SharePoint 2010 から SharePoint 2013 にコンテンツ データベースをアップグレードするUpgrade content databases from SharePoint 2010 to SharePoint 2013

適用対象: yes2013 no2016 no2019 (SharePoint Online なし)APPLIES TO: yes2013 no2016 no2019 noSharePoint Online

SharePoint 2010 製品から SharePoint 2013 にアップグレードする場合は、データベース接続アップグレードを使用する必要があります。これは、環境のコンテンツのみをアップグレードし、構成設定はアップグレードしないことを意味します。When you upgrade from SharePoint 2010 Products to SharePoint 2013, you must use a database attach upgrade, which means that you upgrade only the content for your environment and not the configuration settings. SharePoint 2013 環境を構成し、コンテンツとサービスアプリケーションデータベースをコピーして、サービスアプリケーションをアップグレードした後で、コンテンツデータベースを接続して SharePoint 2013 にアップグレードできます。After you have configured the SharePoint 2013 environment, copied the content and service application databases, and upgraded the service applications, you can attach and upgrade the content databases to SharePoint 2013. この記事では、コンテンツデータベースを SharePoint 2013 に接続してアップグレードするために実行する手順について説明します。This article explains the steps you take to attach and upgrade the content databases to SharePoint 2013.

サイト コレクションのアップグレード手順については説明していません。This article does not provide steps for how to upgrade a site collection. サイト コレクションのアップグレード手順は、データベースのアップグレード手順とは区別されます。The process to upgrade site collections is separate from the process for upgrading the databases. サイトコレクションをアップグレードする手順については、「 upgrade a site collection To SharePoint 2013」を参照してください。For steps to upgrade a site collection, see Upgrade a site collection to SharePoint 2013.

アップグレード プロセスのフェーズ 4: コンテンツ データベースをアップグレードするPhase 4 of the upgrade process: Upgrade content databases

SharePoint 2013 のアップグレード プロセスのステージ

123 ステップ これは、SharePoint 2010 製品のデータとサイトを SharePoint 2013 にアップグレードするプロセスの4番目のフェーズです。This is the fourth phase in the process to upgrade SharePoint 2010 Products data and sites to SharePoint 2013. 以下のフェーズを含むプロセスは、次の順序で実行する必要があります。The process includes the following phases that must be completed in order:
データベース接続 upgradeCopy データベース用の SharePoint 2013 ファームを作成します。 SharePoint 2013Upgrade service アプリケーションから sharepoint 2013 へのアップグレードのための新しいファームへのアップグレードコンテンツデータベースを sharepoint 2010 から sharepoint 2013 にアップグレードする (このフェーズ) プロセス全体の概要を説明するために、サイトコレクションを SharePoint 2013Upgrade アップグレードします。「 sharepoint 2010 から sharepoint 2013 へのアップグレードプロセスの概要」および「アップグレードプロセスモデル」を参照してください。アップグレードプロセスモデルをダウンロードするCreate the SharePoint 2013 farm for a database attach upgradeCopy databases to the new farm for upgrade to SharePoint 2013Upgrade service applications to SharePoint 2013Upgrade content databases from SharePoint 2010 to SharePoint 2013 (this phase) Upgrade a site collection to SharePoint 2013For an overview of the whole process, see Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013 and the Upgrade Process model Download the upgrade process model
..

重要

この記事は、SharePoint Foundation 2013 および SharePoint 2013 の両方に適用されます。This article applies to both SharePoint Foundation 2013 and SharePoint 2013.

「SharePoint 2013 アップグレード: フェーズ 4」のビデオを見るWatch the SharePoint 2013 Upgrade: Phase 4 video

はじめにBefore you begin

コンテンツ データベースを接続およびアップグレードする前に、以下の情報を参照し、推奨手順を実行してください。Before you attach and upgrade the content databases, review the following information and take any recommended actions.

  • データベースの接続に使用するアカウントが、アップグレードするコンテンツ データベースの db_owner 固定データベース ロールのメンバーであることを確認します。Make sure that the account that you use to attach the databases is a member of the db_owner fixed database role for the content databases that you want to upgrade.

  • Web アプリケーションの作成に使用するアカウントが サーバーの全体管理 の Farm Administrators グループのメンバーであることを確認します。Make sure that the account that you use to create web applications is a member of the Farm administrators group in Central Administration.

