Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップを有効にするEnable SQL Server Managed Backup to Microsoft Azure

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

このトピックでは、データベース レベルとインスタンス レベルの両方で、既定の設定を使用して Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure を有効にする方法について説明します。This topic describes how to enable Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure with default settings at both the database and instance level. また、電子メール通知を有効にする方法と、バックアップ処理を監視する方法についても説明します。It also describes how to enable email notifications and how to monitor backup activity.

このチュートリアルでは、Azure PowerShell を使用します。This tutorial uses Azure PowerShell. チュートリアルを開始する前に、 Azure PowerShell をダウンロードしてインストールしますBefore starting the tutorial, download and install Azure PowerShell.

重要

また、高度なオプションを有効にする場合やカスタムのスケジュールを使用する場合、 Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azureを有効にする前にまずその設定を構成します。If you also want to enable advanced options or use a custom schedule, configure those settings first before enabling Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure. 詳細については、「Configure Advanced Options for SQL Server Managed Backup to Microsoft Azure」を参照してください。For more information, see Configure Advanced Options for SQL Server Managed Backup to Microsoft Azure.

既定の設定で Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure を有効にして構成するEnable and Configure Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure with Default Settings

Azure Blob コンテナーを作成するCreate the Azure Blob Container

  1. Azure にサインアップする: 既に Azure サブスクリプションがある場合は、次の手順に進みます。Sign up for Azure: If you already have an Azure subscription, go to the next step. ない場合は、 無料評価版 から始めるか、 購入オプションを調べることができます。Otherwise, you can get started with a free trial or explore purchase options.

  2. Azure ストレージ アカウントを作成する: 既にストレージ アカウントがある場合は、次の手順に進みます。Create an Azure storage account: If you already have a storage account, go to the next step. ない場合は、 Azure 管理ポータル または Azure PowerShell を使用してストレージ アカウントを作成できます。Otherwise, you can use the Azure Management Portal or Azure PowerShell to create the storage account. 次の New-AzureStorageAccount コマンドを実行すると、米国東部地域に managedbackupstorage というストレージ アカウントが作成されます。The following New-AzureStorageAccount command creates a storage account named managedbackupstorage in the East US region.

    New-AzureStorageAccount -StorageAccountName "managedbackupstorage" -Location "EAST US"  
    

    ストレージ アカウントの詳細については、「 Azure ストレージ アカウントについて」を参照してください。For more information about storage accounts, see About Azure Storage Accounts.

  3. バックアップ ファイル用の BLOB コンテナーを作成する: Azure 管理ポータルまたは Azure PowerShell で BLOB コンテナーを作成できます。Create a blob container for the backup files: You can create a blob container in the Azure Management Portal or with Azure PowerShell. 次の New-AzureStorageContainer コマンドを実行すると、 backupcontainer ストレージ アカウントに managedbackupstorage という BLOB コンテナーが作成されます。The following New-AzureStorageContainer command creates a blob container named backupcontainer in the managedbackupstorage storage account.

    $context = New-AzureStorageContext -StorageAccountName managedbackupstorage -StorageAccountKey (Get-AzureStorageKey -StorageAccountName managedbackupstorage).Primary  
    New-AzureStorageContainer -Name backupcontainer -Context $context  
    
  4. Shared Access Signature (SAS) を生成する: コンテナーにアクセスするには、SAS を作成する必要があります。Generate a Shared Access Signature (SAS): To access the container, you must create a SAS. SAS は、いくつかのツール、コード、Azure PowerShell を使用して作成できます。This can be done in some tools, code, and Azure PowerShell. 次の New-AzureStorageContainerSASToken コマンドを実行すると、1 年後に期限切れになる backupcontainer BLOB コンテナーの SAS トークンが作成されます。The following New-AzureStorageContainerSASToken command creates SAS token for the backupcontainer blob container that expires in one year.

$context = New-AzureStorageContext -StorageAccountName managedbackupstorage -StorageAccountKey (Get-AzureStorageKey -StorageAccountName managedbackupstorage).Primary   
New-AzureStorageContainerSASToken -Name backupcontainer -Permission rwdl -ExpiryTime (Get-Date).AddYears(1) -FullUri -Context $context  

Azure の場合、次のコマンドを使用します。For Azure, use the following command:

Connect-AzAccount
Set-AzContext -SubscriptionId "YOURSUBSCRIPTIONID"
$StorageAccountKey = (Get-AzStorageAccountKey -ResourceGroupName YOURRESOURCEGROUPFORTHESTORAGE -Name managedbackupstorage)[0].Value
$context = New-AzureStorageContext -StorageAccountName managedbackupstorage -StorageAccountKey $StorageAccountKey 
New-AzureStorageContainerSASToken -Name backupcontainer -Permission rwdl -ExpiryTime (Get-Date).AddYears(1) -FullUri -Context $context

このコマンドの出力には、コンテナーの URL と SAS トークンの両方が含まれます。The output for this command will contain both the URL to the container and the SAS token. 以下に例を示します。The following is an example:

https://managedbackupstorage.blob.core.windows.net/backupcontainer?sv=2014-02-14&sr=c&sig=xM2LXVo1Erqp7LxQ%9BxqK9QC6%5Qabcd%9LKjHGnnmQWEsDf%5Q%se=2015-05-14T14%3B93%4V20X&sp=rwdl

前の例では、コンテナーの URL と SAS トークンが疑問符で区切られます (疑問符は含めないでください)。In the previous example, separate the container URL from the SAS token at the question mark (do not include the question mark. たとえば、前の出力結果は、次の 2 つの値になります。For example, the previous output would result in the following two values.

