Azure SQL Database Managed Instance とはWhat is Azure SQL Database managed instance?

マネージド インスタンスは、Azure SQL Database の新しいデプロイ オプションです。最新の SQL Server オンプレミス (Enterprise Edition) Database Engine との 100% 近い互換性を備えています。また、セキュリティに関する一般的な懸念事項に対処するネイティブの仮想ネットワーク (VNet) 実装を提供し、オンプレミスの SQL Server の顧客に有利なビジネス モデルを提供します。Managed instance is a new deployment option of Azure SQL Database, providing near 100% compatibility with the latest SQL Server on-premises (Enterprise Edition) Database Engine, providing a native virtual network (VNet) implementation that addresses common security concerns, and a business model favorable for on-premises SQL Server customers. マネージド インスタンス デプロイ モデルにより、既存の SQL Server の顧客は最小限のアプリケーションおよびデータベース変更のみで、オンプレミスのアプリケーションをクラウドに移行 (リフト アンド シフト) することができます。The managed instance deployment model allows existing SQL Server customers to lift and shift their on-premises applications to the cloud with minimal application and database changes. これと同時に、マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、管理のオーバーヘッドと TCO を大幅に削減するすべての PaaS 機能 (自動的な修正プログラムの適用およびバージョン更新、自動バックアップ高可用性) が維持されます。At the same time, the managed instance deployment option preserves all PaaS capabilities (automatic patching and version updates, automated backups, high-availability ), that drastically reduces management overhead and TCO.

重要

現在マネージド インスタンス デプロイ オプションが提供されているリージョンの一覧については、「サポートされているリージョン」をご覧ください。For a list of regions in which the managed instance deployment option is currently available, see supported regions.

次の図では、マネージド インスタンスの主な機能について概説します。The following diagram outlines key features of managed instances:

主な機能

マネージド インスタンス デプロイ モデルは、多数のアプリをオンプレミスまたは IaaS、自作、あるいは ISV 提供の環境から完全なマネージド PaaS クラウド環境に、できるだけ手間をかけずに移行しようとしているユーザー用に設計されています。The managed instance deployment model is designed for customers looking to migrate a large number of apps from on-premises or IaaS, self-built, or ISV provided environment to fully managed PaaS cloud environment, with as low migration effort as possible. Azure で完全に自動化されたデータ移行サービス (DMS) を使用することにより、顧客はオンプレミスの SQL Server をマネージド インスタンスに移行 (リフト アンド シフト) することができます。この場合、VNet のネイティブ サポートにより、SQL Server オンプレミスとの互換性の維持、顧客のインスタンスの完全な分離が実現されます。Using the fully automated Data Migration Service (DMS) in Azure, customers can lift and shift their on-premises SQL Server to a managed instance that offers compatibility with SQL Server on-premises and complete isolation of customer instances with native VNet support. ソフトウェア アシュアランスに基づき、マネージド インスタンスでは SQL Server 用の Azure ハイブリッド特典を利用して、顧客の既存のライセンスを割引料金のライセンスに交換することができます。With Software Assurance, you can exchange their existing licenses for discounted rates on a managed instance using the Azure Hybrid Benefit for SQL Server. 高度なセキュリティと豊富なプログラミング サーフェスを必要とする SQL Server インスタンスにとって、マネージド インスタンスはクラウド内の最適な移行先です。A managed instance is the best migration destination in the cloud for SQL Server instances that require high security and a rich programmability surface.

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、段階的リリース計画に基づいて、最新のオンプレミスの SQL Server バージョンとの 100% 近いセキュリティ、外部からのアクセス互換性を実現することが目的とされています。The managed instance deployment option aims delivers close to 100% surface area compatibility with the latest on-premises SQL Server version through a staged release plan.

Azure SQL Database デプロイ オプションの単一データベース、プールされたデータベース、マネージド インスタンス、仮想マシンでホストされる SQL Server のどれにするかを決定するには、Azure で適切なバージョンの SQL Server を選択する方法に関するページをご覧ください。To decide between the Azure SQL Database deployment options: single database, pooled database, and managed instance, and SQL Server hosted in virtual machine, see how to choose the right version of SQL Server in Azure.

主な機能Key features and capabilities

マネージド インスタンスでは、Azure SQL Database と SQL Server Database Engine の両方で利用可能な最高の機能が組み合わされています。Managed instance combines the best features that are available both in Azure SQL Database and SQL Server Database Engine.

重要

マネージド インスタンスでは、オンライン操作、計画の自動修正、その他のエンタープライズ パフォーマンス拡張機能など、最新バージョンの SQL Server のすべての機能が実行されます。A managed instance runs with all of the features of the most recent version of SQL Server, including online operations, automatic plan corrections, and other enterprise performance enhancements. 使用可能な機能の比較については、「機能の比較:Azure SQL Database と SQL Server」をご覧ください。A Comparison of the features available is explained in Feature comparison: Azure SQL Database versus SQL Server.

PaaS の特典PaaS benefits ビジネス継続性Business continuity
ハードウェアの購入と管理が不要No hardware purchasing and management
基になるインフラストラクチャを管理するための管理オーバーヘッドが不要No management overhead for managing underlying infrastructure
迅速なプロビジョニングとサービスのスケーリングQuick provisioning and service scaling
自動的に行われる修正プログラムの適用とバージョンのアップグレードAutomated patching and version upgrade
その他の PaaS データ サービスとの統合Integration with other PaaS data services
99.99% アップタイム SLA99.99% uptime SLA
組み込みの高可用性Built in high-availability
自動バックアップによるデータの保護Data protected with automated backups
顧客が構成可能なバックアップの保有期間Customer configurable backup retention period
ユーザーによって開始されるバックアップUser-initiated backups
データベースのポイントインタイム リストア機能Point in time database restore capability
セキュリティとコンプライアンスSecurity and compliance 管理Management
分離環境 (VNet 統合、シングル テナント サービス、専用のコンピューティングおよびストレージ)Isolated environment (VNet integration, single tenant service, dedicated compute and storage)
透過的なデータ暗号化 (TDE)Transparent data encryption (TDE)
Azure AD 認証、シングル サインオンのサポートAzure AD authentication, single sign-on support
Azure AD サーバー プリンシパル (ログイン) (パブリック プレビュー)Azure AD server principals (logins) (public preview)
Azure SQL データベースと同じコンプライアンス標準に準拠Adheres to compliance standards same as Azure SQL database
SQL 監査SQL auditing
Advanced Threat ProtectionAdvanced Threat Protection
サービスのプロビジョニングとスケーリングを自動化するための Azure Resource Manager APIAzure Resource Manager API for automating service provisioning and scaling
手動でのサービスのプロビジョニングとスケーリングに対応する Azure Portal の機能Azure portal functionality for manual service provisioning and scaling
データ移行サービスData Migration Service

重要

Azure SQL Database (すべてのデプロイ オプション) は、さまざまなコンプライアンス標準に対して認定されています。Azure SQL Database (all deployment options), has been certified against a number of compliance standards. 詳細については、Microsoft Azure セキュリティ センターに関するページを参照してください。ここから最新の SQL Database コンプライアンス証明書の一覧を入手できます。For more information, see the Microsoft Azure Trust Center where you can find the most current list of SQL Database compliance certifications.

