Skype for Business Server でビデオ相互運用サーバーを構成するConfigure the Video Interop Server in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server でビデオ相互運用サーバー (VIS) の役割を構成します。Summary: Configure the Video Interop Server (VIS) role in Skype for Business Server.

VIS がビデオ トランクに関連付ける設定を構成するには、次のWindows PowerShell。Configure the settings that the VIS will associate with video trunks using Windows PowerShell. グローバル スコープを持つビデオ トランク構成は、VIS サービスがインストールされると作成されます。A video trunk configuration with global scope is created once the VIS service is installed. このビデオ トランク構成は、VIS によって、より具体的なスコープを持つビデオ トランク構成を持たないすべてのトランクに適用されます。This video trunk configuration is applied by the VIS to all trunks which do not have video trunk configuration with a more specific scope. ビデオ トランク構成は、ビデオ トランクに適用可能な設定のコレクションです。Note that the video trunk configuration is a collection of settings that is applicable to video trunks.

ビデオ トランクとダイヤル プランを構成するConfigure video trunk and dial plan

次の Windows PowerShell コマンドを使用して、VIS とすべてのビデオ ゲートウェイの間のトポロジ ドキュメントで定義された新しく定義されたトランクに関連付けられるビデオ トランク構成とダイヤル プランを指定します。Use the following Windows PowerShell commands to specify the video trunk configuration and dial plan to be associated with the newly defined trunk(s) defined in the Topology Document between the VIS and all Video Gateways. これらの設定はすべて、グローバル、サイト、またはサービス (ビデオ ゲートウェイ) レベルで設定できます。All these settings can be set at the Global, Site, or service (Video Gateway) levels.

グローバル スコープを持つダイヤル プランは、Skype for Business Server 展開ごとに作成されます。A dial plan with global scope is created per Skype for Business Server deployment. このダイヤル プランは、VIS によって、より具体的なスコープを持つダイヤル プランを持たないすべてのトランクに適用されます。This dial plan is applied by VIS to all trunks which do not have any dial plan with more specific scope.

次のコマンドを使用して VIS をWindows PowerShellConfigure the VIS using Windows PowerShell

  1. 次の Windows PowerShell コマンドレットを使用して、VIS と Cisco Unified Communications Manager (CallManager、または CUCM) の間のトランクで使用する新しいビデオ トランク構成 (設定のコレクション) を作成します。Create a new video trunk configuration (a collection of settings) to use on the trunk between the VIS and Cisco Unified Communications Manager (CallManager, or CUCM), using the following Windows PowerShell cmdlet:

    New-CsVideoTrunkConfiguration -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com" -GatewaySendsRtcpForActiveCalls $false -GatewaySendsRtcpForCallsOnHold $false -EnableMediaEncryptionForSipOverTls $true(or $false)
    

    既存のビデオ トランクを変更する必要がある場合は、次のコマンドレットをWindows PowerShellします。If there is an existing video trunk that needs to be modified, use the following Windows PowerShell cmdlet:

    Set-CsVideoTrunkConfiguration -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com" -GatewaySendsRtcpForActiveCalls $false -GatewaySendsRtcpForCallsOnHold $false -EnableMediaEncryptionForSipOverTls  $true(or $false)
    

    特定のビデオ トランク構成に関連付けられている設定を表示するには、次のコマンドレットをWindows PowerShellします。To view the settings associated with a particular video trunk configuration, use the following Windows PowerShell cmdlet:

    Get-CsVideoTrunkConfiguration -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com"
    

    特定のビデオ トランク構成を削除するには、次の Windows PowerShell コマンドレットを使用します (特定のトランクに対して、より具体的にスコープが設定されたビデオ トランク構成が設定されていない場合は、グローバルスコープのビデオ トランク構成が適用されます)。To remove a particular video trunk configuration, use the following Windows PowerShell cmdlet (note that the globally scoped video trunk configuration will be applied if there is not a more specifically scoped video trunk configuration for a particular trunk):

    Remove-CsVideoTrunkConfiguration -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com"
    
  2. 次のコマンドレットを使用して、トランクに関連付けるダイヤル Windows PowerShellします。Establish a dial plan to associate with the trunk, using the following Windows PowerShell cmdlets:

    New-CsDialPlan -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com" -SimpleName "TrunkTestDialPlan" 
    New-CsVoiceNormalizationRule -Identity "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com/SevenDigitRule" -Pattern '^(\d{7})$' -Translation '+1425$1' 
    Get-CsDialPlan -Identity "Service:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com"
    Remove-CsVoiceNormalizationRule -Identity  "Service:VideoGateway:CUCMVIS1.CUCMInterop.contoso.com/Keep All"
    

Remove-CsVoiceNormalizationRule コマンドは、想定される VIS および CUCM の操作を妨げる既定のルールを上書きするために必要です。The Remove-CsVoiceNormalizationRule command is needed to override a default rule that will interfere with the expected VIS and CUCM interaction.

