Skype for Business Server での通話受付制御の計画Plan for call admission control in Skype for Business Server

通話受付制御について説明します。この機能を使うと、メディアの品質が悪い場合でも、Skype for Business Server Enterprise Voice で通話を発信できなくなる可能性があります。Learn about call admission control, which can prevent calls from taking place if they would have poor media quality, in Skype for Business Server Enterprise Voice.

テレフォニー、ビデオ、およびアプリケーション共有などの IP ベースのアプリケーションでは、通常、エンタープライズのネットワークで使用可能な帯域幅が LAN 環境内での制限因子とみなされることはありませんが、サイトを相互接続する WAN リンクではネットワーク帯域幅が制限される可能性があります。For IP-based applications such as telephony, video, and application sharing, the available bandwidth of enterprise networks is not generally considered to be a limiting factor within LAN environments. However, on WAN links that interconnect sites, network bandwidth can be limited.

ネットワーク トラフィックによって 1 つの WAN リンクが過剰に予約されると、輻輳を解決するため、キュー、バッファー、およびパケット ドロップなどの最新のメカニズムが使用されます。一般に、余分なトラフィックはネットワークの輻輳が緩和されるまで遅延され、必要であれば、そのトラフィックはドロップされます。そのような状況にある従来のデータ トラフィックの場合、受信側のクライアントは回復できます。ただし、統合コミュニケーションなどのリアルタイム トラフィックの場合は、ネットワークの輻輳をこの方法で解決することはできません。これは、統合コミュニケーションのトラフィックが遅延とパケット損失両方の影響を受けやすいからです。WAN で輻輳が発生すると、ユーザーの QoE (Quality of Experience) が低下します。輻輳状態のリアルタイム トラフィックの場合は、低品質での接続を提供するよりも、通話を拒否する方が適切です。When network traffic oversubscribes a WAN link, current mechanisms such as queuing, buffering, and packet dropping are used to resolve the congestion. The extra traffic is typically delayed until the network congestion eases or, if necessary, the traffic is dropped. For conventional data traffic in such situations, the receiving client can recover. However, for real-time traffic such as unified communications, network congestion cannot be resolved in this manner, because the unified communications traffic is sensitive to both latency and packet loss. Congestion on the WAN can result in a poor Quality of Experience (QoE) for users. For real-time traffic in congested conditions, it is actually better to deny calls than to provide connections with poor quality.

通話受付管理 (CAC) では、リアルタイム セッションを許容品質で確立するのに十分なネットワーク帯域幅があるかどうかを判断します。Call admission control (CAC) determines whether there is sufficient network bandwidth to establish a real-time session of acceptable quality. Skype for Business Server では、CAC はオーディオとビデオについてのみリアルタイムのトラフィックを制御しますが、データトラフィックには影響しません。In Skype for Business Server, CAC controls real-time traffic only for audio and video, but it does not affect data traffic. 既定の WAN パスで必要な帯域幅が確保されていない場合、CAC はインターネット パスまたは公衆交換電話網 (PSTN) を利用した通話のルーティングを試みることができます。If the default WAN path does not have the required bandwidth, CAC can attempt to route the call through an Internet path or the public switched telephone network (PSTN).

ここでは、通話受付管理機能と CAC の計画方法を説明します。This section describes the call admission control functionality and explains how to plan for CAC.

注意

Skype for Business Server には、通話受付制御 (CAC)、緊急サービス (E9)、メディアバイパスという3つの高度なエンタープライズ Voip 機能があります。Skype for Business Server has three advanced Enterprise Voice features: call admission control (CAC), emergency services (E9-1-1), and media bypass. これら3つの機能の計画情報の概要については、「 Skype For Business Server の高度なエンタープライズ voip 機能のネットワーク設定」を参照してください。For an overview of planning information that is common to all three of these features, see Network settings for the advanced Enterprise Voice features in Skype for Business Server.

Skype for Business Server の CAC 設計では、次の4つの主要な属性が用意されています。The CAC design in Skype for Business Server offers four main attributes:

  • 展開と管理が簡単であり、特別に構成されたルーターなど、追加の機器は不要です。It is simple to deploy and manage without requiring additional equipment, such as specially configured routers.

  • 移動ユーザーや複数の Multiple Point of Presence など、ユニファイド コミュニケーションの重要なユース ケースに対処します。CAC ポリシーは、ユーザーが所属する場所ではなく、エンドポイントが配置されている場所に基づいて適用されます。It addresses critical unified communications use cases, such as roaming users and multiple points of presence. CAC policies are enforced according to where the endpoint is located, not where the user is homed.

  • 音声通話に加えて、ビデオ通話や音声ビデオ会議セッションなどの、他のトラフィックにも適用できます。In addition to voice calls, it can be applied to other traffic, such as video calls and audio/video conferencing sessions.

  • 各種のネットワーク トポロジを柔軟に表示できます。Provides the flexibility to enable representation of various kinds of network topologies.

