sys.database_mirroring_endpoints (Transact-SQL)sys.database_mirroring_endpoints (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) 適用対象:Applies to: ○ SQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)yesSQL ServerSQL Server (all supported versions)

のインスタンスのデータベースミラーリングエンドポイント用の1行のデータを格納 SQL ServerSQL Server します。Contains one row for the database mirroring endpoint of an instance of SQL ServerSQL Server.

注意

データベースミラーリングエンドポイントでは、データベースミラーリングパートナーと監視サーバーの間のセッション、および Always On 可用性グループとそのセカンダリレプリカのプライマリレプリカ間のセッションの両方がサポートされます。The database mirroring endpoint supports both sessions between database mirroring partners and with witnesses and sessions between the primary replica of a Always On availability group and its secondary replicas.

列名Column name データ型Data type 説明Description
<inherited columns> - から列を継承します。 詳細については、「 sys. エンドポイント (transact-sql))」を参照してください。Inherits columns from sys.endpoints (for more information, see sys.endpoints (Transact-SQL)).
rolerole tinyinttinyint ミラーリング ロール。次のいずれかになります。Mirroring role, one of:

0 = なし0 = None

1 = パートナー1 = Partner

2 = ミラーリング監視2 = Witness

3 = すべて3 = All

注: この値はデータベースミラーリングにのみ関連します。Note: This value is relevant only for database mirroring.
role_descrole_desc nvarchar(60)nvarchar(60) ミラーリング ロールの説明。次のいずれかになります。Description of mirroring role, one of:

NONENONE

企業PARTNER

監視WITNESS

ALLALL

注: この値はデータベースミラーリングにのみ関連します。Note: This value is relevant only for database mirroring.
is_encryption_enabledis_encryption_enabled bitbit 1は、暗号化が有効になっていることを示します。1 means that encryption is enabled.

0は、暗号化が無効であることを示します。0 means that encryption is disabled.
connection_authconnection_auth tinyinttinyint エンドポイントへの接続に必要な接続認証の種類。次のいずれかになります。The type of connection authentication required for connections to this endpoint, one of:

1 -NTLM1 - NTLM

2 -KERBEROS2 - KERBEROS

3 -ネゴシエート3 - NEGOTIATE

4 -証明書4 - CERTIFICATE

5 -NTLM、証明書5 - NTLM, CERTIFICATE

6 -KERBEROS、証明書6 - KERBEROS, CERTIFICATE

7 -NEGOTIATE、CERTIFICATE7 - NEGOTIATE, CERTIFICATE

8 -証明書、NTLM8 - CERTIFICATE, NTLM

9 -証明書、KERBEROS9 - CERTIFICATE, KERBEROS

10 -証明書、ネゴシエート10 - CERTIFICATE, NEGOTIATE
connection_auth_descconnection_auth_desc Nvarchar (60)Nvarchar (60) このエンドポイントへの接続に必要な認証の種類の説明。次のいずれかになります。Description of the type of authentication required for connections to this endpoint, one of:

NTLMNTLM

KERBEROSKERBEROS

ネゴシエーションNEGOTIATE

CERTIFICATECERTIFICATE

NTLM、証明書NTLM, CERTIFICATE

KERBEROS、証明書KERBEROS, CERTIFICATE

NEGOTIATE、CERTIFICATENEGOTIATE, CERTIFICATE

CERTIFICATE、NTLMCERTIFICATE, NTLM

CERTIFICATE、KERBEROSCERTIFICATE, KERBEROS

証明書、ネゴシエートCERTIFICATE, NEGOTIATE
certificate_idcertificate_id intint 認証で使用される証明書の ID (存在する場合)。ID of certificate used for authentication, if any.

0 = Windows 認証が使用されています。0 = Windows Authentication is being used.
encryption_algorithmencryption_algorithm tinyinttinyint 暗号化アルゴリズム。次のいずれかになります。Encryption algorithm, one of:

0 -なし0 - NONE

1 -RC41 - RC4

2 -AES2 - AES

3 -なし、RC43 - NONE, RC4

4 -NONE、AES4 - NONE, AES

5 -RC4、AES5 - RC4, AES

6 -AES、RC46 - AES, RC4

7 -なし、RC4、AES7 - NONE, RC4, AES

8 -なし、AES、RC48 - NONE, AES, RC4
encryption_algorithm_descencryption_algorithm_desc nvarchar(60)nvarchar(60) 暗号化アルゴリズムの説明。次のいずれかになります。Description of the encryption algorithm, one of:

なしNONE

RC4RC4

AESAES

なし、RC4NONE, RC4

NONE、AESNONE, AES

RC4、AESRC4, AES

AES、RC4AES, RC4

NONE、RC4、AESNONE, RC4, AES

NONE、AES、RC4NONE, AES, RC4

注釈Remarks

注意

RC4 アルゴリズムは、旧バージョンとの互換性のためにのみサポートされています。The RC4 algorithm is only supported for backward compatibility. データベース互換性レベルが 90 または 100 の場合、新しい素材は RC4 または RC4_128 を使用してのみ暗号化できます New material can only be encrypted using RC4 or RC4_128 when the database is in compatibility level 90 or 100. (非推奨)。AES アルゴリズムのいずれかなど、新しいアルゴリズムを使用してください。(Not recommended.) Use a newer algorithm such as one of the AES algorithms instead. SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x)以降では、どの互換性レベルでも、RC4 または RC4_128 を使用して暗号化された素材の暗号化を解除できます。In SQL Server 2012 (11.x)SQL Server 2012 (11.x) and higher, material encrypted using RC4 or RC4_128 can be decrypted in any compatibility level.

アクセス許可Permissions

カタログ ビューでのメタデータの表示が、ユーザーが所有しているかそのユーザーが権限を許可されている、セキュリティ保護可能なメタデータに制限されます。The visibility of the metadata in catalog views is limited to securables that a user either owns or on which the user has been granted some permission. 詳細については、「 Metadata Visibility Configuration」を参照してください。For more information, see Metadata Visibility Configuration.

関連項目See Also

可用性レプリカを追加または変更するときにエンドポイント URL を指定する (SQL Server) Specify the Endpoint URL When Adding or Modifying an Availability Replica (SQL Server)
sys.availability_replicas (Transact-SQL) sys.availability_replicas (Transact-SQL)
database_mirroring (Transact-sql) sys.database_mirroring (Transact-SQL)
database_mirroring_witnesses (Transact-sql) sys.database_mirroring_witnesses (Transact-SQL)
データベースミラーリングエンドポイント (SQL Server) The Database Mirroring Endpoint (SQL Server)
SQL Server システム カタログに対するクエリに関してよく寄せられる質問Querying the SQL Server System Catalog FAQ