ソフトウェアの境界と制限 (SharePoint 2013)Software boundaries and limits for SharePoint 2013

適用対象:はい2013 No2016 no2019 (SharePoint Online なし)APPLIES TO: yes2013 no2016 no2019 noSharePoint Online

この記事では、SharePoint Server 2013 のソフトウェアの境界と制限について説明します。これらには以下のものがあります。This article describes software boundaries and limits of SharePoint Server 2013. These include the following:

  • 境界: 仕様によって固定されている超過不可能な静的な制限Boundaries: Static limits that cannot be exceeded by design

  • しきい値: 特定の要件に適合させるためには超過させることのできる構成可能な制限Thresholds: Configurable limits that can be exceeded to accommodate specific requirements

  • サポートされる制限: 既定でテスト済みの値に設定されている構成可能な制限Supported limits: Configurable limits that have been set by default to a tested value

重要

この記事の値の中には、SharePoint 2010 製品からのテスト結果に基づいたものがあり、SharePoint Server 2013 の最終値を表していない場合があります。この記事は、SharePoint Server 2013 のテスト データが用意できれば、適切な値に更新されます。 > 現在のハードウェア要件およびソフトウェア要件の詳細については、「SharePoint 2013 のハードウェア要件およびソフトウェア要件」を参照してください。Some values in this article are based on test results from SharePoint 2010 Products and may not represent the final values for SharePoint Server 2013. This article will be updated with appropriate values as SharePoint Server 2013 test data becomes available. > For information about current hardware and software requirements, see Hardware and software requirements for SharePoint 2013.

注意

このドキュメントの容量計画に関する情報は、計画のためのガイドラインを提供するものです。これは Microsoft が現実に即した各種の特性を使って行ったテストに基づいています。ただし、実際に得られる結果は、使用する環境とサイトに実装する機能によって変動します。The capacity planning information in this document provides guidelines for you to use in your planning. It is based on testing performed at Microsoft, on live properties. However, your results are likely to vary based on the equipment you use and the features and functionality that you implement for your sites.

境界と制限の概要Overview of boundaries and limits

この記事では、SharePoint Server 2013のパフォーマンスと容量に関するテスト済みの制限を把握するのに役立つ情報を提供し、許容範囲のパフォーマンスに関連する制限のガイドラインを示します。この記事の情報を利用して、計画中の展開が許容範囲のパフォーマンスと容量の制限内になるかどうかを判断し、使用する環境に応じた制限を構成してください。This article contains information to help you understand the tested performance and capacity limits of SharePoint Server 2013, and offers guidelines for how limits relate to acceptable performance. Use the information in this article to determine whether your planned deployment falls within acceptable performance and capacity limits, and to appropriately configure limits in your environment.

この記事で示すテスト結果とガイドラインは、単一の SharePoint Server 2013 ファームに適用されます。インストール環境にサーバーを追加しても、後の「制限と境界」の各表に示すオブジェクトの容量制限値は増加しないことがあります。一方、サーバー コンピューターを追加すると、多数のオブジェクトを使用する場合の許容範囲のパフォーマンスの実現に必要となりうるサーバー ファームのスループット向上が得られます。状況によっては、ソリューションで大量のオブジェクトを使用する要件として、ファーム内のサーバー数増加が必要になります。The test results and guidelines provided in this article apply to a single SharePoint Server 2013 farm. Adding servers to the installation might not increase the capacity limits of the objects that are listed in the tables in the Limits and boundaries section later in this topic. On the other hand, adding server computers increases the throughput of a server farm, which might be necessary to achieve acceptable performance with many objects. In some cases, the requirements for high numbers of objects in a solution might require more servers in the farm.

それぞれの環境のパフォーマンスに影響する要素は多数あり、各要素によって影響を受けるパフォーマンス分野はさまざまに異なります。この記事で示すテスト結果と推奨事項には、関連する機能やユーザー操作が使用環境に存在せず、使用するソリューションに適用されないものもあります。独自の環境に応じた正確なデータを取得するには、詳細なテストが必要です。Note that there are many factors that can affect performance in a given environment, and each of these factors can affect performance in different areas. Some of the test results and recommendations in this article might be related to features or user operations that do not exist in your environment, and therefore do not apply to your solution. Only thorough testing can give you exact data related to your own environment.

境界、しきい値、およびサポートされる制限Boundaries, thresholds and supported limits

SharePoint Server 2013 には、仕様によって固定されている超過不可能な制限と、ファーム管理者が既定値を変更できる制限があります。また、Web アプリケーションごとのサイト コレクション数など、構成可能な値では示されない制限もあります。In SharePoint Server 2013, there are certain limits that are by design and cannot be exceeded, and other limits that are set to default values that may be changed by the farm administrator. There are also certain limits that are not represented by a configurable value, such as the number of site collections per web application.

  • 境界は、仕様によって固定されている超過不可能な絶対制限値です。これらの制限を把握し、ファーム設計時に正確でない想定を行わないようにすることが重要です。Boundaries are absolute limits that cannot be exceeded by design. It is important to understand these limits to ensure that you do not make incorrect assumptions when you design your farm.

    たとえば、2 GB のドキュメント サイズ制限も境界の 1 つです。2 GB より大きなドキュメントを保存するように SharePoint Server 2013を構成することはできません。これは組み込みの固定値であり、仕様によって超過不可能になっています。An example of a boundary is the 2 GB document size limit; you cannot configure SharePoint Server 2013 to store documents that are larger than 2 GB. This is a built-in absolute value, and cannot be exceeded by design.

  • しきい値は、既定値のある制限で、値を変更しない限り、超過できません。しきい値は、状況に応じて、ファームの設計に適合させるために超過できますが、既定値を超えるとファームのパフォーマンスやその他の制限の有効値に影響することがあるので、それについて理解することが重要です。Thresholds are those that have a default value that cannot be exceeded unless the value is modified. Thresholds can, in certain circumstances, be exceeded to accommodate variances in your farm design, but it is important to understand that doing this may affect the performance of the farm in addition to the effective value of other limits.

    一部のしきい値では、既定値の超過は絶対最大値までに制限されます。ドキュメント サイズ制限もその 1 つです。既定では、ドキュメント サイズのしきい値の既定値は 250MB に設定されていますが、この既定値を最大境界 2 GB までの範囲で変更できます。The default value of certain thresholds can only be exceeded up to an absolute maximum value. A good example is the document size limit. By default, the default document size threshold is set to 250MB, but can be changed to support the maximum boundary of 2GB.

  • サポートされる制限は、パラメーターごとのテスト済み値を定義します。このような制限の既定値は、テスト結果に基づいて定義されており、製品の既知の制限を示します。サポートされる制限を超えると、予期しない結果、パフォーマンスの著しい低下など、悪影響が発生する可能性があります。Supported limits define the tested value for a given parameter. The default values for these limits were defined by testing, and represent the known limitations of the product. Exceeding supported limits may cause unexpected results, significant decrease in performance, or other harmful effects.

    サポートされる制限には、既定で推奨値に設定される構成可能なパラメーターになっているものと、構成可能な値では示されないパラメーターに関連するものがあります。Some supported limits are configurable parameters that are set by default to the recommended value, while other supported limits relate to parameters that are not represented by a configurable value.

たとえば、ファームごとのサイト コレクション数もサポートされる制限の 1 つです。この場合のサポートされる制限は、テスト時にパフォーマンス ベンチマークに適合した、Web アプリケーションごとのサイト コレクションの最大数です。An example of a supported limit is the number of site collections per farm. The supported limit is the largest number of site collections per web application that met performance benchmarks during testing.

このドキュメントで示す制限値の多くは、リソース負荷の増加とそれに伴うパフォーマンス低下を示す曲線の 1 点を表しています。したがって、Web アプリケーションごとのサイト コレクション数など、ある特定の制限値を超過しても、ファームのパフォーマンスは少ししか低下しない場合もあります。ただし、ほとんどの場合、示された制限値やその値近辺まで使用することはお勧めしません。制限値の適切なバランスを保つようにファームを設計した場合に、許容範囲のパフォーマンスと信頼性の目標を最大限に実現できます。It is important to be aware that many of the limit values that are provided in this document represent a point in a curve that describes an increasing resource load and concomitant decrease in performance as the value increases. Therefore, exceeding certain limits, such as the number of site collections per web application, may only result in a fractional decrease in farm performance. However, in most cases, operating at or near an established limit is not a best practice, as acceptable performance and reliability targets are best achieved when a farm's design provides for a reasonable balance of limits values.

しきい値とサポートされる制限のガイドラインは、パフォーマンスに基づいて確認されています。つまり、既定の制限値より大きくすることはできますが、制限値を大きくするとファームのパフォーマンスやその他の制限の有効値に影響することがあります。SharePoint Server 2013の制限値の多くは変更できますが、制限の変更によるファームの他の部分への影響を把握しておくことが重要です。Thresholds and supported limits guidelines are determined by performance. In other words, you can exceed the default values of the limits, but as you increase the limit value, farm performance and the effective value of other limits may be affected. Many limits in SharePoint Server 2013 can be changed, but it is important to understand how changing a given limit affects other parts of the farm.

制限値の確認方法How limits are established

SharePoint Server 2013では、ファームのサービスと操作が有効な操作性限度に達するまで負荷を増加させ、ファームの動作をテストおよび観測することによって、しきい値とサポートされる制限が確認されています。ファームのサービスとコンポーネントには、他のサービスやコンポーネントより高い負荷をサポートできるものもあるので、場合によっては、複数の要素の平均値に基づいて制限値を割り当てる必要があります。In SharePoint Server 2013, thresholds and supported limits are established through testing and observation of farm behavior under increasing loads up to the point where farm services and operations reach their effective operational limits. Some farm services and components can support a higher load than others so that in some cases you must assign a limit value based on an average of several factors.

たとえば、サイト コレクションを追加して負荷に対するファームの動作を観察すると、許容範囲外の長い待機時間を示す機能と、許容可能なパラメーター範囲内で動作する機能があります。したがって、サイト コレクション数として割り当てる最大値は絶対ではなく、大部分の状況において指定の制限値でファームの全体的なパフォーマンスが許容範囲になると想定される使用特性一式に基づいて算出されます。For example, observations of farm behavior under load when site collections are added indicate that certain features exhibit unacceptably high latency while other features are still operating within acceptable parameters. Therefore, the maximum value assigned to the number of site collections is not absolute, but is calculated based on an expected set of usage characteristics in which overall farm performance would be acceptable at the given limit under most circumstances.

制限値のテストに使用したパラメーターより大きい値のパラメーターでサービスを使用する場合には、一部のサービスの有効な制限値は当然低下します。したがって、使用する環境における有効な制限値を取得するには、固有の展開において厳密な容量管理およびスケール テストを実施することが重要です。Obviously, if some services are operating under parameters that are higher than those used for limits testing, the maximum effective limits of other services will be reduced. It is therefore important to execute rigorous capacity management and scale testing exercises for specific deployments in order to establish effective limits for that environment.

メモ: 制限値は複数のファームと環境から収集した値なので、このドキュメントでは、制限の検証に使用したハードウェアについては説明しません。Note: We do not describe the hardware that was used to validate the limits in this document, because the limits were collected from multiple farms and environments.

パイにたとえた解説The Pie Metaphor

ハードウェア リソース、負荷、およびパフォーマンスの関係を理解するには、関連する要素、およびその要素が互いにどのような影響を及ぼすかを可視化することが重要です。In order to understand the relationship between hardware resources, load and performance, it's important to have a way to visualize the factors involved and how they affect each other.

ファームの容量をパイとして考えてみましょう。パイのサイズは、サーバー、ハードウェア リソース (CPU、RAM など)、ストレージ容量、ディスク IOPS、ネットワーク帯域幅、待機時間など、要素の総計を表します。したがって、パイのサイズは、ファームのリソース全体に関連します。つまり、リソース (ファーム サーバーなど) を追加すると、パイのサイズが増加します。Consider the capacity of a farm as a pie, the size of which represents the aggregate of factors such as servers, hardware resources such as CPUs and RAM, storage capacity, disk IOPS, network bandwidth and latency. The size of the pie is therefore related to the overall resources of the farm; adding resources (such as farm servers) increases the size of the pie.

このパイはいくつかの切片に分けられます。切片は、ユーザー要求、検索クエリ、インストールされた機能に対する操作、タイマー ジョブ、オペレーティング システムのオーバーヘッドなど、さまざまなソースからの負荷を表します。この各切片で、利用可能なファーム リソースを共有する必要があります。1 つの切片のサイズが増加すると、他の切片のサイズは比例して減少する必要があります。ファームの負荷は固定されていない (たとえば、ユーザー要求は 1 日の特定の時間にのみ顕著になる場合がある) ので、切片の相対的なサイズは絶えず変化します。ただし、各切片で、通常の運用に必要な最小サイズが維持される必要があります。また、各切片によって表される機能は相互に依存するため、1 つの切片のサイズが増加すると、切片で使用可能なリソースが減少するのに加えて、他の切片の負荷が増加する場合があります。This pie is divided into slices that represent load from a variety of sources: user requests, search queries, operations against installed features, timer jobs and operating system overhead. Each of these sections must share available farm resources. If the size of one slice increases, the size of others must decrease proportionally. Since load on a farm is not static (user requests, for example, might only be significant during certain hours of the day), the relative size of the slices is constantly in flux. However, each slice must maintain a required minimum size to operate normally, and since the functions represented by each slice are interdependent, increasing the size of one slice may place more load on other slices in addition to reducing the resources available for them to consume.

このたとえを使用すると、ファームの設計目標は、ピーク負荷時にパイの各切片の必要サイズを収容できるほどにパイを大きくすることになります。Using this metaphor, the goal of the farm's design is to make the pie large enough to accommodate the required size of each pie slice under peak load.

ここで、ユーザー要求がベースラインよりも 100% 増加したシナリオを考えてみます。要求の約半分が検索クエリで、もう半分がリストやドキュメントの編集だとします。この増加した負荷はパイの他の切片を圧迫しますが、一部のファーム機能もより激しく動作してこれを相殺する必要があります。Search サービスは、より多くのクエリを処理する必要があります。そのクエリのほとんどはキャッシュで処理されますが、一部のクエリはデータベース サーバーに渡されるので、データベース サーバーの負荷も増加します。データベース サーバーの負荷が過度に大きくなると、ディスク キューの長さが増加し、他のすべての要求の待機時間が長くなります。Now, consider a scenario where user requests increase by 100% over baseline. Let's say that about half of the requests are search queries, and the other half editing lists and documents. This increased load squeezes the other pie slices, but some farm features must also work harder to compensate. The Search service has to process more queries, most of which are handled by the cache, but some queries are passed on to the database servers, increasing their load as well. If load on the database servers becomes too great, disk queue lengths will increase, which in turn increases the latency of all other requests.

制限と境界Limits and boundaries

このセクションでは、ソリューションに含めることのできるオブジェクトの一覧を示し、許容範囲のパフォーマンスを得るためのガイドラインをオブジェクトの種類別に示します。許容範囲のパフォーマンスは、指定のオブジェクト数をシステムでサポートできることがテスト済みであり、ただし、そのオブジェクト数制限を超えるとパフォーマンスや関連する制限値が低下することを示します。オブジェクト一覧は、階層別と機能別に記載します。制限データには、その制限値の収集に使用した条件に関する説明と、追加情報がある場合にはその情報へのリンクを付記します。 This section lists the objects that can be a part of a solution and provides guidelines for acceptable performance for each kind of object. Acceptable performance means that the system as tested can support that number of objects, but that the number cannot be exceeded without some decrease in performance or a reduction in the value of related limits. Objects are listed both by scope and by feature. Limits data is provided, together with notes that describe the conditions under which the limit is obtained and links to additional information where available.

この記事で示すガイドラインを使用して、ソリューション計画全体をレビューしてください。ソリューション計画において、1 つ以上のオブジェクトの推奨ガイドラインを超過している場合は、以下のいずれかまたは複数の対策を行ってください。Use the guidelines in this article to review your overall solution plans. If your solution plans exceed the recommended guidelines for one or more objects, take one or more of the following actions:

  • ソリューションを評価し、他の分野で相殺されていることを確認します。Evaluate the solution to ensure that compensations are made in other areas.

  • 展開の構築時に、テストと監視の対象分野をフラグ設定します。Flag these areas for testing and monitoring as you build your deployment.

  • 容量のガイドラインを超過しないようにソリューションを設計し直すか分割します。Redesign or partition the solution to ensure that you do not exceed capacity guidelines.

階層別の制限Limits by hierarchy

このセクションでは、制限を SharePoint Server 2013 ファームの論理階層別に示します。This section provides limits sorted by the logical hierarchy of a SharePoint Server 2013 farm.

