dm_exec_requests (Transact-sql)sys.dm_exec_requests (Transact-SQL)

適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database適用対象:Applies to: はいSQL ServerSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) yesSQL ServerSQL Server (all supported versions) はいAzure SQL データベースAzure SQL DatabaseYesAzure SQL データベースAzure SQL Database

で実行されている各要求に関する情報を返し SQL ServerSQL Server ます。Returns information about each request that is executing in SQL ServerSQL Server. 要求の詳細については、「 スレッドおよびタスクアーキテクチャガイド」を参照してください。For more information about requests, see the Thread and Task Architecture Guide.

列名Column name データ型Data type 説明Description
session_idsession_id smallintsmallint この要求が関連付けられているセッションの ID。ID of the session to which this request is related. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
request_idrequest_id intint 要求の ID。ID of the request. セッションのコンテキスト内で一意です。Unique in the context of the session. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
start_timestart_time datetimedatetime 要求が到着したときのタイムスタンプ。Timestamp when the request arrived. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
statusstatus nvarchar(30)nvarchar(30) 要求の状態。Status of the request. DLL は、次のいずれかの場所に置くことができます。This can be one of the following:

バックグラウンドBackground
実行中Running
実行可能Runnable
休止中Sleeping
SuspendedSuspended

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
commandcommand nvarchar(32)nvarchar(32) 現在処理中のコマンドの種類。Identifies the current type of command that is being processed. 一般的なコマンドの種類には次のものがあります。Common command types include the following:

SELECTSELECT
INSERTINSERT
UPDATEUPDATE
DELETEDELETE
BACKUP LOGBACKUP LOG
BACKUP DATABASEBACKUP DATABASE
DBCCDBCC
FORFOR

要求のテキストを取得するには、対応する sql_handle と共に、要求に対して sys.dm_exec_sql_text を使用します。The text of the request can be retrieved by using sys.dm_exec_sql_text with the corresponding sql_handle for the request. 内部システムプロセスは、実行するタスクの種類に基づいて、コマンドを設定します。Internal system processes set the command based on the type of task they perform. タスクには次のものが含まれます。Tasks can include the following:

LOCK MONITORLOCK MONITOR
CHECKPOINTLAZYCHECKPOINTLAZY
WRITERWRITER

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
sql_handlesql_handle varbinary(64)varbinary(64) クエリが含まれているバッチまたはストアドプロシージャを一意に識別するトークンです。Is a token that uniquely identifies the batch or stored procedure that the query is part of. NULL 値が許可されます。Is nullable.
statement_start_offsetstatement_start_offset intint 現在実行中のバッチまたは保存されたオブジェクトに対して現在実行中のステートメントの開始位置を、0で始まるバイト単位で示します。Indicates, in bytes, beginning with 0, the starting position of the currently executing statement for the currently executing batch or persisted object. 、、および動的管理関数と共に使用して、 sql_handle statement_end_offset sys.dm_exec_sql_text 要求に対して現在実行中のステートメントを取得できます。Can be used together with the sql_handle, the statement_end_offset, and the sys.dm_exec_sql_text dynamic management function to retrieve the currently executing statement for the request. NULL 値が許可されます。Is nullable.
statement_end_offsetstatement_end_offset intint 現在実行中のバッチまたは保存されたオブジェクトに対して現在実行中のステートメントの終了位置を、0から始まるバイト単位で示します。Indicates, in bytes, starting with 0, the ending position of the currently executing statement for the currently executing batch or persisted object. 、、および動的管理関数と共に使用して、 sql_handle statement_start_offset sys.dm_exec_sql_text 要求に対して現在実行中のステートメントを取得できます。Can be used together with the sql_handle, the statement_start_offset, and the sys.dm_exec_sql_text dynamic management function to retrieve the currently executing statement for the request. NULL 値が許可されます。Is nullable.
plan_handleplan_handle varbinary(64)varbinary(64) 現在実行中のバッチのクエリ実行プランを一意に識別するトークンです。Is a token that uniquely identifies a query execution plan for a batch that is currently executing. NULL 値が許可されます。Is nullable.
database_iddatabase_id smallintsmallint 要求の実行対象データベースの ID。ID of the database the request is executing against. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
user_iduser_id intint 要求を送信したユーザーの ID。ID of the user who submitted the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
connection_idconnection_id uniqueidentifieruniqueidentifier 要求を受信した接続の ID。ID of the connection on which the request arrived. NULL 値が許可されます。Is nullable.
blocking_session_idblocking_session_id smallintsmallint 要求をブロックしているセッションの ID。ID of the session that is blocking the request. この列が NULL または0に等しい場合は、要求がブロックされていないか、ブロックしているセッションのセッション情報が使用できない (または識別できません)。If this column is NULL or equal to 0, the request is not blocked, or the session information of the blocking session is not available (or cannot be identified).

