SQL Server の Databases オブジェクト

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

SQL Server の SQLServer:Databases オブジェクトには、一括コピー操作、バックアップと復元のスループット、およびトランザクション ログの利用状況を監視するためのカウンターがあります。 トランザクションとトランザクション ログを監視すると、データベースで発生しているユーザーの利用状況と、トランザクション ログの空き容量を調べることができます。 ユーザーの利用状況は、データベースのパフォーマンスを決定し、ログ サイズ、ロック、およびレプリケーションに影響を与えます。 下位レベルのログの利用状況を監視して、ユーザーの利用状況やリソースの利用状況を計測すると、パフォーマンスのボトルネックを突き止めるのに役立ちます。

Databases オブジェクトの複数のインスタンスは、同時に監視できます。各インスタンスは、1 つのデータベースを表します。

次の表で、SQL Server Databases カウンターについて説明します。

SQL Server Databases カウンター 説明
Active parallel redo threads アクティブな並列再実行スレッドの数。
Active Transactions データベースのアクティブなトランザクション数。
Avg Dist From EOL/LP Request 最新の VLF 内の要求における、ログ プール要求ごとの、ログの終端からのバイト単位での平均距離。
Backup/Restore Throughput/sec データベースのバックアップ操作と復元操作の読み取り/書き込みの 1 秒あたりのスループット。 たとえば、より多くのバックアップ デバイスを並行して使用した場合、またはより高速なデバイスを使用した場合に、データベース バックアップ操作のパフォーマンスがどのように変化するかを計測することができます。 データベースのバックアップ操作または復元操作のスループットを計測すると、バックアップ操作と復元操作の進行状況およびパフォーマンスを調べることができます。
Bulk Copy Rows/sec 1 秒間に一括コピーされた行数。
Bulk Copy Throughput/sec 1 秒間に一括コピーされたデータの量 (KB)。
Commit table entries データベースのコミット テーブルのインメモリ部分のサイズ (行数)。 詳細については、「sys.dm_tran_commit_table (Transact-SQL)」を参照してください。
Data File(s) Size (KB) データベース内のすべてのデータ ファイルの合計サイズ (KB)。自動拡張した分のサイズも含みます。 このカウンターを監視すると、tempdb の正しいサイズを判断する場合などに便利です。
DBCC Logical Scan Bytes/sec DBCC (データベース コンソール コマンド) の 1 秒あたりの論理読み取りスキャン バイト数。
Group Commit Time/sec 1 秒あたりのグループ停止時間 (マイクロ秒)。
Log Bytes Flushed/sec フラッシュされたログの総バイト数。
Log Cache Hit Ratio ログ キャッシュによって満たされたログ キャッシュ読み取りの比率。
Log Cache Hit Ratio Base 内部使用専用です。
Log Cache Reads/sec ログ マネージャー キャッシュを使用して 1 秒間に実行された読み取り数。
Log File(s) Size (KB) データベース内のすべてのトランザクション ログ ファイルの合計サイズ (KB)。
Log File(s) Used Size (KB) データベース内のすべてのログ ファイルの合計使用サイズ (KB)。
Log Flush Wait Time ログがフラッシュされるまでの合計待ち時間 (ミリ秒)。 AlwaysOn セカンダリ データベースの場合、この値はディスクへのログ レコードの書き込みの待ち時間を示します。
Log Flush Waits/sec ログ フラッシュを待機中だった 1 秒あたりのコミットの数。
Log Flush Write Time (ms) 最後の 1 秒間に完了したログ フラッシュの書き込みを実行するのにかかった時間 (ミリ秒)。
Log Flushes/sec 1 秒あたりのログ フラッシュの回数。
Log Growths データベースのトランザクション ログが拡張された合計回数。
Log Pool Cache Misses/sec ログ プール内でログ ブロックが使用できなかった要求の数。 ログ プール は、トランザクション ログのインメモリ キャッシュです。 このキャッシュは、復旧、トランザクション レプリケーション、ロールバック、および Always On 可用性グループのログの読み取りを最適化するために使用されます。
Log Pool Disk Reads/sec ログ ブロックをフェッチするためにログ プールが実行したディスクの読み取り回数。
Log Pool Hash Deletes/sec ログ プールからの未処理ハッシュ エントリの削除の割合。
Log Pool Hash Inserts/sec ログ プールへの未処理ハッシュ エントリの挿入の割合。
Log Pool Invalid Hash Entry/sec 無効であるために失敗したハッシュ参照の割合。
Log Pool Log Scan Pushes/sec ログ スキャンごとのログ ブロックのプッシュ率。ディスクからの場合と、メモリからの場合があります。
Log Pool LogWriter Pushes/sec ログ ライター スレッドごとのログ ブロックのプッシュ率。
Log Pool Push Empty FreePool/sec 空きプールが空のため、ログ ブロックのプッシュ率が下がります。
Log Pool Push Low Memory/sec メモリが不足しているため、ログ ブロックのプッシュ率が下がります。
Log Pool Push No Free Buffer/sec 空きバッファーが利用できないため、ログ ブロックのプッシュ率が下がります。
Log Pool Req.Behind Trunc/sec 切り捨て LSN で要求されたブロックによるログ プールのキャッシュ ミス回数。
Log Pool Requests Base 内部使用専用です。
Log Pool Requests Old VLF/sec ログの最新の VLF にないログ プール要求。
Log Pool Requests/sec ログ プールで処理されるログ ブロック要求の数。
Log Pool Total Active Log Size 共有キャッシュ バッファー マネージャーに現在格納されているアクティブなログの合計 (バイト単位) です。
Log Pool Total Shared Pool Size 共有キャッシュ バッファー マネージャーの現在のメモリ使用量の合計 (バイト単位) です。
Log Shrinks このデータベースのログ圧縮の総数。
Log Truncations トランザクション ログが切り捨てられた回数 (単純復旧モデルの場合)。
Percent Log Used ログの中で使用中の領域の割合。
PVS in-row diff generated/sec 行内の異なるスタイルで生成されたバージョンの数。
PVS in-row diff retrieved/sec 行内の異なるスタイルで取得されたバージョンの数。
PVS off-row pages allocated/sec 永続的なバージョン ストアに割り当てられたページ数。
PVS off-row pages deleted/sec 永続的なバージョン ストアから割り当て解除されたページ数。
PVS off-row record generated/sec 永続的なバージョン ストアに挿入されたレコードの数。
PVS off-row record retrieved/sec 永続的なバージョン ストアから取得されたレコードの数。
Repl.Pending Xacts レプリケーション用にマークされていてまだディストリビューション データベースに配信されていないパブリケーション データベースのトランザクション ログ内のトランザクションの数。
Repl.Trans.Rate 1 秒間に、パブリケーション データベースのトランザクション ログから読み取られ、ディストリビューション データベースに配信されたトランザクションの数。
Shrink Data Movement Bytes/sec 自動圧縮操作、DBCC SHRINKDATABASE ステートメント、または DBCC SHRINKFILE ステートメントによって 1 秒間に移動されているデータの量。
Tracked transactions/sec データベースのコミット テーブルに記録するコミット済みトランザクションの数。
Transactions/sec 1 秒間にデータベースに対して開始されたトランザクションの数。

