アカウントの情報については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。To complete the following procedures, the account that you use must be a member of the Administrators group on the computer on which you are installing SharePoint Server 2016. For information about user accounts, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

Microsoft SharePoint 2016 製品の準備ツールの実行Run the Microsoft SharePoint 2016 Products Preparation Tool

前提条件となるコンポーネントは、前提条件コンポーネント インストーラーによって Microsoft ダウンロード センターからインストールされます。したがって、インストーラーを実行するコンピューターはインターネットに接続できる必要があります。次の手順を使用して、SharePoint Server 2016用の前提条件ソフトウェアをインストールします。Because the prerequisite installer downloads components from the Microsoft Download Center, you must have Internet access on the computer on which you are running the installer. Use the following procedure to install software prerequisites for SharePoint Server 2016.

Microsoft SharePoint 2016 製品準備ツールを実行するにはTo run the Microsoft SharePoint 2016 Products Preparation Tool

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint Server 2016 インストレーション ディスク イメージ ソフトウェアで、ISO ファイルをマウントし、splash.hta ファイルをクリックします。SharePoint Server 2016 スプラッシュ画面が表示されます。In the SharePoint Server 2016 installation disc image software, mount the ISO file, and click the splash.hta file. The SharePoint Server 2016 splash screen is displayed.

  3. [ Install software prerequisites ] をクリックします。Click Install software prerequisites.

  4. [SharePoint 2016 製品準備ツールへようこそ] ページで、 [次へ] をクリックします。On the Welcome to the SharePoint 2016 Products Preparation Tool page, click Next.

  5. [ ソフトウェア製品のライセンス条項] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[ 使用許諾契約書の条項に同意します] チェック ボックスをオンにして、[ 次へ] をクリックします。On the License Terms for software products page, review the terms, select the I accept the terms of the License Agreement(s) check box, and then click Next.

  6. [続行するには、システムを再起動する必要があります] ページで、 [完了] をクリックしてコンピューターを再起動します。On the Your system needs to restart to continue page, click Finish to restart the computer.

  7. 手順 2 から 4 を繰り返します。Repeat steps 2-4.

  8. [ インストールの完了] ページで [ 完了] をクリックします。On the Installation Complete page, click Finish.

セットアップを実行するRun Setup

以下の手順では、SharePoint Server 2016のバイナリのインストール、セキュリティ権限の構成、およびレジストリ設定の構成を行います。セットアップの終了時に、SharePoint 製品構成ウィザードを起動するかどうかを選択できます。これについては後で説明します。The following procedure installs binaries, configures security permissions, and edits registry settings for SharePoint Server 2016. At the end of Setup, you can choose to start the SharePoint Products Configuration Wizard, which is described later in this section.

セットアップを実行するにはTo run Setup

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint Server 2016 の開始ページで、[ SharePoint Server のインストール] をクリックします。On the SharePoint Server 2016 Start page, click Install SharePoint Server.

  3. [ プロダクト キーの入力] ページでプロダクト キーを入力して、[ 続行] をクリックします。On the Enter Your Product Key page, enter your product key, and then click Continue.

  4. [ マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項をお読みください] ページで使用許諾契約書の条項を確認し、[ 「マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項」に同意します] ボックスをオンにして、[ 続行] をクリックします。On the Read the Microsoft Software License Terms page, review the terms, select the I accept the terms of this agreement check box, and then click Continue.

  5. オプション: カスタム設定の場所に SharePoint Server 2016をインストールするには、または検索インデックス ファイルをカスタム設定の場所に格納するには、[ ファイルの場所] タブをクリックし、カスタム設定の場所を入力するか、[ 参照] をクリックして目的の場所を指定します。Optional: To install SharePoint Server 2016 at a custom location, or to store search index files at a custom location, click the File Location tab, and then either type the custom location or click Browse to find the custom location.

