SQL Server Migration Assistant

Microsoft SQL Server Migration Assistant (SSMA) は、Microsoft Access、DB2、MySQL、Oracle、および SAP ASE から SQL Server へのデータベース移行を自動化するために設計されたツールです。

移行元

サポートされているソースとターゲット バージョン

サポートされているソースについては、SSMA ダウンロードのダウンロード センターの情報を確認してください。

SSMA では、次のターゲット バージョンがサポートされています。

  • SQL Server 2012
  • SQL Server 2014
  • SQL Server 2016
  • Windows および Linux 上の SQL Server 2017
  • Windows および Linux 上の SQL Server 2019
  • Azure SQL データベース
  • Azure SQL Managed Instance
  • Azure Synapse Analytics**

** このターゲットは、SSMA for Oracle でのみサポートされています。

ダウンロード

SSMA サポートの取得

Microsoft SQL Server Migration Assistant (SSMA) のヘルプとサポート:

  • 製品ヘルプ - 製品サポートにアクセスするには、SSMA を起動し、[ヘルプ] メニューを選択するか、F1 キーを押します。

  • SQL Serverコミュニティ フォーラム - SQL Server Communityで質問する

    • SQL Server Community - SQL Server コミュニティによって監視されるニュースグループとフォーラム。 ブログや Web サイトなど、コミュニティ情報のソースも一覧表示されます。

    • SQL Server Developer センター Community - ニュースグループ、フォーラム、および開発者SQL Server役立つその他のコミュニティ リソース

  • Premier サポート - Premier 契約をお持ちの場合は、 Premier Online ポータルで Premier サポートを受けることができます。

  • コンサルティング サービス - パートナーによる移行については、 Azure Database 移行ガイドを参照してください。

このソフトウェアおよびマニュアルに記載されている参照用のアプリケーションを含んだ内容は、情報の提供のみを目的としており、明示または黙示にかかわらず、このマニュアルは保証なしで提供されます。 このソフトウェアの仕様およびマニュアルに記載されている事柄は、将来予告なしに変更することがあります。 お客様が本製品を運用した結果の影響については、お客様が負うものとします。

このマニュアルに含まれているサンプルは、概念や特定のステートメントまたは句の利用方法の説明を主目的として提供されています。 通常のデータ検証とエラー処理の一部が削除され、特定の概念またはステートメントに焦点を当てるので、ほとんどのサンプルには、通常は完全な運用システムで見つかる可能性のあるすべてのコードが含まれていません。 これらのサンプルや付属のソース コードについては、テクニカル サポートを利用できません。

特に記載していない場合、このソフトウェアおよびマニュアルで使用している会社、組織、製品、ドメイン名、電子メール アドレス、人物、場所、出来事などの名称は架空のもので、実在する商品名、団体名、個人名などとは一切関係ありません。 お客様ご自身の責任において、適用されるすべての著作権関連法規に従ったご使用を願います。 このソフトウェアおよびマニュアルのいかなる部分も、米国 Microsoft Corporation の書面による許諾を受けることなく、その目的を問わず、どのような形態であっても、複製または譲渡することは禁じられています。ここでいう形態とは、複写や記録など、電子的な、または物理的なすべての手段を含みます。

マイクロソフトは、このマニュアルに記載されている内容に関し、特許、特許申請、商標、著作権、またはその他の無体財産権を有する場合があります。 このマニュアルはこれらの特許、商標、著作権、またはその他の無体財産権に関する権利をお客様に許諾するものではありません。

© 2019 Microsoft Corporation. All rights reserved.

Microsoft、Windows、Windows NT、Windows Server、Active Directory、ActiveX、BackOffice、bCentral、BizTalk、DirectX、Excel、Hotmail、IntelliSense、J/Direct、Jscript、Microsoft Press、MSDN、MS-DOS、Outlook、PivotChart、PivotTable、PowerPoint、SharePoint、SQL Server、Visual Basic、Visual C#、Visual C++、Visual FoxPro、Visual InterDev、Visual J#、Visual J++、Visual SourceSafe、Visual Studio、Win32、Win32s、Windows Mobile、Windows Server System、および WinFX は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。

SAP NetWeaver は、ドイツ SAP AG のドイツおよびその他の国における登録商標または商標です。

記載されている会社名、製品名には、各社の商標のものもあります。

SQL Server のサポートおよびアップグレードに関するドキュメント ポリシー

SQL Server のドキュメントに記載されている内容は、十分なテストを実施した後にはじめて公開されます。 製品ドキュメント - オンライン ブック、readme ファイル、既知の問題ドキュメント、ナレッジ ベースの記事のSQL Server - すべての顧客が一般的に使用するために十分に堅牢なSQL Server機能に関するコンテンツが含まれています。 このポリシーは、リリースおよびサービス パックの Readme ファイルを含む、すべての SQL Server のドキュメントに適用されます。Readme は、オンライン ブックの追加ファイルとして扱われます。

機能によっては、お客様が直接使用しないものもあり、そのような機能に関してはドキュメントに記載されていません。 Microsoft が発行する SQL Server のドキュメントに記載されていない機能については、サード パーティの書籍や Web サイトの内容は Microsoft カスタマー サポートによってサポートされません。実稼働データベースやアプリケーションでは使用しないでください。

お客様は、ドキュメントに記載されていない API、ストアド プロシージャ、拡張ストアド プロシージャ、関数、ビュー、テーブル、列、プロパティ、メタデータなどを使用しないでください。 Microsoft カスタマー サポートでは、文書化されていないエントリ ポイントを活用または使用するデータベースやアプリケーションはサポートされていません。

ドキュメントに記載されていないエントリ ポイントを応用または使用するアプリケーションやデータベースについては、将来のバージョンの SQL Server に対応させるためのサーバーおよびデータベースのアップグレードは保証されません。 SQL Server 機能の使用は、Microsoft SQL Server のドキュメントに記載されている方法に限定されます。 機能が Microsoft SQL Server のドキュメントに記載されていない場合は、SQL Server のサポート対象から除外されます。