新しい音声セッションまたはビデオ セッションが WAN リンクに設定されている帯域幅制限を超えた場合、セッションはブロックされるか、(電話での通話のみ) PSTN に再ルーティングされます。If a new voice or video session exceeds the bandwidth limits that you have set on a WAN link, the session is either blocked or (for phone calls only) rerouted to the PSTN.

CAC では、音声とビデオのリアルタイムのトラフィックのみ制御します。データ トラフィックは制御しません。CAC controls real-time traffic for voice and video only. It does not control data traffic.

管理者は、各フロントエンドプールと共にインストールされる帯域幅ポリシーサービスによって適用される CAC ポリシーを定義します。Administrators define CAC policies, which are enforced by the Bandwidth Policy Service that is installed with every Front End pool. CAC の設定は、ネットワーク内のすべての Skype for Business Server フロントエンドサーバーに自動的に伝達されます。CAC settings are automatically propagated to all Skype for Business Server Front End Servers in your network.

CAC ポリシーのために失敗した通話では、通話を再ルーティングする優先順位は次のようになります。For calls that fail because of CAC policies, the order of precedence for rerouting the call is as follows:

  1. インターネットInternet

  2. PSTNPSTN

  3. ボイス メールVoice mail

通話詳細記録 (CDR) では、PSTN またはボイス メールに再ルーティングされた通話に関する情報を収集します。 CDR では、インターネットは 2 番目のオプションではなく代替パスとして扱われるため、インターネットに再ルーティングされた通話に関する情報は収集されません。Call detail recording (CDR) captures information about calls that are rerouted to the PSTN or to voice mail. CDR does not capture information about calls that are rerouted to the Internet, because the Internet is treated as an alternate path rather than a secondary option.

注意

ボイス メール デポジットは、帯域幅制限のために拒否されることはありません。Voice mail deposits will not be denied because of bandwidth constraints.

帯域幅ポリシー サービスは、CSV (コンマ区切り値) 形式で 2 種類のログ ファイルを生成します。[チェックの失敗] ログ ファイルには、帯域幅要求が拒否されたときの情報が収集されます。 [リンクの使用率] ログ ファイルには、ネットワーク トポロジのスナップショットと WAN リンクの帯域幅使用率が収集されます。これらの両方のログ ファイルは、使用率に基づいて CAC ポリシーを細かく調整するのに役立ちます。The Bandwidth Policy Service generates two types of log files in comma separated values (CSV) format. The check failures log file captures information when bandwidth requests are denied. The link utilization log file captures a snapshot of the network topology and the WAN link bandwidth utilization. Both of these log files can assist you in fine-tuning your CAC policies based on utilization.

通話受付管理に関する考慮事項Call Admission Control Considerations

管理者は、セントラルサイトで構成されている最初のプールに帯域幅ポリシーサービスをインストールすることを選択します。The administrator selects to install the Bandwidth Policy Service on the first pool configured in the central site. ネットワーク領域ごとに1つのセントラルサイトがあるため、1つのネットワーク地域につき1つの帯域幅ポリシーサービスしかありません。このサービスは、その地域の帯域幅ポリシー、関連サイト、それらのサイトへのリンクを管理します。Since there is a single central site per network region, there is only one Bandwidth Policy Service per network region, which manages bandwidth policy for that region, its associated sites and the links to those sites. 帯域幅ポリシーサービスはフロントエンドサーバーの一部として実行されるため、高可用性はそのプール内に組み込まれています。The Bandwidth Policy Service runs as part of the Front End Servers, and therefore high availability is built-in within that pool. 各フロントエンドサーバー上で実行されている帯域幅ポリシーサービスは、15秒ごとに同期されます。The Bandwidth Policy Service running on each Front End Server synchronizes every 15 seconds. フロントエンドプールに障害が発生した場合、そのサイトに対して CAC ポリシーは適用されません。これは、フロントエンドプールとその結果、帯域幅ポリシーサービスが再び動作することになります。If the Front End pool fails, CAC policies are no longer enforced for that site until the Front End pool and consequently the Bandwidth Policy Service becomes operational again. これは、帯域幅ポリシーサービスが機能しなくなるまで、すべての通話が継続することを意味します。This implies that all calls will go through for the duration the Bandwidth Policy Service is out of service. そのため、この期間中、お客さまのリンクの帯域幅オーバーサブスクリプションの可能性があります。Therefore there is the possibility of bandwidth oversubscription of your links during this period

帯域幅ポリシーサービスは、フロントエンドプール内で高可用性を実現します。ただし、フロントエンドプール間の冗長性は提供しません。The Bandwidth Policy Service provides high availability within a Front End pool; however, it does not provide redundancy across Front End pools. 帯域幅ポリシーサービスは、1つのフロントエンドプールへのフェールオーバーを行うことができません。The Bandwidth Policy Service cannot failover from one Front End pool to another. フロントエンドプールへのサービスが復元されると、帯域幅ポリシーサービスは再開され、帯域幅ポリシーのチェックをもう一度適用することができます。Once service to the Front End pool is restored, the Bandwidth Policy Service is resumed and can enforce bandwidth policy checks again.