Web アプリケーションの制限Web application limits

以下の表に、Web アプリケーションの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for web applications.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
Web アプリケーションWeb application
ファームごとに 20 個20 per farm
コンテンツ ソースSupported
できるだけ Web アプリケーションの数を制限することをお勧めします。Web アプリケーションを追加する代わりに、可能な場所では、ホスト名の付いたサイト コレクションを追加で作成します。We recommended limiting the number of web applications as much as possible. Create additional host named site collections where possible instead of adding web applications.
領域Zone
Web アプリケーションごとに 5 個5 per web application
境界Boundary
1 つのファームに定義されるゾーンの数は、5 個にハードコードされています。既定、イントラネット、エクストラネット、インターネット、およびユーザー設定のゾーンがあります。The number of zones defined for a farm is hard-coded to 5. Zones include Default, Intranet, Extranet, Internet, and custom.
ホスト名の付いたサイト コレクションの管理パスManaged path for host-named site collections
ファームごとに 20 個20 per farm
コンテンツ ソースSupported
ホスト名の付いたサイト コレクションの管理パスは、ファーム レベルで適用します。作成した管理パスはそれぞれ、どの Web アプリケーションでも適用できます。Managed paths for host-named site collections apply at the farm level. Each managed path that is created can be applied in any Web application.
パスベースのサイト コレクションの管理パスManaged path for path-based site collections
Web アプリケーションごとに 20 個20 per web application
サポートSupported
管理パスは Web サーバーにキャッシュされ、管理パス リストを求める着信要求の処理に CPU リソースが使用されます。Managed paths are cached on the web server, and CPU resources are used to process incoming requests against the managed path list.
パスベースのサイト コレクションの管理パスは、Web アプリケーション レベルで適用します。各 Web アプリケーションに異なる管理パスのセットを作成できます。Web アプリケーション 1 つあたりの管理パスが 20 個を超えると、要求ごとに Web サーバーにかかる負荷が増えます。Managed paths for path-based site collections apply at the Web application level. You can create a different set of managed paths for each Web application. Exceeding 20 managed paths per web application adds more load to the web server for each request.
Web アプリケーションで 20 個を超える管理パスを使用することを計画している場合、許容範囲のシステム パフォーマンスが得られるかテストすることをお勧めします。If you plan to exceed twenty managed paths in a given web application, we recommend that you test for acceptable system performance.
ソリューション キャッシュのサイズSolution cache size
Web アプリケーションごとに 300 MB300 MB per web application
しきい値Threshold
ソリューション キャッシュでは、ソリューション取得を高速化するために InfoPath Forms Service でソリューションをキャッシュに保持できます。キャッシュ サイズの上限を超えると、ソリューションをディスクから取得することになり、応答速度が遅くなることがあります。ソリューション キャッシュのサイズは、PowerShell コマンドレット Set-SPInfoPathFormsService を使用して構成できます。詳細については、「Set-SPInfoPathFormsService」を参照してください。 The solution cache allows the InfoPath Forms service to hold solutions in cache in order to speed up retrieval of the solutions. If the cache size is exceeded, solutions are retrieved from disk, which may slow down response times. You can configure the size of the solution cache by using the PowerShell cmdlet Set-SPInfoPathFormsService. For more information, see Set-SPInfoPathFormsService.

Web サーバーとアプリケーション サーバーの制限Web server and application server limits

以下の表に、ファーム上の Web サーバーの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for web servers on the farm.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
アプリケーション プールApplication pools
Web サーバーごとに 10 個10 per web server
しきい値Threshold
最大数はハードウェアの能力によって決まります。The maximum number is determined by hardware capabilities.
この制限は以下の要素に依存します。This limit is dependent largely upon:
Web サーバーに割り当てられるメモリ容量The amount of memory allocated to the web servers
ユーザー ベースと使用特性など、ファームにかかる負荷 (使用率の高いアプリケーション プールは、1 つで 10 GB 以上を使用できます)The workload that the farm is serving, that is, the user base and the usage characteristics (a single highly active application pool can utilize 10 GB or more)

コンテンツ データベースの制限Content database limits

以下の表に、コンテンツ データベースの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for content databases.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
コンテンツ データベースの数Number of content databases
ファームごとに 500 個500 per farm
サポートSupported
ファームごとのコンテンツ データベースの最大数は 500 個です。Web アプリケーションごとのコンテンツ データベースが 500 個あっても、サイトまたはサイト コレクションを開く操作などのエンド ユーザー操作は影響を受けません。ただし、新しいサイト コレクションの作成など、管理操作のパフォーマンスは低下します。コンテンツ データベースが多数あると、管理用インターフェイスの応答が遅くなることがあり、操作が困難になるので、その場合の Web アプリケーションの管理には PowerShell を使用することをお勧めします。The maximum number of content databases per farm is 500. With 500 content databases per web application, end user operations such as opening the site or site collections are not affected. But administrative operations such as creating a new site collection will experience decrease in performance. We recommend that you use PowerShell to manage the web application when a large number of content databases are present, because the management interface might become slow and difficult to navigate.
コンテンツ データベースあたり 200GB、ファームあたりのコンテンツ データベース数が 500 の場合、SharePoint Server 2013 はファームあたり 100TB のデータをサポートします。With 200GB per content database, and 500 content databases per farm, SharePoint Server 2013 supports 100TB of data per farm.
コンテンツ データベースのサイズ (一般的な使用シナリオ)Content database size (general usage scenarios)
コンテンツ データベースごとに 200 GB200 GB per content database
サポートSupported
この表の以下の行の状況に当てはまる場合を除いて、コンテンツ データベースのサイズを 200 GB に制限することを強くお勧めしました。We strongly recommended limiting the size of content databases to 200 GB, except when the circumstances in the following rows in this table apply.
リモート BLOB ストレージ (RBS) を使用する場合、コンテンツ データベース内のリモート BLOB ストレージとメタデータの合計量が 200GB の制限を超えることはできません。If you are using Remote BLOB Storage (RBS), the total volume of remote BLOB storage and metadata in the content database must not exceed the 200GB limit.
コンテンツ データベースのサイズ (すべての使用シナリオ)Content database size (all usage scenarios)
コンテンツ データベースごとに 4 TB4 TB per content database
サポートされるSupported
以下の要件が満たされる場合、最大 4 TB のコンテンツ データベースがサポートされます。Content databases of up to 4 TB are supported when the following requirements are met:
ディスクサブシステムのパフォーマンス 0.25 IOPS (GB あたり)、1 GB あたり 2 IOPS を最適なパフォーマンスを実現することをお勧めします。Disk sub-system performance of 0.25 IOPS per GB, 2 IOPS per GB is recommended for optimal performance.
高可用性、障害復旧、将来の容量、およびパフォーマンス テストの計画を作成しておく必要があります。You must have developed plans for high availability, disaster recovery, future capacity, and performance testing.
また、以下の要因を慎重に考慮する必要があります。You should also carefully consider the following factors:
200 GB を超えるコンテンツ データベースの場合、ネイティブの SharePoint Server 2013 のバックアップでは、バックアップおよび復元の要件が満たされないことがあります。SharePoint Server 2013 のバックアップ ソリューションと代替バックアップ ソリューションを評価およびテストし、ユーザーの特定の環境に応じた最適なソリューションを決定することをお勧めします。 Requirements for backup and restore may not be met by the native SharePoint Server 2013 backup for content databases larger than 200 GB. It is recommended to evaluate and test SharePoint Server 2013 backup and alternative backup solutions to determine the best solution for your specific environment.
SharePoint Server 2013 および SQL Server のインストールが、高い技能を持つ管理者によって積極的に管理されることをお勧めします。It is strongly recommended to have proactive skilled administrator management of the SharePoint Server 2013 and SQL Server installations.
SharePoint Server 2013 でのカスタマイズと構成の複雑さによって、複数のコンテンツ データベースへのデータのリファクタリング (つまり分割) が必要になる場合があります。高い技能を持つ専門のアーキテクトからの助言を求めてテストを実行し、ユーザーの実装に応じた最適なコンテンツ データベース サイズを決定します。複雑さの例として、カスタム コードの展開、プロパティの共有での 20 個を超える列の使用、以下の 4 TB 超過に関するセクションで使用すべきでないとされる機能が考えられます。 The complexity of customizations and configurations on SharePoint Server 2013 may necessitate refactoring (or splitting) of data into multiple content databases. Seek advice from a skilled professional architect and perform testing to determine the optimum content database size for your implementation. Examples of complexity may include custom code deployments, use of more than 20 columns in property promotion, or features listed as not to be used in the over 4 TB section below.
サイト コレクションのリファクタリングでは、SharePoint Server 2013 実装を複数のコンテンツ データベースにわたってスケールアウトできます。これにより、SharePoint Server 2013 実装を無制限に拡大できます。コンテンツ データベースが 200 GB 未満の場合、このリファクタリングをより容易に短時間で行うことができます。 Refactoring of site collections allows for scale out of a SharePoint Server 2013 implementation across multiple content databases. This permits SharePoint Server 2013 implementations to scale indefinitely. This refactoring will be easier and faster when content databases are less than 200 GB.
バックアップおよび復元を容易にするために、コンテンツ データベース内の個々のサイト コレクションを 100 GB に制限することをお勧めします。詳細については、「 サイト コレクションの制限」を参照してください。 It is suggested that for ease of backup and restore that individual site collections within a content database be limited to 100 GB. For more information, see Site collection limits.
重要: ドキュメントアーカイブシナリオ (この表の次の行で説明します) を除き、4 TB を超えるコンテンツデータベースは使用しないことをお勧めします。IMPORTANT: We do not recommend the use of content databases that exceed 4 TB, except in document archive scenarios (described in the next row in this table). 将来的に SharePoint Server 2013 のインストールのアップグレードが必要になった場合に、このようなコンテンツ データベース内ではサイト コレクションのアップグレードが非常に困難で時間がかかるものになる可能性があります。If, in the future, you need to upgrade your SharePoint Server 2013 installation, upgrading the site collections within the content databases can be very difficult and time consuming. > 1 つのコンテンツ データベースに 4 TB を超えるデータを含めるよりも、複数のコンテンツ データベースにスケール アウトすることを強くお勧めします。> It is strongly recommended that you scale out across multiple content databases, rather than exceed 4 TB of data in a single content database.
コンテンツ データベースのサイズ (ドキュメント アーカイブ シナリオ)Content database size (document archive scenario)
コンテンツ データベースに対する明示的な制限なしNo explicit content database limit
サポートされているSupported
以下の要件が満たされる場合、ドキュメント アーカイブ シナリオでの使用に関して、明示的なサイズ制限のないコンテンツ データベースがサポートされます。Content databases with no explicit size limit for use in document archive scenarios are supported when the following requirements are met:
この表の前述の "コンテンツ データベースのサイズ (すべての使用シナリオ)" 制限に含まれるすべての要件を満たす必要があり、その制限の "メモ" フィールドで説明されているすべての要因を慎重に考慮したことを確認する必要があります。You must meet all requirements from the "Content database size (all usage scenarios)" limit earlier in this table, and you should ensure that you have carefully considered all the factors discussed in the Notes field of that limit.
SharePoint Server 2013 サイトは、 ドキュメント センター サイト テンプレートまたは レコード センター サイト テンプレートに基づく必要があります。SharePoint Server 2013 sites must be based on Document Center or Records Center site templates.
毎月平均でコンテンツ データベース内の 5% 未満のコンテンツがアクセスされ、毎月平均で 1% 未満のコンテンツが変更または書き込まれます。Less than 5% of the content in the content database is accessed each month on average, and less than 1% of content is modified or written each month on average.
コンテンツ データベース内の SharePoint Server 2013 オブジェクトに対して、通知、ワークフロー、リンクの修正、またはアイテム レベルのセキュリティを使用しないでください。Do not use alerts, workflows, link fix-ups, or item level security on any SharePoint Server 2013 objects in the content database.
Note: Document archive content databases can be configured to accept documents from Content Routing workflows.Note: Document archive content databases can be configured to accept documents from Content Routing workflows.
For more information about large-scale document repositories, see Estimate performance and capacity requirements for large scale document repositories in SharePoint Server 2010, and the Typical large-scale content management scenarios section of the article Enterprise content storage planning (SharePoint Server 2010).For more information about large-scale document repositories, see Estimate performance and capacity requirements for large scale document repositories in SharePoint Server 2010, and the Typical large-scale content management scenarios section of the article Enterprise content storage planning (SharePoint Server 2010).
コンテンツ データベースのアイテムContent database items
ドキュメントおよびリスト アイテムを含む、6,000 万アイテム60 million items including documents and list items
SharePoint Server 2013 でテストされたコンテンツ データベースあたりの最大アイテム数は、ドキュメントおよびリスト アイテムを含め、6,000 万アイテムでした。SharePoint Server 2013 に 6,000 万個を超えるアイテムを格納する計画がある場合は、複数のコンテンツ データベースを展開する必要があります。Supported
コンテンツ データベースごとのサイト コレクションThe largest number of items per content database that has been tested on SharePoint Server 2013 is 60 million items, including documents and list items. If you plan to store more than 60 million items in SharePoint Server 2013, you must deploy multiple content databases.
コンテンツ データベースごとのサイト コレクションSite collections per content database
最大 10,000 個 (非個人用サイト コレクションが 2,500 個と個人用サイトが 7,500 個、または個人用サイトだけで 10,000 個)10,000 maximum (2,500 non-Personal site collections and 7,500 Personal Sites, or 10,000 Personal Sites alone)
サポートされるSupported
1 つのコンテンツ データベース内のサイト コレクションの数を 5,000 個に制限することを強くお勧めします。ただし、データベース内のサイト コレクションは最大 10,000 個までサポートされています。最大合計 10,000 個のサイト コレクションがあるコンテンツ データベースでは、そのうち最大 2,500 個を非個人用サイト コレクションとすることができます。コンテンツ データベース内のサイト コレクションが個人用だけの場合は、10,000 個の個人用サイト コレクションをサポートできます。 We strongly recommended limiting the number of site collections in a content database to 5,000. However, up to 10,000 site collections in a database are supported. Note that in a content database with up to 10,000 total site collections, a maximum of 2,500 of these can be non-Personal site collections. It is possible to support 10,000 Personal site collections if they are the only site collections within the content database.
この制限はアップグレード速度に影響します。データベース内のサイト コレクションの数が多いほど、データベースのアップグレードもサイト コレクションのアップグレードも、アップグレードに時間がかかります。 These limits relate to speed of upgrade. The larger the number of site collections in a database, the slower the upgrade with respect to both database upgrade and site collection upgrades.
データベース内のサイト コレクション数の制限は、複数のサイト コレクションが含まれるコンテンツ データベースのサイズ制限に依存します。したがって、データベース内のサイト コレクション数が多くなると、そのデータベースに含まれるサイト コレクションの平均サイズは小さくなります。 The limit on the number of site collections in a database is subordinate to the limit on the size of a content database that has more than one site collection. Therefore, as the number of site collections in a database increases, the average size of the site collections it contains must decrease.
サイト コレクション数が制限の 5,000 個を超えると、アップグレード時のダウンタイムが長くなる可能性があります。5,000 個を超えるサイト コレクションを使用する予定の場合は、停止期間の長さや操作への影響に対処する明確なアップグレード戦略を計画し、データベースに影響するソフトウェア更新とアップグレードを高速化できる追加のハードウェアを用意することをお勧めします。 Exceeding the 5,000 site collection limit puts you at risk of longer downtimes during upgrades. If you plan to exceed 5,000 site collections, we recommend that you have a clear upgrade strategy to address outage length and operations impact, and obtain additional hardware to speed up the software updates and upgrades that affect databases.
To set the warning and maximum levels for the number of sites in a content database, use the PowerShell cmdlet Set-SPContentDatabase with the -WarningSiteCount parameter.To set the warning and maximum levels for the number of sites in a content database, use the PowerShell cmdlet Set-SPContentDatabase with the -WarningSiteCount parameter. 詳細については、「[Get-spcontentdatabase]/powershell/module/sharepoint-server/Set-SPContentDatabase? view = sharepoint-ps)」を参照してください。For more information, see [Set-SPContentDatabase]/powershell/module/sharepoint-server/Set-SPContentDatabase?view=sharepoint-ps).
ネットワーク接続ストレージ (NAS) 上のリモート BLOB ストレージ (RBS) ストレージ サブシステムRemote BLOB Storage (RBS) storage subsystem on Network Attached Storage (NAS)
NAS からの応答の先頭バイト受信時間は 40 ミリ秒 (時間の 95%) を超えることはできません。Time to first byte of any response from the NAS should remain within 40 milliseconds 95% of the time.
RBS を使用するように SharePoint Server 2013 を構成し、BLOB が NAS ストレージ上にある場合、以下のサポートされる限界を考慮する必要があります。Boundary
SharePoint Server 2013 の BLOB 要求時から NAS からの先頭バイト受信までの時間は、40 ミリ秒 (時間の 95%) を超過できません。When SharePoint Server 2013 is configured to use RBS, and the BLOBs reside on NAS storage, consider the following supported limit.
サイト コレクションの制限From the time that SharePoint Server 2013 requests a BLOB, until it receives the first byte from the NAS, 95% of the time no more than 40 milliseconds can pass.