Transactions/sec は、XTP のみのトランザクション (ネイティブ コンパイル ストアド プロシージャによって開始されたトランザクション) はカウントしません。
WPR add lsn bucket miss LSN を writePageRecorder に追加するときにバケットに失敗した回数。
WPR bucket swaps writePageRecorder でバケットをスワップした回数。
WPR stale check bucket miss 古い LSN の確認中にバケットに失敗した回数。
Write Transactions/sec 最後の 1 秒間にデータベースに書き込んでコミットしたトランザクションの数。
XTP Controller DLC Latency Base 内部使用専用です。
XTP Controller DLC Latency/Fetch Direct Log Consumer に入ってから XTP コントローラーによって取り出されるまでのログ ブロック間における、1 秒あたりの平均待機時間 (マイクロ秒)。
XTP Controller DLC Peak Latency XTP コントローラーによる Direct Log Consumer からのフェッチで記録された最大待機時間 (マイクロ秒)。
XTP Controller Log Processed/sec XTP コントローラー スレッドによって処理された、1 秒あたりの合計ログ バイト数。
XTP Memory Used (KB) データベースの XTP により使用されるメモリ容量です。

sys.dm_os_performance_counters の動的管理ビューで次の T-SQL クエリを使用して、このオブジェクトのクエリ パフォーマンス カウンターの確認を開始します。

SELECT * FROM sys.dm_os_performance_counters
WHERE object_name LIKE '%Databases%';

関連項目

リソースの利用状況の監視 (System Monitor)
SQL Server、データベース レプリカ