-2 = ブロックしているリソースは、孤立した分散トランザクションが所有しています。-2 = The blocking resource is owned by an orphaned distributed transaction.

-3 = ブロックしているリソースは、遅延復旧トランザクションが所有しています。-3 = The blocking resource is owned by a deferred recovery transaction.

-4 = 内部ラッチの状態遷移のため、ブロックしているラッチの所有者のセッション ID を現時点で特定できませんでした。-4 = Session ID of the blocking latch owner could not be determined at this time because of internal latch state transitions.
wait_typewait_type nvarchar(60)nvarchar(60) 要求が現在ブロックされている場合の待機の種類。If the request is currently blocked, this column returns the type of wait. NULL 値が許可されます。Is nullable.

待機の種類の詳細については、「 sys. dm_os_wait_stats (transact-sql)」を参照してください。For information about types of waits, see sys.dm_os_wait_stats (Transact-SQL).
wait_timewait_time intint 要求が現在ブロックされている場合の現時点での待機時間 (ミリ秒単位)。If the request is currently blocked, this column returns the duration in milliseconds, of the current wait. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
last_wait_typelast_wait_type nvarchar(60)nvarchar(60) 要求がブロックされていた場合の最後の待機の種類。If this request has previously been blocked, this column returns the type of the last wait. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
wait_resourcewait_resource nvarchar (256)nvarchar(256) 要求が現在ブロックされている場合の現在待機中のリソース。If the request is currently blocked, this column returns the resource for which the request is currently waiting. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
open_transaction_countopen_transaction_count intint この要求に対して開いているトランザクションの数。Number of transactions that are open for this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
open_resultset_countopen_resultset_count intint この要求に対して開いている結果セットの数。Number of result sets that are open for this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
transaction_idtransaction_id bigintbigint 要求が実行されるトランザクションの ID。ID of the transaction in which this request executes. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
context_infocontext_info varbinary (128)varbinary(128) セッションの CONTEXT_INFO 値。CONTEXT_INFO value of the session. NULL 値が許可されます。Is nullable.
percent_completepercent_complete realreal 次のコマンドで完了した作業の割合。Percentage of work completed for the following commands:

ALTER INDEX REORGANIZEALTER INDEX REORGANIZE
ALTER DATABASE の AUTO_SHRINK オプションAUTO_SHRINK option with ALTER DATABASE
BACKUP DATABASEBACKUP DATABASE
DBCC CHECKDBDBCC CHECKDB
DBCC CHECKFILEGROUPDBCC CHECKFILEGROUP
DBCC CHECKTABLEDBCC CHECKTABLE
DBCC INDEXDEFRAGDBCC INDEXDEFRAG
DBCC SHRINKDATABASEDBCC SHRINKDATABASE
DBCC SHRINKFILEDBCC SHRINKFILE
RECOVERYRECOVERY
RESTORE DATABASERESTORE DATABASE
ROLLBACKROLLBACK
TDE の暗号化TDE ENCRYPTION

