ConnectionTimeout プロパティ (ADO)ConnectionTimeout Property (ADO)

試行を終了し、エラーが発生する前に、接続を確立中に待機する時間を示します。Indicates how long to wait while establishing a connection before terminating the attempt and generating an error.

設定と戻り値Settings and Return Values

設定または取得を長いを示す値を秒単位でどのくらいの期間、接続が開くまで待ちます。Sets or returns a Long value that indicates, in seconds, how long to wait for the connection to open. 既定値は 15 です。Default is 15.

コメントRemarks

使用して、 ConnectionTimeoutプロパティを接続かどうかネットワーク トラフィックや負荷の高いサーバーの使用による遅延が、接続試行を破棄するために必要なオブジェクトします。Use the ConnectionTimeout property on a Connection object if delays from network traffic or heavy server use make it necessary to abandon a connection attempt. 場合、時刻から、 ConnectionTimeoutプロパティの設定エラーが発生した接続を開く前に経過して、試行が取り消されます。If the time from the ConnectionTimeout property setting elapses prior to the opening of the connection, an error occurs and ADO cancels the attempt. プロパティを 0 に設定すると、ADO は、接続が開かれるまで無期限に待機します。If you set the property to zero, ADO will wait indefinitely until the connection is opened. コードを記述するプロバイダーがサポートしているかどうかを確認、 ConnectionTimeout機能します。Make sure the provider to which you are writing code supports the ConnectionTimeout functionality.

ConnectionTimeoutプロパティは、開いているときに、接続が閉じており、読み取り専用と読み取り/書き込みです。The ConnectionTimeout property is read/write when the connection is closed and read-only when it is open.

適用対象Applies To

Connection オブジェクト (ADO)Connection Object (ADO)

関連項目See Also

ConnectionString、ConnectionTimeout、および状態のプロパティの例 (VB) ConnectionString, ConnectionTimeout, and State Properties Example (VB)
ConnectionString、ConnectionTimeout、および状態のプロパティの例 (vc++) ConnectionString, ConnectionTimeout, and State Properties Example (VC++)
CommandTimeout プロパティ (ADO)CommandTimeout Property (ADO)