SQLGetCursorNameSQLGetCursorName

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

アプリケーションでカーソル名が指定されていない場合は、SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーによって、カーソル生成時にアプリケーション用に1つが生成されます。If the application does not specify a cursor name, the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver generates one for the application upon cursor generation. アプリケーションでは、 Sqlgetcursor nameを使用して、位置指定の UPDATE および DELETE ステートメントのドライバーで定義されたカーソル名を取得できます。The application can use SQLGetCursorName to retrieve the driver-defined cursor name for positioned UPDATE and DELETE statements. アプリケーションでは、位置指定データ操作ステートメントを利用するためにSQLSetCursorNameを呼び出す必要はありません。The application does not need to call SQLSetCursorName to take advantage of positioned data manipulation statements.

参照See Also

Sqlgetカーソル名関数 SQLGetCursorName Function
ODBC API 実装の詳細ODBC API Implementation Details