マネージド インスタンスの主な機能を次の表に示します。The key features of managed instances are shown in the following table:

機能Feature 説明Description
SQL Server のバージョン/ビルドSQL Server version / build SQL Server Database Engine (最新の安定版)SQL Server Database Engine (latest stable)
管理される自動バックアップManaged automated backups はいYes
インスタンスおよびデータベースに対する組み込みの監視とメトリックBuilt-in instance and database monitoring and metrics はいYes
自動的に行われるソフトウェア修正プログラムの適用Automatic software patching はいYes
最新のデータベース エンジンの機能The latest Database Engine features はいYes
データベースごとのデータ ファイル数 (ROWS)Number of data files (ROWS) per the database 複数Multiple
データベースごとのログ ファイル数 (LOG)Number of log files (LOG) per database 11
VNet - Azure Resource Manager デプロイVNet - Azure Resource Manager deployment はいYes
VNet - クラシック デプロイ モデルVNet - Classic deployment model いいえNo
ポータルのサポートPortal support はいYes
組み込み統合サービス (SSIS)Built-in Integration Service (SSIS) いいえ - SSIS は Azure Data Factory PaaS に含まれます。No - SSIS is a part of Azure Data Factory PaaS
組み込み Analysis Service (SSAS)Built-in Analysis Service (SSAS) いいえ - SSAS は別の PaaS です。No - SSAS is separate PaaS
組み込みレポート サービス (SSRS)Built-in Reporting Service (SSRS) いいえ - Power BI または SSRS IaaS を使用してください。No - use Power BI or SSRS IaaS

仮想コアベースの購入モデルvCore-based purchasing model

マネージド インスタンスの仮想コアベースの購入モデルでは、柔軟性、管理性、透明性が実現されており、オンプレミスのワークロード要件をクラウドに容易に移行できます。The vCore-based purchasing model for managed instances gives you flexibility, control, transparency, and a straightforward way to translate on-premises workload requirements to the cloud. このモデルでは、ワークロードの必要性に基づいて、コンピューティング、メモリ、ストレージを変更できます。This model allows you to change compute, memory, and storage based upon your workload needs. また、仮想コア モデルは SQL Server 用の Azure ハイブリッド特典による最大 30% の割引の対象となります。The vCore model is also eligible for up to 30 percent savings with the Azure Hybrid Benefit for SQL Server.

仮想コア モデルでは、ハードウェアの世代を選択できます。In vCore model, you can choose between generations of hardware.

  • Gen4 論理 CPU は、Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4-GHz プロセッサ、接続された SSD、物理コア、コアあたり 7 GB の RAM、8 から 24 個の仮想コアのコンピューティング サイズに基づいています。Gen4 Logical CPUs are based on Intel E5-2673 v3 (Haswell) 2.4-GHz processors, attached SSD, physical cores, 7-GB RAM per core, and compute sizes between 8 and 24 vCores.
  • Gen5 論理 CPU は、Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz プロセッサ、高速 NVMe SSD、ハイパースレッド論理コア、4 - 80 コアのコンピューティング サイズに基づいています。Gen5 Logical CPUs are based on Intel E5-2673 v4 (Broadwell) 2.3-GHz processors, fast NVMe SSD, hyper-threaded logical core, and compute sizes between 4 and 80 cores.

ハードウェアの世代の違いについて詳しくは、マネージド インスタンスのリソース制限に関する記事をご覧ください。Find more information about the difference between hardware generations in managed instance resource limits.

重要

新しい Gen4 データベースは、オーストラリア東部とブラジル南部リージョンでサポートされなくなりました。New Gen4 databases are no longer supported in the Australia East or Brazil South regions.

マネージド インスタンスのサービス レベルManaged instance service tiers

マネージド インスタンスは 2 つのサービス レベルで利用できます。Managed instance is available in two service tiers:

  • General Purpose:一般的なパフォーマンスと IO 待ち時間要件のアプリケーション用に設計されています。General purpose: Designed for applications with typical performance and IO latency requirements.
  • Business Critical:短い IO 待ち時間要件で、基盤となるメンテナンス操作がワークロードに与える影響が最小限のアプリケーション用に設計されています。Business critical: Designed for applications with low IO latency requirements and minimal impact of underlying maintenance operations on the workload.

どちらのサービス階層も 99.99% の可用性を保証し、ストレージ サイズとコンピューティング能力を個別に選択することができます。Both service tiers guarantee 99.99% availability and enable you to independently select storage size and compute capacity. Azure SQL Database の高可用性アーキテクチャの詳細については、「高可用性と Azure SQL Database」を参照してください。For more information on the high availability architecture of Azure SQL Database, see High availability and Azure SQL Database.

General Purpose サービス レベルGeneral purpose service tier

次のリストで、汎用サービス階層の主な特徴を説明します。The following list describes key characteristic of the General Purpose service tier:

  • 標準的なパフォーマンス要件を持つ大多数のビジネス アプリケーション向けの設計Design for the majority of business applications with typical performance requirements
  • 高パフォーマンスの Azure Blob Storage (8 TB)High-performance Azure Blob storage (8 TB)
  • 信頼性の高い Azure Blob Storage と Azure Service Fabric に基づいた組み込みの高可用性Built-in high-availability based on reliable Azure Blob storage and Azure Service Fabric

詳しくは、「storage layer in general purpose tier (General Purpose レベルでのストレージ レイヤー)」および「storage performance best practices and considerations for managed instances (general purpose) (マネージド インスタンス (General Purpose) のストレージ パフォーマンスのベスト プラクティスおよび考慮事項)」 をご覧ください。For more information, see storage layer in general purpose tier and storage performance best practices and considerations for managed instances (general purpose).