ネットワークに関する考慮事項Network Considerations

オーディオおよびビデオの帯域幅制限は、Skype for Business Server の帯域幅ポリシーサービスによって適用されますが、この制限はネットワークルーター (レイヤー2と 3) では適用されません。Although bandwidth restriction for audio and video is enforced by the Bandwidth Policy Service in Skype for Business Server, this restriction is not enforced at the network router (layer 2 and 3). CAC では、CAC ポリシーによって音声とビデオに予約されている帯域幅を含め、データ アプリケーションによって WAN リンク上の全体的なネットワーク帯域幅が使用されないようにすることはできません。CAC cannot prevent a data application, for example, from consuming the entire network bandwidth on a WAN link, including the bandwidth that is reserved for audio and video by your CAC policy. ネットワーク上の必要な帯域幅を保護するために、Differentiated Services (DiffServ) などのサービスの品質 (QoS) プロトコルを展開できます。To protect the necessary bandwidth on your network, you can deploy a Quality of Service (QoS) protocol such as Differentiated Services (DiffServ). そのため、定義する CAC 帯域幅ポリシーと展開する QoS 設定を調整することをお勧めします。Therefore, a best practice is to coordinate the CAC bandwidth policies you define with any QoS settings that you might deploy.

VPN 経由のメディア パスと信号パスMedia and Signaling Paths over VPN

企業が VPN 経由のメディアをサポートする場合、メディア ストリームと信号ストリームの両方が VPN を通過するのか、または両方がインターネット経由でルーティングされるのかを確認します。 既定では、メディア ストリームと信号ストリームは VPN トンネルを通過します。If your enterprise supports media through VPN, ensure that either both the media stream and the signaling stream go through the VPN or both are routed through the internet. By default, the media and signaling streams go through the VPN tunnel.

外部ユーザーの通話受付管理Call Admission Control of Outside Users

通話受付制御は、Skype for Business Server 組織の制限を超えて強制されません。Call admission control is not enforced beyond the limits of the Skype for Business Server organization. CAC は、インターネットを通過するメディアトラフィックには適用できません。これは、Skype for Business Server によって管理されるものではありません。CAC cannot be applied to the media traffic traversing the Internet, which is not managed by Skype for Business Server. 着信したエンドポイントが組織に属している場合、または通話受付制御の説明に従ってネットワーク構成にエッジサーバーが追加されている場合、CAC のチェックは、エンタープライズネットワーク経由で流れる通話の一部に対して実行されます。 展開: Skype for Business Server の最終チェックリストCAC checks will be performed on the portion of the call that flows through the enterprise network if the called endpoint belongs to the organization, and the Edge Server has been added to the network configuration, as described in Call admission control deployment: final checklist for Skype for Business Server. フェデレーション ユーザーまたは PC ユーザーなど、呼び出しのエンドポイントが組織に所属していない場合は、帯域幅ポリシーの確認が実行されず、発信通話では CAC 制限が無視されます。If the called endpoint doesn't belong to the organization, such as a federated or PIC user, no bandwidth policy checks are performed and the outgoing call will ignore any CAC restrictions.

PSTN 接続の通話受付管理Call Admission Control of PSTN Connections

着信受付制御は、IP/PBX、PSTN ゲートウェイ、SIP トランクのいずれに接続されているかに関係なく、仲介サーバーで強制されます。Call admission control is enforceable on the Mediation Server regardless of whether it is connected to an IP/PBX, a PSTN gateway, or a SIP trunk. 仲介サーバーはバックツーバックユーザーエージェント (B2BUA) であるため、メディアを終了します。Because the Mediation Server is a back-to-back user agent (B2BUA), it terminates media. この2つの接続側には、Skype for Business Server に接続されている側と、PSTN ゲートウェイ、IP/Pbx、または SIP trunks に接続されているゲートウェイ側があります。It has two connection sides: a side that is connected to Skype for Business Server and a gateway side, which is connected to PSTN gateways, IP/PBXs, or SIP trunks. PSTN 接続の詳細については、「 Skype For Business Server での pstn 接続の計画」を参照してください。For details about PSTN connections, see Plan for PSTN connectivity in Skype for Business Server.

メディアのバイパスが有効になっていない限り、CAC は仲介サーバーの両面に適用できます。CAC can be enforced on both sides of the Mediation Server unless media bypass is enabled. メディアのバイパスが有効になっている場合、メディアトラフィックは仲介サーバーをスキャンせず、Skype for Business クライアントとゲートウェイの間で直接フローします。If media bypass is enabled, the media traffic doesn't traverse the Mediation Server but instead flows directly between the Skype for Business client and the gateway. この場合、CAC は不要です。In this case, CAC is not needed. 詳細については、「 Skype For business のメディアバイパスの計画」を参照してください。For details, see Plan for media bypass in Skype for Business.

次の図は、メディア バイパスが有効な場合と有効でない場合について、PSTN 接続に CAC がどのように適用されるのかを示しています。The following figure illustrates how CAC is enforced on PSTN connections with and without media bypass enabled.