コンテナーの URL:Container URL: https://managedbackupstorage.blob.core.windows.net/backupcontainer
SAS トークン:SAS token: sv=2014-02-14&sr=c&sig=xM2LXVo1Erqp7LxQ%9BxqK9QC6%5Qabcd%9LKjHGnnmQWEsDf%5Q%se=2015-05-14T14%3B93%4V20X&sp=rwdlsv=2014-02-14&sr=c&sig=xM2LXVo1Erqp7LxQ%9BxqK9QC6%5Qabcd%9LKjHGnnmQWEsDf%5Q%se=2015-05-14T14%3B93%4V20X&sp=rwdl

SQL 資格情報の作成に使用するコンテナーの URL と SAS を記録します。Record the container URL and SAS for use in creating a SQL CREDENTIAL. SAS の詳細については、「Shared Access Signature、第 1 部: SAS モデルについて」を参照してください。For more information about SAS, see Shared Access Signatures, Part 1: Understanding the SAS Model.

[有効化] Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft AzureEnable Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure

  1. SAS URL の SQL 資格情報を作成する: SAS トークンを使用して、BLOB コンテナーの URL の SQL 資格情報を作成します。Create a SQL Credential for the SAS URL: Use the SAS token to create a SQL Credential for the blob container URL. SQL Server Management Studio で、次の Transact-SQL クエリを使用して、次の例に基づいて BLOB コンテナーの資格情報を作成します。In SQL Server Management Studio, use the following Transact-SQL query to create the credential for your blob container URL based on the following example:

    CREATE CREDENTIAL [https://managedbackupstorage.blob.core.windows.net/backupcontainer]   
    WITH IDENTITY = 'Shared Access Signature',  
    SECRET = 'sv=2014-02-14&sr=c&sig=xM2LXVo1Erqp7LxQ%9BxqK9QC6%5Qabcd%9LKjHGnnmQWEsDf%5Q%se=2015-05-14T14%3B93%4V20X&sp=rwdl'  
    
  2. SQL Server エージェント サービスが開始され、実行されていることを確認する: SQL Server エージェントを開始します (現在実行されていない場合)。Ensure SQL Server Agent service is Started and Running: Start SQL Server Agent if it is not currently running. Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure でバックアップ操作を実行するには、SQL Server エージェントがインスタンスで実行されている必要があります。requires SQL Server Agent to be running on the instance to perform backup operations. バックアップ操作を定期的に実行できるように、SQL Server エージェントの自動的な実行を設定できます。You may want to set SQL Server Agent to run automatically to make sure that backup operations can occur regularly.

  3. 保有期間を決定する: バックアップ ファイルに必要な保有期間を決定します。Determine the retention period: Determine the retention period for the backup files. 保有期間は日数で指定し、その範囲は 1 ~ 30 になります。The retention period is specified in days and can range from 1 to 30.

  4. Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure を有効にして構成する: SQL Server Management Studio を起動し、対象の SQL Server インスタンスに接続します。Enable and configure Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure : Start SQL Server Management Studio and connect to the target SQL Server instance. 要件に合わせて、データベース名、コンテナーの URL、および保有期間の値を変更した後、クエリ ウィンドウから次のステートメントを実行します。From the query window run the following statement after you modify the values for the database name, container url, and retention period per your requirements:

    重要

    インスタンス レベルで管理対象バックアップを有効にするには、database_name パラメーターに NULL を指定します。To enable managed backup at the instance level, specify NULL for the database_name parameter.

    Use msdb;  
    GO  
    EXEC msdb.managed_backup.sp_backup_config_basic   
     @enable_backup = 1,   
     @database_name = 'yourdatabasename',  
     @container_url = 'https://managedbackupstorage.blob.core.windows.net/backupcontainer',   
     @retention_days = 30  
    GO  
    

    Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure は、指定したデータベースで有効になります。is now enabled on the database you specified. データベースでのバックアップ操作の実行が開始されるまで最大 15 分かかる場合があります。It may take up to 15 minutes for the backup operations on the database to start to run.

  5. 拡張イベントの既定の構成を確認する: 次の Transact-SQL ステートメントを実行して、拡張イベントの設定を確認します。Review Extended Event Default Configuration: Review the Extended Event settings by running the following transact-SQL statement.

