Skype for Business でのメディア バイパスの計画Plan for media bypass in Skype for Business

Skype for Business Server のメディア バイパスの計画に必要なエンタープライズ VoIP。Decisions necessary for planning for media bypass in Skype for Business Server Enterprise Voice. 通話受付管理 (CAC) との相互運用が含まれます。Includes interoperation with call admission control (CAC).

メディア バイパスとは、信号が仲介サーバーを通過する通話について、可能な限りメディア パスから仲介サーバーを排除することです。Media bypass refers to removing the Mediation Server from the media path whenever possible for calls whose signaling traverses the Mediation Server.

メディア バイパスにより、遅延、不要な変換、パケット損失の可能性、および潜在的な障害点の数を低減して、音声品質を向上できます。Media bypass can improve voice quality by reducing latency, needless translation, possibility of packet loss, and the number of points of potential failure. バイパスされた通話のメディア処理がなくなり、仲介サーバーの負荷が軽減されるため、拡張性を向上できます。Scalability can be improved, because elimination of media processing for bypassed calls reduces the load on the Mediation Server. この負荷の軽減は、仲介サーバーが複数のゲートウェイを制御する機能を補完します。This reduction in load complements the ability of the Mediation Server to control multiple gateways.

仲介サーバーのないブランチ サイトが、制限された帯域幅を持つ 1 つ以上の WAN リンクによって中央サイトに接続されている場合、メディア バイパスは、ブランチ サイトのクライアントからのメディアが、最初に中央サイトの仲介サーバーに WAN リンクをまたがって戻ることなく、ローカル ゲートウェイに直接流れ込むのを許可することで帯域幅要件を下げる。Where a branch site without a Mediation Server is connected to a central site by one or more WAN links with constrained bandwidth, media bypass lowers the bandwidth requirement by allowing media from a client at a branch site to flow directly to its local gateway without first having to flow across the WAN link to a Mediation Server at the central site and back.

仲介サーバーのメディア処理を緩和することで、メディア バイパスによって、メディア インフラストラクチャで必要な仲介サーバーエンタープライズ VoIP減る場合があります。By relieving the Mediation Server from media processing, media bypass may also reduce the number of Mediation Servers that an Enterprise Voice infrastructure requires. 原則として、メディア バイパスを可能な限り有効にします。As a general rule, enable media bypass wherever possible.

次の図は、メディア バイパスを使用した場合と使用しない場合の、トポロジ内のメディアと信号の基本経路を示しています。The following figure shows basic media and signaling pathways in topologies with and without media bypass.

メディア バイパスを使用した場合と使用しない場合の、メディアと信号の経路Media and signaling pathways with and without media bypass

Voice CAC メディア バイパス接続の適用

メディア バイパスは、展開される仲介サーバーの数を最小限に抑える場合に便利です。Media bypass is useful when you want to minimize the number of Mediation Servers deployed. 通常、仲介サーバー プールは中央サイトに展開され、ブランチ サイトのゲートウェイを制御します。Typically, a Mediation Server pool will be deployed at a central site, and it will control gateways at branch sites. メディア バイパスを有効にすると、ブランチ サイトのクライアントからの公衆交換電話網 (PSTN) 通話のメディアが、それらのサイトのゲートウェイを直接通過できます。Enabling media bypass allows media for public switched telephone network (PSTN) calls from clients at branch sites to flow directly through the gateways at those sites. ブランチ サイトのクライアントからの PSTN 通話を適切なゲートウェイにルーティングするには、Skype for Business Server の発信通話ルートと エンタープライズ VoIP ポリシーを適切に構成する必要があります。Skype for Business Server outbound call routes and Enterprise Voice policies must be properly configured so that PSTN calls from clients at a branch site are routed to the appropriate gateway.