サービス レベルの違いについて詳しくは、マネージド インスタンスのリソース制限に関する記事をご覧ください。Find more information about the difference between service tiers in managed instance resource limits.

Business Critical サービス レベルBusiness Critical service tier

Business Critical サービス レベルは、IO 要件の高いアプリケーション向けに構築されます。Business Critical service tier is built for applications with high IO requirements. 分離された複数のレプリカを使用して、最高の耐障害性が提供されます。It offers highest resilience to failures using several isolated replicas.

次のリストで、Business Critical サービス レベルの主な特徴を説明します。The following list outlines the key characteristics of the Business Critical service tier:

サービス レベルの違いについて詳しくは、マネージド インスタンスのリソース制限に関する記事をご覧ください。Find more information about the difference between service tiers in managed instance resource limits.

マネージド インスタンスの管理操作Managed instance management operations

Azure SQL Database には、新しいマネージド インスタンスを自動的にデプロイしたり、インスタンスのプロパティを更新したり、不要になったインスタンスを削除したりする際に使用できる管理操作が用意されています。Azure SQL Database provides management operations that you can use to automatically deploy new managed instances, update instance properties, and delete instances when no longer needed. このセクションでは、管理操作とその標準的な所要時間について説明します。This section provides information about management operations and their typical durations.

Azure Virtual Network (VNet) 内へのデプロイをサポートし、顧客に分離性とセキュリティを提供するために、マネージド インスタンスは仮想クラスターを基盤としています。仮想クラスターは、分離された仮想マシンがある特定の目的のために集められて、顧客の仮想ネットワーク サブネット内にデプロイされたものです。To support deployments within Azure Virtual Networks (VNets) and provide isolation and security for customers, managed instance relies on virtual clusters, which represent a dedicated set of isolated virtual machines deployed inside the customer's virtual network subnet. 基本的に、空のサブネットにマネージド インスタンスをデプロイするとその都度、新しい仮想クラスターが構築されます。Essentially, every managed instance deployment in an empty subnet results in a new virtual cluster buildout.

それ以降、デプロイ済みのマネージド インスタンスに対して実行された操作は、その基盤となる仮想クラスターにも影響する可能性があります。Subsequent operations on deployed managed instances might also have effects on its underlying virtual cluster. このことは管理操作の所要時間に影響を及ぼします。新たな仮想マシンのデプロイにはオーバーヘッドが伴うためです。新たなデプロイや既存のマネージド インスタンスに対する更新を計画する際には、このオーバーヘッドを考慮する必要があります。This affects the duration of management operations, as deploying additional virtual machines comes with an overhead that needs to be considered when you plan new deployments or updates to existing managed instances.

すべての管理操作は次のように分類できます。All management operations can be categorized as follows:

  • インスタンスのデプロイ (新しいインスタンスの作成)。Instance deployment (new instance creation).
  • インスタンスの更新 (仮想コア、予約済み記憶域など、インスタンスのプロパティの変更)。Instance update (changing instance properties, such as vCores, reserved storage, etc).
  • インスタンスの削除。Instance deletion.

通常、最も時間がかかるのは仮想クラスターに対する操作です。Typically, operations on virtual clusters take the longest. 仮想クラスターに対する操作の所要時間はさまざまです。既存のサービス利用統計情報に基づいて一般的に見込まれる値を以下に示します。Duration of the operations on virtual clusters vary – below are the values that you can typically expect, based on existing service telemetry data:

  • 仮想クラスターの作成。Virtual cluster creation. これはインスタンス管理操作で同期的に実行されるステップです。This is a synchronous step in instance management operations. 操作の 90% は 4 時間以内に完了します90% of operations finish in 4 hours.
  • 仮想クラスターのサイズ変更 (拡張または縮小)。Virtual cluster resizing (expansion or shrinking). 拡張は同期的に実行されるステップです。一方、縮小は非同期的に実行されます (インスタンス管理操作の所要時間には影響しません)。Expansion is a synchronous step, while shrinking is performed asynchronously (without impact on the duration of instance management operations). クラスター拡張の 90% は 2.5 時間未満で終了します90% of cluster expansions finish in less than 2.5 hours.
  • 仮想クラスターの削除。Virtual cluster deletion. 削除は非同期で実行されるステップですが、空の仮想クラスターに対して手動で開始することもでき、その場合は同期的に実行されます。Deletion is an asynchronous step, but it can also be initiated manually on an empty virtual cluster, in which case it executes synchronously. 仮想クラスターの削除の 90% は 1.5 時間以内に完了します90% of virtual cluster deletions finish in 1.5 hours.

加えて、インスタンスの管理には、ホストされたデータベースに対するいずれかの操作が伴うこともあり、その場合、所要時間はさらに長くなります。Additionally, management of instances may also include one of the operations on hosted databases, which results in longer durations:

  • Azure Storage からのデータベース ファイルのアタッチ。Attaching database files from Azure Storage. これは同期的に実行されるステップです。General Purpose サービス レベルにおけるコンピューティング (仮想コア) やストレージのスケールアップやスケールダウンなどがあります。This is a synchronous step, such as compute (vCore), or storage scaling up or down in the General Purpose service tier. これらの操作の 90% は 5 分以内に完了します90% of these operations finish in 5 minutes.
  • Always On 可用性グループのシード処理。Always On availability group seeding. これは同期的に実行されるステップです。Business Critical サービス レベルにおけるコンピューティング (仮想コア) やストレージのスケーリング、General Purpose から Business Critical (またはその逆) へのサービス レベルの変更などがあります。This is a synchronous step, such as compute (vCore), or storage scaling in the Business Critical service tier as well as in changing the service tier from General Purpose to Business Critical (or vice versa). この操作の所要時間は、合計データベース サイズおよび現在のデータベース アクティビティ (アクティブなトランザクションの数) に比例します。Duration of this operation is proportional to the total database size as well as current database activity (number of active transactions). インスタンスを更新しているときのデータベース アクティビティによって、総所要時間は大きく変動する場合があります。Database activity when updating an instance can introduce significant variance to the total duration. これらの操作の 90% は毎時 220 GB 以上で実行されます90% of these operations execute at 220 GB / hour or higher.