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
estimated_completion_timeestimated_completion_time bigintbigint 内部でのみ使用されます。Internal only. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
cpu_timecpu_time intint 要求で使用される CPU 時間 (ミリ秒単位)。CPU time in milliseconds that is used by the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
total_elapsed_timetotal_elapsed_time intint 要求を受信してから経過した総時間 (ミリ秒単位)。Total time elapsed in milliseconds since the request arrived. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
scheduler_idscheduler_id intint この要求のスケジュールを設定しているスケジューラの ID。ID of the scheduler that is scheduling this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
task_addresstask_address varbinary (8)varbinary(8) 要求に関連付けられたタスクに割り当てられるメモリ アドレス。Memory address allocated to the task that is associated with this request. NULL 値が許可されます。Is nullable.
読み取りreads bigintbigint 要求で実行された読み取りの数。Number of reads performed by this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
書き込みwrites bigintbigint 要求で実行された書き込みの数。Number of writes performed by this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
logical_readslogical_reads bigintbigint 要求で実行された論理読み取りの数。Number of logical reads that have been performed by the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
text_sizetext_size intint 要求の TEXTSIZE 設定。TEXTSIZE setting for this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
languagelanguage nvarchar(128)nvarchar(128) 要求の言語設定。Language setting for the request. NULL 値が許可されます。Is nullable.
date_formatdate_format nvarchar (3)nvarchar(3) 要求の DATEFORMAT 設定。DATEFORMAT setting for the request. NULL 値が許可されます。Is nullable.
date_firstdate_first smallintsmallint 要求の DATEFIRST 設定。DATEFIRST setting for the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
quoted_identifierquoted_identifier bitbit 1 = 要求に対して QUOTED_IDENTIFIER が ON です。1 = QUOTED_IDENTIFIER is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
arithabortarithabort bitbit 1 = 要求に対して ARITHABORT 設定が ON です。1 = ARITHABORT setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
ansi_null_dflt_onansi_null_dflt_on bitbit 1 = 要求に対して ANSI_NULL_DFLT_ON 設定が ON です。1 = ANSI_NULL_DFLT_ON setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
ansi_defaultsansi_defaults bitbit 1 = 要求に対して ANSI_DEFAULTS 設定が ON です。1 = ANSI_DEFAULTS setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
ansi_warningsansi_warnings bitbit 1 = 要求に対して ANSI_WARNINGS 設定が ON です。1 = ANSI_WARNINGS setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
ansi_paddingansi_padding bitbit 1 = 要求に対して ANSI_PADDING 設定が ON です。1 = ANSI_PADDING setting is ON for the request.

それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
ansi_nullsansi_nulls bitbit 1 = 要求に対して ANSI_NULLS 設定が ON です。1 = ANSI_NULLS setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
concat_null_yields_nullconcat_null_yields_null bitbit 1 = 要求に対して CONCAT_NULL_YIELDS_NULL 設定が ON です。1 = CONCAT_NULL_YIELDS_NULL setting is ON for the request. それ以外の場合は0になります。Otherwise, it is 0.

NULL 値は許可されません。Is not nullable.
transaction_isolation_leveltransaction_isolation_level smallintsmallint この要求に対するトランザクションの作成に使用された分離レベル。Isolation level with which the transaction for this request is created. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
0 = Unspecified0 = Unspecified
1 = ReadUncomitted1 = ReadUncomitted
2 = ReadCommitted2 = ReadCommitted
3 = Repeatable3 = Repeatable
4 = Serializable4 = Serializable
5 = Snapshot5 = Snapshot
lock_timeoutlock_timeout intint 要求のロック タイムアウトまでの時間 (ミリ秒単位)。Lock time-out period in milliseconds for this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
deadlock_prioritydeadlock_priority intint 要求の DEADLOCK_PRIORITY 設定。DEADLOCK_PRIORITY setting for the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
row_countrow_count bigintbigint この要求によってクライアントに返された行の数。Number of rows that have been returned to the client by this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
prev_errorprev_error intint 要求の実行中に発生した最後のエラー。Last error that occurred during the execution of the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
nest_levelnest_level intint 要求で実行されているコードの現在の入れ子レベル。Current nesting level of code that is executing on the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
granted_query_memorygranted_query_memory intint 要求でのクエリの実行に割り当てられたページ数。Number of pages allocated to the execution of a query on the request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
executing_managed_codeexecuting_managed_code bitbit 特定の要求で、ルーチン、データ型、トリガーなどの共通言語ランタイム オブジェクトが現在実行されているかどうかを示します。Indicates whether a specific request is currently executing common language runtime objects, such as routines, types, and triggers. 共通言語ランタイム オブジェクトが共通言語ランタイム内から Transact-SQLTransact-SQL を実行した場合でも、共通言語ランタイム オブジェクトがスタックにある間は、このパラメーターが必ず設定されます。It is set for the full time a common language runtime object is on the stack, even while running Transact-SQLTransact-SQL from within common language runtime. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
group_idgroup_id intint このクエリが属しているワークロードグループの ID。ID of the workload group to which this query belongs. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
query_hashquery_hash binary (8)binary(8) クエリで計算され、同様のロジックを持つクエリを識別するために使用される、バイナリのハッシュ値です。Binary hash value calculated on the query and used to identify queries with similar logic. クエリ ハッシュを使用して、リテラル値だけが異なるクエリの全体的なリソース使用率を決定できます。You can use the query hash to determine the aggregate resource usage for queries that differ only by literal values.
query_plan_hashquery_plan_hash binary (8)binary(8) クエリ実行プランで計算され、同様のクエリ実行プランを識別するために使用される、バイナリのハッシュ値です。Binary hash value calculated on the query execution plan and used to identify similar query execution plans. クエリ プラン ハッシュを使用して、同様の実行プランを持つクエリの累積コストを確認できます。You can use query plan hash to find the cumulative cost of queries with similar execution plans.
statement_sql_handlestatement_sql_handle varbinary(64)varbinary(64) 適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降。Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later.

