sp_help_targetserver (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン)

すべての対象サーバーを一覧表示します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

  
sp_help_targetserver   
     [ [ @server_name = ] 'server_name' ]  

引数

[ @server_name = ] 'server_name' 情報を返すサーバーの名前。 server_namenvarchar (30),、既定値は NULL です。

リターン コードの値

0 (成功) または 1 (失敗)

結果セット

Server_name が指定されていない場合、 sp_help_targetserver はこの結果セットを返します。

列名 データ型 説明
server_id int サーバーの識別番号。
server_name nvarchar(30) サーバー名。
location nvarchar(200) 指定されたサーバーの場所です。
time_zone_adjustment int グリニッジ標準時 (GMT) からのタイムゾーンの調整 (時間単位)。
enlist_date datetime 指定したサーバーの参加日。
last_poll_date datetime ジョブに対してサーバーが最後にポーリングされた日付。
status int 指定されたサーバーの状態。
unread_instructions int サーバーに未読の指示があるかどうか。 すべての行がダウンロードされている場合、この列は 0 になります。
local_time datetime 対象サーバーのローカルの日付と時刻。これは、マスターサーバーの最後のポーリング時点での対象サーバーのローカル時刻に基づいています。
enlisted_by_nt_user nvarchar (100) ターゲット サーバーに参加した Microsoft Windows のユーザー。
poll_interval int ジョブをダウンロードしてジョブの状態をアップロードするために、対象サーバーがマスター SQLServerAgent サービスをポーリングする間隔 (秒単位)。

アクセス許可

このストアド プロシージャを実行するには、 sysadmin 固定サーバー ロールのメンバーであることが必要です。

A. 登録されているすべての対象サーバーの情報を一覧表示する

次の例では、すべての登録されたターゲット サーバーの情報を一覧表示します。

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_help_targetserver ;  
GO  

B. 特定の対象サーバーの情報を一覧表示する

次の例では、対象サーバーの情報を一覧表示し SEATTLE2 ます。

USE msdb ;  
GO  
  
EXEC dbo.sp_help_targetserver N'SEATTLE2' ;  
GO  

参照

sp_add_targetservergroup (transact-sql SQL)
sp_delete_targetserver (transact-sql SQL)
sp_delete_targetservergroup (transact-sql SQL)
sp_update_targetservergroup (transact-sql SQL)
sysdownloadlist (Transact SQL)
システム ストアド プロシージャ (Transact-SQL)