次の表は、操作と標準的な総所要時間をまとめたものです。The following table summarizes operations and typical overall durations:

CategoryCategory OperationOperation 実行時間の長いセグメントLong-running segment 推定所要時間Estimated duration
DeploymentDeployment 空のサブネットへの最初のインスタンスFirst instance in an empty subnet 仮想クラスターの作成Virtual cluster creation 操作の 90% は 4 時間以内に完了90% of operations finish in 4 hours
DeploymentDeployment 空ではないサブネットへの別のハードウェア世代の最初のインスタンス (Gen 4 インスタンスを含んだサブネットへの初の Gen 5 インスタンスなど)First instance of another hardware generation in a non-empty subnet (for example, first Gen 5 instance in a subnet with Gen 4 instances) 仮想クラスターの作成*Virtual cluster creation* 操作の 90% は 4 時間以内に完了90% of operations finish in 4 hours
DeploymentDeployment 空のサブネットまたは空ではないサブネットに 4 仮想コアの最初のインスタンスを作成First instance creation of 4 vCores, in an empty or non-empty subnet 仮想クラスターの作成**Virtual cluster creation** 操作の 90% は 4 時間以内に完了90% of operations finish in 4 hours
DeploymentDeployment 空ではないサブネットに後続のインスタンス (第 2、第 3 のインスタンスなど) を作成Subsequent instance creation within the non-empty subnet (2nd, 3rd, etc. instance) 仮想クラスターのサイズ変更Virtual cluster resizing 操作の 90% は 2.5 時間以内に完了90% of operations finish in 2.5 hours
UpdateUpdate インスタンスのプロパティ変更 (管理者パスワード、AAD ログイン、Azure ハイブリッド特典フラグ)Instance property change (admin password, AAD login, Azure Hybrid Benefit flag) 該当なしN/A 最大 1 分Up to 1 minute
アップデートUpdate インスタンスのストレージのスケールアップとスケールダウン (General Purpose サービス レベル)Instance storage scaling up/down (General Purpose service tier) - 仮想クラスターのサイズ変更- Virtual cluster resizing
- データベース ファイルのアタッチ- Attaching database files
操作の 90% は 2.5 時間以内に完了90% of operations finish in 2.5 hours
アップデートUpdate インスタンスのストレージのスケールアップとスケールダウン (Business Critical サービス レベル)Instance storage scaling up/down (Business Critical service tier) - 仮想クラスターのサイズ変更- Virtual cluster resizing
- Always On 可用性グループのシード処理- Always On availability group seeding
操作の 90% は 2.5 時間以内に完了。それに加えて、すべてのデータベースにシード処理する時間 (毎時 220 GB)90% of operations finish in 2.5 hours + time to seed all databases (220 GB / hour)
アップデートUpdate インスタンスのコンピューティング (仮想コア) のスケールアップとスケールダウン (General Purpose)Instance compute (vCores) scaling up and down (General Purpose) - 仮想クラスターのサイズ変更- Virtual cluster resizing
- データベース ファイルのアタッチ- Attaching database files
操作の 90% は 2.5 時間以内に完了90% of operations finish in 2.5 hours
アップデートUpdate インスタンスのコンピューティング (仮想コア) のスケールアップとスケールダウン (Business Critical)Instance compute (vCores) scaling up and down (Business Critical) - 仮想クラスターのサイズ変更- Virtual cluster resizing
- Always On 可用性グループのシード処理- Always On availability group seeding
操作の 90% は 2.5 時間以内に完了。それに加えて、すべてのデータベースにシード処理する時間 (毎時 220 GB)90% of operations finish in 2.5 hours + time to seed all databases (220 GB / hour)
アップデートUpdate 4 仮想コアへのインスタンスのスケールダウン (General Purpose)Instance scale down to 4 vCores (General Purpose) - 仮想クラスターのサイズ変更 (初回実行の場合、仮想クラスターの作成が必要になる場合があります**)- Virtual cluster resizing (if done for the first time, it may require virtual cluster creation**)
- データベース ファイルのアタッチ- Attaching database files
操作の 90% は 4 時間 5 分以内に完了**90% of operations finish in 4 h 5 min**
アップデートUpdate 4 仮想コアへのインスタンスのスケールダウン (General Purpose)Instance scale down to 4 vCores (General Purpose) - 仮想クラスターのサイズ変更 (初回実行の場合、仮想クラスターの作成が必要になる場合があります**)- Virtual cluster resizing (if done for the first time, it may require virtual cluster creation**)
- Always On 可用性グループのシード処理- Always On availability group seeding
操作の 90% は 4 時間以内に完了。それに加えて、すべてのデータベースにシード処理する時間 (毎時 220 GB)90% of operations finish in 4 hours + time to seed all databases (220 GB / hour)
アップデートUpdate インスタンスのサービス レベルの変更 (General Purpose から Business Critical、またはその逆へ)Instance service tier change (General Purpose to Business Critical and vice versa) - 仮想クラスターのサイズ変更- Virtual cluster resizing
- Always On 可用性グループのシード処理- Always On availability group seeding
操作の 90% は 2.5 時間以内に完了。それに加えて、すべてのデータベースにシード処理する時間 (毎時 220 GB)90% of operations finish in 2.5 hours + time to seed all databases (220 GB / hour)
削除Deletion インスタンスの削除Instance deletion すべてのデータベースに対するログ テールのバックアップLog tail backup for all databases 操作の 90% は最長でも 1 分以内に完了。90% operations finish in up to 1 minute.
メモ: この操作では、サブネットの最後のインスタンスが削除された場合、12 時間後に仮想クラスターを削除するようにスケジュールされます***Note: if last instance in the subnet is deleted, this operation will schedule virtual cluster deletion after 12 hours***
削除Deletion (ユーザーによって開始された操作としての) 仮想クラスターの削除Virtual cluster deletion (as user-initiated operation) 仮想クラスターの削除Virtual cluster deletion 操作の 90% は最長でも 1.5 時間以内に完了90% of operations finish in up to 1.5 hours

* 仮想クラスターは、ハードウェアの世代ごとに構築されます。* Virtual cluster is built per hardware generation.

** 4 仮想コアのデプロイ オプションは 2019 年 6 月にリリースされたものであり、新しい仮想クラスター バージョンが必要となります。** The 4 vCores deployment option was released in June 2019 and requires a new virtual cluster version. 6 月 12 日より前に作成されたインスタンスが対象サブネットに存在する場合、4 仮想コアのインスタンスをホストするための新しい仮想クラスターが自動的にデプロイされます。If you had instances in the target subnet that were all created before June 12, a new virtual cluster will be deployed automatically to host 4 vCore instances.