個々のクエリの SQL ハンドル。SQL handle of the individual query.

データベースに対してクエリストアが有効になっていない場合、この列は NULL になります。This column is NULL if Query Store is not enabled for the database.
statement_context_idstatement_context_id bigintbigint 適用対象: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) 以降。Applies to: SQL Server 2014 (12.x)SQL Server 2014 (12.x) and later.

Query_context_settings の外部キー (省略可能)。The optional foreign key to sys.query_context_settings.

データベースに対してクエリストアが有効になっていない場合、この列は NULL になります。This column is NULL if Query Store is not enabled for the database.
dopdop intint 適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降。Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later.

クエリの並列処理の次数。The degree of parallelism of the query.
parallel_worker_countparallel_worker_count intint 適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降。Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later.

並列クエリの場合は、予約済みの並列ワーカーの数。The number of reserved parallel workers if this is a parallel query.
external_script_request_idexternal_script_request_id uniqueidentifieruniqueidentifier 適用対象: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) 以降。Applies to: SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) and later.

現在の要求に関連付けられている外部スクリプト要求 ID。The external script request ID associated with the current request.
is_resumableis_resumable bitbit 適用対象: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) 以降。Applies to: SQL Server 2017 (14.x)SQL Server 2017 (14.x) and later.

要求が再開可能なインデックス操作であるかどうかを示します。Indicates whether the request is a resumable index operation.
page_resourcepage_resource binary (8)binary(8) 適用対象: SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)Applies to: SQL Server 2019 (15.x)SQL Server 2019 (15.x)

wait_resource列にページが含まれている場合は、ページリソースの8バイトの16進数表現。An 8-byte hexadecimal representation of the page resource if the wait_resource column contains a page. 詳細については、「 sys. fn_PageResCracker」を参照してください。For more information, see sys.fn_PageResCracker.
page_server_readspage_server_reads bigintbigint 適用対象: Azure SQL Database ハイパースケールApplies to: Azure SQL Database Hyperscale

この要求によって実行されたページサーバーの読み取り回数。Number of page server reads performed by this request. NULL 値は許可されません。Is not nullable.
     

解説Remarks

SQL ServerSQL Server 外部のコード (拡張ストアド プロシージャや分散クエリなど) を実行するには、スレッドを非プリエンプティブ スケジューラの制御外で実行する必要があります。To execute code that is outside SQL ServerSQL Server (for example, extended stored procedures and distributed queries), a thread has to execute outside the control of the non-preemptive scheduler. このとき、ワーカーはプリエンプティブ モードに切り替えられます。To do this, a worker switches to preemptive mode. この動的管理ビューによって返される時刻値には、プリエンプティブモードで費やされた時間は含まれません。Time values returned by this dynamic management view do not include time spent in preemptive mode.

行モードで並列要求を実行する場合、は、 SQL ServerSQL Server 割り当てられたタスクを完了するワーカースレッドを調整するワーカースレッドを割り当てます。When executing parallel requests in row mode, SQL ServerSQL Server assigns a worker thread to coordinate the worker threads responsible for completing tasks assigned to them. この DMV では、コーディネーターのスレッドのみが要求に対して表示されます。In this DMV only the coordinator thread is visible for the request. 列の 読み取り書き込みlogical_readsrow_count は、コーディネータースレッドに対して更新され ませんThe columns reads, writes, logical_reads, and row_count are not updated for the coordinator thread. wait_typewait_timelast_wait_typewait_resource、および granted_query_memory は、コーディネータースレッドに対して のみ更新 されます。The columns wait_type, wait_time, last_wait_type, wait_resource, and granted_query_memory are only updated for the coordinator thread. 詳細については、「スレッドおよびタスクのアーキテクチャ ガイド」を参照してください。For more information, see the Thread and Task Architecture Guide.

アクセス許可Permissions

ユーザーが VIEW SERVER STATE サーバーに対する権限を持っている場合、ユーザーにはのインスタンスで実行中のすべてのセッションが表示されます SQL ServerSQL Server 。それ以外の場合、ユーザーには現在のセッションのみが表示されます。If the user has VIEW SERVER STATE permission on the server, the user will see all executing sessions on the instance of SQL ServerSQL Server; otherwise, the user will see only the current session. VIEW SERVER STATE Azure SQL Database で許可することはできません sys.dm_exec_requests 。したがって、は常に現在の接続に限定されます。VIEW SERVER STATE cannot be granted in Azure SQL Database so sys.dm_exec_requests is always limited to the current connection.