サイト コレクションの制限Site collection limits

以下の表に、サイト コレクションの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for site collections.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ファームごとのサイト コレクションSite collections per farm
サポートされている750,000 per farm (500,000 rooted with the Personal Sites template and 250,000 rooted with other sites types)
ファームごとのサイトの推奨されるサイト コレクションの最大数は 500,000 個です。これには、個人用サイト 1 個と 250,000 個のサイト コレクション (その他のすべてのサイト テンプレート用) が含まれます。すべてのサイトを 1 つの Web アプリケーションに存在させることも、複数の Web アプリケーションに分散させることもできます。Supported
この制限は、他の要因によって、特定のコンテンツ データベースでサポートできるサイト コレクションの有効数が減少するような場合に、影響を受けます。コンテンツ データベースのように、コンテナー オブジェクトに他のオブジェクトが多数含まれる場合、サポートされる制限を超えないように注意する必要があります。たとえば、ファームに含まれるコンテンツ データベースの総数は少ないが、各コンテンツ データベースに含まれるサイト コレクションが多い場合、サポートされているサイト コレクション数の制限に達するより、かなり前からファームのパフォーマンスに悪影響が出ることがあります。The maximum recommended number of site per farm is 500,000 site collections containing only one Personal Sites plus 250,000 site collections containing any other for all other site templates. The Sites can all reside on one web application, or can be distributed across multiple web applications.
この制限は、他の要因によって、特定のコンテンツ データベースでサポートできるサイト コレクションの有効数が減少するような場合に、影響を受けます。コンテンツ データベースのように、コンテナー オブジェクトに他のオブジェクトが多数含まれる場合、サポートされる制限を超えないように注意する必要があります。たとえば、ファームに含まれるコンテンツ データベースの総数は少ないが、各コンテンツ データベースに含まれるサイト コレクションが多い場合、サポートされているサイト コレクション数の制限に達するより、かなり前からファームのパフォーマンスに悪影響が出ることがあります。Note that this limit is affected by other factors that might reduce the effective number of site collections that can be supported by a given content database. Care must be exercised to avoid exceeding supported limits when a container object, such as a content database, contains a large number of other objects. For example, if a farm contains a smaller total number of content databases, each of which contains a large number of site collections, farm performance might be adversely affected long before the supported limit for the number of site collections is reached.
メモリ使用量は、使用パターンおよび、所定の時間枠にアクセスされるサイトの数に依存するので、Web サーバー上のメモリ使用量を監視する必要があります。同様に、クロール対象のメモリ使用率が高くなることもあります。もしそうであれば、Web サーバーのいずれかで利用できるメモリが 2 GB 未満に落ちる前に、アプリケーション プールを構成してリサイクルする必要があります。For example, Farm A contains a web application that has 200 content databases, a supported configuration. If each of these content databases contains 1,000 site collections, the total number of site collections in the web application will be 200,000, which falls within supported limits. However, if each content database contains 10,000 site collections, even though this number is supported for a content database, the total number of site collections in the farm will be 2,000,000, which exceeds the limit for the number of site collections per web application and per farm.
メモリ使用量は、使用パターンおよび、所定の時間枠にアクセスされるサイトの数に依存するので、Web サーバー上のメモリ使用量を監視する必要があります。同様に、クロール対象のメモリ使用率が高くなることもあります。もしそうであれば、Web サーバーのいずれかで利用できるメモリが 2 GB 未満に落ちる前に、アプリケーション プールを構成してリサイクルする必要があります。Memory usage on the web servers should be monitored, as memory usage is dependent on usage patterns and how many sites are being accessed in given timeframe. Similarly, the crawl targets might also exhibit memory pressure, and if so the application pool should be configured to recycle before available memory on any web server drops to less than 2 GB.
Web サイトWeb site
サイト コレクションあたり 250,000 個 / ファームあたり 250,000 個 / ファームあたり 500,000 の個人用サイト250,000 per site collection / 250,000 per farm / 500,000 personal sites per farm.
Web サイトの推奨される最大数は、個人用サイト テンプレートに基づいて 500,000 サイト、すべてのその他のテンプレートに基づいて 250,000 サイトです。この制限は、サイト コレクションあたりの個数のほかに、ファームあたりの個数にも適用されます。Supported
サブサイトの数がサイト コレクション レベルで 2,000 を超えると、パフォーマンスが低下することがあります。The maximum recommended number of web sites is 500,000 sites based on the Personal Site template, and 250,000 sites based on all other templates. This limit applies per site collection as well as per farm.
Performance can degrade as the number of subsites surpasses 2,000 at the site collection level.Performance can degrade as the number of subsites surpasses 2,000 at the site collection level.
重要: サイトコレクションごとに2000サブサイトの数を少なくすることを強くお勧めします。IMPORTANT: Staying below 2,000 subsites per site collection is strongly recommended. You can create a very large total number of web sites by creating multiple site collections with up to 2,000 webs per site collection.You can create a very large total number of web sites by creating multiple site collections with up to 2,000 webs per site collection. For example, 125 site collections that contain 2,000 webs each will equate to 250,000 sites in the farm.For example, 125 site collections that contain 2,000 webs each will equate to 250,000 sites in the farm. However, this would be considered the maximum recommended limit for non-personal sites.However, this would be considered the maximum recommended limit for non-personal sites.
250,000 個のサイト コレクション (すべてに個人用サイト テンプレートではないルートの Web サイトが含まれる) がある場合に、任意のルート サイトにサブサイトを追加すると、Web サイトの限界である 250,000 個を超過することになります。If you have 250,000 site collections, all containing a root web site that is not the Personal Site template, adding a sub-site to any of those root sites would exceed the 250,000 web site boundary.
サイト コレクションごとの推奨サイト数の上限である 2,000 を超えた場合、次の問題が発生する場合があります。If the recommended limit of 2,000 sites per site collection is exceeded, the following issues may occur:
サイトまたはサブサイトの削除や作成によって、サイトの可用性が大きく影響を受けることがあります。サイトの削除中には、サイトやサブサイトへのアクセスが制限されます。多数のサブサイトを同時に作成しようとした場合にも、操作が失敗することがあります。Deleting or creating a site or subsite can significantly affect a site's availability. Access to the site and subsites will be limited while the site is being deleted. Attempting to create many subsites at the same time may also fail.
2,000 以上のサブサイトがある場合、既存のファームに新しいサーバーを追加する際に PSConfig を実行するなどの操作、または SharePoint の更新プログラムをインストールした後の操作のパフォーマンスが大幅に減少します。When having more than 2,000 subsites, the performance of actions such as executing PSConfig when adding a new server to an existing farm, or after installing SharePoint updates the drastically decrease.
stsadm -o checklocalupgradestatus 操作の実行、または 製品バージョン ジョブ タイマー ジョブの日ごとの実行の完了までに数時間かかる可能性があります。Executing the stsadm -o checklocalupgradestatus operation, or the daily execution of the Product Version Job timer job may take many hours to complete.
サーバーの全体管理 Web サイトの「 データベースの状態の確認」ページ (<your_SharePoint_CentralAdmin_URL>/_admin/UpgradeStatus.aspx) を開こうとすると、タイムアウトになる可能性があります。Browsing the Review database status page (<your_SharePoint_CentralAdmin_URL>/_admin/UpgradeStatus.aspx) on the Central Administration web site may result in a timeout.
サイト コレクションのサイズSite collection size
コンテンツ データベースの最大サイズMaximum size of the content database
サポートされるSupported
適用可能な使用シナリオに応じて、サイト コレクションをコンテンツ データベースのサイズ制限と同じ大きさにすることができます。特定の使用シナリオに応じた、コンテンツ データベースのサイズ制限については、この記事の表「 コンテンツ データベースの制限」を参照してください。 A site collection can be as large as the content database size limit for the applicable usage scenario. For more information about the different content database size limits for specific usage scenarios, see the Content database limits table in this article.
一般に、以下の理由から、サイト コレクションのサイズを 100 GB に制限することを強くお勧めします。In general, we strongly recommend limiting the size of site collections to 100 GB for the following reasons:
サイト コレクションのバックアップと復元、PowerShell コマンドレット Move-SPSite の実行など、一部のサイト コレクション操作では大きな SQL Server 操作が発生することがあり、それによってパフォーマンスが低下したり、同じデータベース内の他のサイト コレクションがアクティブの場合には操作が失敗したりすることがあります。詳細については、「 Move-SPSite」を参照してください。 Certain site collection actions, such as site collection backup/restore or the PowerShell cmdlet Move-SPSite, cause large SQL Server operations which can affect performance or fail if other site collections are active in the same database. For more information, see Move-SPSite.
SharePoint サイト コレクションのバックアップおよび復元は、最大 100 GB までのサイト コレクション サイズに対してのみサポートされます。これより大きいサイト コレクションでは、コンテンツ データベース全体をバックアップする必要があります。100 GB を超える複数のサイト コレクションが 1 つのコンテンツ データベースに含まれる場合、バックアップおよび復元操作に長い時間がかかる可能性があり、バックアップおよび復元操作が失敗する恐れがあります。 SharePoint site collection backup and restore is only supported for a maximum site collection size of 100 GB. For larger site collections, the complete content database must be backed up. If multiple site collections larger than 100 GB are contained in a single content database, backup and restore operations can take a long time and are at risk of failure.
発行サイト コレクションごとのデバイス チャネルの数Number of device channels per publishing site collection
10 10
発行サイト コレクションごとのデバイス チャネルの許容最大数は 10 個です。Boundary
発行サイト コレクションごとのデバイス チャネルの許容最大数は 10 個です。The maximum allowed number of device channels per publishing site collection is 10.

リストとライブラリの制限List and library limits

以下の表に、リストとライブラリの推奨ガイドラインを示します。詳細については、「Designing large Lists and maximizing list performance (SharePoint Server 2010)」をご覧ください。 The following table lists the recommended guidelines for lists and libraries. For more information, see Designing large Lists and maximizing list performance (SharePoint Server 2010).

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
リストの行サイズList row size
行ごとに 8,000 バイト8,000 bytes per row
BoundaryBoundary
リストまたはライブラリの各アイテムには、データベース内で合計 8,000 バイトのみ含めることができます。300 バイトが予約されているので、エンドユーザー列が使用できるのは 7,700 バイトになります。それぞれの種類のフィールドで使用するスペース量の詳細については、後の「列の制限」をご覧ください。Each list or library item can only occupy 8,000 bytes in total in the database. 300 bytes are reserved, leaving 7700 bytes for end-user columns. For details on how much space each kind of field consumes, see Column limits.
ファイルのサイズFile size
2 GB2 GB
既定の最大ファイル サイズは 250 MB です。これは構成可能な制限であり、最大 2 GB (2,047 MB) まで大きくすることができます。ただし、大きなファイルが大量にあると、ファームのパフォーマンスに影響することがあります。Boundary
ドキュメントThe default maximum file size is 250 MB. This is a configurable limit that can be increased up to 2 GB (2,047 MB). However, a large volume of very large files can affect farm performance.
ドキュメントDocuments
ライブラリごとに 30,000,000 個30,000,000 per library
フォルダーを入れ子にしたり、標準ビューとサイト階層を使用したりすると、大規模なドキュメント ライブラリを作成できます。この値は、ドキュメントとフォルダーの構造、および保存するドキュメントの種類とサイズに依存します。Supported
フォルダーを入れ子にしたり、標準ビューとサイト階層を使用したりすると、大規模なドキュメント ライブラリを作成できます。この値は、ドキュメントとフォルダーの構造、および保存するドキュメントの種類とサイズに依存します。You can create very large document libraries by nesting folders, or using standard views and site hierarchy. This value may vary depending on how documents and folders are organized, and by the type and size of documents stored.
メジャー バージョンMajor versions
400,000400,000
この制限を超えると、ファイルを開く操作、ファイルの保存と削除、バージョン履歴表示など、基本的なファイル操作を正常に実行できなくなることがあります。Supported
この制限を超えると、ファイルを開く操作、ファイルの保存と削除、バージョン履歴表示など、基本的なファイル操作を正常に実行できなくなることがあります。If you exceed this limit, basic file operations—such as file open or save, delete, and viewing the version history— may not succeed.
マイナー バージョンThis value is set on the library level for files.
マイナー バージョンMinor versions
511511
マイナー ファイル バージョンの最大値は 511 です。この制限を超えることはできません。Boundary
マイナー ファイル バージョンの最大値は 511 です。この制限を超えることはできません。The maximum number of minor file versions is 511. This limit cannot be exceeded.
アイテムThis value is set on the library level for files.
アイテムItems
リストごとに 30,000,000 個30,000,000 per list
サポートされているSupported
標準ビュー、サイト階層、メタデータ ナビゲーションを使用すると、非常に大きなリストを作成できます。この値は、リスト内の列数およびリストの使用方法に依存します。You can create very large lists using standard views, site hierarchies, and metadata navigation. This value may vary depending on the number of columns in the list and the usage of the list.
一括操作Bulk operations
一括操作ごとに 100 アイテム100 items per bulk operation
境界Boundary
ユーザー インターフェイスからは、一括操作に最大 100 個までのアイテムを選択できます。The user interface allows a maximum of 100 items to be selected for bulk operations.
リスト ビュー参照のしきい値List view lookup threshold
クエリごとに 12 個の結合操作12 join operations per query
参照列、ユーザーまたはグループ列、ワークフロー状態列に基づく結合など、クエリごとに許可される結合の最大数を指定します。クエリで 8 個より多くの結合を使用すると、操作はブロックされます。これは単一アイテムの操作には適用されません。オブジェクト モデルから (ビュー フィールドを指定せず) 最大ビューを使用すると、最大で最初の 12 個の参照が返されます。Threshold
参照列、ユーザーまたはグループ列、ワークフロー状態列に基づく結合など、クエリごとに許可される結合の最大数を指定します。クエリで 8 個より多くの結合を使用すると、操作はブロックされます。これは単一アイテムの操作には適用されません。オブジェクト モデルから (ビュー フィールドを指定せず) 最大ビューを使用すると、最大で最初の 12 個の参照が返されます。Specifies the maximum number of joins allowed per query, such as those based on lookup, person/group, or workflow status columns. If the query uses more than eight joins, the operation is blocked. This does not apply to single item operations. When using the maximal view via the object model (by not specifying any view fields), SharePoint will return up to the first 12 lookups.
Note: After applying the SharePoint Server 2013 cumulative update package released on August 13, 2013 (https://support.microsoft.com/en-us/kb/2817616), the default value is increased from 8 to 12.Note: After applying the SharePoint Server 2013 cumulative update package released on August 13, 2013 (https://support.microsoft.com/en-us/kb/2817616), the default value is increased from 8 to 12.
5,000List view threshold
しきい値5,000
管理者によって設定される、クエリが制限されない時間帯の範囲外で、クエリなどのデータベース操作が同時に処理できるリストまたはライブラリのアイテムの最大数を指定します。Threshold
管理者によって設定される、クエリが制限されない時間帯の範囲外で、クエリなどのデータベース操作が同時に処理できるリストまたはライブラリのアイテムの最大数を指定します。Specifies the maximum number of list or library items that a database operation, such as a query, can process at the same time outside the daily time window set by the administrator during which queries are unrestricted.
監査者と管理者に対するリスト ビューのしきい値List view threshold for auditors and administrators
20,00020,000
適切な権限を持つ監査者または管理者によって実行されたときに、クエリなどのデータベース操作が同時に処理できるリストまたはライブラリのアイテムの最大数を指定します。この設定は [オブジェクト モデルの上書きを許可する] と併せて機能します。Threshold
適切な権限を持つ監査者または管理者によって実行されたときに、クエリなどのデータベース操作が同時に処理できるリストまたはライブラリのアイテムの最大数を指定します。この設定は [オブジェクト モデルの上書きを許可する] と併せて機能します。Specifies the maximum number of list or library items that a database operation, such as a query, can process at the same time when they are performed by an auditor or administrator with appropriate permissions. This setting works with Allow Object Model Override.
Note: This threshold needs to be enabled by using custom code to set the SPQueryThrottleOption.Note: This threshold needs to be enabled by using custom code to set the SPQueryThrottleOption.
サブサイトSubsite
サイト ビューごとに 2,000 個2,000 per site view
.docx, .pptx、および .ppsx ファイルに対する Word と PowerPoint の共同編集Threshold
指定の Web サイトのサブサイトを列挙するインターフェイスは、サブサイト数が 2,000 個を超えると適切に実行されません。同様に、サブサイト数が増えると、[すべてのサイト コンテンツ] ページおよびツリー ビュー コントロールのパフォーマンスが著しく低下します。The interface for enumerating subsites of a given web site does not perform well as the number of subsites surpasses 2,000. Similarly, the All Site Content page and the Tree View Control performance will decrease significantly as the number of subsites grows.
Word、PowerPoint、Excel の共同編集 (.docx、.pptx、ppsx、および .xlsx) ファイルCoauthoring in Word, PowerPoint and Excel for .docx, .pptx, .ppsx and .xlsx files
ドキュメントごとに 10 人の同時編集者10 concurrent editors per document
同じドキュメントを共同編集用に開いて同時に編集しているユーザーが 99 人いる場合、それ以降のユーザーには "ファイルが使用中です" というエラー メッセージが表示され、ドキュメントは読み取り専用でのみ開くことができます。Threshold
同時編集者の推奨最大数は 10 人です。境界は 99 人です。Recommended maximum number of concurrent editors is 10. The boundary is 99.
同じドキュメントを共同編集用に開いて同時に編集しているユーザーが 99 人いる場合、それ以降のユーザーには "ファイルが使用中です" というエラー メッセージが表示され、ドキュメントは読み取り専用でのみ開くことができます。If there are 99 co-authors who have a single document opened for concurrent editing, each successive user sees a "File in use" error, and can only open a read-only copy.
共同編集者が 10 人を超えると、競合の発生が多くなってユーザーの操作性が次第に低下し、サーバーへの変更のアップロードが正常に終了するまで、ユーザーがアップロード操作を何度も繰り返す必要がある場合があります。More than 10 co-editors will lead to a gradually degraded user experience with more conflicts, and users might have to go through more iterations to successfully upload their changes to the server.
セキュリティ スコープSecurity scope
リストごとに 50,000 個50,000 per list
しきい値Threshold
リストに設定する固有のセキュリティ スコープの最大数が、50,000 個を超えることはできません。The maximum number of unique security scopes set for a list cannot exceed 50,000.
ほとんどのファームでは、この制限値を低くして固有のスコープを 5,000 個に制限するよう検討することをお勧めします。大きなリストの場合は、使用する固有のアクセス許可数ができるだけ少なくなる設計を採用するように検討することをお勧めします。For most farms, we recommend that you consider lowering this limit to 5,000 unique scopes. For large lists, consider using a design that uses as few unique permissions as possible.
1 つのリストに設定する固有のセキュリティ スコープの数が、リスト ビューのしきい値 (既定では 5,000 リスト アイテムに設定) を超える場合、リストを表示するときに余計な SQL Server のラウンド トリップが起こります。これにより、リスト ビューのパフォーマンスが悪影響を受けることがあります。When the number of unique security scopes for a list exceeds the value of the list view threshold (set by default at 5,000 list items), additional SQL Server round trips take place when the list is viewed, which can adversely affect list view performance.
A scope is the security boundary for a securable object and any of its children that do not have a separate security boundary defined. A scope contains an Access Control List (ACL), but unlike NTFS ACLs, a scope can include security principals that are specific to SharePoint Server 2013. The members of an ACL for a scope can include Windows users, user accounts other than Windows users (such as forms-based accounts), Active Directory groups, or SharePoint groups.A scope is the security boundary for a securable object and any of its children that do not have a separate security boundary defined. A scope contains an Access Control List (ACL), but unlike NTFS ACLs, a scope can include security principals that are specific to SharePoint Server 2013. The members of an ACL for a scope can include Windows users, user accounts other than Windows users (such as forms-based accounts), Active Directory groups, or SharePoint groups.

