Always On 可用性グループ内のレプリカのセッション タイムアウト期間を変更するChange the session-timeout period for a replica within an Always On availability group

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server Management StudioSQL Server Management StudioTransact-SQLTransact-SQLSQL Server 2017SQL Server 2017、または PowerShell を使用して、Always On 可用性レプリカのセッション タイムアウト期間を構成する方法について説明します。This topic describes how to configure the session-timeout period of an Always On availability replica by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio, Transact-SQLTransact-SQL, or PowerShell in SQL Server 2017SQL Server 2017. セッション タイムアウト期間は、接続されたレプリカからの ping 応答を可用性レプリカが何秒待機するかを制御するレプリカ プロパティです。この期間を過ぎると、接続に失敗したと見なされます。The session-timeout period is a replica property that controls how many seconds (in seconds) that an availability replica waits for a ping response from a connected replica before considering the connection to have failed. 既定では、レプリカは ping 応答を 10 秒間待機します。By default, a replica waits 10 seconds for a ping response. このレプリカ プロパティは、可用性グループ内の指定したセカンダリ レプリカとプライマリ レプリカ間の接続のみに適用されます。This replica property applies only the connection between a given secondary replica and the primary replica of the availability group. セッション タイムアウト期間の詳細については、「Always On 可用性グループの概要 (SQL Server)」を参照してください。For more information about the session-timeout period, see Overview of AlwaysOn Availability Groups (SQL Server).

前提条件Prerequisites

  • プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続されている必要があります。You must be connected to the server instance that hosts the primary replica.

推奨事項Recommendations

タイムアウト期間を 10 秒以上にしておくことをお勧めします。We recommend that you keep the time-out period at 10 seconds or greater. 値を 10 秒未満に設定すると、負荷の高いシステムでは PING を受信できず、誤認エラーが示される可能性があります。Setting the value to less than 10 seconds creates the possibility of a heavily loaded system missing PINGs and declaring a false failure.

PermissionsPermissions

可用性グループの ALTER AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL AVAILABILITY GROUP 権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、または CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires ALTER AVAILABILITY GROUP permission on the availability group, CONTROL AVAILABILITY GROUP permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

可用性レプリカのセッション タイムアウト期間を変更するにはTo change the session-timeout period for an availability replica

  1. オブジェクト エクスプローラーで、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続し、サーバー ツリーを展開します。In Object Explorer, connect to the server instance that hosts the primary replica, and expand the server tree.

  2. [Always On 高可用性] ノードと [可用性グループ] ノードを展開します。Expand the Always On High Availability node and the Availability Groups node.

  3. 構成する可用性レプリカが含まれる可用性グループをクリックします。Click the availability group whose availability replica you want to configure.

  4. 構成するレプリカを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right-click the replica to be configured, and click Properties.

  5. [可用性レプリカ プロパティ] ダイアログ ボックスで [セッションのタイムアウト (秒)] フィールドを使用して、このレプリカでのセッション タイムアウト期間の秒数を変更します。In the Availability Replica Properties dialog box, use the Session timeout (seconds) field to change the number of seconds for the session-timeout period on this replica.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

可用性レプリカのセッション タイムアウト期間を変更するにはTo change the session-timeout period for an availability replica

  1. プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続します。Connect to the server instance that hosts the primary replica.

  2. ALTER AVAILABILITY GROUP ステートメントを使用します。次にその例を示します。Use the ALTER AVAILABILITY GROUP statement, as follows:

    ALTER AVAILABILITY GROUP group_nameALTER AVAILABILITY GROUP group_name

    MODIFY REPLICA ON 'instance_name' WITH ( SESSION_TIMEOUT =seconds )MODIFY REPLICA ON 'instance_name' WITH ( SESSION_TIMEOUT =seconds )

    group_name の部分には、可用性グループの名前を指定します。 instance_name の部分には、変更する可用性レプリカをホストするサーバー インスタンスの名前を指定します。 seconds には、レプリカがセカンダリ レプリカとして機能している場合に、データベースにログを適用する前に待機する必要がある最小秒数を指定します。where group_name is the name of the availability group, instance_name is the name of the server instance that hosts the availability replica to be modified, and seconds specifies the minimum number of seconds that the replica must wait before applying log to databases when acting as a secondary replica. 既定値は 0 秒です。つまり、適用の遅延はありません。The default is 0 seconds, which indicates that there is no apply delay.

    次の例は、 AccountsAG 可用性グループのプライマリ レプリカに入力すると、 15 サーバー インスタンスにあるレプリカのセッション タイムアウト値を INSTANCE09 秒に変更します。The following example, entered on the primary replica of the AccountsAG availability group, changes the session-timeout value to 15 seconds for the replica located on the INSTANCE09 server instance.

    ALTER AVAILABILITY GROUP AccountsAG   
       MODIFY REPLICA ON 'INSTANCE09' WITH (SESSION_TIMEOUT = 15);  
    

PowerShell の使用Using PowerShell

可用性レプリカのセッション タイムアウト期間を変更するにはTo change the session-timeout period for an availability replica

  1. プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスにディレクトリを変更 (cd) します 。Change directory (cd) to the server instance that hosts the primary replica.

  2. Set-SqlAvailabilityReplica コマンドレットを SessionTimeout パラメーターを指定して使用し、指定された可用性レプリカのセッション タイムアウト期間の秒数を変更します。Use the Set-SqlAvailabilityReplica cmdlet with the SessionTimeout parameter to change the number of seconds for the session-timeout period on a specified availability replica.

    たとえば、次のコマンドは、セッションのタイムアウト期間を 15 秒に設定します。For example, the following command sets the session-timeout period to 15 seconds.

    Set-SqlAvailabilityReplica -SessionTimeout 15 `   
    -Path SQLSERVER:\Sql\PrimaryServer\InstanceName\AvailabilityGroups\MyAg\AvailabilityReplicas\MyReplica  
    

    注意

    コマンドレットの構文を表示するには、 PowerShell 環境で Get-Help SQL ServerSQL Server コマンドレットを使用します。To view the syntax of a cmdlet, use the Get-Help cmdlet in the SQL ServerSQL Server PowerShell environment. 詳細については、「 Get Help SQL Server PowerShell」を参照してください。For more information, see Get Help SQL Server PowerShell.

SQL Server PowerShell プロバイダーを設定して使用するにはTo set up and use the SQL Server PowerShell provider

参照See Also

AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server)Overview of Always On Availability Groups (SQL Server)