Web アプリケーションを作成するCreate web applications

SharePoint 2010 製品環境に存在していた web アプリケーションごとに web アプリケーションを作成します。Create a web application for each web application that existed in the SharePoint 2010 Products environment. 各 Web アプリケーションでは、以下を実行します。For each web application, do the following:

  • 同じ URL (名前、ポート、およびホスト ヘッダーを含む) を使用して、代替アクセス マッピングの設定を構成します。Use the same URL (including name, port, and host header) and configure alternate-access mapping settings.

    異なる URL を使用した場合、Office アプリケーションは新しい URL に正しくリダイレクトされない可能性があり、古い URL へのすべてのブックマークは機能しません。If you use a different URL, Office applications might not be redirected correctly to the new URLs and all bookmarks to the old URLs will not work.

  • 同じ認証方法を使用します。Use the same authentication method.

    たとえば、古い環境で使用していた Windows クラシック認証を引き続き使用する場合は、Windows クラシック認証を使用する Web アプリケーションを作成する必要があります。For example, if you use Windows Classic authentication in your old environment, and you want to continue to use it, then you must create a web application that uses Windows Classic authentication. クレームベース認証は SharePoint 2013 の既定のオプションであるため、PowerShell を使用して Windows クラシック認証を使用する web アプリケーションを作成する必要があります。Because claims-based authentication is now the default option for SharePoint 2013, you must use PowerShell to create a web application that uses Windows Classic authentication. 必要な結果がクレームベース認証を使用することである場合は、Windows クラシック認証ではなく、クレームベースの web アプリケーションとして SharePoint 2013 で新しい Web アプリケーションを作成します。If the desired outcome is to use claims-based authentication, create the new Web Application in SharePoint 2013 as a claims-based web application rather than Windows Classic authentication.

    クレーム認証に移行するには、「 SharePoint 2013 でクラシックモードからクレームベース認証に移行する」を参照してください。To migrate to claims authentication, see Migrate from classic-mode to claims-based authentication in SharePoint 2013.

  • 管理対象パスを再作成します。Recreate included paths.

  • クォータ テンプレートを再作成します。Recreate quota templates.

  • Web アプリケーションの電子メールの設定を構成します。Configure email settings for the web application.

    詳細については、「 SharePoint Server ファームの電子メール統合を構成する」を参照してください。For more information, see Configure email integration for a SharePoint Server farm.

  • 前の環境でセルフサービス サイト作成を使用していたすべての Web アプリケーションで、この機能を有効にします。セルフサービス サイト作成のすべての設定を再作成します。Enable self-service site creation for any web application that used it in the previous environment. Recreate any self-service site creation settings.

  • 個人用サイトをホストする Web アプリケーションで個人用サイトの管理パス (/personal) を作成します。個人用サイトは SharePoint Server のみで使用できます。Create the managed path for the My Sites (/personal) on the web application that hosts My Sites. My Sites are available in SharePoint Server only.

  • 前の環境で構成されていたすべての Web アプリケーション ポリシーまたはその他の Web アプリケーション設定を再作成します。Recreate any web application policies or other web application settings that you had configured in the previous environment.

カスタマイズを再適用するReapply customizations

アップグレードを失敗させるよくある原因の 1 つに、カスタマイズされた機能、ソリューション、またはその他の要素が新しい環境にないことが挙げられます。One frequent cause of failures during upgrade is that the new environment does not have customized features, solutions, or other elements. コンテンツデータベースをアップグレードする前に、SharePoint 2010 製品環境のすべてのカスタム要素がフロントエンド web サーバーにインストールされていることを確認してください。Make sure that all custom elements from the SharePoint 2010 Products environment are installed on your front-end web servers before you upgrade any content databases.

この手順では、すべてのカスタマイズを新しいファームに手動で転送します。次のような、サイトが正しく動作するために依存しているすべてのコンポーネントを必ずインストールするようにしてください。In this step, you manually transfer all customizations to your new farm. Make sure to install any components that your sites depend on to work correctly, such as the following:

  • カスタム サイト定義Custom site definitions

  • カスケード スタイル シートなどのカスタム スタイル シートおよび画像Custom style sheets, such as cascading style sheets, and images

  • カスタム Web パーツCustom Web Parts

  • カスタム Web サービスCustom Web services

  • カスタム機能およびソリューションCustom features and solutions

  • カスタム アセンブリCustom assemblies

  • Web.config の変更 (セキュリティなど)Web.config changes (such as security)

    各 Web アプリケーションの Web.config ファイルの一意の設定はすべて必ず新しいサーバーに転送するようにしてください。Ensure that you transfer all unique settings from the Web.config files for each web application to the new servers.

