SQLServerDatabaseMetaData のメンバー

ダウンロードJDBC Driver のダウンロード

次の表は、SQLServerDatabaseMetaData クラスによって公開されるメンバーを示しています。

コンストラクター

[なし] :

フィールド

[なし] :

継承されたフィールド

名前 説明
java.sql.DatabaseMetaData attributeNoNulls、attributeNullable、attributeNullableUnknown、bestRowNotPseudo、bestRowPseudo、bestRowSession、bestRowTemporary、bestRowTransaction、bestRowUnknown、columnNoNulls、columnNullable、columnNullableUnknown、importedKeyCascade、importedKeyInitiallyDeferred、importedKeyInitiallyImmediate、importedKeyNoAction、importedKeyNotDeferrable、importedKeyRestrict、importedKeySetDefault、importedKeySetNull、procedureColumnIn、procedureColumnInOut、procedureColumnOut、procedureColumnResult、procedureColumnReturn、procedureColumnUnknown、procedureNoNulls、procedureNoResult、procedureNullable、procedureNullableUnknown、procedureResultUnknown、procedureReturnsResult、sqlStateSQL、sqlStateSQL99、sqlStateXOpen、tableIndexClustered、tableIndexHashed、tableIndexOther、tableIndexStatistic、typeNoNulls、typeNullable、typeNullableUnknown、typePredBasic、typePredChar、typePredNone、typeSearchable、versionColumnNotPseudo、versionColumnPseudo、versionColumnUnknown