    注意

    このコンピューターを検索サーバーとして使用する場合、検索インデックス ファイルを別個のストレージ ボリュームまたはパーティションに保存することをお勧めします。保存する必要のある他の検索データは、検索インデックス ファイルと同じ場所に保存されます。この場所はインストール時にのみ設定できます。If you intend to use this computer as a search server, we recommend that you store the search index files on a separate storage volume or partition. Any other search data that needs to be stored is stored in the same location as the search index files. You can only set this location at installation time.

  6. [ 今すぐインストール] をクリックします。Click Install Now.

  7. セットアップが終了すると、サーバーの構成の完了を確認するダイアログ ボックスが表示されます。[ SharePoint 製品構成ウィザードを今すぐ実行する] チェック ボックスがオンであることを確認します。When Setup finishes, a dialog box prompts you to complete the configuration of your server. Ensure that the Run the SharePoint Products Configuration Wizard now check box is selected.

  8. [ 閉じる] をクリックして構成ウィザードを開始します。Click Close to start the configuration wizard.

注意

セットアップが失敗した場合は、セットアップを実行したユーザー アカウントの Temp フォルダー内にあるログ ファイルを調べます。自分自身が同じユーザー アカウントでログインしていることを確認し、エクスプローラーのロケーション バーに「%temp%」と入力します。エクスプローラーのパスが、"1" または "2" で終わる場所に解決される場合は、1 つ上のレベルに移動してログ ファイルを表示する必要があります。ログ ファイル名は SharePoint Server Setup (<タイム スタンプ>) です。If Setup fails, check log files in the Temp folder of the user account you used to run Setup. Ensure that you are logged in using the same user account and then type %temp% in the location bar in Windows Explorer. If the path in Windows Explorer resolves to a location that ends in a "1" or "2", you have to navigate up one level to view the log files. The log file name is SharePoint Server Setup (< time stamp>).

SharePoint 2016 製品構成ウィザードの実行Run the SharePoint 2016 Products Configuration Wizard

構成データベースとコンテンツ データベースをインストールおよび構成し、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトをインストールするには、以下の手順を使用します。Use the following procedure to install and configure the configuration database and the content database, and to install the SharePoint Central Administration website.

SharePoint 製品構成ウィザードを実行するにはTo run the SharePoint Products Configuration Wizard

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint 製品構成ウィザード を既に閉じた場合には、 [スタート] ボタンをクリックし、 [すべてのプログラム] をポイントして、 [Microsoft SharePoint 2016 製品][SharePoint 2016 製品構成ウィザード] の順にクリックします。 [ユーザー アカウント制御] ダイアログ ボックスが表示されたら、 [続行] をクリックします。If you have closed the SharePoint Products Configuration Wizard, you can access it by clicking Start, point to All Apps, click Microsoft SharePoint 2016 Products, and then click SharePoint 2016 Products Configuration Wizard. If the User Account Control dialog box appears, click Continue.

  3. [ SharePoint 製品へようこそ] ページで [ 次へ] をクリックします。On the Welcome to SharePoint Products page, click Next.

  4. 構成中に一部のサービスの再起動が必要になる可能性があることを通知するダイアログ ボックスで、[ はい] をクリックします。In the dialog box that notifies you that some services might have to be restarted during configuration, click Yes.

  5. [ サーバー ファームへの接続] ページで、[ 新しいサーバー ファームの作成] をクリックして、[ 次へ] をクリックします。On the Connect to a server farm page, click Create a new server farm, and then click Next.

  6. [ 構成データベースの設定] ページで、次の操作を行います。On the Specify Configuration Database Settings page, do the following:

  7. [ データベース サーバー] ボックスに、SQL Server を実行しているコンピューターの名前を入力します。In the Database server box, type the name of the computer that is running SQL Server.

  8. [ データベース名] ボックスに構成データベースの名前を入力するか、既定のデータベース名を使用します。既定のデータベース名は SharePoint_Config です。In the Database name box, type a name for your configuration database or use the default database name. The default name is SharePoint_Config.

