SSIS ETL パッケージを作成する方法

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はい Azure Data Factory の SSIS 統合ランタイム

このチュートリアルでは、 SSIS デザイナーを使用して、簡単な Microsoft SQL Server Integration Services パッケージを作成する方法を学習します。 作成するパッケージは、フラット ファイルからデータを取得し、そのデータを変換した後で、ファクト テーブルに挿入します。 以降のレッスンでは、このパッケージを拡張して、ループ、パッケージ構成、ログ記録、およびエラー フローについて学習します。

チュートリアルで使用するサンプル データをインストールすると、チュートリアルの各レッスンで作成するパッケージの完了した状態のバージョンもインストールされます。 完了した状態のパッケージを使用すれば、手順をとばし、後のレッスンからチュートリアルを開始することができます。 このチュートリアルでパッケージまたは新しい開発環境を初めて使用する場合は、レッスン 1 から開始することをお勧めします。

SQL Server Integration Services (SSIS) とは

MicrosoftSQL Server Integration Services (SSIS) は、データ ウェアハウスの ETL (抽出、変換、読み込み) パッケージなど、パフォーマンスの高いデータ統合ソリューションを構築するためのプラットフォームです。 SSIS には、パッケージをビルドしてデバッグするためのグラフィカルなツールやウィザード、ワークフロー機能 (FTP 操作など) や SQL ステートメントを実行したり電子メール メッセージを送信したりするためのタスク、データの抽出や読み込みに使用するデータの抽出元と抽出先、データをクリーニング、集計、マージ、コピーするための変換、パッケージの実行と保存を管理するための管理データベース (SSISDB)、Integration Services オブジェクト モデルをプログラミングするための API (アプリケーション プログラミング インターフェイス) が用意されています。

学習する内容

MicrosoftSQL Server Integration Services の新しいツール、コントロール、機能などに慣れる最良の方法は、実際に使ってみることです。 このチュートリアルでは、SSIS デザイナーを使用して、ループ、構成、エラー フロー ロジック、およびログの記録を含む簡単な ETL パッケージを作成します。

前提条件

このチュートリアルは、データベースの基本的な操作を理解している一方で、 SQL Server Integration Servicesの新機能にはほとんど触れたことがないユーザーを対象にしています。

このチュートリアルを実行するには、次のコンポーネントがインストールされている必要があります。

  • SQL Server および Integration Services。 SQL Server と SSIS のインストールについては、「Integration Services のインストール」をご覧ください。

  • AdventureWorksDW2012 サンプル データベース。 AdventureWorksDW2012 データベースをダウンロードするには、AdventureWorks サンプル データベースから AdventureWorksDW2012.bak をダウンロードし、バックアップを復元します。

  • サンプル データ ファイル。 このサンプル データは、 SSIS のレッスン パッケージに含まれています。 サンプル データとレッスン パッケージを ZIP ファイルとしてダウンロードする場合は、SQL Server Integration Services のチュートリアル ファイルに関するページを参照してください。

    • Zip ファイル内のファイルのほとんどは、意図しない変更を回避するために読み取り専用になっています。 ファイルに出力を書き込んだり、ファイルを変更したりするには、ファイルのプロパティで読み取り専用属性をオフにする必要がある場合があります。
    • サンプル パッケージでは、データ ファイルがフォルダー C:\Program Files\Microsoft SQL Server\100\Samples\Integration Services\Tutorial\Creating a Simple ETL Package 内にあることが想定されています。 ダウンロードしたファイルを別の場所に解凍する場合は、サンプル パッケージの複数の場所でファイル パスを更新する必要がある場合があります。

このチュートリアルで行うレッスン

レッスン 1: SSIS によるプロジェクトと基本パッケージの作成
このレッスンでは、簡単な ETL パッケージを作成します。パッケージの内容は、1 つのフラット ファイルからデータを抽出し、参照変換を使用してデータを変換し、最後に結果をファクト テーブルの変換先に読み込ませるというものです。

レッスン 2: SSIS でのループの追加
このレッスンでは、レッスン 1 で作成したパッケージを拡張し、新しいループ機能を活用して、複数のフラット ファイルを単一のデータ フロー プロセスに抽出します。

レッスン 3: SSIS でのログ記録の追加
このレッスンでは、レッスン 2 で作成したパッケージを拡張し、新しいログ機能を活用します。

レッスン 4: SSIS でエラー フロー リダイレクションを追加する
このレッスンでは、レッスン 3 で作成したパッケージを拡張し、新しいエラー出力構成を活用します。

レッスン 5: パッケージ配置モデルの SSIS パッケージ構成を追加する
このレッスンでは、レッスン 4 で作成したパッケージを拡張し、新しいパッケージ構成オプションを活用します。

レッスン 6: SSIS でプロジェクト配置モデルを持つパラメーターを使用する
このレッスンでは、レッスン 5 で作成したパッケージを拡張し、プロジェクト配置モデルで新しいパラメーターを使用します。