*** 12 時間は現在の構成です。将来は変更される可能性があるので、この時間に強く依存することは避けてください。*** 12 hours is the current configuration but that might change in the future, so don't take a hard dependency on it. もっと早く仮想クラスターを削除する必要がある場合は (サブネットを解放するためなど)、「Azure SQL Database Managed Instance の削除後にサブネットを削除する」を参照してください。If you need to delete a virtual cluster earlier (to release the subnet for example), see Delete a subnet after deleting an Azure SQL Database managed instance.

管理中のインスタンス可用性Instance availability during management

デプロイおよび削除の操作中は、クライアント アプリケーションからマネージド インスタンスを利用できません。Managed instances are not available to client applications during deployment and deletion operations.

更新操作中はマネージド インスタンスを利用できますが、更新の最後に実行されるフェールオーバーにより短いダウンタイムが発生します。通常、これは最長で 10 秒です。Managed instances are available during update operations but there is a short downtime caused by the failover that happens at the end of updates that typically lasts up to 10 seconds.

重要

実行時間の長いトランザクションがデータベースがあると、復旧に長時間を要するため、フェールオーバーの所要時間は大きく変化する場合があります。Duration of a failover can vary significantly in case of long-running transactions that happen on the databases due to prolonged recovery time. そのような理由から、実行時間の長いトランザクション (データのインポート、データ処理ジョブ、インデックスの再構築など) と同時に、Azure SQL Database Managed Instance のコンピューティングやストレージをスケーリングしたりサービス レベルを変更したりすることは推奨されません。Hence it’s not recommended to scale compute or storage of Azure SQL Database managed instance or to change service tier at the same time with the long-running transactions (data import, data processing jobs, index rebuild, etc.). 実行中のトランザクションは、操作の最後に実行されるデータベースのフェールオーバーによってキャンセルされ、復旧時間が長くなります。Database failover that will be performed at the end of the operation will cancel ongoing transactions and result in prolonged recovery time.

Azure SQL Database Managed Instance では現在、高速化データベース復旧は利用できません。Accelerated database recovery is not currently available for Azure SQL Database managed instances. この機能が利用できるようになれば、実行時間の長いトランザクションのケースであっても、フェールオーバー時間のばらつきは大幅に軽減されます。Once enabled, this feature will significantly reduce variability of failover time, even in case of long-running transactions.

高度なセキュリティとコンプライアンスAdvanced security and compliance

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、Azure クラウドと SQL Server Database Engine によって提供される高度な機能が組み合わされています。The managed instance deployment option combines advanced security features provided by Azure cloud and SQL Server Database Engine.

マネージド インスタンスのセキュリティ分離Managed instance security isolation

マネージド インスタンスでは、Azure のクラウド内での他のテナントからのセキュリティ分離が追加されています。A managed instance provides additional security isolation from other tenants in the Azure cloud. セキュリティ分離:Security isolation includes:

  • Azure Express Route または VPN Gateway を使った、オンプレミス環境へのネイティブ仮想ネットの実装と接続。Native virtual network implementation and connectivity to your on-premises environment using Azure Express Route or VPN Gateway.
  • 既定のデプロイでは、SQL エンドポイントはプライベート IP アドレスでのみ公開されるため、Azure またはハイブリッド ネットワークから安全に接続できます。In a default deployment, SQL endpoint is exposed only through a private IP address, allowing safe connectivity from private Azure or hybrid networks.
  • 専用の基になるインフラストラクチャ (コンピューティング、ストレージ) を備えたシングル テナント。Single-tenant with dedicated underlying infrastructure (compute, storage).

次の図では、アプリケーションのさまざまな接続オプションについて概説します。The following diagram outlines various connectivity options for your applications:

高可用性

サブネット レベルでの VNet 統合およびネットワーク ポリシーの適用の詳細については、マネージド インスタンスの VNet アーキテクチャに関する記事と、マネージド インスタンスへのアプリケーションの接続に関する記事をご覧ください。To learn more details about VNet integration and networking policy enforcement at the subnet level, see VNet architecture for managed instances and Connect your application to a managed instance.

重要

複数のマネージド インスタンスを同じサブネットに配置すると追加のメリットが得られるので、セキュリティ要件で許可されている場合は常にそのように配置します。Place multiple managed instance in the same subnet, wherever that is allowed by your security requirements, as that will bring you additional benefits. 同じサブネット内に複数のインスタンスを配置すると、ネットワーク インフラストラクチャのメンテナンスが大幅に簡素化され、インスタンスのプロビジョニング時間が短縮されます。これは、長いプロビジョニング時間が、サブネット内の最初のマネージド インスタンスをデプロイするコストと関連性があるためです。Collocating instances in the same subnet will significantly simplify networking infrastructure maintenance and reduce instance provisioning time, since long provisioning duration is associated with the cost of deploying the first managed instance in a subnet.

Azure SQL Database のセキュリティ機能Azure SQL Database Security Features

Azure SQL Database は、データを保護するために使用できる一連の高度なセキュリティ機能を提供します。Azure SQL Database provides a set of advanced security features that can be used to protect your data.