メソッド

名前 説明
allProceduresAreCallable 現在のユーザーが、getProcedures メソッドによって返されたすべてのプロシージャを呼び出すアクセス許可を持っているかどうかを取得します。
allTablesAreSelectable 現在のユーザーが、getTables メソッドで返されたすべてのテーブルを SELECT ステートメントで使用するアクセス許可を持っているかどうかを取得します。
autoCommitFailureClosesAllResultSets 自動コミットが有効である場合に例外が発生したとき、保持可能な結果セットも含め、開いているすべての結果セットを JDBC ドライバーで閉じるかどうかを示します。
dataDefinitionCausesTransactionCommit トランザクション内のデータ定義ステートメントがトランザクションを強制的にコミットさせるかどうかを取得します。
dataDefinitionIgnoredInTransactions データベースがトランザクション内のデータ定義ステートメントを無視するかどうかを取得します。
deletesAreDetected SQLServerResultSet クラスの rowDeleted メソッドを呼び出すことで可視の行が削除されたことを検出できるかどうかを取得します。
doesMaxRowSizeIncludeBlobs getMaxRowSize メソッドの戻り値に SQL データ型 LONGVARCHAR と LONGVARBINARY が含まれるかどうかを取得します。
getAttributes 渡されたスキーマおよびカタログで使用できる、ユーザー定義型である渡された型の渡された属性の記述を取得します。
getBestRowIdentifier 行を一意に識別する、テーブルの最適な列のセットの記述を取得します。
getCatalogs 接続されたサーバーで使用できるカタログ名を取得します。
getCatalogSeparator このデータベースでカタログ名とテーブル名の間の区切り記号として使用している String が取得されます。
getCatalogTerm データベース ベンダーが "カタログ" の代わりに使用している用語を取得します。
getClientInfoProperties ドライバーがサポートしているクライアント情報のプロパティの一覧を取得します。
getColumnPrivileges テーブルの列に対するアクセス権の記述を取得します。
getColumns 指定されたカタログで使用できるテーブル列の記述を取得します。
getConnection メタデータ オブジェクトを生成した接続を取得します。
getCrossReference 主キー テーブルの主キー列を参照する外部キー テーブルの外部キー列の記述を取得します。
getDatabaseMajorVersion 基本データベースのメジャー バージョン番号を取得します。
getDatabaseMinorVersion 基本データベースのマイナー バージョン番号を取得します。
getDatabaseProductName データベース製品の名前を取得します。
getDatabaseProductVersion データベース製品のバージョン番号を取得します。
getDefaultTransactionIsolation データベースの既定のトランザクション分離レベルを取得します。
getDriverMajorVersion JDBC ドライバーのメジャー バージョン番号を取得します。
getDriverMinorVersion JDBC ドライバーのマイナー バージョン番号を取得します。
getDriverName JDBC ドライバーの名前を取得します。
getDriverVersion JDBC ドライバーのバージョン番号を取得します。
getExportedKeys 渡されたテーブルの主キー列を参照する外部キー列の記述を取得します。
getExtraNameCharacters 引用符で囲まれていない識別子名に使用できるすべての特殊文字 (a ~ z、A ~ Z、0 ~ 9、および _ 以外) を取得します。
getFunctions システム関数およびユーザー関数の記述を取得します。
getFunctionColumns 指定されたカタログのシステム関数またはユーザー関数のパラメーターと戻り値の型に関する記述を取得します。
getIdentifierQuoteString SQL 識別子を引用するために使用する 文字列 を取得します。
getImportedKeys テーブルの外部キー列によって参照される、主キー列の記述を取得します。
getIndexInfo 渡されたテーブルのインデックスと統計情報の記述を取得します。
getJDBCMajorVersion ドライバーの JDBC メジャー バージョン番号を取得します。
getJDBCMinorVersion ドライバーの JDBC マイナー バージョン番号を取得します。
getMaxBinaryLiteralLength データベースでインラインのバイナリ リテラルに許容される 16 進文字の最大数を取得します。
getMaxCatalogNameLength データベースでカタログ名に許容される最大文字数を取得します。
getMaxCharLiteralLength データベースで文字リテラルに許容される最大文字数を取得します。
getMaxColumnNameLength データベースで列名に許容される最大文字数を取得します。
getMaxColumnsInGroupBy データベースで GROUP BY 句に許容される最大の列数を取得します。
getMaxColumnsInIndex データベースでインデックスに許容される最大の列数を取得します。
getMaxColumnsInOrderBy データベースで ORDER BY 句に許容される最大の列数を取得します。
getMaxColumnsInSelect データベースで SELECT リストに許容される最大の列数を取得します。
getMaxColumnsInTable データベースでテーブルに許容される最大の列数を取得します。
getMaxConnections データベースへの可能なコンカレント接続の最大数を取得します。
getMaxCursorNameLength データベースで許容されるカーソル名の最大文字数を取得します。
getMaxIndexLength データベースで、インデックスのすべての部分を含めて、インデックスに許容される最大バイト数を取得します。
getMaxProcedureNameLength データベースでプロシージャ名に許容される最大文字数を取得します。
getMaxRowSize データベースで許容される 1 行の最大バイト数を取得します。