    SELECT * FROM msdb.managed_backup.fn_get_current_xevent_settings()  
    

    管理、運用、および分析のチャネル イベントは既定で有効になっていて、無効にできないことに注意してください。You should see that Admin, Operational, and Analytical channel events are enabled by default and cannot be disabled. 手動の介入を必要とするイベントを監視するには、これで十分です。This should be sufficient to monitor the events that require manual intervention. デバッグ イベントを有効にすることはできますが、デバッグ チャネルには、 Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure が問題の検出および解決に使用する情報イベントとデバッグ イベントが含まれています。You can enable debug events, but the debug channels include informational and debug events that Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure uses to detect issues and solve them.

  6. 正常性状態の通知を有効化し、構成する: Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure には、注意を要するエラーまたは警告の電子メール通知を送信するためにエージェント ジョブを作成するストアド プロシージャがあります。Enable and Configure Notification for Health Status: Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure has a stored procedure that creates an agent job to send out e-mail notifications of errors or warnings that may require attention. 次の手順では、電子メール通知を有効にして構成するためのプロセスを示します。The following steps describe the process to enable and configure e-mail notifications:

    1. データベース メールがインスタンス上でまだ有効になっていない場合は設定します。Setup Database Mail if it is not already enabled on the instance. 詳細については、「 Configure Database Mail」を参照してください。For more information, see Configure Database Mail.

    2. データベース メールを使用するように SQL Server エージェント通知を構成します。Configure SQL Server Agent Notification to use Database Mail. 詳細については、「 Configure SQL Server Agent Mail to Use Database Mail」を参照してください。For more information, see Configure SQL Server Agent Mail to Use Database Mail.

    3. 電子メール通知を有効にして、バックアップ エラーおよび警告を受け取る: クエリ ウィンドウから、次の Transact-SQL ステートメントを実行します。Enable e-mail notifications to receive backup errors and warnings: From the query window, run the following Transact-SQL statements:

      EXEC msdb.managed_backup.sp_set_parameter  
      @parameter_name = 'SSMBackup2WANotificationEmailIds',  
      @parameter_value = '<email1;email2>'  
      
      
  7. Microsoft Azure ストレージ アカウントでバックアップ ファイルを表示する: SQL Server Management Studio または Azure 管理ポータルから、ストレージ アカウントに接続します。View backup files in the Microsoft Azure Storage Account: Connect to the storage account from SQL Server Management Studio or the Azure Management Portal. 指定したコンテナー内のすべてのバックアップが表示されます。You will see any backup files in the container you specified. データベースに対して Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure を有効にしてから 5 分以内のデータベースとログ バックアップが表示される場合があります。Note that you might see a database and a log backup within 5 minutes of enabling Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure for the database.

  8. 正常性状態を監視する: 前の手順で構成した電子メール通知から監視するか、ログに記録されているイベントをアクティブに監視することができます。Monitor the Health Status: You can monitor through e-mail notifications you configured previously, or actively monitor the events logged. イベントを表示するための Transact-SQL ステートメントのいくつかの例を示します。The following are some example Transact-SQL Statements used to view the events:

    --  view all admin events  
    Use msdb;  
    Go  
    DECLARE @startofweek datetime  
    DECLARE @endofweek datetime  
    SET @startofweek = DATEADD(Day, 1-DATEPART(WEEKDAY, CURRENT_TIMESTAMP), CURRENT_TIMESTAMP)   
    SET @endofweek = DATEADD(Day, 7-DATEPART(WEEKDAY, CURRENT_TIMESTAMP), CURRENT_TIMESTAMP)  
    
    DECLARE @eventresult TABLE  
    (event_type nvarchar(512),  
    event nvarchar (512),  
    timestamp datetime  
    )  
    
    INSERT INTO @eventresult  
    
    EXEC managed_backup.sp_get_backup_diagnostics @begin_time = @startofweek, @end_time = @endofweek  
    
    SELECT * from @eventresult  
    WHERE event_type LIKE '%admin%'  
    
    
    -- to enable debug events  
    Use msdb;  
    Go  
             EXEC managed_backup.sp_set_parameter 'FileRetentionDebugXevent', 'True'  
    
    
    --  View all events in the current week  
    Use msdb;  
    Go  
    DECLARE @startofweek datetime  
    DECLARE @endofweek datetime  
    SET @startofweek = DATEADD(Day, 1-DATEPART(WEEKDAY, CURRENT_TIMESTAMP), CURRENT_TIMESTAMP)   
    SET @endofweek = DATEADD(Day, 7-DATEPART(WEEKDAY, CURRENT_TIMESTAMP), CURRENT_TIMESTAMP)  
    
    EXEC managed_backup.sp_get_backup_diagnostics @begin_time = @startofweek, @end_time = @endofweek;  
    

このセクションで説明した手順は、データベースで初めて Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure を構成するための特別な手順です。The steps described in this section are specifically for configuring Microsoft Azure への SQL Server マネージ バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure for the first time on the database. 同じシステム ストアド プロシージャを使用して既存の構成を変更し、新しい値を指定することができます。You can modify the existing configurations using the same system stored procedures and provide the new values.

参照See Also

Microsoft Azure への SQL Server マネージド バックアップSQL Server Managed Backup to Microsoft Azure