  • InfoPath の管理者承認済みフォーム テンプレート (.xsn ファイル) およびデータ接続ファイル (.udcx ファイル)。InfoPath は SharePoint Server 2010 のみで使用できます。Administrator-approved form templates (.xsn files) and data connection files (.udcx files) for InfoPath. InfoPath is available in SharePoint Server 2010 only.

  • サイトが依存しているその他のすべてのコンポーネントまたはファイル。Any other components or files on which your sites depend.

Sharepoint 2013 は、SharePoint 2010 製品と SharePoint の2013モードの両方のサイトをホストできます。SharePoint 2013 can host sites in both SharePoint 2010 Products and SharePoint 2013 modes. SharePoint 2013 のインストールには、SharePoint 2010 製品と SharePoint 2013 バージョンの多くの要素が含まれています。The installation for SharePoint 2013 contains both SharePoint 2010 Products and SharePoint 2013 versions of many elements. ファイル システムのディレクトリは、次のように 14 のパスと 15 のパスの両方に作られます。The directories on the file system are duplicated in both the 14 and 15 paths, for example:

  • Web Server Extensions/14/TEMPLATE/FeaturesWeb Server Extensions/14/TEMPLATE/Features

  • Web Server Extensions/15/TEMPLATE/FeaturesWeb Server Extensions/15/TEMPLATE/Features

IIS サポートディレクトリには、_Layouts、_Layouts/15 と _ControlTemplates、_ControlTemplates/15 という2つのバージョンもあります。There are also two versions of the IIS support directories: _Layouts, _Layouts/15 and _ControlTemplates, _ControlTemplates/15.

カスタマイズは新しいファームの正しい場所にインストールするようにしてください。Be sure to install customizations to the correct location in your new farm. たとえば、SharePoint 2010 製品の追加のスタイルシートを/14 のパスではなく、/14 のパスにインストールする必要があります。これは、アップグレードしていないサイトコレクションでも使用できるようにするためです。For example, additional style sheets for SharePoint 2010 Products should be installed in the /14 path, not the new /15 path so that site collections that you haven't upgraded can use them. ソリューションを両方のパスで使用できるようにするには、インストールを 2 回実行し、2 度目のインストールで CompatibilityLevel パラメーターを使用すると、/15 パスにインストールされます。If you want a solution to be available to both paths, install it two times, and the second time use the CompatibilityLevel parameter when you install it, and it will be installed to the /15 path. 詳細については、「 Install-SPSolution」を参照してください。For more information, see Install-SPSolution.

SharePoint 2013 で使用するようにカスタマイズを更新する方法の詳細については、「 Sharepoint Foundation 2010 および Sharepoint server 2010 でカスタマイズとソリューションを再展開する」を参照してください。For more information about how to update customizations for use in SharePoint 2013, see Redeploying Customizations and Solutions in SharePoint Foundation 2010 and SharePoint Server 2010. カスタマイズを環境に展開する方法の詳細については、「 Install and manage solutions For SharePoint Server」を参照してください。For more information about how to deploy customizations to your environment, see Install and manage solutions for SharePoint Server.

カスタム コンポーネントを確認するVerify custom components

使用している環境のすべてのカスタムコンポーネントが特定されたことを確認するには、SharePoint 2010 製品環境でStsadm-o enumallwebs操作を使用し、 includefeaturesおよびincludewebparts パーツパラメーターを使用します。To make sure that you have identified all custom components for your environment, use the Stsadm -o enumallwebs operation in the SharePoint 2010 Products environment and use the includefeatures and includewebparts parameters. この操作によって、各サイトで使用されるテンプレート、機能、Web パーツ、その他のカスタム要素をレポートできます。This operation can report the templates, features, Web Parts, and other custom elements that are used for each site. enumallwebs 操作を使用する方法について詳しくは、「 Enumallwebs: Stsadm 操作 (Office SharePoint Server)」および「Clean up an environment before an upgrade to SharePoint 2013」をご覧ください。For more information about how to use the enumallwebs operation, see Enumallwebs: Stsadm operation (Office SharePoint Server) and Clean up an environment before an upgrade to SharePoint 2013.

