SQLGetConnectAttrSQLGetConnectAttr

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database ○Azure SQL Data Warehouse ○Parallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure SQL Data Warehouse yesParallel Data Warehouse

SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーでは、ドライバー固有の接続属性が定義されます。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver defines driver-specific connection attributes. 属性の一部が利用するSQLGetConnectAttr関数は、現在の設定をレポートに使用するとします。Some of the attributes are available to SQLGetConnectAttr, and the function is used to report their current settings. これらの属性とは限りませんまで接続が確立されているかを使用して、属性が設定されている後に報告される値SQLSetConnectAttrします。The values reported for these attributes are not guaranteed until after a connection has been made or the attribute has been set using SQLSetConnectAttr.

ここでは、読み取り専用の属性を示します。This topic lists the read only attributes. については、その他のSQL ServerSQL ServerNative Client ODBC ドライバー固有の接続属性を参照してくださいSQLSetConnectAttrします。For information about the other SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver-specific connection attributes, see SQLSetConnectAttr.

SQL_COPT_SS_CONNECTION_DEADSQL_COPT_SS_CONNECTION_DEAD

SQL_COPT_SS_CONNECTION_DEAD 属性では、サーバーへの接続状態が報告されます。The SQL_COPT_SS_CONNECTION_DEAD attribute reports the state of a connection to a server. ドライバーは、接続の現在の状態をネットワークにクエリします。The driver queries the network for the current state of the connection.

注意

標準の ODBC 接続属性 SQL_ATTR_CONNECTION_DEAD は、接続の最新の状態を返します。The standard ODBC connection attribute SQL_ATTR_CONNECTION_DEAD returns the most recent state of the connection. これは現在の接続状態と異なる場合があります。This might not be the current connection state.

Value 説明Description
SQL_CD_TRUESQL_CD_TRUE サーバーへの接続が失われました。The connection to the server has been lost.
SQL_CD_FALSESQL_CD_FALSE 接続が開かれており、ステートメントの処理に使用できます。The connection is open and available for statement processing.

SQL_COPT_SS_CLIENT_CONNECTION_IDSQL_COPT_SS_CLIENT_CONNECTION_ID

SQL_COPT_SS_CLIENT_CONNECTION_ID 属性は、クライアント接続 ID を取得します。この ID を使用すると、次の情報を検索できます。The SQL_COPT_SS_CLIENT_CONNECTION_ID attribute retrieves the client connection ID, which can then be used to locate:

  • XEvent ログの診断情報 (有効な場合)。Diagnostic information in the XEvents log, when enabled.

  • 接続リング バッファーの接続エラー情報。Connection error information in the connection ring buffer.

  • データ アクセスのトレース ログの診断情報 (有効な場合)。Diagnostic information in the data access tracing logs, when enabled.

詳細については、次を参照してください。診断の情報を拡張イベント ログにアクセスするします。For more information, see Accessing Diagnostic Information in the Extended Events Log.

Value 説明Description
SQL_ERRORSQL_ERROR 接続に失敗しました。The connection failed.
SQL_SUCCESSSQL_SUCCESS 接続に成功しました。The connection succeeded. クライアント接続 ID は出力バッファーで見つかります。The client connection ID will be found in the output buffer.

SQL_COPT_SS_PERF_DATASQL_COPT_SS_PERF_DATA

SQL_COPT_SS_PERF_DATA 属性は、現在のドライバーのパフォーマンス統計情報を保持する SQLPERF 構造体へのポインターを返します。The SQL_COPT_SS_PERF_DATA attribute returns a pointer to a SQLPERF structure containing the current driver performance statistics. SQLGetConnectAttrパフォーマンスのログ記録が有効になっていない場合は NULL を返します。SQLGetConnectAttr will return NULL if performance logging is not enabled. SQLPERF 構造体内の統計情報がドライバーで動的に更新されることはありません。The statistics in the SQLPERF structure are not dynamically updated by the driver. 呼び出すSQLGetConnectAttrたびにパフォーマンス統計を更新する必要があります。Call SQLGetConnectAttr each time the performance statistics need to be refreshed.