PSTN 接続への通話受付管理の適用Call admission control enforcement on connections to the PSTN

音声 CAC メディア バイパス接続の適用

組織の通話受付管理サービス要件の定義Defining your requirements for call admission control

通話受付管理 (CAC) を計画するには、エンタープライズ ネットワーク トポロジに関する詳細な情報が必要です。通話受付管理ポリシーの計画を容易にするために、次の手順を実行します。Planning for call admission control (CAC) requires detailed information about your enterprise network topology. To help plan your call admission control policies, follow these steps.

  1. エンタープライズ ネットワーク内のハブ/バックボーン (ネットワーク地域) を特定します。Identify the hubs/backbones (called network regions) within your enterprise network.

  2. 各ネットワーク地域内のオフィスまたは拠点 (ネットワーク サイト) を特定します。Identify the offices or locations (called network sites) within each network region.

  3. ネットワーク地域の各ペア間のネットワーク ルートを決定します。Determine the network route between every pair of network regions.

  4. 各 WAN リンクの帯域幅制限を決定します。Determine the bandwidth limits for each WAN link.

    注意

    帯域幅の制限は、WAN リンク上の帯域幅のうち、エンタープライズボイスと音声/ビデオのトラフィックにどの程度割り当てられているかを示しています。Bandwidth limits refer to how much of the bandwidth on a WAN link is allocated to Enterprise Voice and audio/video traffic. WAN リンクに "帯域幅の制約があります" と説明されている場合は、WAN リンクの帯域幅の制限が、リンク上で予想されるピークトラフィックより低いものになります。When a WAN link is described as "bandwidth-constrained," the WAN link has a bandwidth limit that is lower than the expected peak traffic over the link.

  5. 各ネットワーク サイトに割り当てる IP サブネットを特定します。Identify the IP subnets that are assigned to each network site.

これらの概念について説明するために、次の図に示すネットワークトポロジの例を使用します。To explain these concepts, we'll use the example network topology shown in the following figure.

通話受付管理のトポロジの例Example topology for call admission control

Litware Inc. のネットワーク トポロジの例

注意

すべてのネットワーク サイトはネットワーク地域に関連付けられています。たとえば、ポートランド、リノ、およびアルバカーキは北アメリカ地域に含まれています。この図には、帯域幅制限があり、CAC ポリシーが適用されている WAN リンクのみが示されています。シカゴ、ニューヨーク、デトロイトの各ネットワーク サイトは北アメリカ地域の楕円内に示されています。これらは帯域幅が制限されていないので、CAC ポリシーが不要であるためです。All network sites are associated with a network region. For example, Portland, Reno, and Albuquerque are included in the North America region. In this figure, only WAN links that have CAC policies applied are shown, with bandwidth limits. The network sites of Chicago, New York, and Detroit are shown inside the North America region oval because they are not bandwidth-constrained, and therefore do not require CAC policies.

このトポロジ例の各コンポーネントについて、以下のセクションで説明します。The components of this example topology are explained in the following sections. このトポロジが計画された方法 (帯域幅の制限など) について詳しくは、「例: Skype For Business Server での通話受付制御の要件を収集する」をご覧ください。For details about how this topology was planned, including the bandwidth limits, see Example: Gathering requirements for call admission control in Skype for Business Server.

ネットワーク地域の特定Identify Network Regions

ネットワーク地域とは、ネットワーク バックボーンまたはネットワーク ハブを示します。A network region represents a network backbone or a network hub.

ネットワークのバックボーンまたはハブは、ネットワークのさまざまな部分を相互接続するコンピューター ネットワーク インフラストラクチャの一部で、異なる LAN またはサブネット間で情報を交換するためのパスを提供します。バックボーンは、小さな地域から地理的に広範囲な地域までさまざまなネットワークを結合できます。通常、バックボーンの処理能力はバックボーンに接続するネットワークの処理能力よりも高くなっています。A network backbone or hub is a part of computer network infrastructure that interconnects different parts of the network, providing a path for the exchange of information between different LANs or subnets. A backbone can tie together diverse networks from a small location to a wide geographic area. The backbone's capacity is typically greater than that of the networks that connect to it.

このトポロジ例には、北アメリカ、EMEA、APAC の 3 つのネットワーク地域があります。ネットワーク地域には、一連のネットワーク サイト (このトピックで後述するネットワーク サイトの定義を参照) が含まれます。ネットワーク運用チームと連携してネットワーク地域を特定します。Our example topology has three network regions: North America, EMEA, and APAC. A network region contains a collection of network sites (see the definition of network sites later in this topic). Work with your network operations team to identify your network regions.

