Skype for Business Server と Exchange Server の移行の計画Plan for Skype for Business Server and Exchange Server migration

このトピックでは、既存の Skype for Business Server または Exchange Server の展開を Exchange Online に移行する場合に考慮する必要がある事項について説明します。This topic covers what you need to consider when you decide to migrate your existing Skype for Business Server or Exchange Server deployments to Exchange Online. 移行できる対象は、組織内で既にセットアップされているものによって大きく異なります。What you can migrate, and when, heavily depends on what you've already got set up in your organization.

Exchange 2019 および Skype for Business Server 2019 での機能の変更点Feature changes in Exchange 2019 and Skype for Business Server 2019

Exchange 2019 と Skype for Business Server 2019 では、サポートされている機能にいくつかの変更を加えています。With Exchange 2019 and Skype for Business Server 2019, we're making some changes to the features we support.

Exchange 2019 でのユニファイドメッセージングのサポートUnified Messaging support in Exchange 2019

ユニファイドメッセージング (UM) は、Exchange 2019 で廃止されました。Unified Messaging (UM) has been deprecated in Exchange 2019. これは、Exchange 2019 が次の機能を提供しなくなったことを意味します。This means that Exchange 2019 no longer offers the following features:

  • ボイスメールVoicemail
  • 自動応答Auto attendant

Exchange 2013 または exchange 2016 の UM サービスに UM の役割を展開し、Exchange 2019 にアップグレードする場合は、ボイスメールを Microsoft 365 または Office 365 の Microsoft クラウドボイスメールサービスに移行する必要があります。If you've deployed the UM role in Exchange 2013 or the UM service in Exchange 2016 and you want to upgrade to Exchange 2019, you'll need to migrate your voicemail to the Microsoft Cloud Voicemail service in Microsoft 365 or Office 365. ボイスメールをクラウドボイスメールに移行する場合は、以下の「 exchange 2013/exchange 2016 And skype For business 2015 To exchange 2019 And skype for business 2019」セクションを参照してください。If you want to migrate your voicemail to Cloud Voicemail, take a look at the Exchange 2013/Exchange 2016 and Skype for Business 2015 to Exchange 2019 and Skype for Business 2019 section below.

重要

Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーのユーザーが UM が有効なメールボックスを持っている場合は、Skype for business サーバーを Skype for business Server の2019にアップグレードし、ユーザーをそれらのサーバーに移動してボイスメッセージングが停止しないようにする前に、exchange 2019 に移行しないでください。If users on your Exchange 2013 or Exchange 2016 servers have UM-enabled mailboxes, don't move them to Exchange 2019 before you upgrade your Skype for Business servers to Skype for Business Server 2019 and move users to them to avoid a voice messaging outage.

Exchange 2019 および Skype for Business Server 2019 での PBX のサポートPBX support in Exchange 2019 and Skype for Business Server 2019

クラウドボイスメールは、構内交換機 (Pbx) に対してボイスメッセージング機能を提供しません。Cloud Voicemail doesn't provide voice messaging functionality to Private Branch Exchanges (PBXs). Pbx 用に Exchange Server ユニファイドメッセージングを使用していて、Exchange Server 2019 にアップグレードする場合は、「ブログ投稿の新開始日」に記載されている3つのオプションのいずれかを使用して、exchange Online ユニファイドメッセージングの「中止 support For Session Border Controllers in Exchange Team blog」をご覧ください。If you're using Exchange Server Unified Messaging for PBXs and you want to upgrade to Exchange Server 2019, you'll need to adopt one of the three options listed in the blog post New date for discontinuation of support for Session Border Controllers in Exchange Online Unified Messaging on the Exchange Team Blog.

Skype for Business Server 2019 での Exchange Online UM のサポートExchange Online UM support in Skype for Business Server 2019

Skype for Business Server 2019 では、Exchange Online UM からクラウドボイスメールに移行しています。With Skype for Business Server 2019, we're moving from Exchange Online UM to Cloud Voicemail. ユーザーが Skype for Business 2019 サーバーに移動すると、ホスト型ボイスメール用に構成されている場合、クラウドボイスメールの使用が自動的に開始されます。When a user is moved to a Skype for Business 2019 server, they'll automatically start using Cloud Voicemail when configured for hosted voicemail. 現在 Exchange Online UM を使用している場合、クラウドボイスメールの使用を開始するには、ユーザーを Skype for Business Server 2019 に移動する以外に行う必要はありません。If you're currently using Exchange Online UM, you don't need to do anything other than move a user to Skype for Business Server 2019 to start using Cloud Voicemail. ただし、認識しておく必要がある機能にはいくつかの変更があります。However, there are some changes to functionality you need to be aware of:

