Skype for Business Server で Quality of Experience の設定を変更するModify Quality of Experience settings in Skype for Business Server

概要: Skype for Business Server で QoE データの保持を指定する方法について学習します。Summary: Learn how to specify retention of QoE data in Skype for Business Server.

既定では、QoE (Quality of Experience) データは 60 日後に削除されます。 [QoE データ] ページの設定を使用して、データの保持期間を延長または短縮できます。 QoE を無効にすると、QoE が有効化される前に取得されたデータも削除の対象になります。By default, Quality of Experience (QoE) data is purged after 60 days. You can use the settings on the Quality of Experience Data page to retain the data for a longer or shorter period of time. If you disable QoE, data that was captured before QoE was enabled will also be subject to purging.

注意

通話詳細記録 (CDR) と QoE のデータ保持日数は、同じ日数に構成する必要があります。[監視レポート] ホーム ページで入手できる、通話の詳細レポート (CDR) の通話ごとの情報には、CDR と QoE の情報が含まれています。削除間隔が CDR と QoE で異なると、CDR データしかない通話がある一方で、QoE データしかない通話があることになります。You should configure call detail recording (CDR) and QoE to retain data for the same number of days. Each call in the call detail reports (CDRs), available from the Monitoring Reports homepage, includes CDR and QoE information. If the purging duration for CDR and QoE is different, some calls may only include CDR data, while other may only include QoE data.

次の手順では、QoE データの削除設定を構成する方法について説明します。The following procedure describes how to configure purge settings for QoE data.

Skype for Business Server コントロール パネルを使用して QoE データの保持を指定するにはTo specify retention of QoE data by using Skype for Business Server Control Panel

  1. RTCUniversalServerAdmins グループのメンバーとして、または CsVoiceAdministrator、CsServerAdministrator、または CsAdministrator の役割のメンバーとしてコンピューターにログオンします。詳細については、「セットアップのアクセス許可の委任」を参照してください。Log on to the computer as a member of the RTCUniversalServerAdmins group, or as a member of the CsVoiceAdministrator, CsServerAdministrator, or CsAdministrator role. For details, see Delegate Setup Permissions.

  2. ブラウザー ウィンドウを開き、管理 URL を入力して Skype for Business Server コントロール パネルを開きます。Open a browser window, and then enter the Admin URL to open the Skype for Business Server Control Panel.

  3. 左側のナビゲーション バーで [監視とアーカイブ] をクリックし、[QoE データ] をクリックします。In the left navigation bar, click Monitoring and Archiving, and then click Quality of Experience Data.

  4. [QoE データ] ページで、表から該当するサイトをクリックして、[編集] をクリックし、[詳細の表示] をクリックします。On the Quality of Experience Data page, click the appropriate site from the table, click Edit, and then click Show Details.

  5. 削除を有効にするには、[QoE データの削除を有効にする] を選択します。To turn on purging, select Enable Purging of QoE.

  6. [QoE データを保持する最大期間 (日数)] で、QoE データを保持する必要のある最大日数を選択します。In Keep QoE for maximum duration (days) select the maximum number of days that QoE data should be retained.

  7. [確定] をクリックします。Click Commit.

サービス コマンドレットを使用して QoE Windows PowerShellを指定するSpecifying QoE Retention by Using Windows PowerShell Cmdlets

QoE 保持設定を作成するには、Windows PowerShell Set-CsQoEConfiguration コマンドレットを使用 します。You can create QoE retention settings by using Windows PowerShell and the Set-CsQoEConfiguration cmdlet. このコマンドレットは、Skype for Business Server 管理シェルまたは Skype for Business Server のリモート セッションから実行Windows PowerShell。You can run this cmdlet either from the Skype for Business Server Management Shell or from a remote session of Windows PowerShell. リモート Windows PowerShell を使用して Skype for Business Server に接続する方法の詳細については、ブログ記事「クイック スタート: リモート PowerShell を使用した Microsoft Lync Server 2010の管理」を参照してください。For details about using remote Windows PowerShell to connect to Skype for Business Server, see the blog article "Quick Start: Managing Microsoft Lync Server 2010 Using Remote PowerShell". プロセスは Skype for Business Server でも同じです。The process is the same in Skype for Business Server.

特定のロケーションに対して QoE の保持を指定するにはTo specify QoE retention for a specific location

  • このコマンドを実行すると、レドモンド サイトでの QoE データの削除が有効になり、QoE データを 20 日間保持するようにサイトが構成されます。This command enables purging of QoE data for the Redmond site, and configures the site to maintain QoE data for 20 days.

    Set-CsQoeConfiguration -Identity "site:Redmond" -EnablePurging -KeepQoEDataForDays 20
    

複数のロケーションに対して QoE の保持を指定するにはTo specify QoE retention for multiple locations

  • このコマンドを実行すると、組織で使用されているすべての QoE 構成設定で QoE の保持が構成されます。This command configures QoE retention for all the QoE configuration settings in use in an organization.

    Get-CsQoEConfiguration | Set-CsQoEConfiguration-EnablePurging -KeepQoEDataForDays 20
    

詳細については 、Set-CsQoEConfiguration コマンドレットのヘルプ トピックを参照してください。For more information, see the help topic for the Set-CsQoEConfiguration cmdlet.

関連項目See also

監視の展開Deploying Monitoring