システム情報スキーマビュー (Transact-sql)System Information Schema Views (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server ○Azure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

情報スキーマビューは、メタデータを取得SQL ServerSQL Serverするために用意されているいくつかの方法の1つです。An information schema view is one of several methods SQL ServerSQL Server provides for obtaining metadata. 情報スキーマ ビューでは、システム テーブルに依存しない、SQL ServerSQL Server メタデータの内部ビューが提供されます。Information schema views provide an internal, system table-independent view of the SQL ServerSQL Server metadata. 基になるシステム テーブルに大きな変更が加えられても、情報スキーマ ビューによって、アプリケーションは正しく動作できます。Information schema views enable applications to work correctly although significant changes have been made to the underlying system tables. SQL ServerSQL Server に含まれる情報スキーマ ビューは、ISO 標準定義の INFORMATION_SCHEMA に従います。The information schema views included in SQL ServerSQL Server comply with the ISO standard definition for the INFORMATION_SCHEMA.

重要

情報スキーマ ビューに対しては、旧バージョンとの互換性を維持できない変更がいくつか加えられています。Some changes have been made to the information schema views that break backward compatibility. これらの変更については、特定のビューのトピックで説明します。These changes are described in the topics for the specific views.

SQL ServerSQL Serverでは、現在のサーバーを参照するときに、3つの部分で構成される名前付け規則がサポートされています。supports a three-part naming convention when you refer to the current server. ISO 標準も、3 つの要素で構成される名前付け規則をサポートします。The ISO standard also supports a three-part naming convention. しかし、両方の名前付け規則で使用される名前は同じではありません。However, the names used in both naming conventions are different. 情報スキーマ ビューは、INFORMATION_SCHEMA という特殊スキーマで定義されます。The information schema views are defined in a special schema named INFORMATION_SCHEMA. このスキーマは、各データベースに含まれます。This schema is contained in each database. 各情報スキーマビューには、その特定のデータベースに格納されているすべてのデータオブジェクトのメタデータが含まれています。Each information schema view contains metadata for all data objects stored in that particular database. 次の表は、SQL ServerSQL Server 名と SQL 標準名の関係を示しています。The following table shows the relationships between the SQL ServerSQL Server names and the SQL standard names.

SQL Server 名SQL Server name この同等の SQL 標準名にマップされるMaps to this equivalent SQL standard name
[データベース]Database CatalogCatalog
スキーマSchema スキーマSchema
オブジェクトObject オブジェクトObject
ユーザー定義データ型user-defined data type [ドメイン]Domain

この名前マッピング規則は、次の SQL ServerSQL Server の ISO 互換ビューに適用されます。This name-mapping convention applies to the following SQL ServerSQL Server ISO-compatible views.

CHECK_CONSTRAINTSCHECK_CONSTRAINTS REFERENTIAL_CONSTRAINTSREFERENTIAL_CONSTRAINTS
COLUMN_DOMAIN_USAGECOLUMN_DOMAIN_USAGE ROUTINESROUTINES
COLUMN_PRIVILEGESCOLUMN_PRIVILEGES ROUTINE_COLUMNSROUTINE_COLUMNS
COLUMNSCOLUMNS SCHEMATASCHEMATA
CONSTRAINT_COLUMN_USAGECONSTRAINT_COLUMN_USAGE TABLE_CONSTRAINTSTABLE_CONSTRAINTS
CONSTRAINT_TABLE_USAGECONSTRAINT_TABLE_USAGE TABLE_PRIVILEGESTABLE_PRIVILEGES
DOMAIN_CONSTRAINTSDOMAIN_CONSTRAINTS TABLESTABLES
DOMAINSDOMAINS VIEW_COLUMN_USAGEVIEW_COLUMN_USAGE
KEY_COLUMN_USAGEKEY_COLUMN_USAGE VIEW_TABLE_USAGEVIEW_TABLE_USAGE
PARAMETERSPARAMETERS VIEWSVIEWS

また、いくつかのビューは、文字データやバイナリ データなど、別のクラスのデータへの参照を含んでいます。Also, some views contain references to different classes of data such as character data or binary data.

情報スキーマ ビューを参照する場合は、INFORMATION_SCHEMA スキーマ名を含む修飾名を使用する必要があります。When you reference the information schema views, you must use a qualified name that includes the INFORMATION_SCHEMA schema name. 以下に例を示します。For example:

SELECT TABLE_CATALOG, TABLE_SCHEMA, TABLE_NAME, COLUMN_NAME, COLUMN_DEFAULT
FROM AdventureWorks2012.INFORMATION_SCHEMA.COLUMNS
WHERE TABLE_NAME = N'Product';

関連項目See Also