fn_PageResCracker (Transact-sql)sys.fn_PageResCracker (Transact-SQL)

このトピックの適用対象: ○SQL Server 2019 以降 XAzure SQL DatabaseXAzure Synapse Analytics XParallel Data Warehouse THIS TOPIC APPLIES TO:yesSQL Server 2019 and later noAzure SQL DatabasenoAzure Synapse Analytics noParallel Data Warehouse

指定さdb_id page_resourcefile_idた値page_idの、、およびを返します。Returns the db_id, file_id, and page_id for the given page_resource value.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

sys.fn_PageResCracker ( page_resource )  

引数Arguments

page_resource page_resource
データベースページリソースの8バイトの16進形式です。Is the 8-byte hexadecimal format of a database page resource.

返されるテーブルTables Returned

列名Column name データ型Data type [説明]Description
db_iddb_id intint データベース IDDatabase ID
file_idfile_id intint ファイル IDFile ID
page_idpage_id intint ページ IDPage ID

解説Remarks

sys.fn_PageResCrackerは、データベースページの8バイトの16進数表現を、ページのデータベース ID、ファイル ID、およびページ ID を含む行セットに変換するために使用されます。sys.fn_PageResCracker is used to convert the 8-byte hexadecimal representation of a database page to a rowset that contains the database ID, file ID and page ID of the page.

有効なページリソースを取得するにはpage_resourcedm_exec_requests (transact-sql)動的管理ビューまた(は transact-sql)システムビューの列を参照してください。You can obtain a valid page resource from the page_resource column of the sys.dm_exec_requests (Transact-SQL) dynamic management view or the sys.sysprocesses (Transact-SQL) system view. 無効なページリソースが使用されている場合、戻り値は NULL になります。If an invalid page resource is used then the return is NULL.
の主な用途sys.fn_PageResCrackerは、これらのビューとdm_db_page_info (transact-sql)動的管理関数との間の結合を容易にすることです。これにより、そのページが属するオブジェクトなどのページに関する情報を取得できます。The primary use of sys.fn_PageResCracker is to facilitate joins between these views and the sys.dm_db_page_info (Transact-SQL) dynamic management function in order to obtain information about the page, such as the object to which it belongs.

アクセス許可Permissions

ユーザーは、 VIEW SERVER STATEサーバーに対する権限が必要です。The user needs VIEW SERVER STATE permission on the server.

Examples

関数sys.fn_PageResCrackerは、 dm_db_page_info (transact-sql)と組み合わせて使用して、でのSQL ServerSQL Serverページ関連の待機とブロックに関するトラブルシューティングを行うことができます。The sys.fn_PageResCracker function can be used in conjunction with sys.dm_db_page_info (Transact-SQL) to troubleshoot page related waits and blocking in SQL ServerSQL Server. 次のスクリプトは、特定の種類のページリソースで現在待機しているすべてのアクティブな要求について、データベースページ情報を収集するためにこれらの関数を使用する方法の例です。The following script is an example of how you can use these functions to gather database page information for all active requests that are currently waiting on some type of page resource.

SELECT page_info.* 
FROM sys.dm_exec_requests AS d  
CROSS APPLY sys.fn_PageResCracker (d.page_resource) AS r  
CROSS APPLY sys.dm_db_page_info(r.db_id, r.file_id, r.page_id, 1) AS page_info

参照See Also

dm_db_page_info (Transact-sql)sys.dm_db_page_info (Transact-SQL)
Transact-sql)(の SQL-DMO sys.sysprocesses (Transact-SQL)
dm_exec_requests (Transact-sql)sys.dm_exec_requests (Transact-SQL)