Wi-Fiネットワークでは、通常、有線ネットワークよりも多くのパケット損失が発生します。Wi-Fi networks typically experience more packet loss than wired networks. このパケット損失からの回復は、通常、ゲートウェイが対応できる機能ではありません。Recovery from this packet loss is not typically something that can be accommodated by gateways. そのため、ワイヤレス サブネットに対してバイパスを有効にするかどうかを決定する前に、Wi-Fi ネットワークの品質を評価することをお勧めします。Therefore, we recommend that you evaluate the quality of a Wi-Fi network before determining whether bypass should be enabled for a wireless subnet. 待機時間の短縮と、考慮すべきパケット損失からの回復のトレードオフもあります。There is a tradeoff in latency reduction versus recovery from packet loss to consider, as well. RTAudio は、仲介サーバーをバイパスしない呼び出しで使用できるコーデックで、パケット損失の処理に適しています。RTAudio, a codec which is available for calls that do not bypass the Mediation Server, is better suited for handling packet loss.

メディア バイパス展開の計画Planning your media bypass deployment

システム構造エンタープライズ VoIP、メディア バイパスの計画は簡単です。After your Enterprise Voice structure is in place, planning for media bypass is straightforward.

  • ブランチ サイトへの WAN リンクがない集中型トポロジの場合は、微調整された制御が不要なので、グローバル メディア バイパスを有効にできます。If you have a centralized topology without WAN links to branch sites, you can enable global media bypass, because fine-tuned control is unnecessary.

  • 1 つ以上のネットワーク地域とその関連ブランチ サイトで構成される分散トポロジがある場合は、以下を決定します。If you have a distributed topology that consists of one or more network regions and their affiliated branch sites, determine the following:

    • 仲介サーバー ピアがメディア バイパスに必要な機能をサポートできるかどうか。Whether your Mediation Server peers are able to support the capabilities required for media bypass.

    • 各ネットワーク地域のサイトが十分に接続されています。Which sites in each network region are well-connected.

    • ネットワークに適したメディア バイパスと通話受付管理の組み合わせ。Which combination of media bypass and call admission control is appropriate for your network.

メディア バイパスを有効にした場合、ネットワーク地域と、その地域内の帯域幅制限のないすべてのネットワーク サイトに対して、一意のバイパス ID が自動的に生成されます。When you enable media bypass, a unique bypass ID is automatically generated for a network region, and for all network sites without bandwidth constraints within that region. 地域内で帯域幅の制約があるサイトと、帯域幅の制約がある WAN リンクを使用して地域に接続されたサイトには、それぞれ独自の固有のバイパス ID が割り当てられます。Sites with bandwidth constraints within the region and sites connected to the region over WAN links with bandwidth constraints are each assigned their own unique bypass IDs.

ユーザーが PSTN に電話を発信すると、仲介サーバーはクライアント サブネットのバイパス ID とゲートウェイ サブネットのバイパス ID を比較します。When a user makes a call to the PSTN, the Mediation Server compares the bypass ID of the client subnet with the bypass ID of the gateway subnet. 2 つのバイパス ID が一致する場合、メディア バイパスが通話に使用されます。If the two bypass IDs match, media bypass is used for the call. バイパスの ID が一致しない場合は、通話のメディアが仲介サーバーを通過する必要があります。If the bypass IDs do not match, media for the call must flow through the Mediation Server.

ユーザーが PSTN から通話を受信すると、ユーザーのクライアントはバイパス ID を PSTN ゲートウェイのバイパス ID と比較します。When a user receives a call from the PSTN, the user's client compares its bypass ID to that of the PSTN gateway. 2 つのバイパス ID が一致する場合、メディアはゲートウェイからクライアントに直接流れ、仲介サーバーはバイパスされます。If the two bypass IDs match, media flows directly from the gateway to the client, bypassing the Mediation Server.

Lync 2010 以降のクライアントおよびデバイスだけが、仲介サーバーとのメディア バイパス操作をサポートします。Only Lync 2010 or newer clients and devices support media bypass interactions with a Mediation Server.