  • マネージド インスタンスの監査では、データベース イベントが追跡されて、Azure ストレージ アカウント内の監査ログ ファイルにイベントが書き込まれます。Managed instance auditing tracks database events and writes them to an audit log file placed in your Azure storage account. 監査により、規定遵守の維持、データベース活動の理解、およびビジネス上の懸念やセキュリティ違犯の疑いを示す差異や異常に対する洞察が容易になります。Auditing can help maintain regulatory compliance, understand database activity, and gain insight into discrepancies and anomalies that could indicate business concerns or suspected security violations.
  • 移動中のデータの暗号化 - マネージド インスタンスでは、トランスポート層セキュリティを使用して、移動中のデータの暗号化を実現することにより、データがセキュリティで保護されます。Data encryption in motion - a managed instance secures your data by providing encryption for data in motion using Transport Layer Security. トランスポート層セキュリティに加えて、マネージド インスタンス デプロイ オプションでは Always Encrypted を使用して、転送中、保存中、およびクエリの処理中に機密データが保護されます。In addition to transport layer security, the managed instance deployment option offers protection of sensitive data in flight, at rest and during query processing with Always Encrypted. Always Encrypted は、重要なデータの盗難を含む侵害に対する、これまでにないデータ セキュリティを提供する業界初の機能です。Always Encrypted is an industry-first that offers unparalleled data security against breaches involving the theft of critical data. たとえば、クレジット カード番号は、Always Encrypted によって常に暗号化されてデータベースに格納されます。暗号化はクエリ処理中も行われます。復号化は、データを処理する必要がある承認されたスタッフまたはアプリケーションが使用するときに実行することができます。For example, with Always Encrypted, credit card numbers are stored encrypted in the database always, even during query processing, allowing decryption at the point of use by authorized staff or applications that need to process that data.
  • Advanced Threat Protection では、サービスに組み込まれたセキュリティ インテリジェンスの追加レイヤーを提供することにより、監査が補完されます。このレイヤーでは、データベースにアクセスしたりデータベースを悪用したりしようとする、異常で有害な可能性がある動作が検出されます。Advanced Threat Protection complements auditing by providing an additional layer of security intelligence built into the service that detects unusual and potentially harmful attempts to access or exploit databases. 不審なアクティビティ、潜在的な脆弱性、SQL インジェクション攻撃や、異常なデータベース アクセス パターンについて、アラートが送信されます。You are alerted about suspicious activities, potential vulnerabilities, and SQL injection attacks, as well as anomalous database access patterns. Advanced Threat Protection のアラートは、Azure Security Center で見ることができます。不審なアクティビティの詳細と、脅威の調査や危険性の軽減のために推奨される対処方法が表示されます。Advanced Threat Protection alerts can be viewed from Azure Security Center and provide details of suspicious activity and recommend action on how to investigate and mitigate the threat.
  • 動的データ マスクでは、特権のないユーザーに対して機微なデータをマスクすることでデータの公開を制限します。Dynamic data masking limits sensitive data exposure by masking it to non-privileged users. 動的データ マスクでは、公開する機微なデータの量を指定することで、機微なデータに対する未承認のアクセスを防ぐことができ、アプリケーション レイヤーへの影響は最小限に抑えられます。Dynamic data masking helps prevent unauthorized access to sensitive data by enabling you to designate how much of the sensitive data to reveal with minimal impact on the application layer. これはポリシー ベースのセキュリティ機能であり、指定されたデータベース フィールドに対するクエリの結果セットに含まれるデリケートなデータが表示されないようにします。データベース内のデータは変更されません。It’s a policy-based security feature that hides the sensitive data in the result set of a query over designated database fields, while the data in the database is not changed.
  • 行レベルのセキュリティを使用して、クエリを実行しているユーザーの特性 (グループのメンバーシップや実行コンテキストなど) に基づいて、データベース テーブル内の行へのアクセスを制御できます。Row-level security enables you to control access to rows in a database table based on the characteristics of the user executing a query (such as by group membership or execution context). 行レベルのセキュリティ (RLS) により、アプリケーションでのセキュリティの設計やコーディングが簡略化されます。Row-level security (RLS) simplifies the design and coding of security in your application. RLS を使用すると、データ行のアクセスに対して制限を実装できます。RLS enables you to implement restrictions on data row access. たとえば、ワーカーが自分の部署に関連するデータ行にのみアクセスできるようにしたり、データ アクセスを関連するデータにのみ制限したりできます。For example, ensuring that workers can access only the data rows that are pertinent to their department, or restricting a data access to only the relevant data.
  • Transparent Data Encryption (TDE) では、マネージド インスタンスのデータ ファイルが暗号化されます。これは、保存データの暗号化として知られています。Transparent data encryption (TDE) encrypts managed instance data files, known as encrypting data at rest. TDE は、データとログ ファイルの I/O 暗号化と複合化をリアルタイムで実行します。TDE performs real-time I/O encryption and decryption of the data and log files. 暗号化は、復旧中に、可用性のためのデータベース ブート レコードに格納されるデータベース暗号化キー (DEK) を使用します。The encryption uses a database encryption key (DEK), which is stored in the database boot record for availability during recovery. 透過的なデータ暗号化でマネージド インスタンス内のすべてのデータベースを保護することができます。You can protect all your databases in a managed instance with transparent data encryption. TDE は、記憶域メディアの盗難を防ぐために多くのコンプライアンス基準で必要とされている、SQL Server の実証済みの保存データの暗号化テクノロジです。TDE is SQL Server’s proven encryption-at-rest technology that is required by many compliance standards to protect against theft of storage media.

Azure Database Migration Service (DMS) またはネイティブの復元を使用して、マネージド インスタンスへの暗号化されたデータベースの移行がサポートされています。Migration of an encrypted database to a managed instance is supported via the Azure Database Migration Service (DMS) or native restore. ネイティブ復元を使用して暗号化されたデータベースを移行する予定がある場合は、既存の TDE 証明書をオンプレミスの SQL Server または仮想マシン内の SQL Server からマネージド インスタンスに移行する手順が必要です。If you plan to migrate an encrypted database using native restore, migration of the existing TDE certificate from the SQL Server on-premises or SQL Server in a virtual machine to a managed instance is a required step. 移行オプションについて詳しくは、マネージド インスタンスへの SQL Server インスタンスの移行に関する記事をご覧ください。For more information about migration options, see SQL Server instance migration to managed instance.

Azure Active Directory の統合Azure Active Directory Integration

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、従来の SQL サーバー データベース エンジン ログインと、Azure Active Directory (AAD) に統合されたログインがサポートされています。The managed instance deployment option supports traditional SQL server Database engine logins and logins integrated with Azure Active Directory (AAD). Azure AD サーバー プリンシパル (ログイン) (パブリック プレビュー) は、オンプレミス環境で使用されているオンプレミス データベース ログインの Azure クラウド版です。Azure AD server principals (logins) (public preview) are Azure cloud version of on-premises database logins that you are using in your on-premises environment. Azure AD サーバー プリンシパル (ログイン) を使用すると、まさにインスタンス スコープのプリンシパルとして、Azure Active Directory テナントからユーザーとグループを指定でき、同じマネージド インスタンス内の複数データベース間のクエリなど、インスタンスレベルの任意の操作を実行できます。Azure AD server principals (logins) enable you to specify users and groups from your Azure Active Directory tenant as true instance-scoped principals, capable of performing any instance-level operation, including cross-database queries within the same managed instance.

Azure AD サーバー プリンシパル (ログイン) (パブリック プレビュー) を作成するための新しい構文 FROM EXTERNAL PROVIDER が導入されます。A new syntax is introduced to create Azure AD server principals (logins) (public preview), FROM EXTERNAL PROVIDER. 構文の詳細については、CREATE LOGIN を参照し、「マネージド インスタンスの Azure Active Directory 管理者をプロビジョニングする」の記事を確認してください。For more information on the syntax, see CREATE LOGIN, and review the Provision an Azure Active Directory administrator for your managed instance article.

