sys.dm_db_resource_stats (Azure SQL データベース)sys.dm_db_resource_stats (Azure SQL Database)

適用対象:XSQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseTHIS TOPIC APPLIES TO: noSQL Server yesAzure SQL DatabasenoAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

CPU、I/O、およびメモリの消費量を返す、 Azure SQL データベースAzure SQL Databaseデータベース。Returns CPU, I/O, and memory consumption for an Azure SQL データベースAzure SQL Database database. 1 つの行は、データベース内にアクティビティがない場合でも、15 秒ごとに存在します。One row exists for every 15 seconds, even if there is no activity in the database. 1 時間では、履歴データは維持されます。Historical data is maintained for one hour.

Columns データ型Data Type DescriptionDescription
end_timeend_time datetimedatetime UTC 時刻では、現在のレポートの間隔の終了を示します。UTC time indicates the end of the current reporting interval.
avg_cpu_percentavg_cpu_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) サービス層の上限に対するパーセンテージで示した、平均コンピューティング使用率。Average compute utilization in percentage of the limit of the service tier.
avg_data_io_percentavg_data_io_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) データ サービス層の限度のパーセンテージで I/O の使用率は平均です。Average data I/O utilization in percentage of the limit of the service tier.
avg_log_write_percentavg_log_write_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) サービス層の上限に対するパーセンテージで示した、平均書き込みリソース使用率。Average write resource utilization in percentage of the limit of the service tier.
avg_memory_usage_percentavg_memory_usage_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) サービス層の上限に対するパーセンテージで示した、平均メモリ使用率。Average memory utilization in percentage of the limit of the service tier.

これには、インメモリ OLTP オブジェクトの格納に使用されるメモリが含まれます。This includes memory used for storage of In-Memory OLTP objects.
xtp_storage_percentxtp_storage_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) 記憶域使用率、インメモリ OLTP のサービス層の制限の割合で表した (したレポート期間の末尾)。Storage utilization for In-Memory OLTP in percentage of the limit of the service tier (at the end of the reporting interval). これには、次のインメモリ OLTP オブジェクトの格納に使用されるメモリが含まれます。 メモリ最適化テーブル、インデックス、およびテーブル変数。This includes memory used for storage of the following In-Memory OLTP objects: memory-optimized tables, indexes, and table variables. ALTER TABLE 操作を処理するために使用されるメモリも含まれています。It also includes memory used for processing ALTER TABLE operations.

インメモリ OLTP では、データベースで使用されていない場合は、0 を返します。Returns 0 if In-Memory OLTP is not used in the database.
max_worker_percentmax_worker_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) データベースのサービス層の制限の割合の最大同時実行ワーカー (要求)。Maximum concurrent workers (requests) in percentage of the limit of the database’s service tier.
max_session_percentmax_session_percent 10 進数 (5,2)decimal (5,2) データベースのサービス層の制限の割合の最大同時セッション数。Maximum concurrent sessions in percentage of the limit of the database’s service tier.
dtu_limitdtu_limit intint 現在データベースの最大 DTU このデータベースの設定この間隔中にします。Current max database DTU setting for this database during this interval.

ヒント

これらの制限とサービス層に関する詳細コンテキストは、トピックを参照してサービス階層サービス層の機能と制限です。For more context about these limits and service tiers, see the topics Service Tiers and Service tier capabilities and limits.

権限Permissions

このビューには、VIEW DATABASE STATE 権限が必要です。This view requires VIEW DATABASE STATE permission.

解説Remarks

によって返されるデータsys.dm_db_resource_statsは許可されている制限を実行しているサービス階層/パフォーマンス レベルの最大のパーセンテージで表されます。The data returned by sys.dm_db_resource_stats is expressed as a percentage of the maximum allowed limits for the service tier/performance level that you are running.

データベースは、最後の 60 分内の別のサーバーにフェールオーバーしたが、ビューはそのフェールオーバー以降、プライマリ データベースがされた時間のデータを返すのみです。If the database was failed over to another server within the last 60 minutes, the view will only return data for the time it has been the primary database since that failover.

このデータの詳細度の低いビューでは、使用sys.resource_statsカタログ ビューのマスターデータベース。For a less granular view of this data, use sys.resource_stats catalog view in the master database. このビューでは、5 分ごとにデータをキャプチャし、履歴データを 14 日間保持します。This view captures data every 5 minutes and maintains historical data for 14 days. 詳細については、次を参照してください。 sys.resource_stats (Azure SQL Database)です。For more information, see sys.resource_stats (Azure SQL Database).

データベースが弾力性プールのメンバーである、パーセントの値として表されるリソースの統計情報は、弾力性プールの構成で設定されているデータベースの最大の制限の割合として表されます。When a database is a member of an elastic pool, resource statistics presented as percent values, are expressed as the percent of the max limit for the databases as set in the elastic pool configuration.

Example

次の例では、現在接続しているデータベースの最新の時間によって並べ替えられてリソース使用率のデータを返します。The following example returns resource utilization data ordered by the most recent time for the currently connected database.

SELECT * FROM sys.dm_db_resource_stats ORDER BY end_time DESC;  

次の例では、過去の 1 時間以上のユーザー データベースのパフォーマンス レベルで許可された最大の DTU の数の割合の観点から、平均 DTU 消費を識別します。The following example identifies the average DTU consumption in terms of a percentage of the maximum allowed DTU limit in the performance level for the user database over the past hour. 一貫性のあるごとに 100% 近くには、この割合として、パフォーマンス レベルを大きくしてください。Consider increasing the performance level as these percentages near 100% on a consistent basis.

SELECT end_time,   
  (SELECT Max(v)    
   FROM (VALUES (avg_cpu_percent), (avg_data_io_percent), (avg_log_write_percent)) AS    
   value(v)) AS [avg_DTU_percent]   
FROM sys.dm_db_resource_stats;  

次の例では、CPU の割合、データおよびログ、I/O の平均値と最大の値と、過去 1 時間のメモリ消費量を返します。The following example returns the average and maximum values for CPU percent, data and log I/O, and memory consumption over the last hour.

SELECT    
    AVG(avg_cpu_percent) AS 'Average CPU Utilization In Percent',   
    MAX(avg_cpu_percent) AS 'Maximum CPU Utilization In Percent',   
    AVG(avg_data_io_percent) AS 'Average Data IO In Percent',   
    MAX(avg_data_io_percent) AS 'Maximum Data IO In Percent',   
    AVG(avg_log_write_percent) AS 'Average Log Write Utilization In Percent',   
    MAX(avg_log_write_percent) AS 'Maximum Log Write Utilization In Percent',   
    AVG(avg_memory_usage_percent) AS 'Average Memory Usage In Percent',   
    MAX(avg_memory_usage_percent) AS 'Maximum Memory Usage In Percent'   
FROM sys.dm_db_resource_stats;  

参照See Also

sys.resource_stats (Azure SQL データベース) sys.resource_stats (Azure SQL Database)
サービス層 Service Tiers
サービス層の機能および制限Service tier capabilities and limits