変更された機能 (包含データベース)Modified Features (Contained Database)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

次の機能は、部分的包含データベースでサポートされるように変更されました。The following features have been modified to be supported by a partially contained database. 通常、機能の変更は、データベース境界を越えないように行われます。Features are usually modified so they do not cross the database boundary.

詳細については、「 包含データベース」を参照してください。For more information, see Contained Databases.

ALTER DATABASEALTER DATABASE

アプリケーション レベルApplication Level

ALTER DATABASE ステートメントを包含データベース内から使用する場合の構文は、非包含データベースに使用する構文と異なります。When using the ALTER DATABASE statement from inside of a contained database, the syntax differs from that used for a non-contained database. この相違点には、データベースを超えてインスタンスにまで拡張されるステートメントの要素に関する制限が含まれます。This difference includes restrictions of elements of the statement that extend beyond the database to the instance. 詳細については、「ALTER DATABASE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER DATABASE (Transact-SQL).

インスタンス レベルInstance Level

ALTER DATABASE ステートメントを包含データベース外で使用する場合の構文は、非包含データベースに使用する構文と異なります。The syntax for the ALTER DATABASE when used outside of a contained database differs from that used for non-contained databases. これらの変更を防ぐためには、データベースの境界を越えます。These changes prevent crossing the database boundary. 詳細については、「ALTER DATABASE (Transact-SQL)」を参照してください。For more information, see ALTER DATABASE (Transact-SQL).

CREATE DATABASECREATE DATABASE

CREATE DATABASE の構文は、包含データベースを使用する場合と非包含データベースを使用する場合とで異なります。The CREATE DATABASE syntax for a contained database differs from that for a non-contained database. 新しい構文の要件と許容値の詳細については、「CREATE DATABASE (SQL Server Transact-SQL)」を参照してください。See CREATE DATABASE (SQL Server Transact-SQL)for information about new syntax requirements and allowances.

一時テーブルTemporary Tables

包含データベース内でローカル一時テーブルを使用することはできますが、その動作は非包含データベース内のローカル一時テーブルの動作と異なります。Local temporary tables are permitted within a contained database, but their behavior differs from those in non-contained databases. 非包含データベースでは、一時テーブル データは tempdbの照合順序で照合されます。In non-contained databases, temporary table data is collated in the collation of tempdb. 包含データベースでは、一時テーブル データは包含データベースの照合順序で照合されます。In a contained database temporary table data is collated in the collation of the contained database.

一時テーブルに関連付けられているすべてのメタデータ (テーブル名、列名、インデックスなど) には、カタログの照合順序が適用されます。All metadata associated with temporary tables (for example, table and column names, indexes, and so on) will be in the catalog collation.

一時テーブル内では名前付き制約を使用できません。Named constraints may not be used in temporary tables.

一時テーブルでは、ユーザー定義型、XML スキーマ コレクション、またはユーザー定義関数を参照できません。Temporary tables may not refer to user-defined types, XML schema collections, or user-defined functions.

照合順序Collation

非包含データベース モデルでは、3 種類の照合順序があります。データベースの照合、インスタンスの照合、および tempdb の照合です。In the non-contained database model, there are three separate types of collation: Database collation, Instance collation, and tempdb collation. 包含データベースでは、データベースの照合順序と新しいカタログの照合順序の 2 種類の照合順序のみが使用されます。Contained databases use only two collations, database collation and the new catalog collation. 包含データベースの照合順序の詳細については、「 包含データベースの照合順序 」を参照してください。See Contained Database Collations for more details on contained database collation.

ユーザー オプションUser Options

包含データベースを有効にする場合、 のインスタンスに対して user options オプション SQL ServerSQL Serverを 0 に設定する必要があります。When enabling contained databases, the user options Option must be set to 0 for the instance of SQL ServerSQL Server.

参照See Also

包含データベースの照合順序 Contained Database Collations
包含データベースContained Databases