注意

Remove-CsDialPlan を使用してダイヤル プランを削除できます。Remove-CsDialPlan can be used to remove a dial plan.

要求 URI に E.164 以外の番号が含まれるビデオ ゲートウェイからのビデオ SIP トランク通話の場合、VIS は関連付けられたトランクに関連付けられたダイヤル プランの名前を読み取り、VIS がフロント エンドに送信する招待の要求 URI の電話コンテキスト部分にダイヤル プラン名を含める必要があります。For a video SIP Trunk call from a Video Gateway whose Request URI contains a non-E.164 number, VIS will read the name of the dial plan associated with the associated trunk, and will include the dial plan name in the phone context part of the Request URI in the Invite that VIS sends to the Front End. 次に、フロント エンドの変換アプリケーションは、ダイヤル プランに関連付けられている正規化ルールを抽出し、要求 URI に適用します。The Translation Application on the Front End then extracts and applies the normalization rules associated with the dial plan to the Request URI.

トランク構成オプションTrunk configuration options

前述Windows PowerShellビデオ トランク構成のコマンドレットは、Skype for Business Server 2015 では新しく追加されたコマンドレットです。The Windows PowerShell cmdlets for video trunk configuration mentioned previously were new to Skype for Business Server 2015. ビデオ トランク構成に関連付けられている設定については、簡単な説明が必要です。The settings associated with video trunk configuration require a brief explanation.

GatewaySendsRtcpForActiveCalls このパラメーターは、RTCP パケットを VTC からアクティブな呼び出しの VIS に送信するかどうかを決定します。GatewaySendsRtcpForActiveCalls This parameter determines whether RTCP packets are sent from the VTC to the VIS for active calls. この文脈でアクティブな通話とは、メディアが少なくとも一方向へのフローを許可されている通話のことです。An active call in this context is a call where media is allowed to flow in at least one direction. GatewaySendsRtcpForActiveCalls が True に設定されている場合、30 秒を超える期間 RTCP パケットを受信しない場合、VIS は呼び出しを終了できます。If GatewaySendsRtcpForActiveCalls is set to True, VIS can terminate a call if it does not receive RTCP packets for a period exceeding 30 seconds. 既定では True ですThe default is True.

GatewaySendsRtcpForCallsOnHold このパラメーターは、保留にされた通話に対して RTCP パケットがトランクを通して送信され続けるかどうか、およびメディア パケットがどちらの方向にもフローしないか決定します。GatewaySendsRtcpForCallsOnHold This parameter determines whether RTCP packets continue to be sent across the trunk for calls that have been placed on hold and no media packets are expected to flow in either direction. 呼び出しが保留の間に VTC から VIS に流れる RTCP パケットがない場合、VIS は通話を終了できます。VIS can terminate the call, if there are no RTCP packets flowing from the VTC to VIS while the call is on Hold. 既定では True ですThe default is True. SIPTransport プロトコルが TCP に設定されている場合、この設定は無視されます。When the SIPTransport protocol is set to TCP, this setting is ignored.

EnableMediaEncryptionForSipOverTls このパラメーターは、SIPTransport プロトコルが TLS に設定されている場合にメディアの SRTP を有効または無効にします。EnableMediaEncryptionForSipOverTls This parameter enables or disables SRTP for media when the SIPTransport protocol is set to TLS. 既定では True ですThe default is True. SIPTransport プロトコルが TCP に設定されている場合、この設定は無視されます。When the SIPTransport protocol is set to TCP, this setting is ignored.

EnableSessionTimer このパラメーターは、ビデオ SIP トランクに関連付けられた各 SIP ダイアログの VIS 側のセッション タイマーを有効または無効にします。EnableSessionTimer This parameter enables or disables session timers on the VIS side for each SIP dialog associated with the video SIP trunk. 既定値は False です。The default is False.

ForwardErrorCorrectionType このパラメーターは、ビデオ ストリームの前方エラー訂正 (FEC) がビデオ相互運用サーバーとビデオ ゲートウェイの間の脚に適用されるかどうかを判断するために使用します。ForwardErrorCorrectionType This parameter is used to determine if Forward Error Correction (FEC) for video streams is to be applied on the leg between the Video Interop Server and a Video Gateway. ForwardErrorCorrectionType を "None" に設定すると、VIS とビデオ ゲートウェイ/VTC の間の FEC が無効になります。Setting ForwardErrorCorrectionType to "None" turns off FEC between VIS and Video Gateway/VTC. ForwardErrorCorrectionType を "Cisco" に設定すると、Cisco Unified Communications Manager (CUCM) などの Cisco によるビデオ ゲートウェイと FEC との互換性が有効になります。Setting ForwardErrorCorrectionType to "Cisco" enables FEC compatible with Video Gateways by Cisco, such as Cisco Unified Communications Manager (CUCM). 既定値は [なし] です。The default is None.

関連項目See also

Skype for Business Server との相互運用のための CUCM の構成Configure CUCM for Interoperation with Skype for Business Server