アップグレードの新機能 (SharePoint 2013)What's new in SharePoint 2013 upgrade

適用対象:はい2013 No2016 no2019 (SharePoint Online なし)APPLIES TO: yes2013 no2016 no2019 noSharePoint Online

SharePoint 2013では、既存の環境の一括アップグレードはサポートされていません。SharePoint 2013 をベースにした新しい環境にデータベースをアップグレードするには、データベース接続アップグレードを使用する必要があります。また、ファーム管理者やサイト管理者により柔軟な環境を提供するために、ソフトウェアとデータベースのアップグレードとサイトのアップグレードを別々に行うようにアップグレード プロセスが変更されました。SharePoint 2013 does not support in-place upgrade for an existing environment. You must use the database-attach upgrade method to upgrade your databases to a new environment that is based on SharePoint 2013. Also, to provide more flexibility to farm administrators and site administrators, the upgrade process has changed to separate upgrade of the software and databases from upgrade of the sites.

ファームの一括アップグレードは未サポートIn-place upgrade of the farm is not supported

SharePoint Server 2010 または SharePoint Foundation 2010 へのアップグレードでは、以前のバージョンがインストールされているハードウェアに新しいバージョンを上書きインストールすることもできます。これを一括 (インプレース) アップグレードと呼びます。このプロセスでは、データベースとサイトを含むインストール全体が一定の順序でアップグレードされます。この一括アップグレードは簡単ですが、ファーム管理者にとってはパフォーマンスと制御が問題になります。コンテンツのアップグレード順序を制御する方法がなかったため、特定のサイト コレクションでエラーが発生すると、プロセス全体が停止することがありました。An upgrade to SharePoint Server 2010 or SharePoint Foundation 2010 provided an option to install the new version over the earlier version on the same hardware. This was called an in-place upgrade. During this process, the complete installation (both databases and sites) was upgraded in a fixed order. Although this was a simple method, in-place upgrade presented problems in performance and control for a farm administrator. There was no way to control the order in which content is upgraded, and a failure in a particular site collection could stop the whole process.

データベース接続アップグレードは、一括アップグレードより柔軟で、適切な制御を行うことができ、成功率が高い方法です。したがって、SharePoint 2013 ではアップグレードの方法として一括アップグレードはサポートされず、データベース接続アップグレードのみサポートされています。The database-attach upgrade method offers more flexibility, more control, and a better success rate. Therefore, in-place upgrade is not supported for SharePoint 2013 and database-attach upgrade is the only supported upgrade method.

データベース接続アップグレードを使用するには、以下の作業を行います。To use a database attach upgrade, you complete the following tasks:

  1. 古いファームとは別に新しいファームを作成および構成するCreate and configure a new farm that is separate from the old farm

  2. コンテンツ データベースとサービス データベースを新しいファームにコピーするCopy the content and services databases to the new farm

  3. データとサイトをアップグレードするUpgrade the data and sites

コンテンツ データベースを任意の順序でアップグレードしたり、複数のデータベースを同時にアップグレードしたりして、プロセス全体を高速化できます。You can upgrade the content databases in any order and upgrade several databases at the same time to speed up the overall process.

詳細については、「Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013」を参照してください。For more information, see Overview of the upgrade process from SharePoint 2010 to SharePoint 2013.

一部のサービス アプリケーション データベースにはデータベース接続アップグレードを使用可能Database-attach upgrade is available for some service application databases

SharePoint 2013では、以下のサービス アプリケーション データベースのアップグレードにデータベース接続アップグレードを使用できます。For the SharePoint 2013, you can use the database attach upgrade method to upgrade the following service application databases:

  • Business Data ConnectivityBusiness Data Connectivity

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 と SharePoint Foundation 2013 の両方で使用できます。This service application is available for both SharePoint 2013 and SharePoint Foundation 2013.

  • Managed MetadataManaged Metadata

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 でのみ使用できます。This service application is available only for SharePoint 2013.

  • PerformancePointPerformancePoint

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 でのみ使用できます。This service application is available only for SharePoint 2013.

  • Secure StoreSecure Store

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 でのみ使用できます。This service application is available only for SharePoint 2013.

  • User Profile (プロファイル データベース、ソーシャル データベース、および同期データベース)User Profile (Profile, Social, and Sync databases)

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 でのみ使用できます。This service application is available only for SharePoint 2013.

  • Search AdministrationSearch administration

    このサービス アプリケーションは SharePoint 2013 でのみ使用できます。This service application is available only for SharePoint 2013.

