変更追跡関数 (Transact-SQL)Change Tracking Functions (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

変更追跡レコードは、挿入、更新、および削除の各アクティビティの使いやすいリレーショナル形式で変更の詳細情報を指定して、追跡対象のテーブルに適用します。Change tracking records insert, update, and delete activity applied to tracked tables, supplying the details of the changes in an easily consumed relational format. 次の関数は、変更に関する情報を返します。The following functions return information about the changes.

関数Function 説明Description
CHANGETABLE (CHANGES)CHANGETABLE (CHANGES) 指定したバージョン以降に発生したすべての変更についての情報を追跡テーブルを返します。Returns tracking information for all changes to a table that have occurred since a specified version.
CHANGETABLE (VERSION)CHANGETABLE (VERSION) 指定した行に関する最新の変更追跡情報を返します。Returns the latest change tracking information for a specified row.
CHANGE_TRACKING_MIN_VALID_VERSION()CHANGE_TRACKING_MIN_VALID_VERSION() 変更を使用しているときに、指定したテーブルから追跡情報を取得するに使用するために有効な最小バージョンを返します、 CHANGETABLE関数。Returns the minimum version that is valid for use in obtaining change tracking information from the specified table when you are using the CHANGETABLE function.
CHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSIONCHANGE_TRACKING_CURRENT_VERSION 最後のコミットされたトランザクションに関連付けられているバージョンを取得します。Obtains a version that is associated with the last committed transaction. 次に CHANGETABLE を使用して変更を列挙するときのこのバージョンを使用することができます。You can use this version the next time you enumerate changes by using CHANGETABLE.
CHANGE_TRACKING_IS_COLUMN_IN_MASKCHANGE_TRACKING_IS_COLUMN_IN_MASK CHANGETABLE(CHANGES...) 関数によって返される SYS_CHANGE_COLUMNS 値を解釈します。Interprets the SYS_CHANGE_COLUMNS value that is returned by the CHANGETABLE(CHANGES ...) function.
WITH CHANGE_TRACKING_CONTEXTWITH CHANGE_TRACKING_CONTEXT アプリケーション データが変更されたときは、発信元 ID などの変更コンテキストの仕様を有効にします。Enables the specification of a change context, such as an originator ID, when an application changes data.

関連項目See Also

データ変更の追跡 (SQL Server)Track Data Changes (SQL Server)