また、SharePoint 2010 製品環境で、各サイトに関連付けられているテンプレートを参照し、SharePoint 2013 環境にテンプレートがインストールされていることを確認するために 、Microsoft PowerShellコマンドレットを使用することもできます。You can also use the Get-SPWeb Microsoft PowerShell cmdlet in your SharePoint 2010 Products environment to see template that are associated with each site and then verify that the template is installed in your SharePoint 2013 environment. この操作の詳細については、「 Get-SPWeb」を参照してください。For more information about this operation, see Get-SPWeb.

コンテンツデータベースを web アプリケーションに接続する前に、 Get-spcontentdatabase Microsoft PowerShell コマンドレットを使用して、そのデータベースに必要なすべてのカスタムコンポーネントが存在することを確認してください。Before you attach the content databases to the web applications, use the Test-SPContentDatabase Microsoft PowerShell cmdlet to verify that you have all the custom components that you must have for that database.

PowerShell を使用してカスタム コンポーネントが使用できることを確認するにはTo verify custom components are available by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint 2013のコマンドレットを使用する権限を付与できます。An administrator can use the Add-SPShellAdmin cmdlet to grant permissions to use SharePoint 2013 cmdlets.

    注意

    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。If you do not have permissions, contact your Setup administrator or SQL Server administrator to request permissions. For additional information about PowerShell permissions, see Add-SPShellAdmin.

  1. SharePoint 管理シェルを起動します。Start the SharePoint Management Shell.

  2. PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。At the PowerShell command prompt, type the following command:

Test-SPContentDatabase -Name DatabaseName -WebApplication URL

詳細は次のとおりです。Where:

  • DatabaseName は、テストするデータベースの名前です。DatabaseName is the name of the database that you want to test.

  • URL は、サイトをホストする Web アプリケーションの URL です。URL is the URL for the web application that will host the sites.

詳細については、「Test-SPContentDatabase」を参照してください。For more information, see Test-SPContentDatabase.

コンテンツ データベースを Web アプリケーションに接続し、データベースをアップグレードするAttach a content database to a web application and upgrade the database

コンテンツ データベースを接続する際は、データベースをアップグレードし、そのデータベース内のサイト コレクションを指定した Web アプリケーションに追加します。When you attach a content database, you upgrade the database and add the site collections in that database to the web application that you specify. ただし、SharePoint 2013 では、このプロセスでサイトコレクションはアップグレードされません。However, for SharePoint 2013, the process does not upgrade the site collections.

複数のコンテンツ データベースにまたがる Web アプリケーションに使用されるコンテンツ データベースを接続する場合、最初にルート サイト コレクションを含むコンテンツ データベースを接続していることを確認してください。When you attach a content database, for a web application that spans multiple content databases, make sure that you attach the content database that contains the root site collection first. コンテンツ データベースを接続する際は、接続する最初のコンテンツ データベースに Web アプリケーション用のルート サイトを含めます。When you attach a content database, include the root site for the web application in the first content database that you attach. 言い換えると、続行する前に、SharePoint 2010 Products サーバーファーム内の web アプリケーションのルートを調べて、最初のサイトコレクションを確認します。In other words, before you continue, examine the root of the web application in the SharePoint 2010 Products server farm to determine the first site collection. ルート サイトを含むデータベースを接続したら、Web アプリケーションのその他のコンテンツ データベースを任意の順序で接続します。After you attach the database that contains the root site, attach the other content databases for the web application in any order. データベースを接続する前に、コンテンツを格納するサイト コレクションを作成する必要はありません。You do not have to create any site collections to store the content before you attach the database. このプロセスによって、コンテンツ データベースとそのデータベース内のサイト コレクションが接続されます。This process attaches the content databases and the site collections inside that database. コンテンツ データベースがすべて復元されるまでは、新しいサイト コレクションを追加しないようにしてください。Make sure that you do not add new site collections until you have restored all the content databases.