Azure Active Directory との統合と多要素認証Azure Active Directory integration and multi-factor authentication

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、Azure Active Directory 統合によって、データベース ユーザーとその他の Microsoft サービスの ID を一元的に管理することができます。The managed instance deployment option enables you to centrally manage identities of database user and other Microsoft services with Azure Active Directory integration. この機能は、アクセス許可の管理を簡略化し、セキュリティを強化します。This capability simplified permission management and enhances security. Azure Active Directory は、多要素認証 (MFA) をサポートしています。これにより、シングル サインオン プロセスをサポートすると同時に、データとアプリケーションのセキュリティが強化されます。Azure Active Directory supports multi-factor authentication (MFA) to increase data and application security while supporting a single sign-on process.

AuthenticationAuthentication

マネージド インスタンス認証とは、データベースへの接続時にユーザーが自分の ID を証明する方法のことです。Managed instance authentication refers to how users prove their identity when connecting to the database. SQL Database は、2 種類の認証をサポートしています。SQL Database supports two types of authentication:

  • SQL 認証:SQL Authentication:

    この認証方法では、ユーザー名とパスワードを使用します。This authentication method uses a username and password.

  • Azure Active Directory 認証:Azure Active Directory Authentication:

    この認証方法では、Azure Active Directory で管理されている ID を使用し、管理、統合されたドメインをサポートしています。This authentication method uses identities managed by Azure Active Directory and is supported for managed and integrated domains. 可能であれば、Active Directory 認証 (統合セキュリティ) を使用します。Use Active Directory authentication (integrated security) whenever possible.

AuthorizationAuthorization

承認とは、Azure SQL Database 内でユーザーにどのような操作が許可されるかを示すものであり、ユーザー アカウントのデータベース ロールのメンバーシップとオブジェクト レベルのアクセス許可によって制御されます。Authorization refers to what a user can do within an Azure SQL Database, and is controlled by your user account's database role memberships and object-level permissions. マネージド インスタンスには、SQL Server 2017 と同じ承認機能があります。A Managed instance has same authorization capabilities as SQL Server 2017.

データベース移行Database migration

マネージド インスタンスのデプロイ オプションは、オンプレミスまたは IaaS データベース実装からの大量のデータベース移行を含むユーザー シナリオを対象にしています。The managed instance deployment option targets user scenarios with mass database migration from on-premises or IaaS database implementations. マネージド インスタンスでは、次に示すような複数のデータベース移行オプションがサポートされています。Managed instance supports several database migration options:

バックアップおよび復元Back up and restore

移行のアプローチでは、Azure Blob Storage への SQL バックアップが活用されます。The migration approach leverages SQL backups to Azure Blob storage. Azure Storage Blob に格納されたバックアップは、T-SQL RESTORE コマンドを使用して、マネージド インスタンスに直接復元できます。Backups stored in Azure storage blob can be directly restored into a managed instance using the T-SQL RESTORE command.

  • Wide World Importers - Standard データベースのバックアップ ファイルを復元する方法を説明したクイック スタートについては、バックアップ ファイルをマネージド インスタンスに復元する方法に関するページを参照してください。For a quickstart showing how to restore the Wide World Importers - Standard database backup file, see Restore a backup file to a managed instance. このクイック スタートでは、バックアップ ファイルを Azure ブログ ストレージにアップロードし、Secure Access Signature (SAS) キーを使用してセキュリティで保護する必要があることが説明されています。This quickstart shows you have to upload a backup file to Azure blog storage and secure it using a Shared access signature (SAS) key.
  • URL からの復元については、「URL からのネイティブ復元」を参照してください。For information about restore from URL, see Native RESTORE from URL.

重要

マネージド インスタンスからのバックアップは、別のマネージド インスタンスにのみ復元できます。Backups from a managed instance can only be restored to another managed instance. オンプレミスの SQL Server に、または単一データベースまたはエラスティック プールに復元することはできません。They cannot be restored to an on-premises SQL Server or to a single database/elastic pool.

データ移行サービスData Migration Service

Azure Database Migration Service は、複数のデータベース ソースから Azure データ プラットフォームへのシームレスな移行を最小限のダウンタイムで実現できるように設計された、フル マネージドのサービスです。The Azure Database Migration Service is a fully managed service designed to enable seamless migrations from multiple database sources to Azure Data platforms with minimal downtime. このサービスでは、既存のサード パーティ製データベースと SQL Server データベースを、Azure VM 内の Azure SQL Database (単一データベース、エラスティック プール内のプールされたデータベース、およびマネージド インスタンス内のインスタンス データベース) と SQL Server に移動するために必要なタスクが合理化されます。This service streamlines the tasks required to move existing third party and SQL Server databases to Azure SQL Database (single databases, pooled databases in elastic pools, and instance databases in a managed instance) and SQL Server in Azure VM. DMS を使用してオンプレミスのデータベースをマネージド インスタンスに移行する方法に関するページを参照してください。See How to migrate your on-premises database to managed instance using DMS.

サポートされている SQL 機能SQL features supported

マネージド インスタンス デプロイ オプションではサービスの一般提供までに、最新のオンプレミスの SQL Server との、100% 近くのセキュリティ、外部からのアクセス互換性を段階的に実現することを目的としています。The managed instance deployment option aims to deliver close to 100% surface area compatibility with on-premises SQL Server coming in stages until service general availability. 機能と比較の一覧については、SQL Database 機能の比較に関するページを参照してください。マネージド インスタンスと SQL Server における T-SQL の相違点の一覧については、マネージド インスタンスと SQL Server における T-SQL の相違点に関するページを参照してください。For a features and comparison list, see SQL Database feature comparison, and for a list of T-SQL differences in managed instances versus SQL Server, see managed instance T-SQL differences from SQL Server.

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、SQL 2008 データベースに対する下位互換性がサポートされています。The managed instance deployment option supports backward compatibility to SQL 2008 databases. SQL 2005 データベース サーバーからの直接の移行がサポートされており、移行される SQL 2005 データベースの互換性レベルは SQL 2008 に更新されます。Direct migration from SQL 2005 database servers is supported, compatibility level for migrated SQL 2005 databases are updated to SQL 2008.