getMaxSchemaNameLength データベースでテーブル名に許容される最大文字数を取得します。
getMaxStatementLength データベースで SQL ステートメントに許容される最大文字数を取得します。
getMaxStatements データベースの同時に開くことができるアクティブなステートメントの最大数を取得します。
getMaxTableNameLength データベースでテーブル名に許容される最大文字数を取得します。
getMaxTablesInSelect データベースで SELECT ステートメントに許容される最大のテーブル数を取得します。
getMaxUserNameLength データベースでユーザー名に許容される最大文字数を取得します。
getNumericFunctions データベースで使用できる、数学関数のコンマ区切りの一覧を取得します。
getPrimaryKeys 渡されたテーブルの主キー列の記述を取得します。
getProcedureColumns ストアド プロシージャのパラメーターと結果列の記述を取得します。
getProcedures 渡されたカタログ、スキーマ、またはストアド プロシージャ名のパターンで使用可能なストアド プロシージャの記述を取得します。
getProcedureTerm データベースで "プロシージャ" の代わりに使用している用語を取得します。
getResultSetHoldability データベースに対する結果セットの既定の保持機能を取得します。
getRowIdLifetime SQL RowId データ型がサポートされているかどうかを示す状態を返します。 サポートされている場合は、RowId オブジェクトの有効期間を返します。
getSchemas 現在のデータベースで使用できるスキーマ名を取得します。
getSchemaTerm データベースで "スキーマ" の代わりに使用している用語を取得します。
getSearchStringEscape ワイルドカード文字のエスケープに使用できる 文字列 を取得します。
getSQLKeywords データベースの SQL キーワードであって、SQL92 キーワードではない、すべてのキーワードのコンマ区切りの一覧を取得します。
getSQLStateType SQLException.getSQLState メソッドによって返される SQLSTATE が、X/Open (現在は Open Group)、SQL CLI、SQL99 (JDBC 3.0)、SQL:2003 (JDBC 4.0) のいずれであるかを示します。
getStringFunctions データベースで使用できる 文字列 関数のコンマ区切りの一覧を取得します。
getSuperTables データベース内の特定のスキーマで定義されたテーブルの階層の記述を取得します。
getSuperTypes データベース内の特定のスキーマで定義されたユーザー定義型の階層の記述を取得します。
getSystemFunctions データベースで使用できる、システム関数のコンマ区切りの一覧を取得します。
getTablePrivileges 渡されたカタログ、スキーマ、またはテーブル名のパターンで使用可能な、各テーブルのアクセス権の記述を取得します。
getTables 渡されたカタログ、スキーマ、またはテーブル名のパターンで使用可能なテーブルの記述を取得します。
getTableTypes 現在のデータベースで使用できるテーブルの型を取得します。
getTimeDateFunctions データベースで使用可能な時間関数および日付関数のコンマ区切りの一覧を取得します。
getTypeInfo 現在のデータベースによってサポートされる、すべての標準 SQL 型に関する記述を取得します。
getUDTs 特定のスキーマで定義されているユーザー定義型の記述を取得します。
getURL データベースの URL を取得します。
getUserName データベースに対する既知のユーザー名を取得します。
getVersionColumns 行の任意の値が更新された場合に自動的に更新されるテーブルの列の記述を取得します。
insertsAreDetected SQLServerResultSet クラスの rowInserted メソッドを呼び出すことで、可視の行が挿入されたことを検出できるかどうかが取得されます。
isCatalogAtStart カタログが完全修飾テーブル名の先頭に現れるかどうかを取得します。
isReadOnly データベースが読み取り専用モードであるかどうかを取得します。
locatorsUpdateCopy LOB に対する更新が、コピーに対して行われたか、LOB に直接行われたかを示します。
nullPlusNonNullIsNull NULL 値と NULL 以外の値の連結を NULL とすることを、データベースがサポートするかどうかを示します。
nullsAreSortedAtEnd 並べ替え順序に関係なく、最後に null 値を並べ替えるかどうかを取得します。
nullsAreSortedAtStart 並べ替え順序に関係なく、最初に null 値を並べ替えるかどうかを取得します。
nullsAreSortedHigh NULL 値が上位に並べ替えられるかどうかを取得します。
nullsAreSortedLow NULL 値が下位に並べ替えられるかどうかを取得します。
othersDeletesAreVisible 他で行われた削除が可視かどうかを取得します。
othersInsertsAreVisible 他で行われた挿入が可視かどうかを取得します。
othersUpdatesAreVisible 他で行われた更新が可視かどうかを取得します。
ownDeletesAreVisible 結果セット自体の削除が可視であるかどうかを取得します。
ownInsertsAreVisible 結果セット自体の挿入が可視であるかどうかを取得します。
ownUpdatesAreVisible 結果セット自体の更新が可視であるかどうかを取得します。
storesLowerCaseIdentifiers 引用符で囲まれていない大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を小文字で格納するかどうかを取得します。
storesLowerCaseQuotedIdentifiers 引用符で囲まれた大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を小文字で格納するかどうかを取得します。
storesMixedCaseIdentifiers 引用符で囲まれていない大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
storesMixedCaseQuotedIdentifiers 引用符で囲まれた大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