  9. [ ユーザー名] ボックスに、サーバー ファーム アカウントのユーザー名を入力します。DOMAIN\username 形式でユーザー名を入力してください。In the Username box, type the user name of the server farm account. Ensure that you type the user name in the format DOMAIN\user name.

    Security note: サーバー ファーム アカウントは、構成データベースへのアクセスに使用されます。また、SharePoint サーバーの全体管理 アプリケーション プールのアプリケーション プール ID アカウントとしても機能し、Microsoft SharePoint Foundation Timer Service が実行されるアカウントです。SharePoint 製品構成ウィザード により、このアカウントが SQL Server のログイン アカウント、SQL Server dbcreator サーバー ロール、および SQL Server securityadmin サーバー ロールに追加されます。サービス ファーム アカウントとして指定するユーザー アカウントはドメイン ユーザー アカウントである必要があります。しかし、SharePoint サーバーまたはデータベース サーバー上の特定のセキュリティ グループのメンバーである必要はありません。最小限の特権を与えるという原則に従って、SharePoint サーバーまたはデータベース サーバーの Administrators グループのメンバーではないユーザー アカウントを指定することをお勧めします。Security note: The server farm account is used to access your configuration database. It also acts as the application pool identity account for the SharePoint Central Administration application pool, and it is the account under which the Microsoft SharePoint Foundation Timer service runs. The SharePoint Products Configuration Wizard adds this account to the SQL Server Login accounts, the SQL Server dbcreator server role, and the SQL Server securityadmin server role. The user account that you specify as the server farm account has to be a domain user account. However, it does not have to be a member of any specific security group on your SharePoint servers or your database servers. We recommend that you follow the principle of least-privilege and specify a user account that is not a member of the Administrators group on your SharePoint servers or your database servers.

  10. [ パスワード] ボックスに、ユーザー パスワードを入力します。In the Password box, type the user password.

  11. [ 次へ] をクリックします。Click Next.

  12. [ ファーム セキュリティ設定の指定] ページで、パスフレーズを入力し、[ 次へ] をクリックします。On the Specify Farm Security Settings page, type a passphrase, and then click Next.

    パスフレーズはパスワードに似ていますが、セキュリティを強化する目的で、通常はパスワードより長くなります。パスフレーズは、SharePoint Server 2016 で登録されたアカウントの資格情報を暗号化する目的で使用されます。たとえば、SharePoint 製品構成ウィザード を実行したときに指定した SharePoint Server 2016 のサーバー ファーム アカウントなどです。ファームにサーバーを追加するたびにパスフレーズを使用する必要があるので、パスフレーズを忘れないようにしてください。Although a passphrase resembles a password, it is usually longer to improve security. It is used to encrypt credentials of accounts that are registered in SharePoint Server 2016. For example, the SharePoint Server 2016 server farm account that you provide when you run the SharePoint Products Configuration Wizard. Ensure that you remember the passphrase, because you must use it every time that you add a server to the farm.

    パスフレーズは次の条件を満たしている必要があります。Ensure that the passphrase meets the following criteria:

    • 8 文字以上を含むContains at least eight characters

    • 次の 4 つの文字グループのうち 3 つ以上が含まれているContains at least three of the following four character groups:

    • アルファベットの大文字 (A ~ Z)English uppercase characters (from A through Z)

    • アルファベットの小文字 (a ~ z)English lowercase characters (from a through z)

    • 数字 (0 ~ 9)Numerals (from 0 through 9)

    • アルファベット以外の文字 (!、$、#、% など)Nonalphabetic characters (such as !, $, #, %)

  13. [サーバーの役割の指定] ページで、適切な役割を選択し、 [次へ] をクリックします。On the Specify Server Role page, choose the appropriate role, click Next.

    注意

    単一サーバー ファームでは、 Single Server Farm 役割を選択することをお勧めしますが、サーバー上で実行するサービス インスタンスを個別に管理する場合には、 Custom 役割を選択できます。方針を変えた場合、または追加のサーバーを追加してファームを拡張する場合は、後でサーバーの役割を変更できます。For a single server farm, we recommend choosing the Single Server Farm role, although you can select a Custom role if you want to individually manage the services instances that run on the server. You can change the role of a server later if you change your mind or want to expand your farm by adding additional servers.