ヒント

コンテンツ データベース内の各サイト コレクションには、構成データベースに登録され、サイト コレクションに関連付けられた GUID があります。このため、別々の Web アプリケーションであっても、同じサイト コレクションをファームに 2 度追加することはできません。この場合、データベースは正常に接続できますが、サイト コレクションは参照できません。 > 同じファーム内にサイト コレクションのコピーが必要な場合は、まずサイト コレクションを含むデータベースを別個のファームに接続し、 Backup-SPSite および Restore-SPSite PowerShell コマンドレットを使用して、サイト コレクションをもう一方のファームにコピーします。バックアップおよび復元プロセスにより、サイト コレクションの新しい GUID が作成されます。これらのコマンドレットの詳細については、「 Backup-SPSite」および「Restore-SPSite」を参照してください。Each site collection in a content database has a GUID that is registered in the configuration database and associated with the site collection. Therefore, you cannot add the same site collection two times to the farm, even in separate web applications. Although you can successfully attach the database in this situation, you will be unable to browse to the site collection. > If you must have a copy of a site collection in the same farm, first attach the database that contains the site collection to a separate farm, and then use the Backup-SPSite and Restore-SPSite PowerShell cmdlets to copy the site collection to the other farm. The backup and restore process creates a new GUID for the site collection. For more information about these cmdlets, see Backup-SPSite and Restore-SPSite.

個人用サイトの場合、個人用サイトを含むデータベースを接続する前に、個人用サイト ホストを含むコンテンツ データベースを接続します。For My Sites, attach the content database that contains the My Site host before attaching databases that contain the My Sites.

既定では、新しい SharePoint 2013 環境に web アプリケーションを作成すると、各 web アプリケーションに対してコンテンツデータベースが作成されます。By default, when you created the web applications in the new SharePoint 2013 environment, a content database was created for each web application. これらの既定のデータベースを無視するには、SharePoint 2010 Products データベースを接続した後で、既定のデータベースを削除します。You can ignore these default databases until after you have attached your SharePoint 2010 Products databases, and then you can delete the default databases.

重要

コンテンツ データベースをドメイン間やフォレスト間、またはサービス アカウントが異なる別の環境に移動する場合は、データベースを接続する前に、サービス アカウントの権限が正しいことを確認してください。If you are moving the content databases across domains or forests or to another environment that has different service accounts, make sure that the permissions for the service accounts are still correct before you attach the databases.

コンテンツ データベースを Web アプリケーションに接続するには、Mount-SPContentDatabase コマンドレットを使用する必要があります。[SharePoint サーバーの全体管理] ページを使用したコンテンツ データベースの接続は、アップグレードではサポートされていません。You must use the Mount-SPContentDatabase cmdlet to attach a content database to a web application. Using the SharePoint Central Administration pages to attach a content database is not supported for upgrading.

データベースの接続に使用するアカウントが、アップグレードするコンテンツ データベースの db_owner 固定データベース ロールのメンバーであることを確認してください。Ensure that the account that you use to attach the databases is a member of the db_owner fixed database role for the content databases that you want to upgrade.

注意

アップグレードを失敗させるよくある原因の 1 つに、カスタマイズされた機能、ソリューション、またはその他の要素が環境にないことが挙げられます。One frequent cause of failures during upgrade is that the environment is missing customized features, solutions, or other elements. アップグレードプロセスを開始する前に、sharepoint 2010 製品環境のすべてのカスタム要素が SharePoint 2013 環境のフロントエンド web サーバーにインストールされていることを確認してください。Be sure that all custom elements from the SharePoint 2010 Products environment are installed on your front-end web servers in the SharePoint 2013 environment before you start the upgrade process. Get-spcontentdatabase Microsoft PowerShell コマンドレットを使用して、サイトが不足している可能性があるカスタム要素を特定します。Use the test-spcontentdatabase Microsoft PowerShell cmdlet to identify custom elements that your sites might be missing.

PowerShell を使用してコンテンツ データベースを Web アプリケーションに接続するにはTo attach a content database to a web application by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint 2013のコマンドレットを使用する権限を付与できます。An administrator can use the Add-SPShellAdmin cmdlet to grant permissions to use SharePoint 2013 cmdlets.

    注意

    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。If you do not have permissions, contact your Setup administrator or SQL Server administrator to request permissions. For additional information about PowerShell permissions, see Add-SPShellAdmin.

  1. SharePoint 管理シェルを起動します。Start the SharePoint Management Shell.

  2. PowerShell のコマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、 ENTER キーを押します。At the PowerShell command prompt, type the following command and then press ENTER:

Mount-SPContentDatabase -Name DatabaseName -DatabaseServer ServerName -WebApplication URL

詳細は次のとおりです。Where:

  • DatabaseName は、アップグレードするデータベースの名前です。DatabaseName is the name of the database that you want to upgrade.

