SQLSetEnvAttrSQLSetEnvAttr

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

Odbcプログラマーズリファレンスでは、odbc ドライバーが odbc 2 に書き込まれたアプリケーションからSQLSetEnvAttr属性の仕様を解釈する方法を定義します。xまたは ODBC 3。x API。The ODBC Programmer's Reference defines how ODBC drivers should interpret the SQLSetEnvAttr attribute specifications from applications written to either the ODBC 2.x or ODBC 3.x API. SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーは、これらの規則に準拠しています。The SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver complies with those rules.

SQLSetEnvAttrによって制御される属性の1つは、接続プールを使用するかどうかです。One of the attributes controlled by SQLSetEnvAttr is whether connection pooling is to be used. SQL ServerSQL Server Native Client ODBC ドライバーで接続プールを使用する場合は、 SQLDriverConnectまたはSQLConnectを使用して接続するときに、 drivercompletionパラメーターを SQL_DRIVER_NOPROMPT に設定する必要があります。If connection pooling is used with the SQL ServerSQL Server Native Client ODBC driver, the DriverCompletion parameter must be set to SQL_DRIVER_NOPROMPT when connecting with either SQLDriverConnect or SQLConnect.

参照See Also

SQLSetEnvAttr 関数 SQLSetEnvAttr Function
ODBC API 実装の詳細ODBC API Implementation Details