次の図では、マネージド インスタンスでのセキュリティ、外部からのアクセス互換性について概説します。The following diagram outlines surface area compatibility in managed instance:

移行

SQL Server オンプレミスとマネージド インスタンスとの主な相違点Key differences between SQL Server on-premises and in a managed instance

マネージド インスタンス デプロイ オプションでは、クラウド内で常に最新の状態が維持されることから利点が得られます。これは、オンプレミスの SQL Server の一部の機能が使用されなくなるか、削除されるか、代替機能が用意される可能性があることを意味します。The managed instance deployment option benefits from being always-up-to-date in the cloud, which means that some features in on-premises SQL Server may be either obsolete, retired, or have alternatives. 特定の機能の動作がやや異なること、または完全には制御できない環境でサービスが実行されていないことをツールで認識することが必要な特定のケースがあります。There are specific cases when tools need to recognize that a particular feature works in a slightly different way or that service is not running in an environment you do not fully control:

  • 高可用性は、Always On 可用性グループに似たテクノロジを使用して、組み込まれており、事前に定義されています。High-availability is built in and pre-configured using technology similar to Always On Availability Groups.
  • 自動バックアップおよびポイントイン タイム リストア。Automated backups and point in time restore. 顧客は自動バックアップ チェーンに影響を及ぼさない copy-only バックアップを開始できます。Customer can initiate copy-only backups that do not interfere with automatic backup chain.
  • マネージド インスタンスでは完全な物理パスを指定できないため、すべての対応するシナリオを異なる方法でサポートする必要があります。たとえば、RESTORE DB は WITH MOVE をサポートせず、CREATE DB では物理パスを使用できず、BULK INSERT は Azure BLOB にしか機能しません。Managed instance does not allow specifying full physical paths so all corresponding scenarios have to be supported differently: RESTORE DB does not support WITH MOVE, CREATE DB doesn’t allow physical paths, BULK INSERT works with Azure Blobs only, etc.
  • マネージド インスタンスでは、Windows 認証に代わるクラウドでの別の手段として、Azure AD 認証がサポートされています。Managed instance supports Azure AD authentication as cloud alternative to Windows authentication.
  • マネージド インスタンスでは、インメモリ OLTP オブジェクトを含むデータベース用の XTP ファイル グループおよびファイルが自動的に管理されますManaged instance automatically manages XTP filegroup and files for databases containing In-Memory OLTP objects
  • マネージド インスタンスでは SQL Server Integration Services (SSIS) がサポートされており、SSIS パッケージを格納する SSIS カタログ (SSISDB) をホストできますが、パッケージは Azure Data Factory (ADF) 上のマネージド Azure-SSIS Integration Runtime (IR) で実行されます。ADF での Azure-SSIS IR の作成に関するページをご覧ください。Managed instance supports SQL Server Integration Services (SSIS) and can host SSIS catalog (SSISDB) that stores SSIS packages, but they are executed on a managed Azure-SSIS Integration Runtime (IR) in Azure Data Factory (ADF), see Create Azure-SSIS IR in ADF. SQL Database の SSIS 機能を比較するには、Azure SQL Database の単一データベース/エラスティック プールおよびマネージド インスタンスの比較に関するページを参照してください。To compare the SSIS features in SQL Database, see Compare Azure SQL Database single databases/elastic pools and managed instance.

マネージド インスタンスの管理機能Managed instance administration features

マネージ インスタンス デプロイ オプションでは、SQL Database サービスが自動化されているか、またはタスクが大幅に簡素化されているため、システム管理者が管理タスクに費やす時間が短くなります。The managed instance deployment option enables system administrator to spend less time on administrative tasks because the SQL Database service either performs them for you or greatly simplifies those tasks. たとえば、OS/RDBMS のインストールおよび修正プログラムの適用動的なインスタンスのサイズ変更および構成バックアップデータベース レプリケーション (システム データベースを含む)、高可用性の構成、正常性およびパフォーマンス監視データ ストリームの構成などです。For example, OS / RDBMS installation and patching, dynamic instance resizing and configuration, backups, database replication (including system databases), high availability configuration, and configuration of health and performance monitoring data streams.

重要

サポートされている機能、部分的にサポートされている機能、サポートされていない機能の一覧については、SQL Database の機能に関するページを参照してください。For a list of supported, partially supported, and unsupported features, see SQL Database features. マネージド インスタンスと SQL Server における T-SQL の相違点の一覧については、マネージド インスタンスと SQL Server における T-SQL の相違点に関するページを参照してくださいFor a list of T-SQL differences in managed instances versus SQL Server, see managed instance T-SQL differences from SQL Server

マネージド インスタンスをプログラムで識別する方法How to programmatically identify a managed instance

次の表には、Transact SQL を介してアクセスできるプロパティをいくつか示します。これらのプロパティを使用することで、目的のアプリケーションがマネージド インスタンスで動作していることを検出し、重要なプロパティを取得することができます。The following table shows several properties, accessible through Transact SQL, that you can use to detect that your application is working with managed instance and retrieve important properties.

プロパティProperty Value Comment (コメント)Comment
@@VERSION Microsoft SQL Azure (RTM) - 12.0.2000.8 2018-03-07 Copyright (C) 2018 Microsoft CorporationMicrosoft SQL Azure (RTM) - 12.0.2000.8 2018-03-07 Copyright (C) 2018 Microsoft Corporation. この値は SQL Database の値と同じです。This value is same as in SQL Database.
SERVERPROPERTY ('Edition') SQL AzureSQL Azure この値は SQL Database の値と同じです。This value is same as in SQL Database.
SERVERPROPERTY('EngineEdition') 88 この値では、マネージド インスタンスが一意に識別されます。This value uniquely identifies a managed instance.
@@SERVERNAMESERVERPROPERTY ('ServerName')@@SERVERNAME, SERVERPROPERTY ('ServerName') 次の形式による完全なインスタンス DNS 名:<instanceName>.<dnsPrefix>.database.windows.net。ここで、<instanceName> は顧客が指定する名前です。<dnsPrefix> は名前の中で自動生成される部分であり、グローバルな DNS 名の一意性を保証します (例: "wcus17662feb9ce98")Full instance DNS name in the following format:<instanceName>.<dnsPrefix>.database.windows.net, where <instanceName> is name provided by the customer, while <dnsPrefix> is autogenerated part of the name guaranteeing global DNS name uniqueness ("wcus17662feb9ce98", for example) 例: my-managed-instance.wcus17662feb9ce98.database.windows.netExample: my-managed-instance.wcus17662feb9ce98.database.windows.net

次の手順Next steps