  • ServerName は、データベースを格納するサーバーです。ServerName is server on which the database is stored.

  • URL は、サイトをホストする Web アプリケーションの URL です。URL is the URL for the web application that will host the sites.

詳細については、「Mount-SPContentDatabase」を参照してください。For more information, see Mount-SPContentDatabase.

ヒント

Sharepoint Foundation 2010 から SharePoint 2013 にアップグレードするには、sharepoint Foundation 2010 コンテンツデータベースを SharePoint の2013環境に直接接続します。To upgrade from SharePoint Foundation 2010 to SharePoint 2013, attach the SharePoint Foundation 2010 content databases directly to the SharePoint 2013 environment. この記事の同じ手順を実行するだけで、SharePoint Foundation 2010 データベースと SharePoint 2013 ファームを使用します。Just follow the same steps in this article, but use the SharePoint Foundation 2010 databases and a SharePoint 2013 farm. アップグレード プロセスでは、バージョンと製品が同時にアップグレードされます。The upgrade process will upgrade the version and the product at the same time.

検証: 最初のデータベースのアップグレードを検証するVerification: Verify upgrade for the first database

データベースを接続したら、サーバーの全体管理の [アップグレードの状態] ページで、データベースのアップグレードの状態を確認できます。After you attach a database, you can use the Upgrade Status page in Central Administration to check the status of upgrade on your databases. アップグレード プロセスが完了したら、アップグレード ログ ファイルを参照して、アップグレードの問題が発生していないかどうかを確認できます。After the upgrade process is complete, you can review the upgrade log file to see whether upgrade produced issues. PowerShell コマンドレットを使用して、すべてのコンテンツ データベースのアップグレードの状態を確認できます。You can use a PowerShell cmdlet to check the upgrade status for all the content databases. アップグレードの確認およびトラブルシューティングの詳細については、「 sharepoint 2013 でのデータベースのアップグレードを検証する」と「 2013 sharepoint へのアップグレードのテストとトラブルシューティング」を参照してください。For more information about verifying and troubleshooting upgrade, see Verify database upgrades in SharePoint 2013 and Test and troubleshoot an upgrade to SharePoint 2013.

[アップグレードの状態] ページを表示するにはTo view the Upgrade Status page

  • この手順を実行するユーザー アカウントが、データベースで db_owner 固定データベース ロールのメンバーであることを確認します。Verify that the user account that is performing this procedure is a member of the db_owner fixed database role for the databases.

  • サーバーの全体管理で、[ アップグレードと移行]、[ アップグレード状態の確認] の順にクリックします。In Central Administration, click Upgrade and Migration, and then click Check upgrade status.

アップグレード ログ ファイルを確認するにはTo view the upgrade log file

  • アップグレード エラー ログ ファイルとアップグレード ログ ファイルは、%COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\web server extensions\15\LOGS にあります。アップグレード ログ ファイルにはアップグレード エラー ログよりも詳細な情報が含まれています。ログ ファイルの末尾にある概要で、全体的な状態とファイル内の警告およびエラー件数を必ず確認してください。The upgrade error log file and the upgrade log file are located at %COMMONPROGRAMFILES%\Microsoft Shared\web server extensions\15\LOGS. The upgrade log file contains more detailed information than the upgrade error log. Be sure to check the summary at the bottom of the log files for information about the overall status and a count of the warnings and errors in the file.

    ログは、以下の形式の名前を持つテキスト ファイルです。The logs are text files named in the following format:

    • Upgrade-YYYYMMDD-HHMMSS-SSS-error.logUpgrade-YYYYMMDD-HHMMSS-SSS-error.log

    • Upgrade-YYYYMMDD-HHMMSS-SSS.logUpgrade-YYYYMMDD-HHMMSS-SSS.log

    ここでWhere

    • YYYYMMDD は日付を表します。YYYYMMDD is the date

    • HHMMSS-SSS は時間を表します (24 時間形式の時間、分、秒、ミリ秒)。HHMMSS-SSS is the time (hours in 24-hour clock format, minutes, seconds, and milliseconds)

    アップグレード エラー ログの例は、Upgrade-20120105-132126-374-error.log などです。アップグレード ログの例は、Upgrade-20120105-132126-374.log などです。An example for an upgrade error log is Upgrade-20120105-132126-374-error.log, and an example for an upgrade log is Upgrade-20120105-132126-374.log.