列の制限Column limits

SharePoint Server 2013 のデータは、SQL Server のテーブルに格納されます。SharePoint Server 2013 data is stored in SQL Server tables. Each column type has a size value listed in bytes.Each column type has a size value listed in bytes. The sum of all columns in a SharePoint list cannot exceed 8,000 bytes.The sum of all columns in a SharePoint list cannot exceed 8,000 bytes.

制限Limit 最大列数Maximum # columns 制限の種類Limit type 列ごとのサイズSize per column メモNotes
1 行テキストSingle line of text
255255
GUIDThreshold
30 バイト30 bytes
複数行テキストMultiple Lines of Text
350350
整数Threshold
22 バイト22 bytes
選択肢Choice
255255
GUIDThreshold
30 バイト30 bytes
選択肢 (複数選択)Choice (multiple selection)
350350
整数Threshold
22 バイト22 bytes
数値Number
550550
参照Threshold
14 バイト14 bytes
通貨Currency
550550
参照Threshold
14 バイト14 bytes
日付と時刻Date and Time
550550
参照Threshold
14 バイト14 bytes
参照Lookup
750750
管理メタデータThreshold
10 バイト10 bytes
はい/いいえYes / No
10001000
ユーザーまたはグループThreshold
7 バイト7 bytes
ユーザーまたはグループPerson or group
750750
管理メタデータThreshold
10 バイト10 bytes
ハイパーリンクまたは画像Hyperlink or picture
127127
計算値Threshold
60 バイト60 bytes
集計値Calculated
255255
GUIDThreshold
30 バイト30 bytes
GUIDGUID
350350
整数Threshold
22 バイト22 bytes
しきい値Int
750750
管理メタデータThreshold
10 バイト10 bytes
管理メタデータManaged metadata
190190
リストに追加される先頭の管理メタデータ フィールドには、以下の 4 つの列が割り当てられます。Threshold
先頭列に 60 バイト、それ以降の各列に 40 バイト60 bytes for the first, 40 bytes for each subsequent
リストに追加される先頭の管理メタデータ フィールドには、以下の 4 つの列が割り当てられます。The first Managed Metadata field added to a list is allocated four columns:
実際のタグ用の参照フィールドA lookup field for the actual tag
文字列値用の隠し文字フィールドA hidden text field for the string value
集約用の参照フィールドA lookup field for the catch all
集約のあふれ用の参照フィールドA lookup field for spillover of the catch all
リストに追加されるそれ以降の管理メタデータ フィールドごとに、以下の 2 つの列が追加されます。Each subsequent Managed Metadata field added to a list adds two more columns:
実際のタグ用の参照フィールドA lookup field for the actual tag
文字列値用の隠し文字フィールドA hidden text field for the string value
位置情報Geolocation
pbm-22
外部データ列には、プライマリ列とセカンダリ列という概念があります。外部データ列を追加するときは、リストに追加する外部コンテンツ タイプのセカンダリ フィールドを選択できます。たとえば、"Customer" という外部コンテンツ タイプに "ID"、"Name"、"Country"、および "Description" というフィールドがある場合、リストに "Customer" という種類の外部データ列を追加するときに、"Customer" の "ID"、"Name"、および "Description" を示すセカンダリ列を追加できます。全体としては、以下の列が追加されます。Threshold
30 バイト30 bytes

外部データ列には、プライマリ列とセカンダリ列という概念があります。外部データ列を追加するときは、リストに追加する外部コンテンツ タイプのセカンダリ フィールドを選択できます。たとえば、"Customer" という外部コンテンツ タイプに "ID"、"Name"、"Country"、および "Description" というフィールドがある場合、リストに "Customer" という種類の外部データ列を追加するときに、"Customer" の "ID"、"Name"、および "Description" を示すセカンダリ列を追加できます。全体としては、以下の列が追加されます。External Data columns have the concept of a primary column and secondary columns. When you add an external data column, you can select some secondary fields of the external content type that you want to be added to the list. For example, given an External Content Type "Customer" which has fields like "ID", "Name", "Country", and "Description", when you add an External Data column of type "Customer" to a list, you can add secondary fields to show the "ID", "Name" and "Description" of the Customer. Overall these are the columns that get added:

  • プライマリ列: テキスト フィールドです。Primary column: A text field.

  • 隠し ID 列: 複数行テキスト フィールドです。Hidden Id column: A multi-line text field.

  • セカンダリ列: 各セカンダリ列は、ビジネス データ カタログ モデルで定義されているセカンダリ列のデータ型に基づいて、テキスト、数値、ブール値、複数行テキストなどになります。たとえば、"ID " は数値列に、"Name" は 1 行テキスト列に、"Description" は複数行テキスト列に割り当てられることが考えられます。Secondary columns: Each secondary column is a text/number/Boolean/multi-line text that is based on the data type of the secondary column as defined in the Business Data Catalog model. For example, ID might be mapped to a Number column; Name might be mapped to a Single line of text column ; Description might be mapped to a Multiple lines of text column.

ページの制限Page limits

以下の表に、ページの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for pages.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
Web パーツWeb parts
Wiki または Web パーツ ページごとに 25 個25 per wiki or Web Part page
しきい値Threshold
この値は、単純な Web パーツに基づく推定値です。パフォーマンスに影響することなく 1 つのページに使用できる Web パーツ数は、Web パーツの複雑度に応じて異なります。This figure is an estimate based on simple Web Parts. The complexity of the Web Parts dictates how many Web Parts can be used on a page before performance is affected.

セキュリティの制限Security limits

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
1 人のユーザーが属することのできる SharePoint グループの数Number of SharePoint groups a user can belong to
5,0005,000
ユーザー トークンのサイズSupported
この値は固定制限値ではありませんが、Active Directory のガイドラインとの整合性に基づいています。以下の項目がこの値に影響します。This is not a hard limit but it is consistent with Active Directory guidelines. There are several things that affect this number:
ユーザー トークンのサイズThe size of the user token
1 つのサイト コレクション内のユーザーThe groups cache: SharePoint Server 2013 has a table that caches the number of groups a user belongs to as soon as those groups are used in access control lists (ACLs).
セキュリティ チェック時間: ユーザーがメンバーになっているグループの数が増加すると、アクセス チェックに要する時間も増加します。The security check time: as the number of groups that a user is a member of increases, the time that is required for the access check increases also.
1 つのサイト コレクション内のユーザーUsers in a site collection
サイト コレクションごとに 200 万人2 million per site collection
サポートされているSupported
個々のユーザーではなく Microsoft Windows セキュリティ グループを使用してセキュリティを管理すると、Web サイトに数百万人のユーザーを追加できます。You can add millions of people to your web site by using Microsoft Windows security groups to manage security instead of using individual users.
この制限は、管理性とユーザー インターフェイスにおけるナビゲーションの容易さに基づいています。This limit is based on manageability and ease of navigation in the user interface.
SharePoint グループごとに 5,000When you have many entries (security groups of users) in the site collection (more than one thousand), you should use PowerShell to manage users instead of the UI. This will provide a better management experience.
1 つの SharePoint グループ内の Active Directory プリンシパル/ユーザーActive Directory Principles/Users in a SharePoint group
SharePoint グループごとに 5,0005,000 per SharePoint group
1 つの SharePoint グループ内のユーザー (またはユーザーの Active Directory グループ) の数が最大 5,000 までの場合、許容範囲のパフォーマンスが得られます。Supported
この制限によって以下のアクティビティが特に影響を受けます。SharePoint Server 2013 enables you to add users or Active Directory groups to a SharePoint group.
1 つの SharePoint グループ内のユーザー (またはユーザーの Active Directory グループ) の数が最大 5,000 までの場合、許容範囲のパフォーマンスが得られます。Having up to 5,000 users (or Active Directory groups or users) in a SharePoint group provides acceptable performance.
この制限によって以下のアクティビティが特に影響を受けます。The activities most affected by this limit are as follows:
権限を検証するためのユーザーのフェッチ。グループ内のユーザー数が増えるほど、この操作の所要時間は長くなります。Fetching users to validate permissions. This operation takes incrementally longer with growth in number of users in a group.
ビューのメンバーシップのレンダリング。この操作は常に時間を要します。Rendering the membership of the view. This operation will always require time.
SharePoint グループSharePoint groups
サイト コレクションごとに 10,000 個10,000 per site collection
セキュリティ プリンシパル: セキュリティ スコープのサイズSupported
グループ数が 10,000 個を超えると、操作実行時間が著しく増加します。特に、既存のグループへのユーザーの追加、新しいグループの作成、グループ ビューのレンダリングが影響を受けます。Above 10,000 groups, the time to execute operations is increased significantly. This is especially true of adding a user to an existing group, creating a new group, and rendering group views.
セキュリティ プリンシパル: セキュリティ スコープのサイズSecurity principal: size of the Security Scope
アクセス制御リスト (ACL) ごとに 5,000 個5,000 per Access Control List (ACL)
機能別の制限Supported
スコープのサイズは、セキュリティ チェック計算に使用されるデータに影響します。この計算は、スコープが変更されるたびに発生します。固定制限値はありませんが、スコープが大きくなるほど計算時間が長くなります。The size of the scope affects the data that is used for a security check calculation. This calculation occurs every time that the scope changes. There is no hard limit, but the bigger the scope, the longer the calculation takes.

機能別の制限Limits by feature

このセクションでは、制限を機能別に示します。This section lists limits sorted by feature.

検索の制限Search limits

検索の推奨ガイドラインは、影響のある検索の側面に従って構成されています。これらの側面には、トポロジ、アイテムのサイズ、辞書、クロール、スキーマ、クエリと結果、ランク付け、インデックスがあります。The recommended guidelines for search are organized according to the aspects of search that they impact: the topology, the size of items, dictionaries, crawling, schema, queries and results, ranking, and the index.

注意

Limits for Search have changed significantly as the feature has been updated. For more information, see Plan search in SharePoint Server.Limits for Search have changed significantly as the feature has been updated. For more information, see Plan search in SharePoint Server.

検索: トポロジの制限Search: topology limits

トポロジの制限は、検索コンポーネント間の効率的な通信を確保します。この制限を超えると、検索コンポーネント間の通信が遅くなり、クエリの待機時間が長くなって最終的に検索機能が停止する場合があります。The topology limits ensure efficient communication between search components. Exceeding these limits slows down the communication between search components, which can result in longer query latencies and ultimately outage of search.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
分析処理コンポーネントAnalytics processing components
Search service アプリケーションごとに 6 個、サーバーごとに 1 個6 per Search service application; 1 per server
Search service アプリケーションごとに 4 個Supported
分析レポート データベースAnalytics reporting databases
Search service アプリケーションごとに 4 個4 per Search service application
リンク データベースThreshold
特定の要件を満たさなければならない場合は、この制限を超えることができます。スケーリング時に、展開された分析データベースのいずれかが 250 GB の合計サイズまたは 20 M の合計行数に達した場合は、分析レポート データベースを追加します。こうすると、パーティション再分割のバランスが極力維持されます。You can exceed this limit to accommodate specific requirements. When scaling, add an analytics reporting database when the size of any of the deployed analytics databases reaches 250 GB total size, or 20 M total rows. This way repartitioning is as balanced as possible.
リンク データベースLink databases
Search Service アプリケーションごとに 4 個4 per Search service application
クロール コンポーネントSupported
リンク データベースに含めることができる最大テスト済みアイテム数は 1 億個です。The highest tested number of items a link database can contain is 100 million.
クロール コンポーネントCrawl components
Search service アプリケーションごとに 16 個、サーバーごとに 1 個16 per Search service application; 1 per server
Search service アプリケーションごとに 60 個、サーバーごとに 4 個Supported
インデックス コンポーネントIndex components
Search service アプリケーションごとに 60 個、サーバーごとに 4 個60 per Search service application; 4 per server
SharePoint Foundation 2013 では、この制限は Search Service アプリケーションごとに 1 つのインデックス コンポーネントとなり、これを超えることはできません。Supported
存在するインデックス コンポーネント数を計算するには、インデックス パーティション数とインデックス レプリカ数を乗算します。To calculate the number of index components you have, multiply the number of index partitions with the number of index replicas.
Search Service アプリケーションごとに 25 個For SharePoint Foundation 2013 , this limit is one index component per Search service application and cannot be exceeded.
インデックス パーティションIndex partitions
Search Service アプリケーションごとに 25 個25 per Search service application
SharePoint Foundation 2013 では、Search Service アプリケーションごとのインデックス コンポーネントの最大数は 1 個に制限されています。このため、Search Service アプリケーションごとのインデックス パーティションの最大数も 1 個に制限されています。Supported
インデックス パーティションには、Search service アプリケーションのインデックスのサブセットが含まれます。インデックス パーティションの数を増やすと、各パーティションに含まれるインデックスのサブセットが小さくなり、インデックス コンポーネントをホストするサーバーに必要な RAM とディスク容量が少なくなります。An index partition holds a subset of the Search service application index. Increasing the number of index partitions results in each partition holding a smaller subset of the index, reducing the RAM and disk space that is needed on the servers hosting the index components.
インデックス パーティションごとに 3 個For SharePoint Foundation 2013, the maximum number of index components per Search service application is one, so the maximum number of index partitions per Search service application is limited to one.
インデックス レプリカIndex replicas
インデックス パーティションごとに 3 個3 per index partition
インターネット サイトのシナリオは、一般に高いクエリ レートで低いコンテンツ ボリューム (パーティションごとに 400 万アイテム未満) ですが、このシナリオでサポートされる制限はパーティションごとに 6 個のインデックス レプリカです。Supported
インデックス パーティションごとに、レプリカのセットを設定できます。インデックス レプリカの数を増やすと、クエリのパフォーマンスによい影響を与え、フォールト トレランスが改善されます。ただし、インデックス パーティションに追加するレプリカが多すぎる場合は、インデックス作成に悪影響を及ぼすことがあります。Each index partition can have a set of replica. If you increase the number of index replicas, this has a positive effect on the query performance and it provides better fault tolerance. But, if you add too many replicas to your index partition, this can adversely affect indexing.
インターネット サイトのシナリオは、一般に高いクエリ レートで低いコンテンツ ボリューム (パーティションごとに 400 万アイテム未満) ですが、このシナリオでサポートされる制限はパーティションごとに 6 個のインデックス レプリカです。For Internet sites scenarios, which typically have a high query rate but low content volume (less than 4 million items per partition), the supported limit is 6 index replicas per partition.
サーバーごとに 1 個For SharePoint Foundation 2013, the maximum number of index components per Search service application is one, so the maximum number of index partitions per Search service application is limited to one.
コンテンツ処理コンポーネントContent processing components
サーバーごとに 1 個1 per server
サポートされるSupported
検索トポロジはコンテンツ処理コンポーネント数のスケール アウトをサポートします。特定の物理ホストまたは仮想マシンでは複数のコンテンツ処理コンポーネントがサポートされますが、1 つのコンテンツ処理コンポーネントを使用することによって、CPU 容量の使用率が向上します。それは、組み込みのメカニズムによって、フィーディング セッションの数が、利用できる CPU コアに従って調節されて、CPU 使用率が最大になるからです。複数のフィーディング セッションによって、コンテンツ処理コンポーネントは受信ドキュメントを並行して処理できます。このメカニズムでは、ホストごとに 1 つのコンテンツ処理コンポーネントが想定されています。 The search topology supports scaling out the number of content processing components. Although a specific physical host or virtual machine does support multiple content processing components, you achieve better usage of the CPU capacity by using one content processing component. The reason is that a built-in mechanism maximizes CPU usage by adjusting the number of feeding sessions according to available CPU cores. Multiple feeding sessions allow the content processing component to process incoming documents in parallel. This mechanism assumes a single content processing component per host.
If the number of physical cores on the host equals N, then the content processing component will have NK feeding sessions. K is a constant coefficient with the initial value 3. A 4-core server will have 12 feeding sessions, which means that the content processing component can process 12 documents in parallel. You can change the value of K by setting the NumberOfCssFeedersPerCPUForRegularCrawl property of the Search Service Application. SharePoint Server 2013 limits the value of N upward to 12, even if a server has more than 12 physical cores. Therefore a 16-core server will have NK = 12 * 3 = 36 feeding sessions.If the number of physical cores on the host equals N, then the content processing component will have NK feeding sessions. K is a constant coefficient with the initial value 3. A 4-core server will have 12 feeding sessions, which means that the content processing component can process 12 documents in parallel. You can change the value of K by setting the NumberOfCssFeedersPerCPUForRegularCrawl property of the Search Service Application. SharePoint Server 2013 limits the value of N upward to 12, even if a server has more than 12 physical cores. Therefore a 16-core server will have NK = 12 * 3 = 36 feeding sessions.
それでもアイドル状態の CPU 時間がある場合には、さらにコンテンツ処理コンポーネントを追加する代わりに、K 係数を増やすことを考えます。K 係数を増やす場合、利用できるメモリがホストに十分あることを確認する必要があります。 In the case that there still is idle CPU time, consider increasing the K coefficient instead of adding an additional content processing component. If you increase the K coefficient, you must make sure that the host has sufficient available memory.
クエリ処理コンポーネントQuery processing components
サーバーごとに 1 個1 per server
サポートされるSupported
Search Service アプリケーションごとに 64 個SharePoint Server 2013 only supports one query processing component per physical machine or virtual machine.
検索コンポーネントSearch components
Search Service アプリケーションごとに 64 個64 per Search service application
サポートされているSupported
この制限には、クロール コンポーネントは含まれません。他のすべての検索コンポーネントの合計をこの制限内にする必要があります。This limit does not include crawl components. The sum of all the other search components must stay within this limit.
Search service アプリケーションSearch service applications
ファームごとに 20 個20 per farm
サポートされているSupported
検索のコンポーネントとデータベースを別個のサーバーに割り当てることができるので、同じファームに複数の Search service アプリケーションを展開できます。この制限値は、1 つのファーム内のサービス アプリケーションの総数に対する制限より少ない値です。Multiple Search service applications can be deployed on the same farm, because you can assign search components and databases to separate servers. This limit is lower than the limit for the total number of service applications in a farm.
コンテンツ ソースContent sources
Search Service アプリケーションごとに 500 個500 per Search service application
検索: アイテム サイズの制限Boundary
コンテンツ ソースごとに関連するオーバーヘッドが発生するので、他の運用上の要件 (クロールの優先度とスケジュールの相違など) を満たす範囲で最小の数のコンテンツ ソースを作成することをお勧めします。There is overhead associated with each content source, so we recommend that you create the smallest number of content sources that satisfy your other operational requirements, for example differences in crawl priority and scheduling.