  • 組織の自動応答は、Exchange Online UM の自動応答に代わるものです。Organizational Auto Attendant is the replacement for auto attendant in Exchange Online UM.
  • Web 上の Outlook でのユーザーボイスメールの設定は、クラウドボイスメールには適用されません。User voicemail settings in Outlook on the Web don't apply to Cloud Voicemail.

オンプレミスの UM 移行シナリオOn-premises UM migration scenarios

ユーザーを Exchange 2019 とクラウドボイスメールの両方に移行できるようにする次のシナリオをサポートしています。We support the following scenarios that will enable you to migrate users both to Exchange 2019 and to Cloud Voicemail.

  • Exchange 2013/Exchange 2016 および Skype for Business Server 2015 から Exchange 2019 および Skype for business Server 2019Exchange 2013/Exchange 2016 and Skype for Business Server 2015 to Exchange 2019 and Skype for Business Server 2019
  • Skype for business Server 2015 から Skype for business Server 2019 (Exchange 2013/Exchange 2016)Skype for Business Server 2015 to Skype for Business Server 2019 with Exchange 2013/Exchange 2016

次のシナリオでは、現在の展開の一部として PBX または SBC 構成が存在しないこと、およびオンプレミスの Exchange サーバーで UM が構成されていることを前提としています。The following scenarios require that no PBX or SBC configurations exist as part of your current deployment and assume that you have UM configured on your on-premises Exchange servers. これらの各ソリューションは、オンプレミスの Skype for Business サーバーと Microsoft 365 または Office 365 間のハイブリッド展開の構成を決定したことも前提としています。Each of these solutions also assumes that you've decided to configure a hybrid deployment between your on-premises Skype for Business servers and Microsoft 365 or Office 365. Skype for Business ハイブリッド展開の詳細については、「 Plan hybrid connectivity」を参照してください。For more information about Skype for Business hybrid deployments, see Plan hybrid connectivity.

Exchange 2013/Exchange 2016 および Skype for Business 2015 から Exchange 2019 および Skype for business 2019Exchange 2013/Exchange 2016 and Skype for Business 2015 to Exchange 2019 and Skype for Business 2019

このシナリオでは、既存の Exchange 2013、Exchange 2016、および Skype for business の2015サーバーを Exchange 2019 と Skype for Business の2019に移行します。In this scenario, you want to migrate your existing Exchange 2013, Exchange 2016, and Skype for Business 2015 servers to Exchange 2019 and Skype for Business 2019.

このトピックで前述したように、Exchange 2019 には UM サービスは含まれなくなりました。As mentioned earlier in this topic, Exchange 2019 no longer includes the UM service. これは、Exchange 2019 に移行するすべてのメールボックスに対して、UM サービスによって提供された機能をクラウドボイスメールを使用して置き換える必要があることを意味します。This means that, for any mailboxes that you want to move to Exchange 2019, you need to use Cloud Voicemail to replace the functionality that was provided by the UM service. Skype for Business Server 2019 および Microsoft 365 または Office 365 の間でハイブリッド展開を設定すると、これらの Exchange UM ボイスメールサービスがクラウドボイスメールに置き換えられます。When you set up Skype for Business Server 2019 and a hybrid deployment between it and Microsoft 365 or Office 365, Cloud Voicemail replaces these Exchange UM voicemail services.

ボイスメール機能をすべてのユーザーが引き続き利用できるようにするには、ユーザーを Exchange 2019 および Skype for Business Server 2019 に移動する順序が重要です。The order in which you move users to Exchange 2019 and Skype for Business Server 2019 is critical to ensuring that voicemail functionality remains available to all users. また、ボイスメールが処理される場所は、Exchange と Skype for Business のメールボックスとユーザーが配置されている場所によって決まります。Where voicemail is processed is also determined by where the Exchange and Skype for Business mailboxes and users are located. 次の表を参照して、Exchange と Skype for business サーバーのどの組み合わせがサポートされており、ボイスメールが処理されるかを確認します。Take a look at the following table to see which combinations of Exchange and Skype for Business Server are supported and where voicemail is processed.

