ログ配布の構成 (SQL Server)Configure Log Shipping (SQL Server)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、 SQL Server 2017SQL Server 2017SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio または Transact-SQLTransact-SQLを使用して、ログ配布を構成する方法を説明します。This topic describes how to configure log shipping in SQL Server 2017SQL Server 2017 by using SQL Server Management StudioSQL Server Management Studio or Transact-SQLTransact-SQL.

注意

SQL Server 2008 EnterpriseSQL Server 2008 Enterprise 以降のバージョンでは、バックアップの圧縮がサポートされています。and later versions support backup compression. ログ配布構成の作成時に、ログ バックアップのバックアップ圧縮動作を制御できます。When creating a log shipping configuration, you can control the backup compression behavior of log backups. 詳細については、「バックアップの圧縮 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Backup Compression (SQL Server).

このトピックの内容In This Topic

はじめにBefore You Begin

前提条件Prerequisites

  • プライマリ データベースでは、完全復旧モデルか一括ログ復旧モデルを使用する必要があります。単純復旧モデルにデータベースを切り替えると、ログ配布が機能しなくなります。The primary database must use the full or bulk-logged recovery model; switching the database to simple recovery will cause log shipping to stop functioning.

  • ログ配布を構成する前に、セカンダリ サーバーからトランザクション ログ バックアップを使用できるようにするための共有を作成する必要があります。Before you configure log shipping, you must create a share to make the transaction log backups available to the secondary server. この共有は、トランザクション ログ バックアップを生成するディレクトリにします。This is a share of the directory where the transaction log backups will be generated. たとえば、トランザクション ログをディレクトリ c:\data\tlogs\にバックアップする場合は、このディレクトリを基に \\primaryserver\tlogs という共有を作成します。For example, if you back up your transaction logs to the directory c:\data\tlogs\, you could create the \\primaryserver\tlogs share of that directory.

セキュリティSecurity

PermissionsPermissions

ログ配布ストアド プロシージャには、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。The log-shipping stored procedures require membership in the sysadmin fixed server role.

SQL Server Management Studio の使用Using SQL Server Management Studio

ログ配布を構成するにはTo configure log shipping

  1. ログ配布構成のプライマリ データベースとして使用するデータベースを右クリックし、 [プロパティ] をクリックします。Right click the database you want to use as your primary database in the log shipping configuration, and then click Properties.

  2. [ページの選択][トランザクション ログの配布] をクリックします。Under Select a page, click Transaction Log Shipping.

  3. [ログ配布構成のプライマリ データベースとして有効にする] チェック ボックスをオンにします。Select the Enable this as a primary database in a log shipping configuration check box.

  4. [トランザクション ログのバックアップ][バックアップの設定] をクリックします。Under Transaction log backups, click Backup Settings.

  5. [バックアップ フォルダーのネットワーク パスを指定する] ボックスに、トランザクション ログ バックアップ フォルダー用に作成した共有へのネットワーク パスを入力します。In the Network path to the backup folder box, type the network path to the share you created for the transaction log backup folder.

  6. バックアップ フォルダーがプライマリ サーバーに存在する場合は、バックアップ フォルダー ボックスにローカル パスを入力しますIf the backup folder is located on the primary server, type a local path in the backup folder box. (バックアップ フォルダーが、プライマリ サーバー上にない場合は、このボックスは空のままでかまいません)。(If the backup folder is not on the primary server, you can leave this box empty.)

    重要

    プライマリ サーバーの SQL ServerSQL Server サービス アカウントがローカル システム アカウントで実行されている場合、バックアップ フォルダーはプライマリ サーバー上に作成し、このフォルダーへのローカル パスを指定する必要があります。If the SQL ServerSQL Server service account on your primary server runs under the local system account, you must create your backup folder on the primary server and specify a local path to that folder.

  7. [次の期間を経過したファイルを削除する][バックアップが次の期間内に行われない場合は警告する] の各パラメーターを構成します。Configure the Delete files older than and Alert if no backup occurs within parameters.

  8. [バックアップ ジョブ][スケジュール] ボックスに、バックアップ スケジュールの一覧が表示されます。Note the backup schedule listed in the Schedule box under Backup job. スケジュールをカスタマイズする場合は、 [スケジュール] をクリックし、 SQL ServerSQL Server エージェントのスケジュールを必要に応じて調整します。If you want to customize the schedule for your installation, then click Schedule and adjust the SQL ServerSQL Server Agent schedule as needed.

