SQL Server エージェントのプロパティ ([警告システム] ページ)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL Managed Instance

重要

現在、Azure SQL Managed Instance によって、すべてではありませんが、ほとんどの SQL Server エージェントの機能がサポートされています。 詳細については、Azure SQL Managed Instance と SQL Server の T-SQL の相違点に関するページを参照してください。

このページを使用すると、Microsoft SQL Server エージェントの警告によって送信されるメッセージの設定を表示および変更できます。

オプション

[メール セッション]
このセクションのオプションは、 SQL Server エージェントのメールを構成します。

[メール プロファイルを有効にする]
SQL Server エージェントのメールを有効にします。 既定では、 SQL Server エージェントのメールは有効ではありません。

[メール システム]
SQL Server エージェントで使用するメール システムを設定します。 データベース メール

注意

電子メール システムを変更したら、変更内容を有効にするために SQL Server エージェント サービスを再起動する必要があります。

[メール プロファイル]
SQL Server エージェントで使用するプロファイルを設定します。 [<new Database Mail profile...>] を選択して、新しいプロファイルを作成することもできます。

[ポケットベル メール]
このセクションのオプションを使用すると、ポケットベル アドレスに送信される電子メール メッセージをポケットベル システムに対応させることができます。

[ポケットベル メールのアドレス形式]
このセクションでは、アドレスの形式とポケットベル メールに含める件名行を指定できます。

宛先 行
メッセージの [宛先] 行のオプションを指定します。

プレフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [宛先] 行の先頭に、システムから要求される固定テキストを入力します。

ポケットベル
メッセージの電子メール アドレスを、プレフィックスとサフィックスの間に含めます。

サフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [宛先] 行の末尾に、ポケットベル システムから要求される固定テキストを入力します。

[[CC] 行]
メッセージの [CC] 行のオプションを指定します。

プレフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [CC] 行の先頭に、システムから要求される固定テキストを入力します。

ポケットベル
メッセージの電子メール アドレスを、プレフィックスとサフィックスの間に含めます。

サフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [CC] 行の末尾に、ポケットベル システムから要求される固定テキストを入力します。

[件名]
メッセージの件名のオプションを指定します。

プレフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [件名] 行の先頭に、ポケットベル システムから要求される固定テキストを入力します。

サフィックス
ポケットベルに送信されるメッセージの [件名] 行の末尾に、ポケットベル システムから要求される固定テキストを入力します。

[通知メッセージに電子メールの本文を含める]
ポケットベルに送信されるメッセージに、電子メールの本文を含めます。

[緊急時のオペレーター]
このセクションでは、緊急時のオペレーターのオプションを指定できます。

[緊急時のオペレーターを有効にする]
緊急時のオペレーターを指定します。

[オペレーター]
緊急時の通知を受け取るオペレーターを指定します。

[通知方法]
緊急時のオペレーターへの通知方法を設定します。

[トークンの置換]
SQL Server エージェント警告によって実行されるジョブで使用するジョブ ステップ トークンを有効にできます。 ジョブ ステップ トークンの詳細については、「 ジョブ ステップでのトークンの使用」をご覧ください。

重要

SQL Server エージェント警告でアクティブになるジョブ ステップには、Windows イベント ログに書き込み権限を持つ任意の Windows ユーザーがアクセスできます。 このセキュリティ上のリスクを避けるために、警告によってアクティブになるジョブで使用できる SQL Server エージェント トークンは、既定で無効になっています。 無効になっているトークンは、 $(A-DBN)$(A-SVR)$(A-ERR)$(A-SEV)$(A-MSG) です。

これらのトークンを使用する必要がある場合は、有効にする前に、信頼された Windows セキュリティ グループ (Administrators など) のメンバーだけが、 SQL Server が動作するコンピューターのイベント ログに書き込み権限を持つことを確認してください。

[警告に応答するすべてのジョブのトークンを置き換える]
このチェック ボックスをオンにすると、 SQL Server によってアクティブになるジョブに対してトークンの置換が有効になります。

参照

オペレーター
データベース メールを使用するように SQL Server エージェント メールを構成する
データベース メール