可用性グループのセカンダリ レプリカにサポートされているバックアップをオフロードするOffload supported backups to secondary replicas of an availability group

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

Always On 可用性グループAlways On availability groups のアクティブなセカンダリ機能では、セカンダリ レプリカでのバックアップ操作の実行をサポートしています。The Always On 可用性グループAlways On availability groups active secondary capabilities include support for performing backup operations on secondary replicas. バックアップ操作では、(バックアップ圧縮により) I/O と CPU に大きな負荷がかかる場合があります。Backup operations can put significant strain on I/O and CPU (with backup compression). 同期済みまたは同期中のセカンダリ レプリカへバックアップをオフロードすることで、ワークロードが最も多いプライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスでリソースを使用できるようにします。Offloading backups to a synchronized or synchronizing secondary replica allows you to use the resources on server instance that hosts the primary replica for your tier-1 workloads.

注意

可用性グループのプライマリ データベースとセカンダリ データベースでは、RESTORE ステートメントを使用できません。RESTORE statements are not allowed on either the primary or secondary databases of an availability group.

セカンダリ レプリカでサポートされるバックアップの種類Backup Types Supported on Secondary Replicas

  • セカンダリ レプリカで実行されたときにBACKUP DATABASE でサポートされるのは、データベース、ファイル、またはファイル グループのコピーのみの完全バックアップだけです。BACKUP DATABASE supports only copy-only full backups of databases, files, or filegroups when it is executed on secondary replicas. コピーのみのバックアップはログ チェーンには影響しません。また、コピーのみのバックアップを実行しても、差分ビットマップは消去されません。Note that copy-only backups do not impact the log chain or clear the differential bitmap.

  • 差分バックアップは、セカンダリ レプリカではサポートされていません。Differential backups are not supported on secondary replicas.

  • BACKUP LOG でサポートされるのは通常のログ バックアップだけです (セカンダリ レプリカでのログ バックアップでは、COPY_ONLY オプションはサポートされていません)。BACKUP LOG supports only regular log backups (the COPY_ONLY option is not supported for log backups on secondary replicas).

    可用性モード (同期コミットまたは非同期コミット) に関係なく、任意のレプリカ (プライマリまたはセカンダリ) で取得されたログ バックアップ全体にわたって一貫性のあるログ チェーンが保証されます。A consistent log chain is ensured across log backups taken on any of the replicas (primary or secondary), irrespective of their availability mode (synchronous-commit or asynchronous-commit).

  • セカンダリ データベースをバックアップするには、セカンダリ レプリカがプライマリ レプリカと通信可能で、 同期済み または 同期中であることが必要です。To back up a secondary database, a secondary replica must be able to communicate with the primary replica and must be SYNCHRONIZED or SYNCHRONIZING.

分散型可用性グループでは、アクティブ プライマリ レプリカと同じ可用性グループのセカンダリ レプリカ、またはセカンダリ可用性グループのいずれかのプライマリ レプリカでバックアップを実行できます。In a distributed availability group, backups can be performed on secondary replicas in the same availability group as the active primary replica, or on the primary replica of any secondary availability groups. セカンダリ レプリカは自身の可用性グループ内のプライマリ レプリカのみと通信するため、セカンダリ可用性グループ内のセカンダリ レプリカでバックアップを実行することはできません。Backups cannot be performed on a secondary replica in a secondary availability group because secondary replicas only communicate with the primary replica in their own availability group. グローバル プライマリ レプリカと直接通信するレプリカのみがバックアップ操作を実行できます。Only replicas that communicate directly with the global primary replica can perform backup operations.

バックアップ ジョブを実行する場所の構成Configuring Where Backup Jobs Run

セカンダリ レプリカでバックアップを実行してプライマリ運用サーバーからバックアップ ワークロードをオフロードすると、非常に大きな利点があります。Performing backups on a secondary replica to offload the backup workload from the primary production server is a great benefit. ただし、セカンダリ レプリカでバックアップを実行する場合は、バックアップ ジョブを実行する場所を決定するプロセスは非常に複雑です。However, performing backups on secondary replicas introduce significant complexity to the process of determining where backup jobs should run. これに対処するには、バックアップ ジョブを実行する場所を次のように構成します。To address this, configure where backup jobs run as follows:

  1. 可用性グループを構成して、バックアップを優先的に実行する可用性レプリカを指定します。Configure the availability group to specify which availability replicas where you would prefer backups to be performed. 詳細については、「CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)」または「ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)」の AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE パラメーターと BACKUP_PRIORITY パラメーターを参照してください。For more information, see AUTOMATED_BACKUP_PREFERENCE and BACKUP_PRIORITY parameters in CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) or ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL).

  2. バックアップの実行の候補である可用性レプリカをホストするすべてのサーバー インスタンス上のすべての可用性データベースに対して、スクリプト化されたバックアップ ジョブを作成します。Create scripted backup jobs for every availability database on every server instance that hosts an availability replica that is a candidate for performing backups. 詳細については、「可用性レプリカでのバックアップの構成 (SQL Server)」の「補足情報: セカンダリ レプリカでバックアップを構成した後」を参照してください。For more information, see the "Follow Up: After Configuring Backup on Secondary Replicas" section of Configure Backup on Availability Replicas (SQL Server).

関連タスクRelated Tasks

セカンダリ レプリカでバックアップを構成するにはTo configure backup on secondary replicas

現在のレプリカが推奨されるバックアップ レプリカであるかどうかを判別するにはTo determine whether the current replica is the preferred backup replica

バックアップ ジョブを作成するにはTo create a backup job

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server) Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)
コピーのみのバックアップ (SQL Server) Copy-Only Backups (SQL Server)
CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)