Always On シナリオでは、セカンダリレプリカが 読み取り目的のみに設定されている場合、セカンダリへの接続では、を追加することによって、接続文字列パラメーターでアプリケーションの目的を指定する必要があり applicationintent=readonly ます。In Always-On scenarios, if the secondary replica is set to read-intent only, the connection to the secondary must specify its application intent in connection string parameters by adding applicationintent=readonly. そうしないと、 sys.dm_exec_requests 権限が存在する場合でも、可用性グループ内のデータベースに対するのアクセス確認は成功しません VIEW SERVER STATEOtherwise, the access check for sys.dm_exec_requests won't pass for databases in the availability group, even if VIEW SERVER STATE permission is present.

Examples

A.A. 実行中のバッチのクエリテキストの検索Finding the query text for a running batch

次の例では、sys.dm_exec_requests をクエリして目的のクエリを検索し、その sql_handle を出力結果からコピーします。The following example queries sys.dm_exec_requests to find the interesting query and copy its sql_handle from the output.

SELECT * FROM sys.dm_exec_requests;  
GO  

次に、ステートメントテキストを取得するために、コピーしたを sql_handle システム関数と共に使用し sys.dm_exec_sql_text(sql_handle) ます。Then, to obtain the statement text, use the copied sql_handle with system function sys.dm_exec_sql_text(sql_handle).

SELECT * FROM sys.dm_exec_sql_text(< copied sql_handle >);  
GO  

B.B. 実行中のバッチが保持しているすべてのロックを検索するFinding all locks that a running batch is holding

次の例では、 dm_exec_requests を照会して、興味深いバッチを見つけて、出力からコピーします transaction_idThe following example queries sys.dm_exec_requests to find the interesting batch and copy its transaction_id from the output.

SELECT * FROM sys.dm_exec_requests;  
GO

次に、ロック情報を検索するには、 transaction_id システム関数 sys. dm_tran_locksと共にコピーされたを使用します。Then, to find lock information, use the copied transaction_id with the system function sys.dm_tran_locks.

SELECT * FROM sys.dm_tran_locks
WHERE request_owner_type = N'TRANSACTION'
    AND request_owner_id = < copied transaction_id >;
GO  

C.C. 現在ブロックされているすべての要求を検索していますFinding all currently blocked requests

次の例では、 sys. dm_exec_requests を照会して、ブロックされた要求に関する情報を検索します。The following example queries sys.dm_exec_requests to find information about blocked requests.

SELECT session_id ,status ,blocking_session_id  
    ,wait_type ,wait_time ,wait_resource
    ,transaction_id
FROM sys.dm_exec_requests
WHERE status = N'suspended';  
GO  

D.D. CPU による既存の要求の順序付けOrdering existing requests by CPU

SELECT 
   req.session_id
   , req.start_time
   , cpu_time 'cpu_time_ms'
   , object_name(st.objectid,st.dbid) 'ObjectName' 
   , substring
      (REPLACE
        (REPLACE
          (SUBSTRING
            (ST.text
            , (req.statement_start_offset/2) + 1
            , (
               (CASE statement_end_offset
                  WHEN -1
                  THEN DATALENGTH(ST.text)  
                  ELSE req.statement_end_offset
                  END
                    - req.statement_start_offset)/2) + 1)
       , CHAR(10), ' '), CHAR(13), ' '), 1, 512)  AS statement_text  
FROM sys.dm_exec_requests AS req  
   CROSS APPLY sys.dm_exec_sql_text(req.sql_handle) as ST
   ORDER BY cpu_time desc;
GO

関連項目See Also

動的管理ビューと動的管理関数 Dynamic Management Views and Functions
実行関連の動的管理ビューおよび関数 Execution Related Dynamic Management Views and Functions
dm_os_memory_clerks sys.dm_os_memory_clerks
dm_os_sys_info sys.dm_os_sys_info
dm_exec_query_memory_grants sys.dm_exec_query_memory_grants
dm_exec_query_plan sys.dm_exec_query_plan
dm_exec_sql_text sys.dm_exec_sql_text
SQL Server、SQL Statistics オブジェクト SQL Server, SQL Statistics Object
クエリ処理アーキテクチャ ガイド Query Processing Architecture Guide
スレッドおよびタスクのアーキテクチャ ガイドThread and Task Architecture Guide