  9. SQL Server 2017SQL Server 2017 では、 バックアップの圧縮がサポートされています。supports backup compression. ログ配布構成を作成する際には、次のオプションのいずれかを選択して、ログ バックアップのバックアップ圧縮動作を制御することができます: 既定のサーバー設定を使用するバックアップを圧縮するバックアップを圧縮しないWhen creating a log shipping configuration, you can control the backup compression behavior of log backups by choosing one of the following options: Use the default server setting, Compress backup, or Do not compress backup. 詳細については、「 Log Shipping Transaction Log Backup Settings」をご覧ください。For more information, see Log Shipping Transaction Log Backup Settings.

  10. [OK] をクリックします。Click OK.

  11. [セカンダリ サーバー インスタンスとデータベース][追加] をクリックします。Under Secondary server instances and databases, click Add.

  12. [接続] をクリックし、セカンダリ サーバーとして使用する SQL ServerSQL Server インスタンスに接続します。Click Connect and connect to the instance of SQL ServerSQL Server that you want to use as your secondary server.

  13. [セカンダリ データベース] ボックスで、一覧からデータベースを選択するか、作成するデータベースの名前を入力します。In the Secondary Database box, choose a database from the list or type the name of the database you want to create.

  14. [セカンダリ データベースの初期化] タブで、セカンダリ データベースを初期化するためのオプションを選択します。On the Initialize Secondary database tab, choose the option that you want to use to initialize the secondary database.

    注意

    Management StudioManagement Studio によりセカンダリ データベースをデータベース バックアップから初期化することを選択した場合、セカンダリ データベースのデータとログ ファイルは master データベースのデータとログ ファイルと同じ場所に配置されます。If you choose to have Management StudioManagement Studio initialize the secondary database from a database backup, the data and log files of the secondary database are placed in the same location as the data and log files of the master database. この場所は、多くの場合、プライマリ データベースのデータとログ ファイルの場所とは異なります。This location is likely to be different than the location of the data and log files of the primary database.

  15. [ファイルのコピー] タブの [ファイルのコピー先フォルダー] ボックスに、トランザクション ログ バックアップのコピー先となるフォルダーのパスを入力します。On the Copy Files tab, in the Destination folder for copied files box, type the path of the folder into which the transaction logs backups should be copied. 多くの場合、セカンダリ サーバー上のフォルダーを指定します。This folder is often located on the secondary server.

  16. [復元ジョブ][スケジュール] ボックスにコピー スケジュールの一覧が表示されます。Note the copy schedule listed in the Schedule box under Copy job. スケジュールをカスタマイズする場合、 [スケジュール] をクリックして、 SQL ServerSQL Server エージェントのスケジュールを必要に応じて調整します。If you want to customize the schedule for your installation, click Schedule and then adjust the SQL ServerSQL Server Agent schedule as needed. このスケジュールはバックアップ スケジュールに近い設定にします。This schedule should approximate the backup schedule.

  17. [復元] タブの [バックアップ復元時のデータベース状態] で、 [復旧モードなし] または [スタンバイ モード] を選択します。On the Restore tab, under Database state when restoring backups, choose the No recovery mode or Standby mode option.

    重要

    スタンバイ モードは、プライマリ サーバーとセカンダリ サーバーのバージョンが同じである場合にのみ使用できるオプションです。Standby mode is only an option when the version of the primary and secondary server are the same. セカンダリ サーバーのメジャー バージョンがプライマリ サーバーよりも新しい場合は、 [復旧モードなし] しか選択できませんWhen the major version of the secondary server is higher than the primary, only No recovery mode is allowed

  18. [スタンバイ モード] を選択する場合は、復元操作の進行中にセカンダリ データベースからユーザーを切断するかどうかを選択します。If you chose the Standby mode option, choose if you want to disconnect users from the secondary database while the restore operation is underway.

  19. セカンダリ サーバーの復元処理を遅延させる場合、 [バックアップの復元を最低限次の期間遅延する] で遅延時間を選択します。If you want to delay the restore process on the secondary server, choose a delay time under Delay restoring backups at least.

  20. [復元が次の期間内に行われない場合は警告する] で警告のしきい値を選択します。Choose an alert threshold under Alert if no restore occurs within.

  21. [復元ジョブ][スケジュール] ボックスに表示される復元スケジュールを確認します。Note the restore schedule listed in the Schedule box under Restore job. スケジュールをカスタマイズする場合、 [スケジュール] をクリックして、 SQL ServerSQL Server エージェントのスケジュールを必要に応じて調整します。If you want to customize the schedule for your installation, click Schedule and then adjust the SQL ServerSQL Server Agent schedule as needed. このスケジュールはバックアップ スケジュールに近い設定にします。This schedule should approximate the backup schedule.