検索: アイテム サイズの制限Search: item size limits

アイテム サイズの制限は、クロール パフォーマンスとインデックス サイズを保護します。これらの制限が検索に与える影響について、次に例を示します。The item size limits safeguard crawling performance and the size of the index. Here are some examples of how the limits can affect searching:

  • アイテムを検索しても結果が得られなかった場合は、そのアイテムが大きすぎる可能性があります。ファイルがクローラーでダウンロード可能な最大サイズを超えていることを示す警告がクロール ログに書き込まれます。If you can't get results when you search for an item, the item could be too large. A warning will show up in the Crawl Log, stating that the file exceeded the maximum size that the crawler can download.

  • アイテム内のテキストを検索して、そのテキストの最初の部分の結果しか得られなかった場合は、アイテムがそのサイズ制限の一部を超えており、コンテンツ処理コンポーネントによって切り捨てられた可能性があります。アイテムがコンテンツ処理コンポーネントによって切り捨てられたことは、管理プロパティの IsPartiallyProcessed が True に設定されることによって示されます。アイテムが切り捨てられた理由は、クロール ログの警告にも示されます。If you search for text in an item and only get results from the first part of the text, the content processing component may have truncated the item because it exceeded some of item size limits. When the content processing component truncates an item, it indicates this by setting the managed property IsPartiallyProcessed to True. A warning will also show up in the Crawl Log, stating why the item was truncated.

アイテム サイズの制限を調整する場合は、この表の順番で行うことをお勧めします。If you tune item size limits, we recommend that you work with them in the order they appear in this table.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
クロール コンポーネントでダウンロード可能なドキュメント サイズDocument size crawl component can download
64 MB (Excel ドキュメントの場合は 3 MB)64 MB (3 MB for Excel documents)
しきい値Threshold
検索では、ドキュメントからメタデータとコンテンツが最大ドキュメント サイズに達するまでダウンロードされます。残りのコンテンツはダウンロードされません。検索では、ドキュメントのメタデータは必ずダウンロードされます。 Search downloads meta data and content from a document until it reaches the maximum document size. The rest of the content is not downloaded. Search always downloads a document's meta data.
最大ドキュメント サイズの既定の制限は変更できます。この変更は、Microsoft PowerShell コマンドレットを使用して Search Service アプリケーション プロパティの MaxDownLoadSize または MaxDownloadSizeExcel を変更することにより行います。 MaxDownLoadSize は Excel ドキュメントの最大サイズには影響しません。値はメガバイト単位で入力します。ドキュメントの最大サイズの最大値は 1024 MB で、Excel ドキュメントの場合も同様です。 You can change the default limit for the maximum document size. Do this by using Microsoft PowerShell cmdlets to change the Search service application property MaxDownLoadSize or MaxDownloadSizeExcel. MaxDownLoadSize doesn't impact the maximum size for Excel documents. Enter the value in megabytes. The maximum value for the maximum document size is 1024 MB, also for Excel documents.
最大ドキュメント サイズの上限を大きくすると、より多くのコンテンツにインデックスが付けられるため、より多くのディスク領域が必要になります。If you increase the limit for the maximum document size, search indexes more content and needs more disk space.
解析されるコンテンツ サイズParsed content size
200 万文字2 million characters
ワード ブレーカーで処理される文字Boundary
検索では、解析が、アイテムの添付ファイルも含めて、200 万文字に達した段階で終了します。実際に解析される文字数はこの制限より少ない可能性があります。これは、検索では、単一のアイテムとその添付ファイルの解析に最大で 30 秒しか使われないためです。検索でアイテムの解析が終了すると、アイテムに部分的に処理されたというマークが付けられます。未解析のコンテンツは処理されないため、インデックスが付けられません。Search stops parsing an item after it has parsed up to 2 million characters of content from it, including the item's attachments. The actual amount of parsed characters can be lower than this limit because search uses maximum 30 seconds on parsing a single item and its attachments. When search stops parsing an item, the item is marked as partially processed. Any unparsed content isn't processed and therefore isn't indexed.
境界Characters processed by the word breaker
1,000,0001,000,000
インデックス付きの管理プロパティ サイズBoundary
検索可能/クエリ可能な管理プロパティごとに 512 KBSearch breaks content into individual words (tokens). The word breaker produces tokens from the first 1,000,000 characters of a single item, including the item's attachments. The actual number of processed characters can be lower than this limit because search uses maximum 30 seconds on word breaking. Any remaining content isn't processed and therefore isn't indexed.
インデックス付きの管理プロパティ サイズIndexed managed property size
検索可能/クエリ可能な管理プロパティごとに 512 KB512 KB per searchable/queryable managed property
この制限を増やすと、管理プロパティごとにより多くのデータのインデックス処理を行えるようになります。管理プロパティごとのデータのインデックス処理量が増加すると、使用するディスク容量が増加し、検索システム全体の負荷が増加します。Threshold
This is the default value for the maximum size of a managed property that is set to either "searchable" or "queryable". You can configure this limit by using PowerShell cmdlets and the schema object model to set the MP.MaxCharactersInPropertyStoreIndex attribute. Enter the value in bytes. The maximum value for this maximum size is 2,097,152 bytes. This is the default value for the maximum size of a managed property that is set to either "searchable" or "queryable". You can configure this limit by using PowerShell cmdlets and the schema object model to set the MP.MaxCharactersInPropertyStoreIndex attribute. Enter the value in bytes. The maximum value for this maximum size is 2,097,152 bytes.
この制限を増やすと、管理プロパティごとにより多くのデータのインデックス処理を行えるようになります。管理プロパティごとのデータのインデックス処理量が増加すると、使用するディスク容量が増加し、検索システム全体の負荷が増加します。 If you increase this limit you enable indexing of more data per managed property. Indexing more data per managed property uses more disk space and increases the overall load on the search system.
取得可能な管理プロパティのサイズRetrievable managed property size
16 KB per managed property16 KB per managed property
しきい値Threshold
This is the default value for the maximum size of a retrievable managed property. You can configure this limit per managed property by using PowerShell cmdlets and the schema object model to set the P.MaxCharactersInPropertyStoreForRetrievalattribute. Enter the value in bytes. The maximum value for this maximum size is 2,097,152 bytes. This is the default value for the maximum size of a retrievable managed property. You can configure this limit per managed property by using PowerShell cmdlets and the schema object model to set the P.MaxCharactersInPropertyStoreForRetrievalattribute. Enter the value in bytes. The maximum value for this maximum size is 2,097,152 bytes.
管理プロパティごとに 16 KBIf you increase this limit you enable indexing of more data per managed property. Indexing and retrieving more data per managed property increases the overall load on the system and uses more disk space.
並べ替え可能で絞り込み可能な管理プロパティのサイズSortable and refinable managed property size
管理プロパティごとに 16 KB16 KB per managed property
トークン サイズBoundary
これは並べ替え可能で絞り込み可能な管理プロパティの最大サイズです。This is the maximum size of a sortable and refinable managed property.
トークン サイズToken size
可変Variable
境界Boundary
検索では、任意の長さのトークンにインデックスを付けることができます。ただし、検索時にトークンの生成に使用されるワード ブレーカーがトークン長を制限できます。ワード ブレーカーはコンテンツを単一の単語 (トークン) に分割する言語対応コンポーネントです。カスタム ワード ブレーカーを作成することもできます。そのため、トークン サイズの制限はワード ブレーカーに依存します。Search can index tokens of any length. But the word breaker that search uses to produce tokens can limit the token length. Word breakers are language-aware components that break content into single words (tokens). You can also create custom word breakers. The token size limit therefore depends on the word breaker.
次に、西洋言語のワード ブレーカーの制限を示します。Here's the limit of the word breaker for western languages:
ワード ブレーカーは、トークンの最初の 1,000 文字しか分割対象として考慮せず、残りの文字は無視します。The word breaker only considers the first 1000 characters of a token for splitting, it ignores any remaining characters.
ワード ブレーカーは、300 文字を超えるトークンを 300 文字を超えるトークンが存在しないように複数のトークンに分割します。たとえば、612 文字のトークンは 2 つの 300 文字のトークンと 1 つの 12 文字のトークンに分割されます。The word breaker splits tokens that are longer than 300 characters into two or more tokens where no token has more than 300 characters. For example, a 612 character token is split into two 300 character tokens and one 12 character token.

検索: 辞書の制限Search: dictionary limits

辞書の制限は、メモリ、コンテンツ処理の効率、およびクエリ結果を保護します。The dictionary limits safeguard memory, content processing efficiency, and query results.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
類義語辞典のエントリ数Number of entries in a thesaurus
100 万個1 million
カスタムのエンティティ抽出辞書のエントリ数Supported
類義語辞典にはクエリ用語の同義語が含まれています。このテスト済み制限を超えると、メモリの使用量が増加し、クエリの応答時間が長くなる可能性があります。The thesaurus contains synonyms for query terms. Exceeding this tested limit may result in increased use of memory and an increased query response time.
カスタムのエンティティ抽出辞書のエントリ数Number of entries in a custom entity extraction dictionary
100 万個1 million
カスタムの検索辞書のエントリ数Supported
このテスト済み制限を超えると、メモリの使用量が増加し、インデックス付けが遅くなり、クエリの応答時間が長くなる可能性があります。Exceeding this tested limit may result in increased use of memory, slower indexing, and an increased query response time.
カスタムの検索辞書のエントリ数Number of entries in a custom search dictionary
テナントごとに 5,000 用語5,000 terms per tenant
検索: スキーマの制限Boundary
これによって、クエリのスペル修正と会社抽出用の対象辞書と除外辞書に許容される用語数が制限されます。この制限を超える用語を用語ストアに保存できますが、検索ではテナントごとに 5,000 用語しか使用されません。This limits the number of terms allowed for inclusions and exclusions dictionaries for query spelling correction and company extraction. You can store more terms than this limit in the Termstore, but search only uses 5000 terms per tenant.

検索: スキーマの制限Search: schema limits

スキーマの制限は、メモリ リソースを保護し、管理操作のオーバーヘッドを受け入れ可能なレベルに維持します。The schema limits safeguard memory resources and keep the management operation overhead at an acceptable level.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
クロールされたプロパティCrawled properties
Search Service アプリケーションごとに 500,000 個500,000 per Search service application
管理プロパティSupported
クロールが、クロールされたプロパティとして表現されるアイテムのコンテンツとメタデータ。これらのクロールされたプロパティを管理プロパティにマップすることができます。クロールされたプロパティがこのサポートされた制限を超えた場合は、インデックス付けの速度が低下します。The contents and metadata of the items that you crawl are represented as crawled properties. You can map these crawled properties to managed properties. If the number of crawled properties exceeds this supported limit, this reduces indexing speed.
管理プロパティManaged properties
Search service アプリケーションごとに 50,000 個50,000 per Search service application
管理プロパティ マッピングSupported
検索ではクエリ内で管理プロパティが使用されます。クロールされたプロパティは管理プロパティにマップされます。管理プロパティのサポートされた制限を超えると、インデックス付けの速度が低下します。Search uses managed propertied in queries. Crawled properties are mapped to managed properties. Exceeding the supported limit for managed properties reduces indexing speed.
管理プロパティ マッピングManaged property mappings
管理プロパティごとに 100 個100 per managed property
管理プロパティごとの値Supported
クロールされたプロパティは管理プロパティにマップすることができます。この制限を超えると、クロールの速度とクエリのパフォーマンスが低下する可能性があります。Crawled properties can be mapped to managed properties. Exceeding this limit might decrease crawl speed and query performance.
管理プロパティごとの値Values per managed property
10001000
認識されるメタデータ プロパティBoundary
管理プロパティには同じ型の複数の値を使用できます。これは、ドキュメントおよび複数値管理プロパティあたりの値の最大数です。この制限を超えると、残りの値が破棄されます。A managed property can have multiple values of the same type. This is the maximum number of values per managed multi-valued managed property per document. If this number is exceeded, the remaining values are discarded.
認識されるメタデータ プロパティMetadata properties recognized
クロールされたアイテムごとに 100,000 個100,000 per crawled item
検索: クロールの制限Supported
これはクロール コンポーネントがアイテムをクロールするときに決定可能なメタデータ プロパティの最大数です。このメタデータ プロパティはマップすることも、クエリに使用することもできます。クロールされたプロパティ数がこの値に近づくと、クロール速度が低下する可能性があります。This is the maximum number of metadata properties that the crawl component can determine when crawling an item. These metadata properties can be mapped or used for queries. Approaching this number of crawled properties might result in a low crawl rate.

検索: クロールの制限Search: crawl limits

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
開始アドレスStart addresses
コンテンツ ソースごとに 500 個500 per content source
15 文字Supported
マシン ホスト名の文字数Length of machine host name
15 文字15 characters
しきい値Threshold
NetBIOS は、マシン ホスト名の最大文字数をこの値に制限します。NetBIOS limits the maximum machine host name length to this value.
クロール データベースCrawl databases
Search Service アプリケーションごとに 15 個15 per Search service application
クエリと結果の制限によって、検索エンジンが非常に長いクエリ式を実行したり、非常に大きな結果セットを返したりすることがなくなります。検索エンジンが非常に長いクエリ式を実行したり、非常に大きな結果セットを返したりしないようにすることによって、サービス拒否 (DoS) 攻撃が阻止され、タイムリーな結果の取得が保証されます。より多くの結果を取得する必要がある場合は、ページングの使用をお勧めします。Supported

検索: クエリと結果の制限Search: query and result limits

クエリと結果の制限によって、検索エンジンが非常に長いクエリ式を実行したり、非常に大きな結果セットを返したりすることがなくなります。検索エンジンが非常に長いクエリ式を実行したり、非常に大きな結果セットを返したりしないようにすることによって、サービス拒否 (DoS) 攻撃が阻止され、タイムリーな結果の取得が保証されます。より多くの結果を取得する必要がある場合は、ページングの使用をお勧めします。The limits for queries and results safeguard the search engine against executing very large query expressions and returning very large result sets. Preventing the search engine from executing very large query expressions and returning very large result sets prevents Denial-of-service (DoS) attacks and makes sure that results return timely. If you have to retrieve more results we recommend that you use paging.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
キーワード クエリ言語を使用したクエリのテキスト長Text length for queries using Keyword Query Language
4 KB (4,096 文字)4 KB (4,096 characters)
すべてのクエリ タイプに関して、最大テキスト長の既定値を 20 KB (20,480) の境界まで増やすことができます。Supported
これは検出クエリ以外の、キーワード クエリ言語を使用して構築されたクエリの最大テキスト長のテスト済み既定値です。検出クエリの場合は、16 KB (16,384 文字) が既定の最大値です。This is the tested and default value for the maximum text length for a query built by using Keyword Query Language, except for Discovery queries. For Discovery queries 16 KB (16,384 characters) is the default maximum value.
500 行The default value for the maximum text length can be increased up to the boundary of 20 KB (20,480) for all query types.
結果セット内の行数Number of rows in a result set
500 行500 rows
サポートされるSupported
これは検出クエリ以外の、結果セット内の最大行数のテスト済み既定値です。検出クエリの場合は、10,000 行が既定値です。結果セット全体を表示するには、より多くのページング クエリを発行します。 This is the tested and default value for the maximum number of rows in a result set, except for a Discovery query. For Discovery queries 10,000 rows is the default value. To display the entire result set, issue more paging queries.
結果セット内の最大行数の値を変更するには、PowerShell コマンドレットを使用して Search Service アプリケーション プロパティ MaxRowLimit を変更します。 MaxRowLimit はクエリ プロパティ RowLimit と検出クエリ プロパティ RowLimit の最大値を定義します。 RowLimit は、結果セットの各ページに含まれる行数を定義します。 MaxRowLimit はサポート上限の 10,000 行まで増やすことができます。 You can change the value for the maximum number of rows in a result set by using PowerShell cmdlets to change the Search service application property MaxRowLimit. MaxRowLimit defines the maximum value of the query property RowLimit and the Discovery query property RowLimit. RowLimit defines the number of rows each page contains in a result set. You can increase MaxRowLimit up to 10,000 rows, this is the supported boundary.
結果の削除Results removal
無制限No limit
Search Service アプリケーションごとに 100,000 アラートSupported
検索アラート クォータSearch alert quota
Search Service アプリケーションごとに 100,000 アラート100,000 alerts per Search service application
検索: ランク付けの制限Supported
エンド ユーザーは、クエリの結果セットに関する検索アラートを設定できます。結果が変更または更新されると、エンド ユーザーに通知されます。これは、エンド ユーザー クエリ (75%) とアラート クエリ (25%) が混在している Search Service アプリケーションのテスト済み制限です。アラート クエリのみの Search Service アプリケーションの制限は 400,000 アラートです。これらの制限は、1 秒あたりのクエリ数 (QPS) が 5 のシステムに基づいています。End-users can set search alerts for the result set of a query. When the results are changed or updated, search notifies the end-user. This is the tested limit for a Search service application that has a mix of end-user queries (75%) and alert queries (25%). The limit for a Search service application that has only alert queries is 400,000 alerts. These limits are based on a system with five queries per second (QPS).