  14. [ SharePoint サーバーの全体管理 Web アプリケーションの構成] ページで、次の手順を実行します。On the Configure SharePoint Central Administration Web Application page, do the following:

    • [ ポート番号を指定する] チェック ボックスをオンにして、SharePoint サーバーの全体管理 Web アプリケーションで使用するポート番号を入力するか、または [ ポート番号を指定する] チェック ボックスをオフのままにして、既定のポート番号を使用します。Either select the Specify port number check box and type the port number that you want the SharePoint Central Administration web application to use, or leave the Specify port number check box cleared if you want to use the default port number.

    • [ NTLM] または [ ネゴシエート (Kerberos)] をクリックします。Click either NTLM or Negotiate (Kerberos).

  15. [ 次へ] をクリックします。Click Next.

  16. [SharePoint 製品構成ウィザード の終了] ページで、構成設定が正しいことを確認し、 [次へ] をクリックします。On the Completing the SharePoint Products Configuration Wizard page, review your configuration settings to verify that they are correct, and then click Next.

    注意

    [ 詳細設定] オプションは SharePoint Server 2016では使用できません。The Advanced Settings option is not available in SharePoint Server 2016.

  17. [構成成功] ページで、 [完了] をクリックします。ウィザードが閉じると、セットアップが Web ブラウザーを開き、サーバーの全体管理 に接続します。On the Configuration Successful page, click Finish. When the wizard closes, setup opens the web browser and connects to Central Administration.

    SharePoint 製品構成ウィザード が失敗した場合は、PSCDiagnostics ログ ファイルを調べます。このログ ファイルは、SharePoint Server 2016 がインストールされているドライブの %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\16\LOGS フォルダーにあります。If the SharePoint Products Configuration Wizard fails, check the PSCDiagnostics log files, which are located on the drive on which SharePoint Server 2016 is installed, in the %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\Web Server Extensions\16\LOGS folder.

    ユーザー名およびパスワードの入力を確認するメッセージが表示された場合は、Internet Explorer で信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加し、ユーザー認証の設定を構成する必要がある可能性があります。Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にする必要がある場合もあります。プロキシ サーバーに関するエラー メッセージが表示される場合は、ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成する必要がある可能性があります。プロキシ サーバーを構成する手順については後で説明します。ブラウザーとプロキシ設定を構成する方法の詳細については、「ブラウザーの設定を構成する」を参照してください。If you are prompted for your user name and password, you might have to add the SharePoint Central Administration web site to the list of trusted sites and configure user authentication settings in Internet Explorer. You might also want to disable the Internet Explorer Enhanced Security settings. If you see a proxy server error message, you might have to configure proxy server settings so that local addresses bypass the proxy server. Instructions for configuring proxy server settings are provided in the following section. For more information about how to configure browser and proxy settings, see Configure browser settings.

ブラウザーの設定を構成するConfigure browser settings

SharePoint 製品構成ウィザードを実行した後、SharePoint Server 2016が適切に機能するように Internet Explorer で追加設定を構成する必要があります。After you run the SharePoint Products Configuration Wizard, you should confirm that SharePoint Server 2016 works correctly by configuring additional settings in Internet Explorer.

Internet Explorer を使用していない場合は、ブラウザーの追加設定が必要となることがあります。サポートされているブラウザーについては、「SharePoint Server 2016 でのブラウザー サポートの計画」を参照してください。If you are not using Internet Explorer, you might have to configure additional settings for your browser. For information about supported browsers, see Plan browser support in SharePoint Server 2016.

