Azure Data CLI (azdata) のインストール

適用対象: はい azdata

Azure Data CLI (azdata) は、REST API 経由でデータ サービスをブートストラップし管理できる、Python で記述されたコマンドライン ユーティリティです。

最新バージョンを探す

最新バージョンのファイル一覧は、常に https://aka.ms/azdata にあります。

インストール済みのバージョンを見つけ、更新する必要があるかどうかを確認するには、azdata --version を実行します。

OS 固有の手順

Python と Pip のインストール

yum、apt、または zypper を使用して Linux に Azure Data CLI (azdata) をインストールするか、Homebrew インストール パッケージ マネージャーを使用して macOS にインストールすることができます。 これらのパッケージ マネージャーが使用可能になる前は、インストールに Python と pip が必要でした。

重要

次に進む前に、グローバル システム Python にインストールされた azdata のすべてのインストールを削除する必要があります。 新しいインストーラーまたはネイティブ パッケージによってパスに azdata が追加されます。どれが最初かを判別することはできません。 グローバル システム Python に既存の azdata をインストールした場合は、次に進む前に削除します。

現在のインストールを表示するには、次のコマンドを実行します。

$ pip list --format columns

pip によって azdata がインストールされている場合、パッケージとバージョンが返されます。 次に例を示します。

 Package             Version
------------------- ----------
azdata-cli          15.0.X
azdata-cli-app      15.0.X
azdata-cli-cluster  15.0.X
azdata-cli-core     15.0.X
azdata-cli-hdfs     15.0.X
azdata-cli-notebook 15.0.X
azdata-cli-profile  15.0.X
azdata-cli-spark    15.0.X
azdata-cli-sql      15.0.X

次の例では、azdata の pip のインストールを削除します。

$ pip freeze | grep azdata-* | xargs pip uninstall -y

pip を使用してインストールされた azdata のインストールを削除したことを確認したら、インストールを続行します。

次のステップ

ビッグ データ クラスターで azdata を使用する方法については、「SQL Server 2019 ビッグ データ クラスター とは」を参照してください。

Azure Arc 対応データ サービスで azdata を使用する