NPAPI プラグインが見つからない場合、Chrome からローカル クライアント (リッチ クライアント) で SharePoint ドキュメントを開くことができません

現象

Microsoft SharePoint のオンプレミス インストールまたは SharePoint Online からファイルを開く場合、ブラウザーでは既定でローカル コピーをダウンロードするか、ブラウザーでファイルを開きます。 この問題は、ライブラリの設定に関係なく発生します。

さらに、他の多くの SharePoint 統合機能は機能しません。 これらには次のコマンドレットがあります。

  • ドキュメント ライブラリリンクが選択されているときにリッチ クライアント アプリでドキュメントを開く機能
  • Lync プレゼンス情報
  • ドキュメント ライブラリまたは SharePoint リストから Excel にエクスポートする機能
  • [ ライブラリの編集 ] ボタンと機能
  • The **New Quick Step **option
  • [ ワークフロー設定] の [SharePoint Designer でワークフローを 作成する] オプション
  • [Access で開く] および [プロジェクト****で開く] オプション
  • リスト の編集機能

原因

この問題は、Netscape Plugin API (NPAPI) のサポートが無効になっている場合に発生します。

回避策

次の回避策を使用すると、NPAPI プラグインを一時的に有効にできます。

  1. Chrome ブラウザーを起動し、アドレス バーに次のパスを入力します。

    chrome://flags/#enable-npapi

  2. NPAPI プラグインを有効にし、有効にしてください。

  3. ページの下部で、今すぐ 再起動を選択します

  4. 古い機能が戻っているかどうかを確認します。

この回避策は、次の Google ブログ投稿に従って、2015 年 9 月の終わり以降は機能しません。

NPAPI の最後のカウントダウン

2015 年 9 月にオーバーライドが削除され、NPAPI サポートが Chrome から完全に削除されます。NPAPI プラグインを必要とするインストール済み拡張機能は、これらのプラグインを読み込めなくなりました。

または、Office Web Apps を使用してブラウザーでファイルを開き、Web エディターのボタンをクリックしてリッチ クライアント アプリケーションで開く方法があります。 たとえば、この場合は Word で [編集 ] をクリックします。

サードパーティのお問い合わせ窓口に関する免責事項

他社テクニカル サポートのお問い合わせ窓口は、ユーザーの便宜のために提供されているものであり、 将来予告なしに変更されることがあります。 マイクロソフトは、掲載されている情報に対して、いかなる責任も負わないものとします。

詳細情報

The fix for this issue has been rolled out as august 11, 2015, and it should be in build 15.0.4745.1000 and later.

SharePoint ページ上の Lync プレゼンス情報に関して、Chrome は、この機能を機能したプラグイン テクノロジを廃止しています。 現在、代替機能に取り組み中です。 一方、SharePoint でプレゼンス情報にアクセスする必要がある場合は、次のコマンドInternet Explorer。

サードパーティの情報に関する免責事項

この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。 明示的か黙示的かにかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

さらにヘルプが必要ですか? SharePoint コミュニティにアクセスしてください。