ブラウザー設定が適切に構成されたかを確認するには、ローカル管理資格情報を持つアカウントを使用してサーバーにログオンします。次に、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトに接続します。接続時にユーザー名とパスワードの入力を求められたら、次の手順を実行します。To confirm that you have configured browser settings correctly, log on to the server by using an account that has local administrative credentials. Next, connect to the SharePoint Central Administration web site. If you are prompted for your user name and password when you connect, perform the following procedures:

  • 信頼できるサイトのリストに SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトを追加します。Add the SharePoint Central Administration website to the list of trusted sites

  • Internet Explorer のセキュリティ強化設定を無効にします。Disable Internet Explorer Enhanced Security settings

プロキシ サーバーのエラー メッセージが表示された場合は、次の手順を実行します。If you receive a proxy server error message, perform the following procedure:

  • ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成します。Configure proxy server settings to bypass the proxy server for local addresses

    信頼済みサイトの一覧に SharePoint サーバーの全体管理 Web サイト を追加するにはTo add the SharePoint Central Administration website to the list of trusted sites

  1. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:

    • ユーザー アカウントは、この手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  2. Internet Explorer の [ ツール] メニューの [ インターネット オプション] をクリックします。In Internet Explorer, on the Tools menu, click Internet Options.

  3. [ セキュリティ] タブの [ セキュリティ設定を表示または変更するゾーンを選択してください。] 領域で、[ 信頼済みサイト]、[ サイト] の順にクリックします。On the Security tab, in the Select a zone to view or change security settings area, click Trusted Sites, and then click Sites.

  4. [ このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認 (https:) を必要とする] チェック ボックスをオフにします。Clear the Require server verification (https:) for all sites in this zone check box.

  5. [ この Web サイトをゾーンに追加する] ボックスにサイトの URL を入力し、[ 追加] をクリックします。In the Add this web site to the zone box, type the URL to your site, and then click Add.

  6. [ 閉じる] をクリックし、[ 信頼済みサイト] ダイアログ ボックスを閉じます。Click Close to close the Trusted Sites dialog box.

  7. [ OK] をクリックして、[ インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Internet Options dialog box.

    Internet Explorer セキュリティ強化の設定を無効にするにはTo disable Internet Explorer Enhanced Security settings

  8. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:

    • ユーザー アカウントは、手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  9. [スタート] ボタンをクリックし、 [すべてのアプリ] をポイントします。次に、 [管理ツール] をポイントし、 [サーバー マネージャー] をクリックします。Click Start, point to All Apps, point to Administrative Tools, and then click Server Manager.

  10. [ サーバー マネージャー] で、[ サーバー マネージャー] のルートを選択します。In Server Manager, select the root of Server Manager.

  11. [ セキュリティ情報] セクションで、[ IE ESC の構成] をクリックします。In the Security Information section, click Configure IE ESC.

    [ Internet Explorer セキュリティ強化の構成] ダイアログ ボックスが表示されます。The Internet Explorer Enhanced Security Configuration dialog box appears.

  12. [ 管理者] セクションで、[ オフ] をクリックして Internet Explorer セキュリティ強化設定を無効にし、[ OK] をクリックします。In the Administrators section, click Off to disable the Internet Explorer Enhanced Security settings, and then click OK.

    ローカル アドレスにプロキシ サーバーを使用しないようにプロキシ サーバーの設定を構成するにはTo configure proxy server settings to bypass the proxy server for local addresses

  13. この手順を実行するユーザー アカウントに次の資格情報があることを確認します。Verify that the user account that completes this procedure has the following credentials:

    • ユーザー アカウントは、この手順を実行するコンピューターの Administrators グループのメンバーです。The user account is a member of the Administrators group on the computer on which you are performing the procedure.
  14. Internet Explorer の [ ツール] メニューの [ インターネット オプション] をクリックします。In Internet Explorer, on the Tools menu, click Internet Options.

  15. [ 接続] タブの [ ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] 領域で、[ LAN の設定] をクリックします。On the Connections tab, in the Local Area Network (LAN) settings area, click LAN Settings.

  16. [ 自動構成] 領域で、[ 設定を自動的に検出する] チェック ボックスをオフにします。In the Automatic configuration area, clear the Automatically detect settings check box.

