Skype for Business Server との相互運用のための CUCM の構成Configure CUCM for Interoperation with Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server と動作する CUCM を構成します。Summary: Configure CUCM to work with Skype for Business Server.

注意事項

この機能は、TCP を使用したトランクセットアップのみを使用して、Cisco Unified Communications Manager (CallManager または CUCM) バージョン 10.5 でテストされます。This capability is tested with Cisco Unified Communications Manager (CallManager, or CUCM) version 10.5 using Trunks setup over TCP only. 次に進む前に、CUCM 環境がこれらの条件を満たしていることを確認します。Verify that the CUCM environment meets these criteria before proceeding.

ここで説明する設定は、VIS を使用するように CUCM を構成する方法の例としてのみ使用されます。The settings described here are meant only as examples of how CUCM can be configured to work with a VIS. 代替 CUCM 機能のその他の設定や使用法も、同じ結果を得る目的で使用できます。Other settings and/or usages of alternate CUCM functionality could also be used to achieve the same result. 特定のシナリオに最適な構成に関する推奨事項は示されていません。No recommendation is implied as to the optimal configuration for a particular scenario.

VIS と相互運用するには、多くの CUCM 設定を確認または変更する必要があります。A number of CUCM settings need to be confirmed or changed for interoperation with the VIS. 必要な設定が見つからないのを避けるため、以下の手順に従ってください。Follow the procedures below in order to avoid missing required settings.

CUCM を構成するConfigure the CUCM

  1. CUCM にログインし、[Cisco Unified CM Administration- > Call Routing- > Class of Control- Partition] に移動 > します。Log in to CUCM and navigate to Cisco Unified CM Administration->Call Routing->Class of Control->Partition.

  2. [パーティション構成] 画面で、パーティション名と説明を入力し、[新規追加] を クリックしますIn the Partition Configuration screen, enter the partition name and description and click on Add New.

  3. [Cisco Unified CM Administration- > Call Routing- > Class of Control- Calling Search > Space] に移動します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->Call Routing->Class of Control->Calling Search Space.

  4. [Calling Search Space Configuration] 画面で、呼び出し元の検索スペースの名前を入力し、[Selected Partitions] に作成したパーティションの名前を入力します。In the Calling Search Space Configuration screen, enter the name for the calling search space, and in Selected Partitions, enter the name of the partition you just created. 完了したら 、[保存 ] をクリックします。Click Save when done.

  5. [Cisco Unified CM Administration- > System- > Security- > SIP Trunk Security Profile] に移動します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->System->Security->SIP Trunk Security Profile.

  6. [SIP トランク セキュリティ プロファイルの構成] 画面で、[SIP トランク セキュリティ プロファイル情報] オプションを次のように設定し、[新規追加] を クリックしますIn the SIP Trunk Security Profile Configuration screen, set the SIP Trunk Security Profile Information options as shown, and click on Add New.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    名前Name
    SfBVideoInterop_SecurityProfileSfBVideoInterop_SecurityProfile
    デバイス セキュリティ モードDevice Security Mode
    セキュリティで保護されていないNon Secure
    受信トランスポートの種類Incoming Transport Type
    TCP + UDPTCP + UDP
    送信トランスポートの種類Outgoing Transport Type
    TCPTCP
    受信ポートIncoming Port
    50605060
  7. [Cisco Unified CM Administration- > Device- > Device Settings- > SIP Profile] に移動します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->Device->Device Settings->SIP Profile.

  8. [SIP プロファイル構成] 画面で、[SIP プロファイル情報] オプションを次のように設定します。In the SIP Profile Configuration screen, set the SIP Profile Information options as shown.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    名前Name
    SfBVideoInterop_SIPProfileSfBVideoInterop_SIPProfile
    説明Description
    SfBVideoInterop_SIPProfileSfBVideoInterop_SIPProfile
  9. 同じ画面で、[SDP プロファイル情報] セクションまで下にスクロールします。On the same screen, scroll down to the SDP Profile Information section. [ 早期提供と 再招待] オプションの SDP セッション レベルの帯域幅修飾子は、既定で TIAS と AS に設定されています。The SDP Session-level Bandwidth Modifier for Early Offer and Re-invites option is set by default to TIAS and AS. このオプションを TIAS にのみ変更します。Change this option to TIAS only. このオプションを既定の設定のままにした場合、Skype for Business Server は SIP メッセージの帯域幅修飾子情報を理解しません。If you leave this option at its default setting, Skype for Business Server will not understand the bandwidth modifier information in the SIP message. TIAS は Transport Independent Application Specific を意味し、AS はアプリケーション固有を意味します。TIAS means Transport Independent Application Specific while AS means Application Specific. これらは RFC3890 で指定されている SIP オプションです。These are SIP options specified in RFC3890.