重要

メディア バイパスをグローバルに有効にできるだけでなく、各 PSTN トランクでメディア バイパスを個別に有効にする必要があります。In addition to enabling media bypass globally, you must enable media bypass individually on each PSTN trunk. バイパスがグローバルに有効になっているが、特定の PSTN トランクに対して有効になっていない場合、その PSTN トランクに関連する通話に対してメディア バイパスは呼び出されません。If bypass is enabled globally, but is not enabled for a particular PSTN trunk, media bypass will not be invoked for any calls involving that PSTN trunk. また、メディア バイパスが [サイトおよび地域情報の使用] に設定されている場合は、すべての迂回可能なサブネットを、そのサブネットが位置するサイトに関連付ける必要があります。In addition, when media bypass is set to Use Site and Region Information, you must associate all routable subnets with the sites in which they are located. バイパスが必要ないサイト内に迂回可能なサブネットがある場合、メディア バイパスを有効にする前に、これらのサブネットを新しいサイト内にグループ化する必要があります。If there are routable subnets within a site for which bypass is not wanted, these subnets should be grouped within a new site before you enable media bypass. そうすることで、ルーティングできないサブネットに別のバイパス ID が割り当てられます。Doing so will assure that the unroutable subnets are assigned a different bypass ID.

メディア バイパス モードMedia bypass modes

メディア バイパスには、グローバル レベルの構成と個々の PSTN トランクごとの構成が必要です。 メディア バイパスをグローバルで有効にする場合は、 [常にバイパスする] と [サイトおよび地域情報の使用] の 2 つの選択肢があります。You must configure media bypass both globally and for each individual PSTN trunk. When enabling media bypass globally, you have two choices: Always Bypass and Use Site and Region Information.

[常にバイパスする] では、その名のとおり、すべての PSTN 通話に対してバイパスが試みられます。 [常にバイパスする] は、通話受付管理を有効にする必要がない展開で使用されます。また、メディア バイパスを試行するタイミングに関する詳細な構成情報を指定する必要がない展開でも使用されます。 また、[常にバイパスする] は、クライアントと PSTN ゲートウェイ間に十分な接続がある場合にも使用されます。 この構成では、すべてのサブネットが、システムが計算する 1 つのバイパス ID だけにマップされます。As the name suggests, Always Bypass means that bypass will be attempted for all PSTN calls. Always Bypass is used for deployments where there is no need to enable call admission control, nor is there a need to specify detailed configuration information regarding when to attempt media bypass. Furthermore, Always Bypass is used when there is full connectivity between clients and PSTN gateways. In this configuration, all subnets are mapped to one and only one bypass ID, which is computed by the system.

[サイトおよび地域情報の使用] では、バイパスの決定にサイトや地域の構成に関連付けられたバイパス ID が使用されます。 ほとんどの一般的なトポロジでは、この構成によりバイパス構成が柔軟になります。この構成では、バイパス発生のタイミングについて詳細なコントロールが可能であり、通話受付管理 (CAC) との対話もサポートされるからです。システムは、以下で説明するようにバイパス ID を自動で割り当てることで、タスクを容易にしようとします。With Use Site and Region Information, the bypass ID associated with site and region configuration is used to make the bypass decision. This configuration provides the flexibility to configure bypass for most common topologies, as it gives you fine-grained control over when bypass happens, in addition to supporting interactions with call admission control (CAC). The system tries to ease your task by automatically assigning bypass IDs as follows.

  • システムは、各地域に一意のバイパス ID を自動で 1 つ割り当てます。The system automatically assigns a single unique bypass ID to each region.

  • 帯域幅制限のない WAN リンクを経由して地域に接続されるサイトはすべて、地域と同じバイパス ID を継承します。Any site connected to a region over a WAN link without bandwidth constraints inherits the same bypass ID as the region.

  • 帯域幅の制限のある WAN リンク経由で地域に関連付けられるサイトには、地域とは別のバイパス ID が割り当てられます。A site associated with the region over a WAN link with constrained bandwidth is assigned a different bypass ID from that of the region.