中央サイトと各ネットワーク地域の関連付けAssociating a Central Site with each Network Region

CAC では、Skype for Business Server セントラルサイトが各ネットワーク領域に対して定義されている必要があります。CAC requires that a Skype for Business Server central site is defined for each network region. 中央サイトは、そのネットワーク地域内の他のすべてのサイトへの最適なネットワーク接続と最高帯域幅に基づいて選択されます。The central site is selected with the best network connectivity and highest bandwidth to all the other sites within that network region. 前のネットワーク トポロジの例には 3 つのネットワーク地域が示されており、それぞれに CAC の決定を管理する中央サイトがあります。The preceding example of network topology shows three network regions, each with a central site that manages CAC decisions. 前の例の適切な関連付けを次の表に示します。From the preceding example, the appropriate association is shown in the following table.

注意

中央サイトは、ネットワーク サイトに必ずしも対応しているわけではありません。Central sites do not necessarily correspond to network sites. このドキュメントの例では、一部の中央サイト (シカゴ、ロンドン、北京) がネットワーク サイトと同じ名前になっています。In the examples in this documentation, some central sites—Chicago, London, and Beijing—share the same name as the network sites. ただし、セントラルサイトとネットワークサイトが同じ名前を共有している場合でも、セントラルサイトは Skype for Business Server トポロジの要素であり、ネットワークサイトは、Skype for Business Server トポロジが存在するネットワーク全体の一部です。However, even if a central site and network site share the same name, the central site is an element of the Skype for Business Server topology, whereas the network site is a part of the overall network in which the Skype for Business Server topology resides.

ネットワーク地域、中央サイト、およびネットワーク サイトNetwork regions, central sites, and network sites

ネットワーク地域Network Region セントラルサイトCentral Site ネットワーク サイトNetwork Sites
北アメリカNorth America
シカゴChicago
シカゴChicago
ニューヨークNew York
デトロイトDetroit
ポートランドPortland
リノReno
アルバカーキAlbuquerque
EMEAEMEA
ロンドンLondon
ロンドンLondon
ケルンCologne
APACAPAC
北京Beijing
北京Beijing
マニラManila

ネットワーク サイトの特定Identify Network Sites

ネットワーク サイトは、組織の物理的な現場 (オフィス、一連の建物、キャンパスなど) がある場所を表します。A network site represents a location where your organization has a physical venue—for example, offices, a set of buildings, or a campus. LAN 接続を使用し、他のサイトに WAN 接続された物理的な現場は、ネットワーク サイトと見なされます。A physical venue with a LAN and has WAN connectivity to other sites is considered a network site. まず、組織のすべてのオフィスのインベントリを作成します。Start by inventorying all of your organization's offices. このトポロジ例では、北アメリカ ネットワーク地域はニューヨーク、シカゴ、デトロイト、ポートランド、リノ、アルバカーキの各ネットワーク サイトで構成されています。In our example topology, the North America network region consists of the following network sites: New York, Chicago, Detroit, Portland, Reno, and Albuquerque.

すべてのネットワーク サイトをネットワーク地域に関連付ける必要があります。ネットワーク サイトの WAN リンクが制限されているかどうかに応じて、帯域幅ポリシーがネットワーク サイトに関連付けられます。CAC ポリシーと、CAC ポリシーを使用して割り当てる帯域幅の詳細については、このトピックで後述する「帯域幅ポリシーの定義」を参照してください。CAC を構成するには、ネットワーク サイトをネットワーク地域に関連付けます。次に、帯域幅割り当てポリシーを作成して、特定のサイトまたは地域間の帯域幅が制限された接続や、サイトと地域間の WAN 接続に適用します。You must associate every network site with a network region. Depending on whether the network site has a constrained WAN link, a bandwidth policy is associated with the network site. For details about CAC policies and the bandwidth that you allocate by using them, see "Define Bandwidth Policies" later in this topic. To configure CAC, you associate network sites with network regions, and then you create bandwidth-allocating policies to apply to the bandwidth-constrained connections between a given site or region and the WAN connections between the sites and regions.

ネットワーク リンクは、異なる地域やサイトにリンクする物理的な WAN への接続を表します。このトポロジの例には、地域のネットワーク リンクが 2 つ、地域とサイト間のネットワーク リンクが 5 つ、2 つのサイト間のネットワーク リンクが 1 つあります。Network links represent connections to the physical WAN that links different regions and sites. In our example topology, there are two regional network links, five network links between regions and sites, and one network link between two sites.

北アメリカと EMEA 間の地域リンクは NA-EMEA-LINK として、APAC と EMEA 間の地域リンクは EMEA-APAC-LINK として表されています。The two regional links are between North America and EMEA, represented as NA-EMEA-LINK, and between APAC and EMEA, represented as EMEA-APAC-LINK.

サイト リンクは、ポートランド、リノ、アルバカーキと北アメリカ地域、マニラと APAC 地域、およびケルンと EMEA 地域を接続する線で示されています。リノとアルバカーキ間の線は、これら 2 つのサイト間の直接のネットワーク リンクを表しています。The site links are indicated by the lines connecting Portland, Reno, and Albuquerque to the North America region, Manila to the APAC region, and Cologne to the EMEA region. The line between Reno and Albuquerque shows a direct network link between these two sites.

