データ型 (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース はいAzure SQL Managed Instance はいAzure Synapse Analytics はいParallel Data Warehouse

SQL Server では、列、ローカル変数、式、パラメーターのそれぞれに、関連するデータ型があります。 データ型は、整数データ、文字データ、通貨データ、日時データ、バイナリ文字列など、オブジェクトが保持できるデータの種類を示す属性です。

SQL Server では、システム データ型のセットが用意されており、ここに SQL Server で使用可能なデータ型がすべて定義されています。 Transact-SQL または Microsoft .NET Framework で、ユーザー独自のデータ型を定義することもできます。 別名データ型は、システムが提供するデータ型に基づいています。 別名データ型について詳しくは、「CREATE TYPE (Transact-SQL)」をご覧ください。 ユーザー定義型の特性は、.NET Framework でサポートされるプログラミング言語の 1 つを使用して作成するクラスのメソッドと演算子によって決まります。

データ型、照合順序、有効桁数、小数点以下桁数、または長さが異なる 2 つの式を演算子で結合する場合、結果の特性は次のように決まります。

SQL Server では、ISO との互換性を保つためにデータ型のシノニムが用意されています。 詳しくは、「データ型のシノニム (Transact-SQL)」をご覧ください。

データ型のカテゴリ

SQL Server のデータ型は、次のカテゴリに分類されます。

真数

Unicode 文字列

概数

バイナリ文字列

日付と時刻

その他のデータ型

文字列

SQL Server では一部のデータ型は、格納の特性に基づいて次のグループに分けられます。

  • 大きな値データ型: varchar(max)nvarchar(max)

  • ラージ オブジェクト データ型: textntextimagevarbinary(max)xml

    注意

    sp_help は、大きな値および xml を受け取るデータ型の長さとして -1 を返します。

真数

bit

int

概数

日付と時刻

文字列

Unicode 文字列

バイナリ文字列

その他のデータ型

xml

関連項目

CREATE PROCEDURE (Transact-SQL)
CREATE TABLE (Transact-SQL)
DECLARE @local_variable (Transact-SQL) EXECUTE (Transact-SQL)
式 (Transact-SQL)
関数 (Transact-SQL)
LIKE (Transact-SQL)
sp_droptype (Transact-SQL)
sp_help (Transact-SQL)
sp_rename (Transact-SQL)