検索: ランク付けの制限Search: ranking limits

ランク付けの制限は、アプリケーション サーバー メモリ、クエリ待機時間、およびインデックス サイズを保護します。The ranking limits safeguard application server memory, query latency, and the size of the index.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ランク付けモデルRanking models
テナントごとに 1,000 個1,000 per tenant
ランク付けに使用する固有のコンテキストBoundary
この制限に近づくと、システム全体のパフォーマンスに悪影響が出る可能性があります。Approaching this limit can adversely affect the overall system performance.
ランク付けに使用する固有のコンテキストUnique contexts used for ranking
ランク モデルごとに固有のコンテキストは 15 個15 unique contexts per rank model
優先するページBoundary
これはランク モデルごとの固有のコンテキストの最大数です。This is the maximum number of unique contexts per rank model.
優先するページAuthoritative pages
Search service アプリケーションごとに最優先するページ 1 つおよび 2 番目と 3 番目に優先するページ最小限数1 top level and minimal second and third level pages per Search service application
サポートされているSupported
2 番目と 3 番目に優先するページ数は目的の関連性を得られるだけのできる限り少ない数を使用します。Use as few second- and third-level pages as possible while still achieving the desired relevance.
境界は、Search Service アプリケーションおよび関連性レベルあたり 200 の優先するページです。ページ数を増やすと、必要な関連性に到達しない可能性があります。最初の関連性レベルにキー サイトを追加します。2 つ目か 3 つ目の関連性レベルにキー サイトを 1 つずつ追加します。追加する度に関連性を評価して、必要な関連性の結果に到達したことを確認します。The boundary is 200 authoritative pages per relevance level per Search service application. If you add more pages, you may not achieve the desired relevance. Add the key site to the first relevance level. Add more key sites at either second or third relevance levels, one at a time. Evaluate relevance after each addition to make sure that that you have achieved the desired relevance effect.

検索: インデックスの制限Search: index limits

インデックスを制限すると、インデックスが境界を越えたり、使用可能なリソース数を超えたりしなくなります。The index limits safeguard the index from growing out of bounds and exceeding the available resources.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
インデックス内の固有の用語Unique terms in the index
2^31 (>20 億個の用語)2^31 (>2 billion terms)
境界Boundary
これは Search Service アプリケーションのインデックス内に存在可能な固有の用語の最大数です。This is the maximum number of unique terms that can exist in the index of a Search service application.
ユーザー定義のフルテキスト インデックスUser defined full text indexes
10 10
境界Boundary
これはフルテキスト インデックスの最大数です。This is the maximum number of full text indexes.
インデックス付きのアイテムIndexed items
各インデックス パーティションに検索インデックスのサブセットが含まれています。インデックス付けされたアイテム数がサーバーに搭載されているメモリ容量を上回った場合は、クエリの応答時間に悪影響が出ます。10 million per index partition
SharePoint Foundation 2013 では、インデックス処理するアイテムの最大数は、1 インデックス パーティションあたり 200 万アイテムです。Supported
SharePoint Foundation 2013 では、インデックス処理するアイテムの最大数は、1 インデックス パーティションあたり 200 万アイテムです (2016 年 6 月公開の更新プログラムを適用する前)。2016 年 6 月公開の更新プログラムでは、この制限がインデックス パーティションあたり 1,000 万個のアイテムに増加しています。Each index partition contains a subset of the whole search index. If the number of indexed items is high in relation to how much memory the server has, affects the query response time negatively.
User Profile Service の制限For SharePoint Foundation 2013, the maximum number of indexed items is 2 million items per index partition.
For SharePoint Foundation 2013, the maximum number of indexed items is 2 million items per index partition, before applying the June 2016 Public Update. The June 2016 Public Update, increases this limit to 10 million items per index partition.For SharePoint Foundation 2013, the maximum number of indexed items is 2 million items per index partition, before applying the June 2016 Public Update. The June 2016 Public Update, increases this limit to 10 million items per index partition.

User Profile Service の制限User Profile Service limits

以下の表に、User Profile Service の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for User Profile Service.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ユーザー プロファイルUser profiles
サービス アプリケーションごとに 2,000,000 個2,000,000 per service application
ソーシャル タグ、メモ、および評価Supported
User Profile Service アプリケーションでは、すべてのソーシャル機能を備えたユーザー プロファイルを最大 200 万個までサポートできます。この値は、ディレクトリ サービスからユーザー プロファイル ストアにインポートできるプロファイルの数を表し、また、1 つの User Profile Service アプリケーションで、ソーシャル機能のパフォーマンスを低下させることなくサポートできるプロファイルの数を示します。A user profile service application can support up to 2 million user profiles with full social features functionality. This number represents the number of profiles that can be imported into the people profile store from a directory service, and also the number of profiles a user profile service application can support without leading to performance decreases in social features.
ソーシャル タグ、メモ、および評価Social tags, notes and ratings
ソーシャル データベースごとに 500,000,000 個500,000,000 per social database
コンテンツ展開の制限Supported
1 つのソーシャル データベース内には、著しいパフォーマンス低下を招くことなく、最大 5 億個までのソーシャル タグ、メモ、および評価の合計数がサポートされます。ただし、上限値では、バックアップと復元など、データベースのメンテナンス操作のパフォーマンスが低下することがあります。Up to 500 million total social tags, notes and ratings are supported in a social database without significant decreases in performance. However, database maintenance operations such as backup and restore may show decreased performance at that point.

コンテンツ展開の制限Content deployment limits

以下の表に、コンテンツ展開の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for content deployment.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
複数のパスで実行されるコンテンツ展開ジョブContent deployment jobs running on different paths
128020
サポートされるSupported
同じ展開元コンテンツ データベース内の複数のサイト コレクションに接続する複数のパスでジョブを同時に実行すると、データベースでデッドロックが発生する可能性が高くなります。ジョブを同時に実行することが必要な場合には、サイト コレクションを複数の異なる展開元コンテンツ データベースに移動することをお勧めします。 For concurrently running jobs on paths that are connected to site collections in the same source content database, there is an increased risk of deadlocks on the database. For jobs that must run concurrently, we recommend that you move the site collections into different source content databases.
注: 同じパスで実行中のジョブを同時に実行することはできません。Note: Concurrent running jobs on the same path are not possible. If you are using SQL Server snapshots for content deployment, each path creates a snapshot.If you are using SQL Server snapshots for content deployment, each path creates a snapshot. This increases the I/O requirements for the source database.This increases the I/O requirements for the source database.
詳細については、「展開のパスとジョブについて」を参照してください。For more information, see About deployment paths and jobs.

ブログの制限Blog limits

以下の表に、ブログの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for blogs.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ブログ投稿Blog posts
サイトごとに 5,000 件5,000 per site
コメントSupported
ブログの投稿の最大数はサイトごとに 5,000 件です。The maximum number of blog posts is 5,000 per site.
コメントComments
投稿ごとに 1,000 件1,000 per post
Business Connectivity Services の制限Supported
コメントの最大数は投稿ごとに 1,000 件です。The maximum number of comments is 1,000 per post.

Business Connectivity Services の制限Business Connectivity Services limits

以下の表に、Business Connectivity Services の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for Business Connectivity Services.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ECT (メモリ内)ECT (in-memory)
Web サーバーごと (テナントごと) に 5,000 個5,000 per web server (per tenant)
外部システム接続Boundary
1 つの Web サーバーで同時点にメモリにロードできる外部コンテンツ タイプ (ECT) 定義の合計数です。Total number of external content type (ECT) definitions loaded in memory at a given point in time on a web server.
外部システム接続External system connections
Web サーバーごとに 500 個500 per web server
要求ごとに返されるデータベース アイテムBoundary
同時点にアクティブにするか開くことができる外部システム接続数です。既定の最大数は 200 個、境界は 500 個です。この制限は、外部システムの種類 (データベース、.NET アセンブリなど) に関係なく、Web サーバー範囲に適用されます。接続数は、既定の最大値を使用して制限されます。アプリケーションでは、実行コンテキストを使用してこれより大きな制限値を指定できますが、境界は、既定値を使用しないアプリケーションにも適用されます。Number of active/open external system connections at a given point in time. The default maximum value is 200; the boundary is 500. This limit is enforced at the web server scope, regardless of the kind of external system (for example, database, .NET assembly, and so on) The default maximum is used to restrict the number of connections. An application can specify a larger limit via execution context; the boundary enforces the maximum even for applications that do not respect the default.
要求ごとに返されるデータベース アイテムDatabase items returned per request
データベース コネクタごとに 2,000 個2,000 per database connector
既定の最大数 2,000 個は、データベース コネクタから返すことのできるページごとの結果の数を制限するために使用されます。アプリケーションでは、実行コンテキストを使用してこれより大きな制限値を指定できますが、絶対最大値は、既定値を使用しないアプリケーションにも適用されます。この制限値の境界は、1,000,000 個です。Threshold
データベース コネクタから返すことのできる要求ごとのアイテムの数です。Number of items per request the database connector can return.
既定の最大数 2,000 個は、データベース コネクタから返すことのできるページごとの結果の数を制限するために使用されます。アプリケーションでは、実行コンテキストを使用してこれより大きな制限値を指定できますが、絶対最大値は、既定値を使用しないアプリケーションにも適用されます。この制限値の境界は、1,000,000 個です。The default maximum of 2,000 is used by the database connector to restrict the number of result that can be returned per page. The application can specify a larger limit via execution context; the Absolute Max enforces the maximum even for applications that do not respect the default. The boundary for this limit is 1,000,000.
応答待ち時間Response latency
600 秒600 seconds
サービス応答サイズThreshold
外部データ コネクタによって使用される、要求ごとのタイムアウトです。既定値は 180 秒ですが、アプリケーションを構成して、最大 600 秒までの大きな値を指定できます。Timeout used by the external data connector per request. The default value is 180 seconds, but applications can be configured to specify a larger value up to the maximum of 600 seconds.
サービス応答サイズService response size
150,000,000 バイト150,000,000 bytes
フィルター記述子 (ストア内)Threshold
外部データ コネクタが戻すことのできる、要求ごとのデータ量の上限です。既定値は 3,000,000 バイトですが、アプリケーションを構成して、最大 150,000,000 バイトまでの大きな値を指定できます。The upper volume of data per request the external data connector can return. The default value is 3,000,000 bytes, but applications can be configured to specify a larger value up to the maximum of 150,000,000 bytes.
フィルター記述子 (ストア内)Filter Descriptor (in-store)
ECT メソッドごとに 200 個200 per ECT method
ECT 識別子 (ストア内)Boundary
ECT メソッドごとのフィルター記述子の数は最大 200 個です。The maximum number of Filter Descriptors per ECT method is 200.
ECT 識別子 (ストア内)ECT Identifier (in-store)
ECT ごとに 20 個20 per ECT
境界Boundary
ECT ごとの識別子の数は最大 20 個です。The maximum number of identifiers per ECT is 20.
データベース アイテムDatabase Item
要求ごとに 1,000,000 個1,000,000 per request
既定の最大値を使用して、ページごとに戻すことのできる結果の数がデータベース コネクタによって制限されます。アプリケーションでは、実行コンテキストを使用してこれより大きな制限値を指定できますが、絶対最大値は、インデックス作成のように既定値を使用しないアプリケーションにも、許容最大値として適用されます。Threshold
データベース コネクタが戻すことのできる、要求ごとのアイテム数の既定の最大値は 2,000 です。絶対最大値は 1,000,000 です。The default maximum number of items per request the database connector can return is 2,000, and the absolute maximum is 1,000,000.
既定の最大値を使用して、ページごとに戻すことのできる結果の数がデータベース コネクタによって制限されます。アプリケーションでは、実行コンテキストを使用してこれより大きな制限値を指定できますが、絶対最大値は、インデックス作成のように既定値を使用しないアプリケーションにも、許容最大値として適用されます。The default max is used by the database connector to restrict the number of results that can be returned per page. The application can specify a larger limit via execution context; the absolute max enforces the allowed maximum even for applications that do not respect the default such as indexing.

ワークフローの制限Workflow limits

以下の表に、ワークフローの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for workflow.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
ワークフローの延期のしきい値Workflow postpone threshold
15
メモ: この制限値は、進行中にできるワークフローのインスタンスの合計数ではありません。これは処理されるインスタンスの数です。この制限値を大きくすると、ワークフロー タスクの開始と完了のスループットが増加しますが、コンテンツ データベースとシステム リソースに対する負荷も増加します。Threshold
Timer Service で実行されるインスタンスを除き、1 つのコンテンツ データベースについて同時に実行できるワークフローの最大数は 15 個です。このしきい値に到達すると、ワークフローをアクティブ化する新しい要求は、Workflow Timer Service によって、後で実行するためのキューに入れられます。非タイマー実行が完了すると、新しい要求はこのしきい値の対象としてカウントされます。この制限値は、PowerShell コマンドレット Set-SPFarmConfig を使用して構成できます。詳細については、「Set-SPFarmConfig」を参照してください。 15 is the maximum number of workflows allowed to be executing against a content database at the same time, excluding instances that are running in the timer service. When this threshold is reached, new requests to activate workflows will be queued to be run by the workflow timer service later. As non-timer execution is completed, new requests will count against this threshold. This is limit can be configured by using the Set-SPFarmConfig PowerShell cmdlet. For more information, see Set-SPFarmConfig.
メモ: この制限値は、進行中にできるワークフローのインスタンスの合計数ではありません。これは処理されるインスタンスの数です。この制限値を大きくすると、ワークフロー タスクの開始と完了のスループットが増加しますが、コンテンツ データベースとシステム リソースに対する負荷も増加します。 Note: This limit does not refer to the total number of workflow instances that can be in progress. Instead, it is the number of instances that are being processed. Increasing this limit increases the throughput of starting and completing workflow tasks but also increases load against the content database and system resources.
ワークフロー タイマーのバッチ サイズWorkflow timer batch size
100100
しきい値Threshold
リストごとに 100 個The number of events that each run of the workflow timer job will collect and deliver to workflows. It is configurable by using PowerShell. To allow for additional events, you can run additional instances of the SharePoint Foundation Workflow Timer Service.
ワークフローの関連付けWorkflow associations
リストごとに 100 個100 per list
ワークフロー インスタンスを開始するために一括作成または一括アップロードできるリスト アイテムあるいはドキュメントSupported
この制限を超えると、100 個を超える関連付けとその状態列に読み込むデータ量が多くなるため、ブラウザーのパフォーマンスが低下します。Exceeding this limit will degrade browser performance due to the large volume of data that is loaded for more than 100 associations and their status columns.
ワークフロー インスタンスを開始するために一括作成または一括アップロードできるリスト アイテムあるいはドキュメントList items or documents that can be bulk created or uploaded to start workflow instances
5,000 アイテム5,000 items
Web サイトごとの発行ワークフロー定義Supported
1 回の一括アップロードで最大 5,000 アイテムが作成される場合、すべてのワークフロー アクティブ化イベントがアイテム作成時のワークフローの関連付けで処理されることがテストで確認されています。この制限を超えると、ワークフローの開始がタイムアウトになる場合があります。Testing has verified that all workflow activation events are processed for an on-item-creation workflow association when up to 5,000 items are created in a single bulk upload. Exceeding this limit could cause workflow initiation to time out.
Web サイトごとの発行ワークフロー定義Published workflow definitions per web site
Web サイトごとに 1,000 個1,000 per web site
サポートされているSupported
Web サイトごとの発行ワークフロー定義の数は、サポートされている最大数で 1,000 個です。The maximum supported number of published workflow definitions per web site is 1,000.
サイトごとのワークフローの関連付けの合計Total workflow associations per site
サイトごとに 1,799 個1,799 per site
ワークフロー定義 (xaml) の最大サイズBoundary
サービス バスでは、範囲ごとに最大 1,799 個のサブスクリプションがサポートされます。この最大値には、発行済みの関連付けと未発行の関連付けの両方の合計が含まれます。The Service Bus supports a maximum of 1,799 subscriptions per scope. This maximum value includes the sum of both published and unpublished associations.
ワークフロー定義 (xaml) の最大サイズMaximum workflow definition (xaml) size
5,120 KB5,120 KB
xaml におけるワークフローのサブステップの最大階層 (ワークフローの複雑さ)Boundary
サイズ制限を超える xaml ファイルを発行しようとすると失敗します。Attempts to publish xaml files that exceed the size limit will fail.
xaml におけるワークフローのサブステップの最大階層 (ワークフローの複雑さ)Maximum depth of a workflow sub-step in xaml (workflow complexity)
121 レベル121 levels
Web サーバーごとの 1 秒あたりのワークフロー インスタンス アクティブ化Boundary
xaml にはノードの階層が 125 レベルというハード リミットがあります。121 レベルという最大値は、SharePoint Designer が自動的に挿入する既定の動作 (ステージ、シーケンスなど) があるためです。There is a hard limit of 125 for node depth in xaml. The maximum value of 121 levels accounts for the default activities (stage, sequence, etc.) that SharePoint Designer inserts automatically.
Web サーバーごとの 1 秒あたりのワークフロー インスタンス アクティブ化Workflow instance activations per second per web server
1 秒ごとに 6 個6 per second
Web サーバーごとの 1 秒あたりの SharePoint ワークフローからのその他の呼び出しThreshold
SharePoint Web サーバーでは 1 秒ごとに最大 6 個のワークフロー インスタンスをアクティブ化できることがテストで確認されています。この数は累積的なので、ファーム内の Web サーバーの数に比例します。たとえば、Web サーバーが 2 台の場合は 1 秒ごとに 12 個のワークフロー インスタンスをアクティブ化でき、Web サーバーが 3 台の場合は 18 個をアクティブ化できます。Testing has confirmed that a SharePoint web server can activate a maximum of 6 workflow instances per second. This number is cumulative, and therefore scales with the number of web servers in the farm. For example, 2 web servers can activate 12 workflow instances per second, and 3 web servers can activate 18.
Web サーバーごとの 1 秒あたりの SharePoint ワークフローからのその他の呼び出しRest calls from SharePoint workflow per second per web server
1 秒ごとに 60 個60 per second
ワークフロー変数の値のサイズSupported
256 KBTesting has confirmed that a SharePoint web server can effectively process up to 60 rest calls per second from SharePoint workflow. If this level of volume will be exceeded, we recommend that an additional load-balanced web server be added to the SharePoint farm. In testing, 120 rest calls per second against a single web server resulted in sustained 90-100% CPU utilization. Adding a second web server reduced CPU utilization to 30-40% on both servers. Adding a third web server enabled processing of 180 calls per second, with 30-40% CPU utilization on all three servers, and so on. The servers used for this test were Hyper-V virtual machines with 16 core processor and 24 GBs RAM each.
ワークフロー変数の値のサイズWorkflow variable value size
256 KB256 KB
境界Boundary
1 つのワークフロー変数に格納できるデータの最大量は 256 KB です。この制限を超えると、ワークフローのインスタンスが終了します。The maximum amount of data that can be stored in a single workflow variable is 256 KB. Exceeding this limit will cause the workflow instance to terminate.
インデックスの付いていないフィールドへのワークフローの参照に対する最大リスト サイズMaximum list size for workflow lookups to non-indexed fields
リスト ビューごとに 5,000 個のアイテム5,000 items per list view
自動起動ワークフローの関連付けの最大リスト サイズThreshold
この制限はビューの最大サイズの制限によるものです。この制限を超えると、インデックスの付いていないフィールドへのワークフロー参照は、管理者以外のユーザーでは失敗します。このしきい値に達した場合、ワークフローでフィールドに対する参照が正常に実行できるように、フィールドのインデックスを作成する必要があります。This limit is a result of the maximum view size limit. When this limit is exceeded, workflow lookups to non-indexed fields will fail for non-administrative users. At this threshold, an index must be created for the field, in order for workflows to be able to successfully perform lookups against the field.
自動起動ワークフローの関連付けの最大リスト サイズMaximum list size for auto-start workflow associations
リストごとに 1000 万個のアイテム10 million items per list
管理されたメタデータの制限Supported
リスト サイズが 100 万アイテムまで増えると、自動起動ワークフローの関連付けのパフォーマンスは影響を受けないことがテストで確認されています。リスト サイズが増えても応答時間は変わらないので、実効の制限値はワークフロー以外のリストにおける最大アイテム数と同じです。Testing has confirmed that the performance of auto-start workflow associations is not affected when list size grows to 1 million items. Because response time doesn't change as list size scales, the effective limit is the same as the maximum number of items in a non-workflow list.