  10. 同じ画面で、さらに下にスクロールします。On the same screen, scroll down further. SIP プロファイルのトランク固有の構成で、音声通話とビデオ通話の早期提供サポートを選択し、必須 (必要に応じて MTP を挿入) オプションに設定します。Under the SIP Profile's Trunk Specific Configuration, select Early Offer Support for voice and video calls and set it to the Mandatory (insert MTP if needed) option. これにより、CUCM で早期オファーを使用して発信 SIP 通話を設定できます。This will enable CUCM to set up an outgoing SIP call with Early Offer. CUCM 8.5 以降の新機能の 1 つは、メディア終端ポイント (MTP) を必要とせず、早期オファーによる発信通話セットアップをサポートする点です。One new feature in CUCM 8.5 and beyond is that it supports outgoing call setup with Early Offer without requiring Media Termination Point (MTP).

  11. [SIP オプション ping] セクションで、[OPTIONS Ping を有効にして、サービスの種類が 'なし (既定)' のトランクの宛先の状態を監視する] チェック ボックスがオンになっています。Verify that in the SIP Options ping section, the box is checked next to "Enable OPTIONS Ping to monitor destination status for Trunks with Service Type 'None (Default)'."

  12. 完了したら、[新規追加] を クリックしますWhen you are finished, click on Add New.

  13. [Cisco Unified CM Administration- > Device- Trunk] に移動 > します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->Device->Trunk.

  14. デバイス プロトコルを SIP に設定し、[次へ] を 押しますSet the Device Protocol to SIP and press Next.

  15. [デバイス情報] で、デバイス名と説明 (おそらく SfBVideoInterop_SIPTrunk など) を設定し、メディア リソース グループの一覧を、適切なメディア リソースを含む MRGL に設定します。Under Device Information, Set the Device Name and Description (probably to something like SfBVideoInterop_SIPTrunk), and set the Media Resource Group List to an MRGL that contains the right media resources.

  16. さらに下にスクロールします。Scroll down further. ビデオ通話にメディア終端ポイント (MTP) は必要ありません 。まだオフにされていない場合は、オフにします。Media Termination Point (MTP) is not required for Video Calls, if it is not already unchecked, uncheck it. アクティブなすべての Unified CM ノードで実行するオプションをオンにしますCheck the option to Run on all active Unified CM Nodes. すべての CUCM ノードを Skype for Business Server 構成に追加する必要があります。Please note that you should add all CUCM nodes to the Skype for Business Server configuration.

  17. さらに下にスクロールします。Scroll down further. 次に示すように、[着信呼び出しと接続済みパーティの設定] オプションを設定します。Set the Inbound Calls and Connected Party Settings options as shown.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    Calling Search SpaceCalling Search Space
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
    AAR Calling Search SpaceAAR Calling Search Space
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
    接続されたパーティー変換 CSSConnected Party Transformation CSS
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
  18. さらに下にスクロールします。Scroll down further. SIP トランク構成の [SIP 情報の宛先] セクションで、VIS プールの FQDN またはプール内の個々の VIS サーバーの IP アドレスを指定します (複数のエントリを追加)。Under the SIP Information Destination section of the SIP Trunk configuration, specify the VIS Pool's FQDN or the IP address of individual VIS servers in the pool (adding multiple entries). [Destination Port] で、VIS が CUCM からの接続をリッスンしているポートを指定します (既定値は 6001 です)。In the Destination Port specify the Port that VIS is listening at for connections from CUCM (the default is 6001). また、次に示すように、前に作成した SIP トランク セキュリティ プロファイルと SIP プロファイルも指定します。Also specify the SIP Trunk security profile and SIP profile you created earlier, as shown.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    SIP トランク セキュリティ プロファイルSIP Trunk Security Profile
    SfBVideoInterop_SecurityProfileSfBVideoInterop_SecurityProfile
    呼び出し元の検索スペースの再ルーティングRerouting Calling Search Space
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
    Out-of-Dialog Refer Calling Search SpaceOut-of-Dialog Refer Calling Search Space
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
    Subscribe Calling Search SpaceSubscribe Calling Search Space
    CSS_SfBVideoInteropCSS_SfBVideoInterop
    SIP プロファイルSIP Profile
    SfBVideoInterop_SIPProfileSfBVideoInterop_SIPProfile
    DTMF Signaling MethodDTMF Signaling Method
    RFC 2833RFC 2833
  19. さらに下にスクロールします。Scroll down further. システムに応じてレコーディング情報を設定します。Set the Recording Information as appropriate for your system. [なし] に設定したままで 問題ありませんIt's fine to leave it set to None.