  • 各サイトに関連付けられるサブネットは、そのサイトのバイパス ID を継承します。Subnets associated with each site inherit the bypass ID for that site.

メディア バイパスと通話受付管理Media bypass and call admission control

メディア バイパスおよび通話受付管理 (CAC) は、通話メディア帯域幅の制御を連携して管理します。 メディア バイパスは、うまく接続されたリンクを介したメディアの流れを円滑にします。CAC は、帯域幅の制限があるリンクのトラフィックを管理します。 メディア バイパスと CAC は互換性がないため、一方を計画する際には、もう一方の存在にも注意しなければなりません。 次の組み合わせがサポートされています。Media bypass and call admission control (CAC) work together to manage bandwidth control for call media. Media bypass facilitates media flow over well-connected links; CAC manages traffic on links with bandwidth constraints. Because Media Bypass and CAC are mutually exclusive, you must be mindful of one when planning for the other. The following combinations are supported:

  • CAC およびメディア バイパスはどちらも有効です。 メディア バイパスは、[サイトおよび地域情報を使用する] に設定されていなければなりません。 このサイトおよび地域情報は、CAC に使われている情報と同じです。CAC and Media Bypass are both enabled. Media Bypass must be set to Use Site and Region Information. This site and region information is the same as that used for CAC.

    CAC を有効にした場合、2 つの構成は相互に排他的なので、[常にバイパスする] を選択することはできません。 If you enable CAC, you cannot select Always Bypass, and vice-versa, because the two configurations are mutually exclusive. つまり、2 つの中の 1 つだけが特定の PSTN 通話に適用されます。That is, only one of the two will apply to any given PSTN call. 最初に、メディア バイパスが通話に適用されるかどうかを確認します。First, a check is made to determine if media bypass applies to the call. その場合、CAC は使用されません。If it does, then CAC is not used. これは、呼び出しがバイパスの対象となる場合は、CAC が必要ない接続を使用して定義的に行うので意味があります。This makes sense, because if a call is eligible for bypass, it is by definition using a connection where CAC is not needed. バイパスを通話に適用できない場合 (つまり、クライアントとゲートウェイのバイパス ID が一致しない場合)、CAC が通話に適用されます。If bypass cannot be applied to the call (that is, if the client's and gateway's bypass IDs do not match), then CAC is applied to the call.

  • CAC は無効で、メディア バイパスは [常にバイパスする] に設定されています。CAC not enabled and Media Bypass set to Always Bypass.

    この構成では、クライアントおよびトランクの両方のサブネットが、システムによって計算された、唯一のバイパス ID にマップされています。In this configuration, both client and trunk subnets are mapped to one and only one bypass ID, which is computed by the system.

  • CAC は無効で、メディア バイパスは [サイトおよび地域情報を使用する] に設定されています。CAC not enabled and Media Bypass set to Use Site and Region Information.

    [サイトおよび地域情報を使用する] が有効である場合には、CAC が有効であるかないかにかかわらず、バイパスの決定は基本的に同じ方法で行われます。Where Use Site and Region Information is enabled, bypass determination works essentially the same way, regardless of whether CAC is enabled or not. つまり、特定の PSTN 通話では、クライアントのサブネットが特定のサイトにマップされ、そのサブネットのバイパス ID が抽出されます。That is, for any given PSTN call, the client's subnet is mapped to a particular site, and the bypass ID for that subnet is extracted. 同様に、ゲートウェイのサブネットは特定のサイトにマップされ、そのサブネットのバイパス ID が抽出されます。Similarly, the gateway's subnet is mapped to a particular site, and the bypass ID for that subnet is extracted. 2 つのバイパス ID が同一である場合のみ、通話にバイパスが発生します。Only if the two bypass IDs are identical will bypass happen for the call. 2 つのバイパス ID が同一でない場合、メディア バイパスは発生しません。If they are not identical, media bypass will not occur.