    注意

    SharePoint 2013 のアップグレードログの形式は、ULS と同じ構造に基づいています。The format of the upgrade log for SharePoint 2013 is based on the same structure as ULS. > アップグレード ログ ファイルには、アップグレード対象のコンテンツ データベースの名前が含まれます。> The upgrade log file includes the name of the content database being upgraded.

PowerShell を使用してすべてのデータベースのアップグレード状態を確認するにはTo view upgrade status for all databases by using PowerShell

  1. 次のメンバーシップがあることを確認します。Verify that you have the following memberships:
  • SQL Server インスタンスにおける securityadmin 固定サーバー ロール。securityadmin fixed server role on the SQL Server instance.

  • 更新するすべてのデータベースに対する db_owner 固定データベース ロール。db_owner fixed database role on all databases that are to be updated.

  • PowerShell コマンドレットを実行するサーバーでの Administrators グループ。Administrators group on the server on which you are running the PowerShell cmdlets.

    管理者は Add-SPShellAdmin コマンドレットを使用して、SharePoint 2013のコマンドレットを使用する権限を付与できます。An administrator can use the Add-SPShellAdmin cmdlet to grant permissions to use SharePoint 2013 cmdlets.

    注意

    アクセス許可がない場合は、セットアップ管理者または SQL Server 管理者に連絡してアクセス許可を要求してください。PowerShell アクセス許可の詳細については、「Add-SPShellAdmin」を参照してください。If you do not have permissions, contact your Setup administrator or SQL Server administrator to request permissions. For additional information about PowerShell permissions, see Add-SPShellAdmin.

  1. SharePoint 管理シェルを起動します。Start the SharePoint Management Shell.

  2. PowerShell コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力します。At the PowerShell command prompt, type the following command:

Get-SPContentDatabase | ft Name, NeedsUpgradeIncludeChildren

このコマンドレットは、ファーム内のデータベースの表形式のリストを返し、データベースが SharePoint2013 へのアップグレードを必要とするかどうかを示します。This cmdlet returns a table-style list of databases in your farm and indicates whether the database needs an upgrade to SharePoint2013.

残りのデータベースを接続するAttach the remaining databases

最初のコンテンツ データベースを復元し、成功したことを確認したら、続いて他のデータベースを復元し、アップグレードできます。データベース接続アップグレードを並列で実行して、一度に複数のデータベースをアップグレードできます。複数のアップグレードを実行するには、個別のコマンド プロンプト ウィンドウを使用します。新規データベースの各アップグレード セッションの開始時間を数分ずつずらして、Web アプリケーションを接続する際に設定される一時ロックによって発生する問題を回避することをお勧めします。時間をずらさなかった場合、アップグレード セッションでエラーが発生する場合があります。一時ロックがクリアされるまでの待機時間は、サイト コレクションの数やデータベース サーバー ハードウェアの処理速度によって異なります。After you restore the first content database and verify success, you can continue to restore and upgrade other databases. You can perform parallel database attach upgrades to upgrade more than one database at a time. Use separate Command Prompt windows to run multiple upgrades. It is recommended that you separate the start time for each new database upgrade session by several minutes to prevent issues with temporary locks set for the web application during attachment. Otherwise you might receive an error on the upgrade session. The wait time to clear temporary locks varies depending on the number of site collections, or the speed of the database server hardware.

検証: 残りのデータベースのアップグレードを検証するVerification: Verify upgrade for additional databases

残りのデータベースをすべてアップグレードしたら、[アップグレードの状態] ページで、進行状態を表示して、アップグレード プロセスが完了したことを確認します。ログ ファイルを表示して、その他の問題がないかを確認します。After you upgrade all additional databases, view the Upgrade Status page to monitor progress and verify that the upgrade process is complete. Review the log file to identify any other issues.

次の手順Next steps

データベースをアップグレードした後は、ファームを使用する準備が整っているかを確認する追加の手順を実行する場合があります。次に例を示します。After you upgrade the databases, you might want to perform additional steps to make sure that your farm is ready for use. For example:

  • サイト コレクションが 2010 モードで予期したとおりに動作していることを確認します。Verify that site collections are working as expecting in 2010 mode.

    サイト コレクションを視覚的に確認します。Visually review site collections. SharePoint Server 2016 にアップグレードされたサイトコレクションを確認する」で、アップグレードしたサイトに提供されているものと同様のレビューリストを使用できます。You can use a similar review list as the one provided for upgraded sites in Review site collections upgraded to SharePoint Server 2016.

