エンドポイント URL の指定 - 可用性レプリカの追加と変更

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

可用性グループの可用性レプリカをホストするには、サーバー インスタンスにデータベース ミラーリング エンドポイントが存在する必要があります。 サーバー インスタンスでは、このエンドポイントを使用して、他のサーバー インスタンスによってホストされる可用性レプリカから Always On 可用性グループ のメッセージをリッスンします。 可用性グループの可用性レプリカを定義するには、そのレプリカをホストするサーバー インスタンスのエンドポイント URL を指定する必要があります。 エンドポイント URL は、データベース ミラーリング エンドポイントのトランスポート プロトコル (TCP)、サーバー インスタンスのシステム アドレス、およびエンドポイントに関連付けられているポート番号を識別します。

注意

"エンドポイント URL" という用語は、データベース ミラーリングのユーザー インターフェイスとドキュメントで使用される "サーバー ネットワーク アドレス" という用語と同義です。

エンドポイント URL の構文

エンドポイント URL の構文は、次のような形式になります。

TCP :// <system-address> : <port>

where

  • <system-address> は、ターゲット コンピューター システムを明確に識別する文字列です。 通常、サーバー アドレスは、システム名 (システムが同じドメインに存在する場合)、完全修飾ドメイン名、または IP アドレスになります。

    • Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) クラスターのノードが同じドメイン内にある場合、コンピューター システムの名前 ( SYSTEM46など) を使用できます。

    • IP アドレスを使用するには、それが環境内で一意である必要があります。 IP アドレスが静的である場合にのみ、IP アドレスを使用することをお勧めします。 IP アドレスには、IP Version 4 (IPv4) または IP Version 6 (IPv6) を使用できます。 IPv6 アドレスは、 [ <IPv6_address> ] のように、角かっこで囲む必要があります。

      システムの IP アドレスを参照するには、Windows コマンド プロンプトで、 ipconfig コマンドを入力します。

    • 完全修飾ドメイン名は動作が保証されています。 これは、場所によって異なる形式を使用するローカルに定義されたアドレス文字列です。 常にではありませんが多くの場合、完全修飾ドメイン名は、次の形式のようにコンピューター名、およびピリオド区切りの一連のドメイン セグメントを含む複合名になります。

      computer_name . domain_segment[... . domain_segment]

      computer_name はサーバー インスタンスを実行しているコンピューターのネットワーク名、および domain_segment[... . domain_segment] はサーバーのその他のドメイン情報です。たとえば、 localinfo.corp.Adventure-Works.comのようになります。

      ドメイン セグメントの内容と数は、会社内または組織内で決定されます。 詳細については、このトピックの「 完全修飾ドメイン名の検索」を参照してください。

  • <port> は、パートナー サーバー インスタンスのミラーリング エンドポイントによって使用されるポート番号です。

    データベース ミラーリング エンドポイントは、コンピューター システム上の使用可能な任意のポートを使用できます。 各ポート番号は 1 つのエンドポイントだけに関連付けられている必要があります。また、各エンドポイントは 1 つのサーバー インスタンスに関連付けられています。そのため、1 台のサーバー上に複数のサーバー インスタンスがある場合、各サーバー インスタンスは、ポートが異なる別のエンドポイントでリッスンします。 したがって、可用性レプリカを指定するときにエンドポイント URL で指定するポートにより、必ず、エンドポイントがそのポートに関連付けられているサーバー インスタンスに受信メッセージがリダイレクトされます。

    エンドポイント URL で、ターゲット コンピューターのミラーリング エンドポイントに関連付けられているサーバー インスタンスを識別するのは、ポートの番号だけです。 次の図は、1 台のコンピューターにある 2 つのサーバー インスタンスのエンドポイント URL を示しています。 既定のインスタンスではポート 7022 が使用され、名前付きインスタンスではポート 7033が使用されます。 これら 2 つのサーバー インスタンスのエンドポイント URL は、それぞれ TCP://MYSYSTEM.Adventure-works.MyDomain.com:7022TCP://MYSYSTEM.Adventure-works.MyDomain.com:7033です。 アドレスにサーバー インスタンス名が含まれていないことに注意してください。

    既定のインスタンスのサーバー ネットワーク アドレス

    サーバー インスタンスのデータベース ミラーリング エンドポイントに現在関連付けられているポートを識別するには、次の Transact-SQL ステートメントを使用します。

    SELECT type_desc, port FROM sys.TCP_endpoints  
    

    type_desc の値が "DATABASE_MIRRORING" の行を検索し、対応するポート番号を使用します。

A. システム名を使用する

次のエンドポイント URL では、システム名 SYSTEM46およびポート 7022を指定しています。

TCP://SYSTEM46:7022

B. 完全修飾ドメイン名を使用する

次のエンドポイント URL では、完全修飾ドメイン名 DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.comおよびポート 7024を指定しています。

TCP://DBSERVER8.manufacturing.Adventure-Works.com:7024

C. IPv4 を使用する

次のエンドポイント URL では、IPv4 アドレス 10.193.9.134およびポート 7023を指定しています。

TCP://10.193.9.134:7023

D. IPv6 を使用する

次のエンドポイント URL では、IPv6 アドレス 2001:4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3およびポート 7022を指定しています。

TCP://[2001:4898:23:1002:20f:1fff:feff:b3a3]:7022

システムの完全修飾ドメイン名の検索

システムの完全修飾ドメイン名を検索するには、そのシステムの Windows コマンド プロンプトで次のように入力します。

IPCONFIG /ALL

完全修飾ドメイン名を作成するには、次に示すように、 <host_name><Primary_Dns_Suffix> の値を連結します:

<host_name> . <Primary_Dns_Suffix>

たとえば、次のような IP 構成があるとします。

Host Name . . . . . . : MYSERVER

Primary Dns Suffix . . . : mydomain.Adventure-Works.com

この場合、完全修飾ドメイン名は次のようになります。

MYSERVER.mydomain.Adventure-Works.com

注意

完全修飾ドメイン名に関する情報が必要な場合は、システム管理者に問い合わせてください。

データベース ミラーリング エンドポイントを構成するには

データベース ミラーリング エンドポイントに関する情報を表示するには

可用性レプリカを追加するには

参照

可用性グループの作成と構成 (SQL Server)
AlwaysOn 可用性グループの概要 (SQL Server)
CREATE ENDPOINT (Transact-SQL)