  17. [プロキシ サーバー] 領域で、 [LAN にプロキシ サーバーを使用する] チェック ボックスをオンにします。In the Proxy Server area, click the Use a proxy server for your LAN check box.

  18. [ アドレス] ボックスにプロキシ サーバーのアドレスを入力します。Type the address of the proxy server in the Address box.

  19. [ ポート] ボックスにプロキシ サーバーのポート番号を入力します。Type the port number of the proxy server in the Port box.

  20. [ ローカル アドレスにはプロキシ サーバーを使用しない] チェック ボックスをオンにします。Select the Bypass proxy server for local addresses check box.

  21. [ OK] をクリックして、[ ローカル エリア ネットワーク (LAN) の設定] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Local Area Network (LAN) Settings dialog box.

  22. [ OK] をクリックして、[ インターネット オプション] ダイアログ ボックスを閉じます。Click OK to close the Internet Options dialog box.

ファーム構成ウィザードを実行するRun the Farm Configuration Wizard

これで、セットアップおよび SharePoint Server 2016 の初期構成が完了し、SharePoint サーバーの全体管理 Web サイトが作成されました。この後は、ファームやサイトを構成し、ファーム構成ウィザードを使用してサービスを選択できます。You have now completed setup and the initial configuration of SharePoint Server 2016. You have created the SharePoint Central Administration web site. You can now configure your farm and sites, and you can select services by using the Farm Configuration Wizard.

ファーム構成ウィザードを実行するにはTo run the Farm Configuration Wizard

  1. この手順を実行するユーザー アカウントがセットアップ ユーザー アカウントであることを確認します。セットアップ ユーザー アカウントの詳細については、「SharePoint Sever での初期展開の管理およびサービス アカウント」を参照してください。Verify that the user account that is performing this procedure is the Setup user account. For information about the Setup user account, see Initial deployment administrative and service accounts in SharePoint Server.

  2. SharePoint サーバーの全体管理のホーム ページの サイド リンク バーで、[ 構成ウィザード]、[ ファーム構成ウィザードを起動します] の順にクリックします。On the SharePoint Central Administration home page, on the Quick Launch, click Configuration Wizards, and then click Launch the Farm Configuration Wizard.

  3. [ SharePoint の品質向上にご協力ください] ページで、次のどちらかのオプションをクリックし、[ OK] をクリックします。On the Help Make SharePoint Better page, click one of the following options, and then click OK:

    • 参加する (推奨)Yes, I am willing to participate (Recommended.)

    • 参加しないNo, I don't want to participate.

  4. [ SharePoint ファームの構成] ページで、[ このウィザードを使用してファームを構成する] の横にある、[ ウィザードの開始] をクリックします。On the Configure your SharePoint farm page, next to Yes, walk me through the configuration of my farm using this wizard, click Start the Wizard.

  5. [サービス アプリケーションとサービス] ページの [サービス アカウント] セクションで、サービスの構成に使用するサービス アカウント オプションをクリックします。On the Service Applications and Services page, in the Service Account section, click the service account option that you want to use to configure your services.

    Security note: セキュリティの観点から、ファームでのサービスの構成には、ファーム管理者アカウントとは異なるアカウントを使用することをお勧めします。Security note: For security reasons, we recommend that you use a different account from the farm administrator account to configure services in the farm.

    既存の管理アカウント、つまり SharePoint Server 2016が認識しているアカウントを使用する場合は、必ずそのオプションをクリックしてから続行してください。If you decide to use an existing managed account — that is, an account of which SharePoint Server 2016 is aware — make sure that you click that option before you continue.

  6. [サービス] セクションで、ファームで使用するサービスを確認し、[次へ] をクリックします。In the Services section, review the services that you want to use in the farm, and then click Next.

  7. [サイト コレクションの作成] ページで、以下の手順を実行します。On the Create Site Collection page, do the following:

  8. [ タイトルと説明] セクションの [ タイトル] ボックスに新しいサイトの名前を入力します。In the Title and Description section, in the Title box, type the name of your new site.