storesUpperCaseIdentifiers 引用符で囲まれていない大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字で格納するかどうかを取得します。
storesUpperCaseQuotedIdentifiers 引用符で囲まれた大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字で格納するかどうかを取得します。
supportsAlterTableWithAddColumn データベースが列の追加で ALTER TABLE をサポートするかどうかを取得します。
supportsAlterTableWithDropColumn データベースが列の削除で ALTER TABLE をサポートするかどうかを取得します。
supportsANSI92EntryLevelSQL データベースが ANSI92 エントリ レベルの SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsANSI92FullSQL データベースが ANSI92 完全レベルの SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsANSI92IntermediateSQL データベースが ANSI92 の中間レベル SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsBatchUpdates データベースがバッチ更新をサポートするかどうかを取得します。
supportsCatalogsInDataManipulation データ操作ステートメントでカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsCatalogsInIndexDefinitions インデックス定義ステートメントでカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsCatalogsInPrivilegeDefinitions 特権定義ステートメントでカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsCatalogsInProcedureCalls プロシージャ呼び出しステートメントでカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsCatalogsInTableDefinitions テーブル定義ステートメントでカタログ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsColumnAliasing データベースが列の別名をサポートするかどうかを取得します。
supportsConvert データベースが SQL 型間の CONVERT 関数をサポートするかどうかを取得します。
supportsCoreSQLGrammar データベースが ODBC Core SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsCorrelatedSubqueries データベースが、相関サブクエリをサポートするかどうかを取得します。
supportsDataDefinitionAndDataManipulationTransactions データベースがトランザクション内のデータ定義ステートメントとデータ操作ステートメントの両方をサポートするかどうかを取得します。
supportsDataManipulationTransactionsOnly データベースがトランザクション内でデータ操作ステートメントのみをサポートするかどうかを取得します。
supportsDifferentTableCorrelationNames テーブルの相関名がサポートされる場合に、それらの名前をテーブルの名前と異なるものにするという制限があるかどうかを取得します。
supportsExpressionsInOrderBy データベースが、ORDER BY リストで式をサポートするかどうかを取得します。
supportsExtendedSQLGrammar データベースが ODBC 拡張 SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsFullOuterJoins データベースが完全に入れ子状態になった外部結合をサポートするかどうかを取得します。
supportsGetGeneratedKeys ステートメントの実行後に自動生成キーを取得できるかどうかを取得します。
supportsGroupBy データベースが GROUP BY 句をサポートするかどうかを取得します。
supportsGroupByBeyondSelect SELECT ステートメント内のすべての列が GROUP BY 句に含まれる場合に、データベースが GROUP BY 句で SELECT ステートメントに含まれていない列の使用をサポートするかどうかを取得します。
supportsGroupByUnrelated データベースが GROUP BY 句で SELECT ステートメントにない列の使用をサポートするかどうかを取得します。
supportsIntegrityEnhancementFacility データベースが SQL Integrity Enhancement Facility をサポートするかどうかを取得します。
supportsLikeEscapeClause データベースが LIKE エスケープ句の指定をサポートするかどうかを取得します。
supportsLimitedOuterJoins データベースが、外部結合を制限付きでサポートするかどうかを取得します。
supportsMinimumSQLGrammar データベースが ODBC Minimum SQL 文法をサポートするかどうかを取得します。
supportsMixedCaseIdentifiers 引用符で囲まれていない大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
supportsMixedCaseQuotedIdentifiers 引用符で囲まれた大文字と小文字が混在する SQL 識別子を、データベースが大文字と小文字を区別しないで扱うかどうか、およびそれらの識別子を大文字小文字混在で格納するかどうかを取得します。
supportsMultipleOpenResults SQLServerCallableStatement オブジェクトから同時に返された複数の SQLServerResultSet オブジェクトを持つことが可能かどうかを取得します。