Value 説明Description
NULLNULL パフォーマンスのログ記録が無効です。Performance logging is not enabled.
その他の値Any other value SQLPERF 構造体へのポインター。A pointer to a SQLPERF structure.

SQL_COPT_SS_PERF_QUERYSQL_COPT_SS_PERF_QUERY

SQL_COPT_SS_PERF_QUERY 属性は、実行時間の長いクエリのログ記録が有効の場合に TRUE を返します。The SQL_COPT_SS_PERF_QUERY attribute returns TRUE if logging of long running queries is enabled. クエリのログ記録が無効の場合は FALSE を返します。The request returns FALSE if query logging is not active.

SQL_COPT_SS_USER_DATASQL_COPT_SS_USER_DATA

SQL_COPT_SS_USER_DATA 属性は、ユーザー データ ポインターを取得します。The SQL_COPT_SS_USER_DATA attribute retrieves the user-data pointer. ユーザー データはクライアントのメモリに格納され、接続ごとに記録されます。User data is stored in client-owned memory and recorded per connection. ユーザー データ ポインターが設定されていない場合、SQL_UD_NOTSET という NULL ポインターが返されます。If the user-data pointer has not been set, SQL_UD_NOTSET, a NULL pointer, is returned.

Value 説明Description
SQL_UD_NOTSETSQL_UD_NOTSET ユーザー データ ポインターが設定されていません。No user-data pointer is set.
その他の値Any other value ユーザー データへのポインターです。A pointer to the user data.

SQLGetConnectAttr によるサービス プリンシパル名 (SPN) のサポートSQLGetConnectAttr Support for Service Principal Names (SPNs)

SQLGetConnectAttr は、新しい接続属性 SQL_COPT_SS_SERVER_SPN、SQL_COPT_SS_FAILOVER_PARTNER_SPN、SQL_COPT_SS_MUTUALLY_AUTHENTICATED、および SQL_COPT_SS_INTEGRATED_AUTHENTICATION_METHOD の値をクエリに使用できます。SQLGetConnectAttr can be used to query the value of the new connection attributes SQL_COPT_SS_SERVER_SPN, SQL_COPT_SS_FAILOVER_PARTNER_SPN, SQL_COPT_SS_MUTUALLY_AUTHENTICATED, and SQL_COPT_SS_INTEGRATED_AUTHENTICATION_METHOD. (SQLGetConnectOption こともできますをこれらの値を照会します。)(SQLGetConnectOption can also be used to query these values.)

SQL_COPT_SS_INTEGRATED_AUTHENTICATION_METHOD は、Windows 認証を使用する、開いている接続でのみ使用できます。SQL_COPT_SS_INTEGRATED_AUTHENTICATION_METHOD is only available for open connections that use Windows Authentication.

SQL_COPT_SS_SERVER_SPN または SQL_COPT_SS_FAILOVER_PARTNER が設定されていない場合は、既定値 (空の文字列) が返されます。If SQL_COPT_SS_SERVER_SPN or SQL_COPT_SS_FAILOVER_PARTNER has not been set, the default value (an empty string) is returned.

Spn の詳細については、次を参照してください。サービス プリンシパル名(Spn)クライアント接続で(ODBC)します。For more information about SPNs, see Service Principal Names (SPNs) in Client Connections (ODBC).

参照See Also

SQLGetConnectAttr 関数 SQLGetConnectAttr Function
ODBC API 実装の詳細 ODBC API Implementation Details
SET QUOTED_IDENTIFIER (Transact-SQL) SET QUOTED_IDENTIFIER (Transact-SQL)
SET ANSI_NULLS (Transact-SQL) SET ANSI_NULLS (Transact-SQL)
SET ANSI_PADDING (Transact-SQL) SET ANSI_PADDING (Transact-SQL)
SET ANSI_WARNINGS (TRANSACT-SQL)SET ANSI_WARNINGS (Transact-SQL)