メールボックスの場所:Mailbox located on: Skype for Business Server 2015 にあるユーザーUser located on Skype for Business Server 2015 Skype for Business Server 2019 にあるユーザーUser located on Skype for Business Server 2019
Exchange 2013/Exchange 2016Exchange 2013/Exchange 2016 Exchange UMExchange UM Exchange UMExchange UM
Exchange 2019Exchange 2019 非サポートNot supported クラウド ボイスメールCloud Voicemail

Skype for Business Server 2019 および Exchange 2019 への移行を開始する前に、次の点に注意してください。Before you start your migration to Skype for Business Server 2019 and Exchange 2019, keep the following in mind:

  • クラウドボイスメールは、GA 時に組織の自動応答をサポートしません。Cloud voicemail doesn't support Organizational Auto Attendant at GA. クラウドボイスメールに移動されたメールボックスを引き続き自動応答で利用できるようにする場合は、UM の役割またはサービスを実行している Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーを少なくとも1つ保持する必要があります。If you want mailboxes moved to Cloud Voicemail to continue to be available via auto attendant, you'll need to keep at least one Exchange 2013 or Exchange 2016 server running the UM role or service available.
  • Exchange 2019 にメールボックスを移動する前に、少なくとも1つの Skype for Business 2019 server をセットアップ し、 ユーザーをそのサーバーに移動する必要があります。You need to set up at least one Skype for Business 2019 server and move users to that server before you move their mailboxes to Exchange 2019. そうしないと、それらのメールボックスはボイスメールメッセージを受信できなくなります。Failing to do so will result in those mailboxes being unable to receive voicemail messages.
  • ボイスメールに送信された通話は、記録されるクラウドボイスメールに転送されます。Calls sent to voicemail will be transferred to Cloud Voicemail where they will be recorded. 通話が終了すると、ボイスメールメッセージは社内 Exchange 2019 サーバー上の受信者のメールボックスに送信されます。After the call has ended, the voicemail message will be sent to the recipient's mailbox on the on-premises Exchange 2019 server. クラウドボイスメールをサポートするのにインターネット接続が十分であるかどうかを判断するには、この音声トラフィックを考慮する必要があります。You need to take this voice traffic into account when determining whether your Internet connectivity is sufficient to support Cloud Voicemail.

この移行を完了するための大まかな手順は次のとおりです。Here are the high-level steps to complete this migration.

  1. 新しいサーバーに Skype for Business Server 2019 をインストールして構成します。Install and configure Skype for Business Server 2019 on a new server.

  2. 新しい Skype for Business 2019 サーバーが含まれるように、ハイブリッド展開の構成を更新します。Update your hybrid deployment configuration to include the new Skype for Business 2019 server.

  3. Exchange Server 2019 を新しいサーバーにインストールして構成します。Install and configure Exchange Server 2019 on a new server.

  4. Skype for business 2015 サーバーから Skype for Business 2019 サーバーにユーザーを移動します。Move users from your Skype for Business 2015 server to your Skype for Business 2019 server.

  5. クラウドボイスメールを使用するには、Skype for Business Server 2019 に移動された各ユーザーのホストボイスメールポリシーを設定します。Set the hosted voicemail policy for each user moved to Skype for Business Server 2019 to use Cloud Voicemail.

  6. Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーから Exchange 2019 サーバーにメールボックスを移動します。Move mailboxes from your Exchange 2013 or Exchange 2016 server to your Exchange 2019 server.

  7. 前回ユーザーが移動した後、Skype for Business 2015 サーバーの使用を停止します。Decommission your Skype for Business 2015 servers after the last user has been moved off of them.

  8. 最後のメールボックスが移動された後、Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーの使用を停止します。Decommission your Exchange 2013 or Exchange 2016 servers after the last mailbox has been moved off of them.

    重要

    自動応答に依存している場合は、少なくとも1つの Exchange 2013 または Exchange 2016 を実行し、使用可能にしておきます。If you rely on an auto attendant, keep at least one Exchange 2013 or Exchange 2016 running and available.

Skype for business Server 2015 から Skype for business Server 2019 (Exchange 2013/Exchange 2016)Skype for Business Server 2015 to Skype for Business Server 2019 with Exchange 2013/Exchange 2016

このシナリオでは、既存の Skype for Business 2015 サーバーを Skype for Business Server 2019 に移行しますが、Exchange 2013 または Exchange 2016 上に保持します。In this scenario, you want to migrate your existing Skype for Business 2015 server to Skype for Business Server 2019 but remain on Exchange 2013 or Exchange 2016.