帯域幅ポリシーの定義Define Bandwidth Policies

ネットワーク運用チームと連携して、組織の WAN リンクでリアルタイムの音声/ビデオ トラフィックに使用できる WAN 帯域幅量を決定します。通常は、帯域幅使用量が制限される場合 (音声/ビデオ モダリティに割り当てることができる帯域幅よりも帯域幅使用量が多くなると予測される場合) に、帯域幅ポリシーが WAN リンクに適用されます。Work with your network operations team to determine how much WAN bandwidth is available for real-time audio and video traffic across the WAN links in your organization. Bandwidth policies are typically applied to WAN links if the bandwidth usage is constrained; that is, if it expected to be more than the bandwidth that can be allocated for audio and video modalities.

CAC 帯域幅ポリシーでは、リアルタイムの音声/ビデオ モダリティ用に予約できる最大帯域幅を定義します。CAC bandwidth policies define the maximum bandwidth that can be reserved for real-time audio and video modalities. CAC では他のトラフィックの帯域幅を制限しないため、サイズの大きいファイルの転送や音楽のストリーミングなどの他のデータ トラフィックによって、ネットワーク帯域幅がすべて使い果たされるのを防ぐことはできません。Since CAC does not limit the bandwidth of other traffic, it cannot prevent other data traffic such as a large file transfer, music streaming, from using up all of the network bandwidth.

CAC 帯域幅ポリシーでは、次のいずれかまたはすべてを定義できます。CAC bandwidth policies can define any or all of the following:

  • 音声に割り当てる最大合計帯域幅Maximum total bandwidth allocated for audio.

  • ビデオに割り当てる最大合計帯域幅Maximum total bandwidth allocated for video.

  • 1 つの音声通話 (セッション) に割り当てる最大帯域幅Maximum bandwidth allocated for a single audio call (session).

  • 1 つのビデオ通話 (セッション) に割り当てる最大帯域幅Maximum bandwidth allocated for a single video call (session).

注意

すべての CAC 帯域幅の値は、単方向の帯域幅制限の最大値を表します。All CAC bandwidth values represent the maximum unidirectional bandwidth limits.

注意

Skype for Business Server のボイスポリシー機能を使用すると、ユーザーによる着信通話に対して帯域幅ポリシーチェックを上書きする機能が提供されます (ユーザーによって送信された発信通話には適用されません)。The Skype for Business Server Voice Policy features provide the ability to override bandwidth policy checks for incoming calls to the user (not for outgoing calls that are placed by the user). セッションの確立後、使用帯域幅が正確に計上されます。After the session is established, the bandwidth consumption will be accurately accounted for. この設定は慎重に使用する必要があります。This setting should be used sparingly. 詳細については、「 Skype For business で音声ポリシーを作成または変更する」、「音声ポリシーを変更する」、「ボイスポリシーを変更する」、「展開ドキュメントでPstn 使用状況レコードを構成する」を参照してください。For details, see Create or modify a voice policy and configure PSTN usage records in Skype for Business or Modify a Voice Policy and Configure PSTN Usage Records in the Deployment documentation.

セッションあたりの帯域幅使用率を最適化するには、使用される音声およびビデオのコーデック タイプを考慮します。特に、頻繁に使用されることが予想されるコーデックの帯域幅の割り当てが不足しないようにしてください。逆に、多くの帯域幅を必要とするコーデックがメディアで使用されないようにする場合は、このようなコーデックを使用できないようにセッションあたりの最大帯域幅を少なく設定する必要があります。音声の場合、状況によっては使用できないコーデックもあります。次に例を示します。To optimize bandwidth utilization on a per-session basis, consider the type of audio and video codecs that will be used. In particular, avoid allocating insufficient bandwidth for a codec that you expect to be used frequently. Conversely, if you want to prevent media from using a codec that requires more bandwidth, you should set the maximum bandwidth per session low enough to discourage such use. For audio, not every codec is available for every scenario. For example:

  • Skype for Business エンドポイント間のピアツーピア音声通話では、コーデックの帯域幅と優先順位を考慮すると、RTAudio (8kHz) または RTAudio (16kHz) が使用されます。Peer-to-peer audio calls between Skype for Business endpoints will use either RTAudio (8kHz) or RTAudio (16kHz) when you factor in the bandwidth and prioritization of codecs.

  • Skype for Business エンドポイントと A/V 会議サービスの間の会議通話では、722または走るサイレンが使用されます。Conference calls between Skype for Business endpoints and the A/V Conferencing service will use either G.722 or Siren.

  • Skype for Business エンドポイントとの間の公衆交換電話網 (PSTN) への通話には、"711" または RTAudio (8kHz) のいずれかが使用されます。Calls to the public switched telephone network (PSTN) either to or from Skype for Business endpoints will use either G.711 or RTAudio (8kHz).

セッションあたりの最大帯域幅設定を最適化するために次の表を使用してください。Use the following table to help optimize the maximum per-session bandwidth settings.