supportsMultipleResultSets SQLServerCallableStatement クラスの execute メソッドへの 1 回の呼び出しから複数の SQLServerResultSet オブジェクトを取得することを、データベースがサポートするかどうかを取得します。
supportsMultipleTransactions データベースが、異なる接続で複数のトランザクションを同時に開くことができるかどうかを取得します。
supportsNamedParameters データベースが呼び出し可能ステートメントで名前付きパラメーターをサポートするかどうかを取得します。
supportsNonNullableColumns データベースの列を null を許容しない列として定義できるかどうかを取得します。
supportsOpenCursorsAcrossCommit データベースが複数のコミットにわたってカーソルが開いたままの状態をサポートするかどうかを取得します。
supportsOpenCursorsAcrossRollback データベースが複数のロールバックにわたってカーソルが開いたままの状態をサポートするかどうかを取得します。
supportsOpenStatementsAcrossCommit データベースが複数のコミットにわたってステートメントが開いたままの状態をサポートするかどうかを取得します。
supportsOpenStatementsAcrossRollback データベースが複数のロールバックにわたってステートメントが開いたままの状態をサポートするかどうかを取得します。
supportsOrderByUnrelated データベースが、ORDER BY 句で SELECT ステートメントにない列の使用をサポートするかどうかを取得します。
supportsOuterJoins データベースが外部結合をサポートするかどうかを取得します。
supportsPositionedDelete データベースが位置指定された DELETE ステートメントをサポートするかどうかを取得します。
supportsPositionedUpdate データベースが位置指定された UPDATE ステートメントをサポートするかどうかを取得します。
supportsResultSetConcurrency データベースが、渡されたコンカレンシーの種類と結果セットの種類の組み合わせをサポートするかどうかを取得します。
supportsResultSetHoldability データベースが渡された結果セットの保持機能をサポートするかどうかを取得します。
supportsResultSetType データベースが渡された結果セットの種類をサポートするかどうかを取得します。
supportsSavepoints データベースがセーブポイントをサポートするかどうかを取得します。
supportsSchemasInDataManipulation データ操作ステートメントでスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsSchemasInIndexDefinitions インデックス定義ステートメントでスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsSchemasInPrivilegeDefinitions 特権定義ステートメントでスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsSchemasInProcedureCalls プロシージャ呼び出しステートメントでスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsSchemasInTableDefinitions テーブル定義ステートメントでスキーマ名を使用できるかどうかを取得します。
supportsSelectForUpdate データベースが SELECT FOR UPDATE ステートメントをサポートするかどうかを取得します。
supportsStatementPooling データベースがステートメントのプールをサポートするかどうかを取得します。
supportsStoredFunctionsUsingCallSyntax 現在のデータベースがストアド プロシージャのエスケープ構文を使用したユーザー定義関数またはベンダー定義関数の呼び出しをサポートするかどうかを示します。
supportsStoredProcedures データベースがストアド プロシージャのエスケープ構文を使用するストアド プロシージャの呼び出しをサポートするかどうかを取得します。
supportsSubqueriesInComparisons データベースが比較式でサブクエリをサポートするかどうかを取得します。
supportsSubqueriesInExists データベースが EXISTS 式でサブクエリをサポートするかどうかを取得します。
supportsSubqueriesInIns データベースが IN ステートメントでサブクエリをサポートするかどうかを取得します。
supportsSubqueriesInQuantifieds データベースが定量化された式でサブクエリをサポートするかどうかを取得します。
supportsTableCorrelationNames データベースがテーブルの相関名をサポートするかどうかを取得します。
supportsTransactionIsolationLevel データベースが渡されたトランザクションの分離レベルをサポートするかどうかを取得します。
supportsTransactions データベースがトランザクションをサポートするかどうかを取得します。
supportsUnion データベースが SQL UNION をサポートするかどうかを取得します。
supportsUnionAll データベースが SQL UNION ALL をサポートするかどうかを取得します。
updatesAreDetected SQLServerResultSet クラスの rowUpdated メソッドを呼び出すことで表示されている行が更新されたことを検出できるかどうかを取得します。
usesLocalFilePerTable データベースがテーブルごとにファイルを使用するかどうかを取得します。
usesLocalFiles データベースがテーブルをローカル ファイルに格納するかどうかを取得します。

継承されたメソッド

継承元のクラス メソッド
java.lang.Object clone、equals、finalize、getClass、hashCode、notify、notifyAll、toString、wait
java.sql.Wrapper isWrapperFor、unwrap

参照

SQLServerDatabaseMetaData クラス