  20. 完了したら、[新規追加] を クリックしますWhen you are finished, click on Add New.

  21. [Cisco Unified CM Administration- > Call Routing- > Route/Hunt- > Route Pattern] に移動します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->Call Routing->Route/Hunt->Route pattern.

  22. [ルート パターン構成] 画面で、以下に示すパターン定義パラメーターを入力します。In the Route Pattern Configuration screen, enter the Pattern definition parameters shown below. [呼び出し済みパーティ変換] セクションまで下にスクロールし、次に示すようにマスクを設定し、完了したら [新規追加] をクリック します。Scroll down to the Called Party Transformations section and set the mask as shown, and then click on Add New when finished.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    ルート パターンRoute Pattern
    77799997779999
    ルート パーティションRoute Partition
    SfBVideoInterop_RoutePartitionSfBVideoInterop_RoutePartition
    説明Description
    SfBVideoInterop のパーティションPartition for SfBVideoInterop
    ゲートウェイ/ルート一覧Gateway/Route List
    SfBVideoInterop_SIPTrunkSfBVideoInterop_SIPTrunk
    呼び出されたパーティー変換マスクCalled Party Transform Mask
    +14257779999+14257779999
  23. [Cisco Unified CM Administration- > Call Routing- > SIP Route Pattern] に移動します。Navigate to Cisco Unified CM Administration->Call Routing->SIP Route Pattern.

  24. [SIP ルート パターン構成] 画面で、パターン定義オプションを次のように設定し、[新規追加] をクリックしますIn the SIP Route Pattern Configuration screen, set the Pattern Definition options as shown, and click on Add New.

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    パターンの使用Pattern Usage
    ドメイン ルーティングDomain Routing
    IPv4 パターンIPv4 Pattern
    contoso.com (IPv6 を使用する場合は空白のままにします)contoso.com (leave blank if using IPv6)
    IPv6 パターンIPv6 Pattern
    contoso.com (IPv4 を使用する場合は空白のままにします)contoso.com (leave blank if using IPv4)
    説明Description
    MEDIARV への SIPRoute パターンSIPRoute Pattern to mediarv
    ルート パーティションRoute Partition
    SfBVideoInterop_RoutePartitionSfBVideoInterop_RoutePartition
    SIP トランク/ルート一覧SIP Trunk/Route List
    SfBVideoInterop_SIPTrunkSfBVideoInterop_SIPTrunk
    [ブロック パターン] チェック ボックスBlock Pattern checkbox
    オフのままにするleave unchecked
  25. オーディオまたはビデオのビット レートを既定の設定から変更した場合は、既定値に戻す必要があります。If you have changed the audio or video bit rates from the default settings, you will need to return them to the defaults. 音声ビデオ通話のビット レートを設定するには、[Cisco Unified CM Administration- > System- > Region Information- Region] に移動 > します。To set the bit rate for Audio/Video calls, navigate to Cisco Unified CM Administration->System->Region Information->Region. 参照用の既定値を以下に示します。The defaults are shown below for reference:

    パラメーターParameter 推奨される設定値Recommended setting
    RegionRegion
    既定値Default
    オーディオ コーデックの基本設定の一覧Audio Codec Preference List
    システムの既定値System Default
    最大オーディオ ビット レートMaximum Audio Bit Rate
    64 kbps (G.722、G.711)64 kbps (G.722, G.711)
    ビデオ通話の最大セッション ビット レートMaximum Session Bit Rate for Video Calls
    200000 kbps200000 kbps
    最大セッション ビット レートMaximum Session Bit Rate
    2000000000 kbps2000000000 kbps

この時点で、CUCM ビデオ ゲートウェイは VIS を使用するように構成されています。At this point the CUCM video gateway is configured to work with the VIS. 対応する構成は、統合する各 VTC で行う必要があります。Corresponding configuration will need to be done on each VTC you wish to integrate.

注意

回復性を向上させるために、この CUCM ゲートウェイが 2 つ目のビデオ相互運用サーバーまたは VIS プールで動作する構成が必要になる場合があります。To improve resiliency, you may want to configure this CUCM gateway to work with a second Video Interop Server or VIS pool. 詳細 については、「復元メカニズム」 を参照してください。See Resiliency mechanisms for more information.

関連項目See also

Skype for Business Server との相互運用のための VTC の構成Configure a VTC for Interoperation with Skype for Business Server