コーデック別の帯域幅使用率Bandwidth utilization by codecs

コーデックCodec 前方向エラー訂正 (FEC) を行わない場合の帯域幅要件Bandwidth requirement with no forward error correction (FEC) 前方向エラー訂正 (FEC) を行う場合の帯域幅要件Bandwidth requirement with forward error correction (FEC)
RTAudio (8kHz)RTAudio (8kHz)
49.8 kbps49.8 kbps
61.6 kbps61.6 kbps
RTAudio (16kHz)RTAudio (16kHz)
67 kbps67 kbps
96 kbps96 kbps
SirenSiren
57.6 kbps57.6 kbps
73.6 kbps73.6 kbps
G.711G.711
102 kbps102 kbps
166 kbps166 kbps
G.722G.722
105.6 kbps105.6 kbps
169.6 kbps169.6 kbps
RTVideo (CIF 15 fps)RTVideo (CIF 15 fps)
260 kbps260 kbps
該当しないNot applicable
RTVideo (VGA 30 fps)RTVideo (VGA 30 fps)
610 kbps610 kbps
該当しないNot applicable

注意

帯域幅の要件には、イーサネット II、IP、ユーザーデータグラムプロトコル (UDP)、RTP (リアルタイムトランスポートプロトコル)、SRTP (セキュリティで保護されたリアルタイムトランスポートプロトコル) に関する以下のオーバーヘッドが考慮されています。Bandwidth requirements take into account overhead for the following: Ethernet II, IP, User Datagram Protocol (UDP), RTP (real-time transport protocol), and SRTP (secure real-time transport protocol). また、RTCP オーバーヘッドの場合は 10 kbps も含まれます。They also include 10 kbps for RTCP overhead.

722.1 と走るサイレンコーデックは似ていますが、さまざまなビットレートが提供されます。The G.722.1 and Siren codecs are similar, but they offer different bit rates.

722、Skype for Business Server 会議用の既定のコーデックは、722.1 と走るサイレンのコーデックとはまったく異なります。G.722, the default codec for Skype for Business Server conferencing, is completely different from the G.722.1 and Siren codecs.

走るサイレンコーデックは、次のような場合に Skype for Business Server で使用されます。The Siren codec is used in Skype for Business Server in the following situations:

  • 帯域幅ポリシーの設定が722に対して低すぎる場合は、使用できません。If the bandwidth policy is set too low for G.722 to be used.

  • 通信サーバー2007または Communications Server 2007 R2 クライアントが Skype for Business Server 会議サービスに接続している場合 (これらのクライアントは722コーデックをサポートしていないため)。If a Communications Server 2007 or Communications Server 2007 R2 client connects to a Skype for Business Server conferencing service (because those clients do not support the G.722 codec).

シナリオ別の帯域幅使用量Bandwidth utilization by scenario

シナリオScenario 量に合わせて最適化された帯域幅の要件 (kbps)Bandwidth requirement optimized for quantity (kbps) バランスモード (kbps) の帯域幅要件Bandwidth requirement for Balanced mode (kbps) 品質 (kbps) 向けに最適化された帯域幅の要件Bandwidth requirement optimized for quality (kbps)
ピアツーピアの音声通話Peer-to-peer audio calls
45 kbps45 kbps
62 kbps62 kbps
91 kbps91 kbps
会議通話Conference calls
53 kbps53 kbps
101 kbps101 kbps
165 kbps165 kbps
PSTN 通話 (Skype for Business と PSTN ゲートウェイ間、メディアバイパス)PSTN calls (between Skype for Business and PSTN gateway, with media bypass)
97 kbps97 kbps
97 kbps97 kbps
161 kbps161 kbps
PSTN 通話 (Skype for Business と仲介サーバーの間、メディアを経由しない場合)PSTN calls (between Skype for Business and Mediation Server, without media bypass)
45 kbps45 kbps
97 kbps97 kbps
161 kbps161 kbps
PSTN 通話 (仲介サーバーと PSTN ゲートウェイ間でのメディアのバイパスなし)PSTN calls (between Mediation Server and PSTN gateway, without media bypass)
97 kbps97 kbps
97 kbps97 kbps
161 kbps161 kbps
Skype for ビジネス-Polycom 通話Skype for Business - Polycom calls
101 Kbps101 Kbps
101 Kbps101 Kbps
101 Kbps101 Kbps

IP サブネットの特定Identify IP Subnets

各ネットワークサイトについては、ネットワーク管理者と協力して、各ネットワークサイトに割り当てられている IP サブネットを確認する必要があります。For each network site, you will need to work with your network administrator to determine what IP subnets are assigned to each network site. ネットワーク管理者が既に IP サブネットをネットワーク地域およびネットワーク サイトに分類している場合、作業は大幅に簡略化されます。If your network administrator has already organized the IP subnets into network regions and network sites, then your work is significantly simplified.