Skype for business Server 2015 と Skype for business Server 2019 が同じ組織に共存する場合、Exchange UM とクラウドボイスメールを使用して、ボイスメールが確実に Exchange メールボックスに配信されるようにします。When Skype for Business Server 2015 and Skype for Business Server 2019 coexist in the same organization, they work seamlessly with Exchange UM and Cloud Voicemail to ensure that voicemail is correctly delivered to Exchange mailboxes. Exchange UM またはクラウドボイスメールがボイスメールを処理するかどうかは、ユーザーが Skype for Business Server 2015 または Skype for Business Server 2019 上にあるかどうかによって決まります。Whether Exchange UM or Cloud Voicemail processes the voicemail depends on whether the user is located on Skype for Business Server 2015 or Skype for Business Server 2019:

  • ユーザーが Skype for Business Server 2015 上にある場合、Exchange UM はボイスメールメッセージを処理します。If a user is located on Skype for Business Server 2015, Exchange UM will process the voicemail message.
  • ユーザーが Skype for Business Server 2019 上にある場合、クラウドボイスメールはボイスメールメッセージを処理します。If a user is located on Skype for Business Server 2019, Cloud Voicemail will process the voicemail message.

Exchange UM またはクラウドボイスメールがボイスメールメッセージを処理するかどうかに関係なく、メッセージはユーザーの Exchange メールボックスに格納されます。Regardless of whether Exchange UM or Cloud Voicemail processes the voicemail message, the message will be stored in the user's Exchange mailbox.

Skype for Business Server 2019 への移行を開始する前に、次の点に注意してください。Before you start your migration to Skype for Business Server 2019, keep the following in mind:

  • クラウドボイスメールは、GA 時に組織の自動応答をサポートしません。Cloud voicemail doesn't support Organizational Auto Attendant at GA. クラウドボイスメールに移動されたメールボックスを引き続き自動応答で利用できるようにする場合は、UM の役割またはサービスを実行している Exchange 2013 または Exchange 2016 サーバーを少なくとも1つ保持する必要があります。If you want mailboxes moved to Cloud Voicemail to continue to be available via auto attendant, you'll need to keep at least one Exchange 2013 or Exchange 2016 server running the UM role or service available.
  • ボイスメールに送信された通話は、記録されるクラウドボイスメールに転送されます。Calls sent to voicemail will be transferred to Cloud Voicemail where they will be recorded. 通話が終了すると、ボイスメールメッセージは社内 Exchange サーバー上の受信者のメールボックスに送信されます。After the call has ended, the voicemail message will be sent to the recipient's mailbox on the on-premises Exchange server. クラウドボイスメールをサポートするのにインターネット接続が十分であるかどうかを判断するには、この音声トラフィックを考慮する必要があります。You need to take this voice traffic into account when determining whether your Internet connectivity is sufficient to support Cloud Voicemail.

この移行を完了するための大まかな手順は次のとおりです。Here are the high-level steps to complete this migration.

  1. 新しいサーバーに Skype for Business Server 2019 をインストールして構成します。Install and configure Skype for Business Server 2019 on a new server.

  2. 新しい Skype for Business 2019 サーバーが含まれるように、ハイブリッド展開の構成を更新します。Update your hybrid deployment configuration to include the new Skype for Business 2019 server.

  3. Skype for business 2015 サーバーから Skype for Business 2019 サーバーにユーザーを移動します。Move users from your Skype for Business 2015 server to your Skype for Business 2019 server.

  4. クラウドボイスメールを使用するには、Skype for Business Server 2019 に移動された各ユーザーのホストボイスメールポリシーを設定します。Set the hosted voicemail policy for each user moved to Skype for Business Server 2019 to use Cloud Voicemail.

  5. 前回ユーザーが移動した後、Skype for Business 2015 サーバーの使用を停止します。Decommission your Skype for Business 2015 servers after the last user has been moved off of them.

    重要

    自動応答に依存している場合は、少なくとも1つの Exchange 2013 または Exchange 2016 を実行し、使用可能にしておきます。If you rely on an auto attendant, keep at least one Exchange 2013 or Exchange 2016 running and available.