管理されたメタデータの制限Managed Metadata limits

The following table lists the recommended guidelines for managed metadata configuration.The following table lists the recommended guidelines for managed metadata configuration.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
境界Number of folders with location-based defaults
場所ベースの既定のメタデータを使用すれば、フォルダーあたりのリスト列の既定値を設定することができます。場所ベースの既定値は、サイトあたり 1,000 フォルダーに達した時点、またはサイト用の場所ベースの既定のメタデータが保存されるデータ ファイル (client_LocationBasedDefaults.html) が 265 Mb に達した時点でのみ適用できます。1,000 folders per site, or data file size of 256 Mb
データ ファイル内のフォルダーの数が 1,000 を超えるか、データ ファイル サイズが 256 Mb を超えると、追加のフォルダー分が加算された既定値が無視されます。Boundary
ターゲットの場所が変更されたときに更新されるドキュメント内のリンクの数またはドキュメントのファイル サイズLocation-based default metadata allows you to set default values for list columns per folder. You can only apply location-based default values on up to 1,000 folders per site, or up to the point at which the data file in which location-based default metadata is stored for the site (client_LocationBasedDefaults.html) reaches 265 Mb.
ドキュメントあたり 1,000 リンクまたは 256 Mb のファイル サイズWhen the number of folders in the data file exceeds 1,000, or the data file size exceeds 256 Mb, default values added for additional folders will be ignored.
境界Number of links in or file size of a document that are updated when the target location changes
リンクを含むドキュメントがフォルダーに追加された場合は、リンク ターゲットが新しい場所に移動されたときに SharePoint Foundation 2013 が自動的にリンクを更新します。リンクが 1,000 を超えるドキュメントまたはファイル サイズが 256 Mb を超えるドキュメントは、リンクが含まれていないものとして処理され、ドキュメント全体でリンク ターゲットの更新が無視されます。1,000 links or file size of 256 Mb per document
管理メタデータ用語ストア (データベース) の制限Boundary
When a document containing links is added to a folder, SharePoint Foundation 2013 will update links automatically when the link target is moved to a new location. In a document with more than 1,000 links, or a document with a file size that exceeds 256 Mb, the document is treated as though it contains no links, and updates to link targets are ignored for the entire document.When a document containing links is added to a folder, SharePoint Foundation 2013 will update links automatically when the link target is moved to a new location. In a document with more than 1,000 links, or a document with a file size that exceeds 256 Mb, the document is treated as though it contains no links, and updates to link targets are ignored for the entire document.

管理メタデータ用語ストア (データベース) の制限Managed Metadata term store (database) limits

以下の表に、管理メタデータ用語ストアの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for managed metadata term stores.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
1 つの用語ストアで入れ子にする用語の最大レベル数Maximum number of levels of nested terms in a term store
77
1 つの用語ストア内の用語セットの最大数Supported
用語セット内では、用語を階層構造で表すことができます。1 つの用語セットには、最大 7 レベルの用語 (親用語とその下に 6 レベルまで入れ子にした用語) を含めることができます。Terms in a term set can be represented hierarchically. A term set can have up to seven levels of terms (a parent term, and six levels of nesting below it.)
1 つの用語ストア内の用語セットの最大数Maximum number of term sets in a term store
1,0001,000
1 つの用語セット内の用語の最大数Supported
1 つの用語セットに最大 1,000 個までの用語セットを含めることができます。You can have up to 1,000 term sets in a term store.
注: ローカル用語セットとグローバルな用語セットは、どちらも用語サイトあたり3万用語の制限に従います。Note: Both local term set and global term set follow the limit of 30,000 terms per term site. グローバル用語セットを使用して、大量のサイトコレクション用語セットを使用したり、新しい Managed Metadata service を作成したりするのではなく、すべてのサイトコレクションの再利用可能なデータを保存します。Use global term sets to store the reusable data for all site collections, instead of using a large amount of site collection term sets or creating a new Managed Metadata service. Web アプリケーションは、複数のサービスへの接続を持つことができます。A web application can have connections to multiple services.
1 つの用語セット内の用語の最大数Maximum number of terms in a term set
30,00030,000
SupportedSupported
1 つの用語セット内の用語の最大数は 30,000 個です。30,000 is the maximum number of terms in a term set.
注: 同義語や訳文など、同じ用語の追加ラベルは、別個の用語としてカウントされません。Note: Additional labels for the same term, such as synonyms and translations, do not count as separate terms.
1 つの用語ストア内のアイテムの合計数Total number of items in a term store
1,000,0001,000,000
サポートされるSupported
アイテムとは、用語または用語セットです。用語と用語セットの合計数が 1,000,000 個を超えることはできません。同じ用語に指定する類義語、翻訳語などの追加ラベルは、別個の用語としてカウントされません。 An item is either a term or a term set. The sum of the number of terms and term sets cannot exceed 1,000,000. Additional labels for the same term, such as synonyms and translations, do not count as separate terms.
注: 用語ストアでは、用語セットの最大数と最大数の用語の両方を同時に指定することはできません。Note: You cannot have both the maximum number of term sets and the maximum number of terms simultaneously in a term store.
バリエーション ラベルの数Number of Variation Labels
用語ストアごとに 209 個209 per term store
管理ナビゲーション用語セット内の用語数Supported
用語ストアごとのバリエーション ラベルの最大数は 209 個です。The maximum number of Variation Labels per term store is 209.
管理ナビゲーション用語セット内の用語数Number of terms in managed navigation term set
2,0002,000
サポートされているSupported
管理ナビゲーション用語セット内でサポートされている用語の最大数は 2,000 個です。The maximum supported number of terms in a managed navigation term set is 2,000.

SharePoint 2013 の Managed metadata service の概要、ファームごとに複数の管理されたメタデータサービスを持つ場合の影響を参照してください。See also Overview of Managed Metadata service in SharePoint 2013 and The impact of having multiple Managed Metadata services per farm

Visio Services の制限Visio Services limits

The following table lists the recommended guidelines for instances of Visio Services in SharePoint.The following table lists the recommended guidelines for instances of Visio Services in SharePoint.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
しきい値File size of Visio web drawings
50 MB50 MB
ファイル サイズが大きくなると、以下の影響が発生します。Threshold
Visio Services のメモリの占有領域が増加します。Visio Services has a configuration setting that enables the administrator to change the maximum size of web drawings that Visio processes.
ファイル サイズが大きくなると、以下の影響が発生します。Larger file sizes have the following side effects:
1 秒あたりのアプリケーション サーバー要求数が減少します。Increase in the memory footprint of Visio Services.
CPU 使用率が増加します。Increase in CPU usage.
1 秒あたりのアプリケーション サーバー要求数が減少します。Reduction in application server requests per second.
全体的な待機時間が増加します。Increase overall latency.
SharePoint ファームのネットワーク負荷が増加します。Increase SharePoint farm network load
しきい値Visio web drawing recalculation time-out
120 秒120 seconds
しきい値Threshold
CPU とメモリの可用性が低下します。Visio Services has a configuration setting that enables the administrator to change the maximum time that it can spend recalculating a drawing after a data refresh.
再計算タイムアウトの時間を長くすると、以下の影響があります。A larger recalculation time-out leads to:
CPU とメモリの可用性が低下します。Reduction in CPU and memory availability.
1 秒あたりのアプリケーション要求数が減少します。Reduction in application requests per second.
全ドキュメントの平均待機時間が増加します。Increase in average latency across all documents.
再計算タイムアウトの時間を短くすると、以下の影響があります。A smaller recalculation time-out leads to:
表示できる図面の複雑さが低下します。Reduction of the complexity of diagrams that can be displayed.
1 秒あたりの要求数が増加します。Increase in requests per second.
全ドキュメントの平均待機時間が減少します。Decrease in average latency across all documents.
しきい値Visio Services minimum cache age (data connected diagrams)
最小キャッシュ時間: 0 ~ 24 時間Minimum cache age: 0 to 24hrs
最小キャッシュ時間を非常に小さな値に設定すると、短い時間間隔でキャッシュが無効になることによって、Visio で再計算が行われる頻度が高くなり、CPU とメモリの可用性が低下するので、スループットが減少し、待機時間が長くなります。Threshold
最小キャッシュ時間は、データに接続された図面に適用されます。これは、現在の図面がキャッシュから削除されるまでの最短時間を指定します。Minimum cache age applies to data connected diagrams. It determines the earliest point at which the current diagram can be removed from cache.
最小キャッシュ時間を非常に小さな値に設定すると、短い時間間隔でキャッシュが無効になることによって、Visio で再計算が行われる頻度が高くなり、CPU とメモリの可用性が低下するので、スループットが減少し、待機時間が長くなります。Setting Min Cache Age to a very low value will reduce throughput and increase latency, because invalidating the cache too often forces Visio to recalculate often and reduces CPU and memory availability.
しきい値Visio Services maximum cache age (non-data connected diagrams)
最大キャッシュ時間: 0 ~ 24 時間Maximum cache age: 0 to 24hrs
最大キャッシュ時間を長くすると、よく要求される図面の待機時間が短くなります。Threshold
最大キャッシュ時間は、データに接続されていない図面に適用されます。この値は、現在の図面をメモリに保持する時間を指定します。Maximum cache age applies to non-data connected diagrams. This value determines how long to keep the current diagram in memory.
最大キャッシュ時間を長くすると、よく要求される図面の待機時間が短くなります。Increasing Max Cache Age decreases latency for commonly requested drawings.
ただし、最大キャッシュ時間を非常に大きな値に設定すると、既にキャッシュに入っているアイテムでメモリが消費され、利用可能なメモリ量が減少するので、キャッシュされていないアイテムについては待機時間が長くなり、スループットが遅くなります。However, setting Max Cache Age to a very high value increases latency and slows throughput for items that are not cached, because the items already in cache consume and reduce available memory.

SharePoint Web Analytics Service の制限SharePoint Web Analytics service limits

The SharePoint Web Analytics service has been deprecated in SharePoint Server 2013.The SharePoint Web Analytics service has been deprecated in SharePoint Server 2013.

PerformancePoint Services の制限PerformancePoint Services limits

The following table lists the recommended guidelines for PerformancePoint Services in SharePoint.The following table lists the recommended guidelines for PerformancePoint Services in SharePoint.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
セルCells
Excel Services データ ソースを呼び出す PerformancePoint スコアカードには、クエリごとのセル数 1,000,000 個以内という制限があります。1,000,000 per query on Excel Services data source
列と行Boundary
15 列、60,000 行A PerformancePoint scorecard that calls an Excel Services data source is subject to a limit of no more than 1,000,000 cells per query.
列と行Columns and rows
15 列、60,000 行15 columns by 60,000 rows
SharePoint リストに対するクエリThreshold
Excel ブックをデータ ソースとして使用する PerformancePoint ダッシュボード オブジェクトをレンダリングする場合の列と行の最大数です。行数は列数に応じて変動します。The maximum number of columns and rows when rendering any PerformancePoint dashboard object that uses a Excel workbook as a data source. The number of rows could change based on the number of columns.
SharePoint リストに対するクエリQuery on a SharePoint list
15 列、5,000 行15 columns by 5,000 rows
SQL Server データ ソースに対するクエリSupported
SharePoint リストをデータ ソースとして使用する PerformancePoint ダッシュボード オブジェクトをレンダリングする場合の列と行の最大数です。行数は列数に応じて変動します。The maximum number of columns and row when rendering any PerformancePoint dashboard object that uses a SharePoint list as a data source. The number of rows could change based on the number of columns.
SQL Server データ ソースに対するクエリQuery on a SQL Server data source
15 列、20,000 行15 columns by 20,000 rows
サポートされるSupported
SQL Server のテーブルをデータ ソースとして使用する PerformancePoint ダッシュボード オブジェクトをレンダリングする場合の列と行の最大数です。行数は列数に応じて変動します。The maximum number of columns and row when rendering any PerformancePoint dashboard object that uses a SQL Server table data source. The number of rows could change based on the number of columns.