    たとえ CAC がグローバルに無効であった場合でも、バイパス決定を制御するのに [サイトおよび地域] 構成を使用したい場合は、帯域幅ポリシーをそれぞれのサイトおよびリンクに定義する必要があります。Even though CAC is disabled globally, bandwidth policy needs to be defined for each site and link if you want to use site-and-region configuration to control the bypass decision. 帯域幅の制約またはモダリティの実際の値は重要ではありません。The actual value of the bandwidth constraint or its modality doesn't matter. 最大の目標は、システムが、うまく接続されていない異なるロケールと関連付けるため、異なるバイパス ID を自動的に計算できるようにすることです。The ultimate goal is to have the system automatically calculate different bypass IDs to associate with different locales that are not well connected. 定義上、帯域幅の制限を定義するということは、リンクがうまく接続されていないことを意味します。Defining a bandwidth constraint by definition means a link is not well connected.

  • CAC は有効ですが、メディア バイパスは有効ではありません。CAC is enabled and media bypass is not enabled. これは、すべてのゲートウェイまたは IP-PBX がうまく接続されていない、あるいはメディア バイパスのその他の要件が満たされていない場合にのみ適用されます。This would apply only where all gateways and IP-PBXs are not well connected or do not meet other requirements for media bypass. メディア バイパスの要件の詳細については、「Requirements for Media Bypass」を参照してください。For details about requirements for media bypass, see Requirements for Media Bypass.

技術的要件Technical requirements

PSTN への各通話について、仲介サーバーは、仲介サーバーを通過することなく、発信元の Skype for Business エンドポイントからのメディアを仲介サーバー ピアに直接送信できるかどうかを決定します。For each call to the PSTN, the Mediation Server determines whether media from the Skype for Business endpoint of origin can be sent directly to a Mediation Server peer without traversing the Mediation Server. ピアには、通話がルーティングされる仲介サーバー間のトランクに関連付けられた PSTN ゲートウェイ、IP-PBX、またはインターネット テレフォニー サービス プロバイダー (ITSP) のセッション ボーダー コントローラー (SBC) を使用できます。The peer can be a PSTN gateway, IP-PBX, or Session Border Controller (SBC) at an Internet telephony service provider (ITSP) that is associated with the trunk between the Mediation Server where the call is routed.

メディア バイパスを使用できるのは、次の要件を満たす場合です。Media bypass can be employed when the following requirements are met:

  • 仲介サーバー ピアは、メディア バイパスに必要な機能をサポートする必要があります。最も重要なのは、複数のフォークされた応答 ("早期ダイアログ" と呼ばれる) を処理する機能です。A Mediation Server peer must support the necessary capabilities for media bypass, the most important being the ability to handle multiple forked responses (known as "early dialogs"). ゲートウェイ、PBX、または SBC が受け入れ可能な早期ダイアログの最大数の値を取得するには、ゲートウェイ、PBX、または ITSP の製造元に問い合わせください。Contact the manufacturer of your gateway or PBX, or your ITSP, to obtain the value for the maximum number of early dialogs that the gateway, PBX, or SBC can accept.

  • 仲介サーバー ピアは、Skype for Business エンドポイントから直接メディア トラフィックを受け入れる必要があります。The Mediation Server peer must accept media traffic directly from Skype for Business endpoints. 多くの ITSP では、SBC が仲介サーバーからのトラフィックのみを受信できます。Many ITSPs allow their SBC to receive traffic only from the Mediation Server. ITSP に問い合わせ、SBC が Skype for Business エンドポイントから直接メディア トラフィックを受け入れるかどうかを確認します。Contact your ITSP to determine whether its SBC accepts media traffic directly from Skype for Business endpoints.

  • Skype for Business クライアントと仲介サーバー ピアは、十分に接続されている必要があります。つまり、帯域幅の制約がない WAN リンク経由で地域に接続するネットワーク サイトまたは同じネットワーク地域に位置している必要があります。Skype for Business clients and a Mediation Server peer must be well connected, meaning that they are either located in the same network region or at network sites that connect to the region over WAN links that have no bandwidth constraints