  9. 省略可能: [ 説明] ボックスに、サイトの内容の説明を入力します。Optional: In the Description box, type a description of what the site contains.

  10. [ Web サイトのアドレス] セクションで、サイトの URL パスを選択します。In the Web Site Address section, select a URL path for the site.

  11. [ テンプレートの選択] セクションの [ テンプレートの選択] ボックスの一覧で、サイト コレクションのトップレベル サイトに使用するテンプレートを選択します。In the Template Selection section, in the Select a template list, select the template that you want to use for the top-level site in the site collection.

    注意

    テンプレートまたはテンプレートの説明を表示するには、[ テンプレートの選択] ボックスの一覧でテンプレートをクリックします。To view a template or a description of a template, click any template in the Select a template list.

  12. [OK] をクリックします。Click OK.

  13. [ SharePoint ファームの構成] ページで、ファーム構成のサマリーを確認して、[ 完了] をクリックします。On the Configure your SharePoint farm page, review the summary of the farm configuration, and then click Finish.

インストール後の手順Post-installation steps

SharePoint Server 2016のインストールと構成が終了すると、ブラウザー ウィンドウに新しい SharePoint サイトのサーバーの全体管理 Web サイトが開きます。ここでサイトへのコンテンツの追加またはカスタマイズを開始できますが、まず次の管理タスクを実行することをお勧めします。After you install and configure SharePoint Server 2016, your browser window opens to the Central Administration web site of your new SharePoint site. Although you can start adding content to the site or customizing the site, we recommend that you first perform the following administrative tasks.

  • 利用状況と正常性に関するデータ収集を構成する サーバー ファームの利用状況と正常性に関するデータの収集を構成できます。利用状況と正常性に関するデータはログ フォルダーおよびログ データベースに書き込まれます。Configure usage and health data collection You can configure usage and health data collection in your server farm. The system writes usage and health data to the logging folder and to the logging database.

  • 診断ログを構成する 初期インストールやアップグレードの後で必要になることがある診断ログを構成できます。ほとんどの場合は既定の設定で間に合います。業務ニーズやファームのライフサイクルによっては、これらの設定の変更が必要になる場合があります。Configure diagnostic logging You can configure diagnostic logging that might be required after initial installation or upgrade. The default settings are sufficient for most situations. Depending upon the business needs and life-cycle of the farm, you might want to change these settings.

  • 受信メールを構成する SharePoint サイトが受信メールを受信およびアーカイブできるように、受信メールを構成できます。また、SharePoint サイトで電子メール ディスカッションを随時アーカイブしたり、メールで受信したドキュメントを保存したり、メールで受信した会議出席依頼をサイト予定表に表示したりするように受信メールを構成することもできます。さらに、電子メールの配布リストの作成と管理をサポートするように SharePoint Directory Management Service を構成できます。Configure incoming e-mail You can configure incoming e-mail so that SharePoint sites accept and archive incoming e-mail. You can also configure incoming e-mail so that SharePoint sites can archive e-mail discussions as they occur, save e-mailed documents, and show e-mailed meetings on site calendars. In addition, you can configure the SharePoint Directory Management Service to provide support for e-mail distribution list creation and administration.

  • 送信メールを構成する SMTP (Simple Mail Transfer Protocol) サーバーがサイト ユーザーに電子メールの警告を送信し、サイト管理者に通知を送信するように送信メールを構成できます。送信する警告に表示される "差出人" アドレスと "返信" アドレスの両方を構成できます。Configure outgoing email You can configure outgoing email so that your Simple Mail Transfer Protocol (SMTP) server sends email alerts to site users and notifications to site administrators. You can configure both the "From" email address and the "Reply" email address that appear in outgoing alerts.

  • 検索設定を構成する SharePoint Server 2016のコンテンツをクロールするように検索設定を構成できます。Configure Search settings You can configure Search settings to crawl the content in SharePoint Server 2016.