Word Automation Services の制限Word Automation Services limits

以下の表に、Word Automation Services の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for Word Automation Services.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
入力ファイルのサイズInput file Size
512 MB512 MB
境界Boundary
Word Automation Services で処理できる最大ファイル サイズです。Maximum file size that can be processed by Word Automation Services.
変換を開始する間隔 (分)Frequency with which to start conversions (minutes)
1 分 (推奨)1 minute (recommended)
しきい値15 minutes (default)
59 分 (境界)59 minutes (boundary)
変換プロセスごとの開始する変換の数Threshold
この設定値は、Word Automation Services のタイマー ジョブを実行する時間間隔を指定します。この数値を小さくするほど、タイマー ジョブが高速に実行されます。テスト結果では、このタイマー ジョブを毎分 1 回実行するのが最も有効であることを示しています。This setting determines how often the Word Automation Services timer job executes. A lower number leads to the timer job running faster. Our testing shows that it is most useful to run this timer job once per minute.
変換プロセスごとの開始する変換の数Number of conversions to start per conversion process
開始する変換の数は、Word Automation Services のスループットに影響します。For PDF/XPS output formats: 30 x MFor all other output formats: 72 x M Where M is the value of Frequency with which to start conversions (minutes)
この値を推奨値より非常に大きくすると、一部の変換アイテムが断続的に失敗し始め、ユーザー権限が期限切れになることがあります。ユーザー権限は、変換ジョブが開始されてから 24 時間で期限切れになります。Threshold
開始する変換の数は、Word Automation Services のスループットに影響します。The number of conversions to start affects the throughput of Word Automation Services.
この値を推奨値より非常に大きくすると、一部の変換アイテムが断続的に失敗し始め、ユーザー権限が期限切れになることがあります。ユーザー権限は、変換ジョブが開始されてから 24 時間で期限切れになります。If these values are set higher than the recommended levels then some conversion items may start to fail intermittently and user permissions may expire. User permissions expire 24 hours from the time that a conversion job is started.
変換ジョブのサイズConversion job size
100,000 個の変換アイテム100,000 conversion items
サポートされているSupported
1 つの変換ジョブには 1 つ以上の変換アイテムが含まれ、それぞれのアイテムは、SharePoint で 1 つの入力ファイルについて実行される 1 回の変換を表します。(ConversionJob.Start メソッドを使用して) 変換ジョブが開始されると、変換ジョブおよびすべての変換アイテムがアプリケーション サーバーへ転送され、そこでそのジョブが Word Automation Services データベースに保存されます。大量の変換アイテムがあると、Start メソッドの実行時間とアプリケーション サーバーへ転送されるバイト数の両方が増加します。A conversion job includes one or more conversion items, each of which represents a single conversion to be performed on a single input file in SharePoint. When a conversion job is started (using the ConversionJob.Start method), the conversion job and all conversion items are transmitted over to an application server which then stores the job in the Word Automation Services database. A large number of conversion items will increase both the execution time of the Start method and the number of bytes transmitted to the application server.
アクティブな変換プロセスの合計数Total active conversion processes
N-1 (N は各アプリケーション サーバーにあるコアの数)N-1, where N is the number of cores on each application server
変換タイマー ジョブおよび SharePoint で使用できるように、常に 1 つのコアを未使用にしておくことをお勧めします。Threshold
1 つのアクティブな変換プロセスによって、1 つのプロセシング コアが使用されます。したがって、アプリケーション サーバーにあるプロセシング コアの数より多くの変換プロセスは実行しないようにする必要があります。変換タイマー ジョブおよびその他の SharePoint アクティビティも、時折プロセシング コアを使用することが必要になります。An active conversion process can consume a single processing core. Therefore, customers should not run more conversion processes than they have processing cores in their application servers. The conversion timer job and other SharePoint activities also require occasional use of a processing core.
変換タイマー ジョブおよび SharePoint で使用できるように、常に 1 つのコアを未使用にしておくことをお勧めします。We recommend that you always leave 1 core free for use by the conversion timer job and SharePoint.
Word Automation Services データベースのサイズWord Automation Services database size
200 万個の変換アイテム2 million conversion items
サポートされるSupported
Word Automation Services では、変換アイテムの永続的キューをデータベース内に維持します。変換要求ごとに 1 つ以上のレコードが生成されます。Word Automation Services maintains a persistent queue of conversion items in its database. Each conversion request generates one or more records.
Word Automation Services does not delete records from the database automatically, so the database can grow indefinitely without maintenance. Administrators can manually remove conversion job history by using the PowerShell cmdlet Remove-SPWordConversionServiceJobHistory. For more information, see Remove-SPWordConversionServiceJobHistory.

Excel Services の制限Excel Services limits

The following table lists the recommended guidelines for Excel Services in SharePoint.The following table lists the recommended guidelines for Excel Services in SharePoint.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
サポートされているMaximum workbook size
Excel Services で開くことのできるブックの最大サイズは 10 MB です。10 MB
Machine Translation Service の制限Supported
The maximum size of a workbook that can be opened in Excel Services is 10 megabytes.The maximum size of a workbook that can be opened in Excel Services is 10 megabytes.

Machine Translation Service の制限Machine Translation Service limits

以下の表に、Machine Translation Service の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for the Machine Translation Service.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
バイナリ ファイルの入力ファイル サイズInput file size for binary files
ファイルごとに 524,288 KB524,288 KB per file
テキスト ファイルの入力ファイル サイズThreshold
制限より大きなファイルは、転送および処理にかかる時間が長くなり、サービスのスループットが低下します。Files larger than the limit take too long to transfer and process, decreasing the throughput of the service.
テキスト ファイルの入力ファイル サイズInput file size for text files
ファイルごとに 15,360 KB15,360 KB per file
Microsoft Word 文書の最大文字数Threshold
制限より大きなファイルは、翻訳するテキストが多すぎるため、サービスのスループットが低下します。Files larger than the limit have too much text to translate, decreasing the throughput of the service.
Microsoft Word 文書の最大文字数Maximum character count for Microsoft Word Documents
文書ごとに 10,000,000 字10,000,000 per document
同時に処理できる翻訳プロセスの合計Threshold
制限より文字数の多い文書は、翻訳するテキストが多すぎるため、サービスのスループットが低下します。Documents with more characters than the limit have too much text to translate, decreasing the throughput of the service.
同時に処理できる翻訳プロセスの合計Total concurrent translation processes
55
翻訳と翻訳の間の遅延Threshold
一度に翻訳できるテキストの量には制限があるので、制限より多くのプロセスを使用してもスループットは向上しません。多くのプロセスを使用すると、サーバー リソースに対する要求が増えます。Using more processes than the limit does not increase throughput because there is a limit to how much text can be translated at a time. Using more processes increases the demands on the server resources.
翻訳と翻訳の間の遅延Delay between translations
59 分59 minutes
翻訳プロセスごとの翻訳の数Threshold
制限よりも間隔をあけて翻訳を開始すると、ドキュメントの翻訳にかかる時間が長くなりすぎ、キューに入る翻訳の数が多くなりすぎることがあります。Starting translations at a larger interval than the limit causes the time taken to translate documents to grow too large and can cause the number of queued translations to grow too large.
翻訳プロセスごとの翻訳の数Number of translations per translation process
プロセスごとに 1,000 個1,000 per process
同時に要求できる翻訳要求の最大数Threshold
制限よりも多くの翻訳を開始すると、タイムアウト期間までに処理できないため、翻訳がタイムアウトで失敗します。Starting more translations than the limit causes translations to fail due to timing out because they cannot be processed before the timeout period.
同時に要求できる翻訳要求の最大数Maximum concurrent translation requests
300300
しきい値Threshold
300 個を超える翻訳要求を同時に要求すると、タイムアウト期間よりも長い間、要求がキューに入るために、翻訳がタイムアウトになる場合があります。More than 300 concurrent translation requests could cause translations to time out because requests are queued for longer than the timeout period.
翻訳ジョブごとのファイルFiles per translation job
100,000 ファイル100,000 files
Machine Translation Service のデータベース サイズSupported
制限を超える数のファイルとともにジョブを送信すると、ジョブの送信時間および処理時間が長くなり過ぎます。Submitting jobs with a number of files that exceeds the limit causes job submittal time and processing time to be too long.
Machine Translation Service のデータベース サイズMachine Translation Service database size
1,000,000 ファイル1,000,000 files
Office Web Application Service の制限Supported
データベース内のファイル数の上限よりもデータベースが大きくなると、ジョブのキューを保持する操作が遅くなります。Operations to maintain the queue of jobs become slow if the database grows beyond the maximum number of files in the database.

Office Web Application Service の制限Office Web Application Service limits

以下の表に、Office Online の推奨ガイドラインを示します。Office クライアント アプリケーションの制限は、アプリケーションが Web App として実行される場合にも適用されます。The following table lists the recommended guidelines for Office Online. Office client application limits also apply when an application is running as a web app.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
キャッシュ サイズCache size
100 GB100 GB
レンダリングThreshold
コンテンツ データベースの一部として作成されたドキュメントのレンダリングに使用できる領域です。既定では、ドキュメントのレンダリングに使用できるキャッシュは 100 GB です。使用可能なキャッシュ サイズを増やすことはお勧めしません。Space available to render documents, created as part of a content database. By default, the cache available to render documents is 100 GB. We do not recommend that you increase the available cache.
レンダリングRenders
アプリケーション サーバーごとの (最大 8 個のコアの) CPU コアごとに、ドキュメントごとに毎秒 1 回One per document per second per CPU core per application server (maximum eight cores)
同時に実行できる OneNote 結合操作Boundary
これは、アプリケーション サーバーにある "一般的な" ドキュメントに対して一定時間内に実行できるレンダリングの測定済み平均回数です。This is the measured average number of renders that can be performed of "typical" documents on the application server over a period of time.
しきい値OneNote concurrent merge operations
ドキュメントごとに 8 個8 per document
しきい値Threshold
OneNote の結合では、同じノートブックを共同編集している複数のユーザーによる変更が結合されます。すでに制限を超える数の結合が同時に処理中である場合には、競合ページが生成され、ユーザーが手動で結合を実行することが必要になります。OneNote merges combine changes from multiple users who are co-authoring a notebook. If too many concurrent merges are already in progress, a conflict page is generated instead, which forces the user to perform the merge manually.

Project Server の制限Project Server limits

以下の表に、Project Server の推奨ガイドラインを示します。Project Server の計画方法の詳細については、「Planning and architecture for Project Server 2010」を参照してください。The following table lists the recommended guidelines for Project Server. For more information about how to plan for Project Server, see Planning and architecture for Project Server 2010.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
プロジェクト時間の最終時刻End of project time
日付: 2149 年 12 月 31 日Date: 12/31/2149
プロジェクト計画ごとの成果物Boundary
1,500 個の成果物Project plans cannot extend past the date 12/31/2149.
プロジェクト計画ごとの成果物Deliverables per project plan
1,500 個の成果物1,500 deliverables
1 つのビュー内のフィールドの数Boundary
Project の計画には、1,500 個を超える成果物を含められません。Project plans cannot contain more than 1,500 deliverables.
1 つのビュー内のフィールドの数Number of fields in a view
256256
ビューのフィルター内の句の数Boundary
ユーザーは、Project Web App に定義したビューに 256 個を超えるフィールドを追加できません。A user cannot have more than 256 fields added to a view that they have defined in Project Web App.
ビューのフィルター内の句の数Number of clauses in a filter for a view
5050
SharePoint アプリの制限Boundary
ユーザーは、50 個を超える句が含まれるフィルターをビューに追加できません。A user cannot add a filter to a view that has more than 50 clauses in it.

SharePoint アプリの制限SharePoint Apps limits

以下の表に、SharePoint 用アプリケーションの推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for apps for SharePoint.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
Access/SharePoint アプリの最大パッケージ サイズMaximum Access/SharePoint App Package size
100 Mb100 Mb
BoundaryBoundary
SQL Azure 上の Access アプリ データベースの最大サイズ100 MB is the limit for an app package created in the Access client.
注: Access は、アプリパッケージを作成するときにデータベースを圧縮するため、アプリパッケージに 100 MB を超えるデータが含まれる可能性があります。Note: Access compresses the database when it creates the app package, so the app package may include more than 100 MB of data.
SQL Azure 上の Access アプリ データベースの最大サイズMaximum Access app database storage size in SQL Azure
1 GB1 Gb
[ライセンスの管理] ページに表示されるアプリBoundary
SharePoint Online 上に作成された各 Access アプリは SQL Azure 上にデータベースを作成します。1 GB は SQL Azure 上のデータベース ストレージに対する制限です。社内インストールの場合、管理者が関連付けられている SQL データベースのサイズを管理します。Each Access app created on SharePoint Online creates a database on SQL Azure. 1 GB is the limit for the database storage on SQL Azure. In an on-premise installation, the administrator controls the size of the associated SQL database.
[ライセンスの管理] ページに表示されるアプリApps displayed in Manage Licenses page
2,0002,000
テナントごとのアプリ ライセンス数Boundary
最大 2,000 個のアプリ (ストアから購入したもの) を [ライセンスの管理] ページに表示できます。また、アプリがインストールされているサイトの [すべてのサイト コンテンツ] ページにアクセスして [ライセンス] をクリックすることによって、任意のアプリのライセンスを管理できます。または、Marketplace の検索を使用してアプリを検索することによって、管理することもできます。Up to 2,000 apps (purchased from the store) can be displayed on the Manage Licenses page. You can still manage the license of any app by going to the All Site Contents page of the site where the app is installed and clicking on Licenses, or by searching for the app using Marketplace Search.
テナントごとのアプリ ライセンス数Number of app licenses per tenant
1,000,0001,000,000
サポートされているSupported
社内の SharePoint か SharePoint Online かにかかわらず、1 つの SharePoint 展開に対してサポートされるライセンス (ストアからのアプリの購入) 数の上限です。この制限を超えると、パフォーマンスが著しく低下する場合があります。The maximum supported number of licenses (purchase of apps from the store) for a single SharePoint deployment, either on-premises or SharePoint Online. Exceeding this limit might cause severe performance degradation.
[アプリの追加] ページに表示されるアプリの数Number of apps displayed in the Add an App page
240240
アプリ ライセンスごとのマネージャー数Boundary
この制限に達すると、最初の 240 個のアプリだけが表示され、検索してアプリを見つけるように促すメッセージが表示されます。After this limit is reached, only the first 240 apps are displayed, and a message guiding you to search to find your app is displayed.
アプリ ライセンスごとのマネージャー数Number of managers per app license
3130
ユーザーに割り当てられたアプリ ライセンスのうち、そのユーザーに表示される数Boundary
ライセンスを管理できるのは 30 人だけです。ライセンス マネージャーはユーザーの追加や削除、またはライセンスの削除を行うことができます。Only 30 people can manage a license. License managers can add or remove users or delete a license.
ユーザーに割り当てられたアプリ ライセンスのうち、そのユーザーに表示される数Number of app licenses assigned to a user viewable by that user
2,0002,000
1 人のユーザーに表示される社内用のカタログ内のアプリの数Boundary
2,000 個を超えるライセンスがユーザーに割り当てられている場合、そのユーザーには既定の [アプリの追加] ビューにアプリが全く表示されません。その代わりに、アプリ カタログまたは SharePoint ストアを検索するように促すメッセージが表示されます。When more than 2,000 licenses are assigned to a user, that user will no longer see any apps in the default Add an App view. Instead, a message guiding you to search the app catalog or the SharePoint Store will appear.
1 人のユーザーに表示される社内用のカタログ内のアプリの数Number of apps in the corporate catalog viewable by a single user
500500
Distributed Cache Service の制限Boundary
1 人のユーザーに対して社内用のカタログから 500 個を超えるアプリが利用できる場合、ユーザーには既定の [アプリの追加] ビューにアプリが全く表示されません。その代わりに、アプリ カタログまたは SharePoint ストアを検索するように促すメッセージが表示されます。When more than 500 apps from the corporate catalog are available to a single user, that user will no longer see any apps in the default Add an App view. Instead, a message guiding you to search the app catalog or the SharePoint Store will appear.

Distributed Cache Service の制限Distributed cache service limits

以下の表に、Distributed Cache Service の推奨ガイドラインを示します。The following table lists the recommended guidelines for the distributed cache service.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
キャッシュ ホストごとのフォローできるエンティティ (ユーザー、ドキュメント、サイト、およびハッシュタグ) の数Number of followable entities (users, documents, sites and hashtags) per cache host
400,000400,000
サポートされているSupported
Distributed Cache Service に割り当てられている 16 GB の RAM を備えた分散キャッシュ ホスト上で、1 人のユーザーがフォローできるエンティティの総数は 400,000 個です。The total number of entities that can be followed by a single user on a distributed cache host with 16GB RAM assigned to the distributed cache service is 400,000.
クラスター内のキャッシュ ホストの数Number of cache hosts in a cluster
1616
キャッシュ ホスト専用メモリの最大容量Boundary
1 つの分散キャッシュ クラスターがサポートできるキャッシュ ホストの総数は 16 台です。The total number of cache hosts a single distributed cache cluster can support is 16.
キャッシュ ホスト専用メモリの最大容量Maximum amount of memory dedicated to a cache host
16GB16GB
境界Boundary
クラスター内の任意の 1 つのキャッシュ ホスト上で Distributed Cache Service 専用とすることができるメモリ容量の合計は 16 GB です。The total amount of memory that can be dedicated to the distributed cache service on any one cache host in a cluster is 16GB.

その他の制限Miscellaneous limits

以下の表に、他のセクションに記載されていないサービスおよび機能の制限および推奨ガイドラインを示します。The following table lists limits and recommended guidelines for services and features not covered in other sections.

制限Limit メモMaximum value メモLimit type メモNotes
デバイス チャネルごとのユーザー エージェントの部分文字列の数Number of User agent substrings per device channel
150150
電子情報開示ケースごとの SharePoint ソースの数Boundary
モバイル デバイス チャネルごとのユーザー エージェントの部分文字列の最大数は 150 個です。The maximum number of user agent substrings per mobile device channel is 150.
電子情報開示ケースごとの SharePoint ソースの数Number of SharePoint sources per EDiscovery case
100100
電子情報開示ケースごとの Exchange ソース (メールボックス) の数Boundary
電子情報開示ケースに追加できる SharePoint ソースの最大数は 100 個です。The maximum number of SharePoint sources that can be added to an EDiscovery case is 100.
電子情報開示ケースごとの Exchange ソース (メールボックス) の数Number of Exchange sources (mailboxes) per EDiscovery case
1,5001,500
電子情報開示クエリの最大サイズBoundary
電子情報開示ケースごとの Exchange ソース (メールボックス) の最大数は 1,500 個です。The maximum number of Exchange sources (mailboxes) per EDiscovery case is 1,500.
電子情報開示クエリの最大サイズMaximum size of EDiscovery Query
16 K 文字または 500 キーワード16K characters or 500 keywords
境界Boundary
電子情報開示クエリのサイズは、500 キーワードまたは 16,000 文字のうち、どちらか最初に到達するほうに制限されます。The size of an EDiscovery query is limited to 500 keywords or 16,000 characters, whichever is reached first.

Hardware and software requirements for SharePoint 2013Hardware and software requirements for SharePoint 2013

SharePoint Server 2013 の計画、パフォーマンスを計画します。Performance planning in SharePoint Server 2013