詳細については、「SharePoint 2010 から SharePoint Server 2013 へのサービスのアップグレードの概要」を参照してください。For more information, see Services upgrade overview from SharePoint 2010 to SharePoint Server 2013.

サイト コレクションの遅延アップグレードDeferred site collection upgrade

SharePoint 2010 製品 では、ファーム管理者が、一括アップグレード プロセスを使用してサイトを直ちにアップグレードするか、コマンド ラインを使用してすべてのサイトを同時にまたは個別にアップグレードします。SharePoint 2013 では、ファーム管理者は、サイト コレクションの所有者がそれぞれのタイムラインでサイトを新しいユーザー インターフェイスにアップグレードすることを許可できるようになりました。サイト コレクションをアップグレードするコマンドは、[サイトの設定] ページの [サイト コレクションの管理] セクションにあります。サイト コレクションを新しいユーザー インターフェイスにアップグレードする Microsoft PowerShell コマンドレットもあります。詳細については、「Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013」、「Upgrade a site collection to SharePoint 2013」、および「Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products)」を参照してください。In SharePoint 2010 Products, farm administrators use either the in-place upgrade process to upgrade sites immediately, or the command line to upgrade all sites at the same time or individually. In SharePoint 2013, farm administrators can now allow site collection owners to upgrade their sites to the new user interface on their own timeline. The commands for upgrading a site collection are on the Site Settings page in the Site Collection Administration section. There are also Microsoft PowerShell cmdlets to upgrade site collections to the new user interface. For more information, see Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013, Upgrade a site collection to SharePoint 2013 and Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products).

サイト コレクションの正常性チェッカーSite collection health checker

サイト コレクションの所有者または管理者は、サイト コレクションの正常性チェッカーを使用することで、サイトを新しいバージョンにアップグレードする前にサイト コレクションの潜在的な問題を検出し、それらに対処できます。このチェッカーは、アップグレード後も引き続き、正常性に関する問題を検出するために使用できます。自動修復できる問題もありますが、修復に手動操作が必要な問題もあります。サイト コレクションのアップグレードの際、自動修復できる問題は、チェッカーで検出されたときに修復されます。詳細については、「Run site collection health checks in SharePoint 2013」を参照してください。Site collection owners or administrators can use a site collection health checker to detect any potential issues with their site collections and address them before they upgrade sites to the new version. The checker is available after upgrade also to detect any health issues on an ongoing basis. Note that some issues can be repaired automatically, but others require manual steps to repair. During a site collection upgrade, if the checker finds issues that can be repaired automatically, they are repaired at that time. For more information, see Run site collection health checks in SharePoint 2013.

アップグレード評価サイト コレクションUpgrade evaluation site collections

SharePoint 2013 では、ソフトウェアとデータのアップグレードとサイトのアップグレードは別々に行われていました。そのため、サイトの所有者または管理者が明示的にサイトを新しいユーザー インターフェイスにアップグレードするまで、サイトは実際は SharePoint 2010 モードで実行しておくことができました。サイト コレクションの所有者は評価サイトを要求できます。評価サイトは、新しいインターフェイスと機能を確認するための、サイトのもう 1 つのコピーです。評価サイトを確認して、元のサイトに必要な変更を加えてから、サイトを新しいバージョンにアップグレードできます。評価サイトは、自動的に期限が切れて削除されるように設定されています。詳細については、「サイト コレクションのアップグレードを計画する (SharePoint 2013)」、「サイト コレクションをアップグレードする」、および「サイト コレクションのアップグレードを管理する (SharePoint 2013 製品)」を参照してください。In SharePoint 2013, the upgrade of the software and data was separated from the upgrade of the site. This means that the sites can truly remain running in SharePoint 2010 mode until a site owner or administrator explicitly upgrades the site to the new user interface. Site collection owners can request an evaluation site, which is a separate copy of the site, to review the new interface and functionality. After they have reviewed the site and made necessary changes in their original site, they can then upgrade their sites to the new version. Evaluation sites are set to automatically expire and be deleted. For more information, see Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013, Upgrade a site collection, and Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products).