  22. [OK] をクリックします。Click OK.

  23. [監視サーバー インスタンス][監視サーバー インスタンスを使用する] チェック ボックスをオンにし、 [設定] をクリックします。Under Monitor server instance, select the Use a monitor server instance check box, and then click Settings.

    重要

    このログ配布構成を監視するには、ここで監視サーバーを追加する必要があります。To monitor this log shipping configuration, you must add the monitor server now. 監視サーバーを後で追加するには、このログ配布構成を削除して、代わりに監視サーバーを含む新しい構成を用意します。To add the monitor server later, you would need to remove this log shipping configuration and then replace it with a new configuration that includes a monitor server.

  24. [接続] をクリックして、監視サーバーとして使用する SQL ServerSQL Server インスタンスに接続します。Click Connect and connect to the instance of SQL ServerSQL Server that you want to use as your monitor server.

  25. [モニター接続] で、バックアップ、コピー、復元の各ジョブで監視サーバーへの接続に使用する接続方法を指定します。Under Monitor connections, choose the connection method to be used by the backup, copy, and restore jobs to connect to the monitor server.

  26. [履歴の保有期間] で、ログ配布の履歴レコードを保持する期間を指定します。Under History retention, choose the length of time you want to retain a record of your log shipping history.

  27. [OK] をクリックします。Click OK.

  28. [データベースのプロパティ] ダイアログ ボックスで [OK] をクリックし、構成処理を開始します。On the Database Properties dialog box, click OK to begin the configuration process.

Transact-SQL の使用Using Transact-SQL

ログ配布を構成するにはTo configure log shipping

  1. プライマリ データベースの完全バックアップをセカンダリ サーバーに復元して、セカンダリ データベースを初期化します。Initialize the secondary database by restoring a full backup of the primary database on the secondary server.

  2. プライマリ サーバーで sp_add_log_shipping_primary_database を実行して、プライマリ データベースを追加します。On the primary server, execute sp_add_log_shipping_primary_database to add a primary database. このストアド プロシージャからは、バックアップ ジョブ ID とプライマリ ID が返されます。The stored procedure returns the backup job ID and primary ID.

  3. プライマリ サーバーで sp_add_jobschedule を実行して、バックアップ ジョブのスケジュールを追加します。On the primary server, execute sp_add_jobschedule to add a schedule for the backup job.

  4. 監視サーバーで sp_add_log_shipping_alert_job を実行して、警告ジョブを追加します。On the monitor server, execute sp_add_log_shipping_alert_job to add the alert job.

  5. プライマリ サーバーでバックアップ ジョブを有効にします。On the primary server, enable the backup job.

  6. セカンダリ サーバーで sp_add_log_shipping_secondary_primary を実行します。このとき、プライマリ サーバーとプライマリ データベースの詳細情報を指定します。On the secondary server, execute sp_add_log_shipping_secondary_primary supplying the details of the primary server and database. このストアド プロシージャからは、セカンダリ ID、コピー ジョブ ID、および復元ジョブ ID が返されます。This stored procedure returns the secondary ID and the copy and restore job IDs.

  7. セカンダリ サーバーで sp_add_jobschedule を実行して、コピー ジョブと復元ジョブのスケジュールを設定します。On the secondary server, execute sp_add_jobschedule to set the schedule for the copy and restore jobs.

  8. セカンダリ サーバーで sp_add_log_shipping_secondary_database を実行して、セカンダリ データベースを追加します。On the secondary server, execute sp_add_log_shipping_secondary_database to add a secondary database.

  9. プライマリ サーバーで sp_add_log_shipping_primary_secondary を実行して、新しいセカンダリ データベースに関する必要な情報をプライマリ サーバーに追加します。On the primary server, execute sp_add_log_shipping_primary_secondary to add the required information about the new secondary database to the primary server.

  10. セカンダリ サーバーでコピー ジョブと復元ジョブを有効にします。On the secondary server, enable the copy and restore jobs. 詳細については、「 Disable or Enable a Job」をご覧ください。For more information, see Disable or Enable a Job.

関連タスクRelated Tasks

参照See Also

ログ配布について (SQL Server) About Log Shipping (SQL Server)
ログ配布テーブルとストアド プロシージャLog Shipping Tables and Stored Procedures