この例では、北米地域のニューヨークのサイトに次の IP サブネットが割り当てられています: 172.29.80.0/23、157.57.216.0/25、172.29.91.0/23、172.29.81.0/24。In our example, the New York site in the North America region is assigned the following IP subnets: 172.29.80.0/23, 157.57.216.0/25, 172.29.91.0/23, 172.29.81.0/24. ボブが通常デトロイトで働いている Bob は、トレーニング用にニューヨークのオフィスに移動するとします。Suppose Bob, who typically works in Detroit, travels to the New York office for training. 彼のコンピューターをオンにしてネットワークに接続すると、彼のコンピューターは、たとえば172.29.80.103 のように、ニューヨーク用に予約されている4つの範囲のいずれかに IP アドレスを取得します。When he turns on his computer and connects to the network, his computer will get an IP address in one of the four ranges reserved for New York, for example 172.29.80.103.

注意事項

サーバー上のネットワーク構成中に指定された IP サブネットは、メディアのバイパスに適切に使用するために、クライアントコンピューターによって提供される形式と一致する必要があります。The IP subnets specified during network configuration on the server must match the format provided by client computers in order to be properly used for media bypass. Skype for Business クライアントはローカル IP アドレスを受け取り、関連するサブネットマスクを使って IP アドレスをマスクします。A Skype for Business client takes its local IP address and masks the IP address with the associated subnet mask. 各クライアントに関連付けられているバイパス ID を判断するとき、レジストラーは、各ネットワークサイトに関連付けられた IP サブネットの一覧と、完全一致のためにクライアントから提供されたサブネットとの比較を行います。When determining the bypass ID associated with each client, the Registrar will compare the list of IP subnets associated with each network site against the subnet provided by the client for an exact match. このため、サーバー上のネットワーク構成中に入力されたサブネットは、仮想サブネットではなく実際のサブネットであることが重要です。For this reason, it is important that subnets entered during network configuration on the server are actual subnets instead of virtual subnets. (通話受付制御を展開して、メディアをバイパスしない場合は、仮想サブネットを構成しても、通話受付制御が適切に機能します)。たとえば、ip アドレスが255.255.255.0 の IP アドレスが172.29.81.57 のコンピューターでクライアントがサインインすると、Skype for Business は、サブネット172.29.81.0 に関連付けられているバイパス ID を要求します。(If you deploy call admission control, but not media bypass, call admission control will function properly even if you configure virtual subnets.) For example, if a client signs in on a computer with an IP address of 172.29.81.57 with an IP subnet mask of 255.255.255.0, Skype for Business will request the bypass ID associated with subnet 172.29.81.0. クライアントが仮想サブネットに属していても、サブネットが 172.29.0.0/16 として定義される場合、レジストラーは 172.29.81.0 のサブネットのみを検索するため、これを一致とは見なしません。If the subnet is defined as 172.29.0.0/16, although the client belongs to the virtual subnet, the Registrar will not consider this a match because the Registrar is specifically looking for subnet 172.29.81.0. そのため、管理者は、Skype for Business クライアントによって提供されるものとまったく同じサブネットを入力することが重要です (静的または DHCP によるネットワーク構成中に、サブネットでプロビジョニングされます)。Therefore, it is important that the administrator enters subnets exactly as provided by Skype for Business clients (which are provisioned with subnets during network configuration either statically or by DHCP.)

通話受付管理のベスト プラクティスBest practices for call admission control

パフォーマンスを向上させて展開を容易にするには、通話受付制御を展開するときに、次のベストプラクティスを適用します。To enhance performance and facilitate deployment, apply the following best practices when you deploy call admission control:

  • Wan が、現在および予想されるメディアトラフィックに適切にプロビジョニングされていることを確認します。Ensure that WANs are adequately provisioned for current and anticipated media traffic.

    注意

    帯域幅の制限に合わせてバッファーを考慮することをお勧めします。We recommend that you factor in a buffer to your bandwidth limits. 使用される帯域幅の合計に影響を与える競合状態などのシナリオがあります。また、帯域幅の制限を超えた場合に発生する可能性があります。There are scenarios such as race conditions that affect the total bandwidth used and can result in situations where the bandwidth limit is exceeded. たとえば、メディアトラフィックが帯域幅の上限に近づいている間に2つの呼び出しが開始された場合、一方の呼び出しが最初に開始されるために、一方の通話が拒否されることがあります。For example, if two calls try to start while media traffic is approaching a bandwidth limit, one of them may be denied because the other managed to start first.

  • ネットワーク使用量と通話の詳細レコードを監視して、最適な CAC settings を選択し、ネットワークの使用量の変化に応じて CAC 設定を更新できるようにします。Monitor network usage and call detail records so that you can choose optimal CAC settings and update CAC settings as network usage changes.

  • CAC 帯域幅ポリシーを使用して QoS の設定を補完します。Use CAC bandwidth policies to complement QoS settings.

  • ブロックされた通話を PSTN に再ルーティングする場合は、PSTN の機能と容量を確認します。If you want to re-route blocked calls onto the PSTN, verify PSTN functionality and capacity. 詳細については、「発信通話ルーティングの計画」を参照してください。For details, see Planning Outbound Call Routing.

    注意

    [キャパシティ] は、PSTN の潜在的な再ルーティングをサポートするために開く必要があるポートの数です。Capacity refers to the number of ports you need to open to support potential PSTN re-routing.