ライフサイクル イベントの通知Notifications for life-cycle events

アップグレードが行われると、電子メール メッセージとサイト コレクションのステータス バーでサイト コレクションの所有者に通知されます。サイト コレクションの所有者は、電子メールから評価サイトを作成でき、その評価サイトの有効期限と削除も、電子メールを使用して制御できます。サイトが読み取り専用モードである場合も、サイト コレクションのステータス バーですべてのユーザーに通知されます。詳細については、「Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013」と「Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products)」を参照してください。An email message and a status bar notification in a site collection notifies site collection owners when an upgrade is available. Site collection owners can create an evaluation site from email and control the expiration and deletion of that site by using email also. A status bar notification in the site collection also informs all users if a site is in read-only mode. For more information, see Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013 and Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products).

サイト コレクションのアップグレードのスロットルThrottles for site collection upgrade

サイト コレクションのアップグレードによるファームの停止を避けるために、Web アプリケーション、データベース、およびコンテンツ レベルでスロットルが組み込まれています。そのため、100 人のサイト コレクションの所有者が各自のサイト コレクションを同時にアップグレードしようとしても、同時に実行されるのは一部だけで、残りはキューに入れられて後から実行されます。詳細については、「Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013」と「Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products)」を参照してください。To make sure that site collection upgrades do not cause an outage on your farm, there are throttles built in at the web application, database, and content level. This means that even if 100 site collection owners decide to upgrade their site collections at the same time, only some are run at the same time, and the rest are put into a queue to run later. For more information, see Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013 and Manage site collection upgrades (SharePoint 2013 Products).

ビジュアル アップグレードではなく本当の "SharePoint 2010"True "SharePoint 2010" instead of visual upgrade

SharePoint 2010 製品のビジュアル アップグレードでは、サイトが新しいユーザー インターフェイスでどのように表示されるかをサイトの所有者および管理者が確認できます。ただし、サイト自体が既に新しい機能にアップグレードされているため、これは本当のプレビューではありません。したがって、一部の Web パーツなどの要素は正しく表示されません。Visual upgrade in SharePoint 2010 Products lets site owners and administrators see what their site would be like in the new user interface. However, it is not a true preview because the site itself has already been upgraded to the new functionality. Consequently, some Web Parts or other elements do not display correctly.

SharePoint 2013では、SharePoint 2010 モードと SharePoint 2013 モードの両方のサイトをホストできます。以下の要素の SharePoint 2010 バージョンと SharePoint 2013 バージョンの両方がインストールに含まれています。SharePoint 2013 can host sites in both SharePoint 2010 and SharePoint 2013 modes. The installation contains both SharePoint 2010 and SharePoint 2013 versions of the following types of elements:

  • 機能、サイト テンプレート、サイト定義、Web パーツFeatures, site templates, site definitions, and Web Parts

    ファイル システムのディレクトリは、次のように 14 のパスと 15 のパスの両方に作られます。The directories on the file system are duplicated in both the 14 and 15 paths, for example:

    • Web Server Extensions/14/TEMPLATE/FeaturesWeb Server Extensions/14/TEMPLATE/Features

    • Web Server Extensions/15/TEMPLATE/FeaturesWeb Server Extensions/15/TEMPLATE/Features

  • IIS では、以下のディレクトリがサポートされます。IIS support directories:

    • _Layouts、_Layouts/15_Layouts, _Layouts/15

    • _ControlTemplates、_ControlTemplates/15_ControlTemplates, _ControlTemplates/15

  • ソリューションの展開 (従来のソリューションを 2010 モードで使用するため)Solution deployment, which lets legacy solutions work in 2010 mode

    既存の SharePoint 2010 製品 ソリューションを SharePoint 2013 に展開して、2010 のサイトで引き続き使用できます。通常は変更は一切不要です。Note that existing SharePoint 2010 Products solutions can be deployed to SharePoint 2013 and continue to function for 2010 sites, usually without requiring any changes.

これらのディレクトリを使用して、すべてのサイト コレクションがアップグレードできるようになるまで、アップグレードされていないサイトをアップグレードされた環境で引き続きホストできます。詳細については、「Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013」を参照してください。Because of these directories, you can continue hosting unupgraded sites in an upgraded environment until all site collections are ready to upgrade. For more information, see Plan for site collection upgrades in SharePoint 2013.

ULS 形式になったログ ファイルLog files now in ULS format

アップグレード、アップグレード エラー、およびサイト アップグレードの各ログ ファイルの形式が、統合ログ システム (ULS) 規約になり、より簡単に確認できるようになりました。詳細については、「SharePoint 2013 のデータベースのアップグレードを検証する」を参照してください。The format of the upgrade, upgrade error, and site upgrade log files now comply with the Unified Logging System (ULS) conventions for easier review. For more information, see Verify database upgrades in SharePoint 2013.