sp_addremotelogin (TRANSACT-SQL)sp_addremotelogin (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

ローカル サーバー上の新しいリモート ログイン ID を追加します。Adds a new remote login ID on the local server. これにより、リモート サーバーに接続し、リモート プロシージャ コールを実行できます。This enables remote servers to connect and execute remote procedure calls.

重要

この機能は、Microsoft SQL Server の次のバージョンで削除されます。This feature will be removed in the next version of Microsoft SQL Server. 新規の開発作業ではこの機能を使用しないようにし、現在この機能を使用しているアプリケーションはできるだけ早く修正してください。Do not use this feature in new development work, and modify applications that currently use this feature as soon as possible.代わりに、リンク サーバーとリンク サーバー ストアド プロシージャを使用してください。Use linked servers and linked server stored procedures instead.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
sp_addremotelogin [ @remoteserver = ] 'remoteserver'   
     [ , [ @loginame = ] 'login' ]   
     [ , [ @remotename = ] 'remote_name' ]  

引数Arguments

[ @remoteserver = ] ' remoteserver '[ @remoteserver = ] 'remoteserver'
リモート ログインが適用されるリモート サーバーの名前です。Is the name of the remote server that the remote login applies to. remoteserversysname、既定値はありません。remoteserver is sysname, with no default. だけの場合remoteserverが指定されているすべてのユーザーにremoteserverローカル サーバーに同じ名前の既存のログインにマップされます。If only remoteserver is specified, all users on remoteserver are mapped to existing logins of the same name on the local server. このサーバーは、ローカル サーバーが認識している必要があります。The server must be known to the local server. Sp_addserver を使用して追加されます。This is added by using sp_addserver. ときにユーザーにremoteserverを実行しているローカル サーバーに接続SQL ServerSQL Serverで自分のログインと一致するローカル ログインとして接続するリモート ストアド プロシージャを実行するremoteserver.When users on remoteserver connect to the local server that is running SQL ServerSQL Server to execute a remote stored procedure, they connect as the local login that matches their own login on remoteserver. remoteserverはリモート プロシージャ呼び出しを開始するサーバーです。remoteserver is the server that initiates the remote procedure call.

[ @loginame = ] ' ログイン '[ @loginame = ] 'login'
SQL ServerSQL Server のローカル インスタンス上のユーザーのログイン ID を指定します。Is the login ID of the user on the local instance of SQL ServerSQL Server. login のデータ型は sysname で、既定値は NULL です。login is sysname, with a default of NULL. ログインのローカル インスタンスに既に存在する必要がありますSQL ServerSQL Serverします。loginmust already exist on the local instance of SQL ServerSQL Server. 場合ログインが指定されているすべてのユーザーにremoteserver特定ローカル ログインにマップされます。If login is specified, all users on remoteserver are mapped to that specific local login. ときにユーザーにremoteserverのローカル インスタンスに接続SQL ServerSQL Serverとして接続するリモート ストアド プロシージャを実行するログインします。When users on remoteserver connect to the local instance of SQL ServerSQL Server to execute a remote stored procedure, they connect as login.

[ @remotename = ] ' remote_name '[ @remotename = ] 'remote_name'
リモート サーバー上のユーザーのログイン ID です。Is the login ID of the user on the remote server. remote_namesysname、既定値は NULL です。remote_name is sysname, with a default of NULL. remote_name上に存在する必要がありますremoteserverします。remote_name must exist on remoteserver. 場合remote_nameが指定されている特定のユーザー remote_nameにマップされてログインローカル サーバーにします。If remote_name is specified, the specific user remote_name is mapped to login on the local server. ときにremote_nameremoteserverのローカル インスタンスに接続するSQL ServerSQL Serverとしてリモート ストアド プロシージャを実行する接続ログインします。When remote_name on remoteserver connects to the local instance of SQL ServerSQL Server to execute a remote stored procedure, it connects as login. ログイン ID remote_name 、リモート サーバー上のログイン ID と異なっていてもかまいませんログインします。The login ID of remote_name can be different from the login ID on the remote server, login.

リターン コードの値Return Code Values

0 (成功) または 1 (失敗)0 (success) or 1 (failure)

コメントRemarks

分散クエリを実行するには、sp_addlinkedsrvlogin を使用します。To execute distributed queries, use sp_addlinkedsrvlogin.

sp_addremotelogin は、ユーザー定義のトランザクション内で使用できません。sp_addremotelogin cannot be used inside a user-defined transaction.

アクセス許可Permissions

Sp_addremotelogin を実行できるは、sysadmin、securityadmin 固定サーバー ロールのメンバーだけです。Only members of the sysadmin and securityadmin fixed server roles can execute sp_addremotelogin.

使用例Examples

A.A. 一対一のマッピングMapping one to one

次の例では、リモート名をマップするローカル名の場合に、リモート サーバーACCOUNTSと同じユーザー ログインを持つローカルのサーバー。The following example maps remote names to local names when the remote server ACCOUNTS and local server have the same user logins.

EXEC sp_addremotelogin 'ACCOUNTS';  

B.B. 多対一のマッピングMapping many to one

次の例では、リモート サーバー ACCOUNTS のすべてのユーザーを、ローカル ID Albert にマップするエントリを作成します。The following example creates an entry that maps all users from the remote server ACCOUNTS to the local login ID Albert.

EXEC sp_addremotelogin 'ACCOUNTS', 'Albert';  

C.C. 明示的に一対一でマップするUsing explicit one-to-one mapping

次の例は、リモート ユーザーからのリモート ログインをマップChris、リモート サーバーでACCOUNTSがローカル ユーザーにsalesmgrします。The following example maps a remote login from the remote user Chris on the remote server ACCOUNTS to the local user salesmgr.

EXEC sp_addremotelogin 'ACCOUNTS', 'salesmgr', 'Chris';  

関連項目See Also

sp_addlinkedsrvlogin (TRANSACT-SQL) sp_addlinkedsrvlogin (Transact-SQL)
sp_addlogin (Transact-SQL) sp_addlogin (Transact-SQL)
sp_addserver (TRANSACT-SQL) sp_addserver (Transact-SQL)
sp_dropremotelogin (TRANSACT-SQL) sp_dropremotelogin (Transact-SQL)
sp_grantlogin (Transact-SQL) sp_grantlogin (Transact-SQL)
sp_helpremotelogin (TRANSACT-SQL) sp_helpremotelogin (Transact-SQL)
sp_helpserver (Transact-SQL) sp_helpserver (Transact-SQL)
sp_remoteoption (TRANSACT-SQL) sp_remoteoption (Transact-SQL)
sp_revokelogin (Transact-SQL) sp_revokelogin (Transact-SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)System Stored Procedures (Transact-SQL)