  • 必要に応じて、ユーザー アカウントをクレーム認証に移行します。Migrate user accounts to claims authentication, if it is necessary.

    既定では、SharePoint 2013の新しい Web アプリケーションではクレーム認証が使用されます。以前の環境でクラシック認証を使用していた場合は、ユーザーをクレーム認証に移行する必要があります。詳細については、「SharePoint 2013 でクラシックモードからクレームベース認証に移行する」を参照してください。 By default, new web applications in SharePoint 2013 use claims authentication. If you were using classic authentication in the previous environment, you must migrate the users to claims authentication. For more information, see Migrate from classic-mode to claims-based authentication in SharePoint 2013.

  • すべてのアップグレード済み InfoPath フォーム テンプレートで使用していたリンクをアップグレードします。Update links that are used in any upgraded InfoPath form templates.

    データベース接続アップグレードでは、新しい環境を作成したときに、環境内の InfoPath フォーム テンプレートをエクスポートおよびインポートしました。アップグレード後、Microsoft PowerShell コマンドレットを使用して、アップグレードしたそのフォーム テンプレート内で使用されているリンクが正しい URL を指すように更新できます。For a database-attach upgrade, you exported and imported all InfoPath form templates in your environment when you created the new environment. After upgrade, you can now update the links that are used in those upgraded form templates to point to the correct URLs by using a Microsoft PowerShell cmdlet.

    詳細については、「InfoPath Forms Services の構成 (SharePoint Server 2010)」を参照してください。For more information, see Configure InfoPath Forms Services (SharePoint Server 2010).

    InfoPath は SharePoint Server のみで使用できます。InfoPath is available in SharePoint Server only.

  • 検索トポロジを構成するConfigure your Search topology

    SharePoint 2013では、Search Service のアーキテクチャが変更されています。ユーザーの環境と新しいアーキテクチャに適合するように検索トポロジを計画して構成します。詳細については、「SharePoint Server でインターネット サイトの検索をスケーリングする」および「SharePoint Serever で検索トポロジを管理する」を参照してください。 The architecture for the Search service has changed for SharePoint 2013. Plan and configure your Search topology to suit your environment and the new architecture. For more information, see Scale search for Internet sites in SharePoint Server and Manage the search topology in SharePoint Server.

  • フル クロールを実行するPerform a full crawl

    詳細については、「Start, pause, resume, or stop a crawl in SharePoint Server」を参照してください。For more information, see Start, pause, resume, or stop a crawl in SharePoint Server.

  • ファームをバックアップするBack up your farm

    詳細については、「SharePoint Server でファームをバックアップする」を参照してください。For more information, see Back up farms in SharePoint Server.

    SharePoint Foundation 2013 には検索機能が含まれていますが、SharePoint 2013 の検索サービスアプリケーションと同じではありません。Although SharePoint Foundation 2013 includes search functionality, it is not the same Search service application that is in SharePoint 2013. これらの手順は、SharePoint 2013 にのみ適用されます。These steps apply only to SharePoint 2013.

ファームの準備が完了したら、ユーザー アクセスを有効にし、サイト コレクションのアップグレードを開始できます。After your farm is ready, you can enable access to users, and then start to upgrade site collections. サイトコレクションをアップグレードする方法の詳細については、「 upgrade a site collection To SharePoint 2013」を参照してください。For information about how to upgrade site collections, see Upgrade a site collection to SharePoint 2013.

123 ステップ これは、SharePoint 2010 製品のデータとサイトを SharePoint 2013 にアップグレードするプロセスの4番目のフェーズです。This is the fourth phase in the process to upgrade SharePoint 2010 Products data and sites to SharePoint 2013.
次のフェーズ:サイトコレクションを SharePoint にアップグレードする 2013Next phase: Upgrade a site collection to SharePoint 2013
プロセス全体の概要については、「 sharepoint 2010 から sharepoint 2013 へのアップグレードプロセスの概要」を参照してください。For an overview of the whole process, see Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

関連項目See also

その他のリソースOther Resources

Checklist for database-attach upgrade (SharePoint 2013)Checklist for database-attach upgrade (SharePoint 2013)

サイト コレクションを SharePoint 2013 にアップグレードするUpgrade a site collection to SharePoint 2013

Upgrade a site collection to SharePoint 2013Upgrade a site collection to SharePoint 2013