Power BI Premium のページ分割されたレポートとはWhat are paginated reports in Power BI Premium?

"ページ分割されたレポート" は、印刷または共有することを想定してデザインされています。Paginated reports are designed to be printed or shared. これらは、1 ページにちょうど収まるように設定されているため "ページ分割された" と呼ばれます。They're called paginated because they're formatted to fit well on a page. テーブルが複数のページにまたがる場合でも、テーブルのすべてのデータが表示されます。They display all the data in a table, even if the table spans multiple pages. レポート ページのレイアウトを厳密に制御できるため、"ピクセル単位で完璧" と呼ばれることもあります。They're also called pixel perfect because you can control their report page layout exactly. Power BI レポート ビルダーは、ページ分割されたレポートを作成するためのスタンドアロン ツールです。Power BI Report Builder is the standalone tool for authoring paginated reports. ページ分割されたレポートは、SQL Server Reporting Services の標準レポート形式である RDL レポート テクノロジに基づいています。Paginated reports are based on the RDL report technology, long the standard report format in SQL Server Reporting Services.

ページ分割されたレポートには、多くのページが含まれる場合があります。Paginated reports often have many pages. たとえば、このレポートは 563 ページです。For example, this report has 563 pages. 請求書ごとに 1 ページが使用されて、ヘッダーとフッターが繰り返されるように、各ページが正確にレイアウトされています。Each page is laid out exactly, with one page per invoice, and repeating headers and footers.

ページ分割された

レポート ビルダーでレポートをプレビューした後、Power BI サービス (app.powerbi.com) に発行することができます。You can preview your report in Report Builder, then publish it to the Power BI service, app.powerbi.com. サービスにレポートを発行するには、Power BI Pro ライセンスが必要です。You need a Power BI Pro license to publish a report to the service. ワークスペースが Power BI Premium 容量に存在する限り、マイ ワークスペースまたはワークスペースにページ分割されたレポートを発行して共有できます。You can publish and share paginated reports in your My Workspace or in workspaces, as long as the workspace is in a Power BI Premium capacity. また、Power BI 管理者は、Power BI 管理ポータルの Premium 容量セクションで、ページ分割されたレポートを有効にする必要があります。Also, a Power BI admin needs to enable paginated reports in the Premium capacities section of the Power BI admin portal.

Power BI レポートとページ分割されたレポートを比較するCompare Power BI reports and paginated reports

ページ分割されたレポートの主な利点は、長さに関係なく、テーブル内のすべてのデータを印刷できることです。A major advantage of paginated reports is their ability to print all the data in a table, no matter how long. Power BI レポートにテーブルを配置する画像。Picture that you place a table in a Power BI report. ページのテーブルには行の一部が表示され、残りの部分を表示するにはスクロールバーを使用します。You see some of its rows in the table on the page, and you have a scroll bar to see the rest. そのページを印刷、または PDF にエクスポートすると、ページに表示されている行だけが出力されます。If you print that page, or export it to PDF, the only rows that print are the ones you saw on the page.

ここで、ページ分割されたレポートに同じテーブルを配置するとします。Now say you place the same table in a paginated report. これを印刷、または PDF にエクスポートすると、ページ分割されたレポートには、そのテーブル内のすべての行を印刷するために必要な数のページが含まれます。When you print it or export it to PDF, the paginated report has as many pages as necessary to print every row in that table.

次のビデオでは、Microsoft Most Valued Professional である、Peter Myers (データ プラットフォーム) と、Chris Finlan (プリンシパル プログラム マネージャー) が、2 つのレポート形式で同様のテーブルを印刷する方法を紹介しています。In the following video, Microsoft Most Valued Professional - Data Platform Peter Myers, and Principal Program Manager Chris Finlan demonstrate printing a similar table in the two report formats.

このビデオは、8 つのモジュールで構成されるビデオベースのコース、「Power BI Paginated Reports in a Day」(一日で学ぶ Power BI のページ分割されたレポート) の一部です。This video is part of an eight-module video-based course, Power BI Paginated Reports in a Day. このコースは、Power BI のページ分割されたレポートを作成、公開、および配布するために必要な技術知識を持つレポート作成者になれるよう支援することを目的としています。The course is designed to empower you as a report author with the technical knowledge required to create, publish, and distribute Power BI paginated reports.

Power BI レポート ビルダーでレポートを作成するCreate reports in Power BI Report Builder

ページ分割されたレポートには、専用のデザイン ツールである Power BI レポート ビルダーがあります。Paginated reports have their own design tool, Power BI Report Builder. それは新しいツールで、Power BI Report Server または SQL Server Reporting Services (SSRS) のページ分割されたレポートの作成にこれまで使われていたツールと同じ基盤を共有します。It's a new tool that shares the same foundation as the tools you'd previously used to create paginated reports for Power BI Report Server or SQL Server Reporting Services (SSRS). 実際、SSRS 2016 や 2017 または Power BI Report Server オンプレミス用に作成したページ分割されたレポートは、Power BI サービスと互換性があります。In fact, paginated reports that you create for SSRS 2016 and 2017 or for Power BI Report Server on-premises, are compatible with the Power BI service. Power BI サービスは下位互換性が維持されているので、レポートを上位バージョンに移行でき、以前のバージョンのページ分割されたレポートをアップグレードすることができます。The Power BI service maintains backwards compatibility so you can move your reports forward, and you can upgrade any previous-version paginated reports. 起動時は一部のレポート機能が利用できません。Not all report features are available at launch. 詳細については、この記事の「制限事項と考慮事項」を参照してください。See Limitations and considerations in this article for details.

さまざまなデータ ソースからのレポートReport from a variety of data sources

1 つのページ分割されたレポートで、さまざまな異なるデータ ソースを使用できます。A single paginated report can have a number of different data sources. Power BI レポートとは異なり、基になるデータ モデルはありません。It doesn't have an underlying data model, unlike Power BI reports. Power BI サービスでのページ分割されたレポートの初期リリースでは、レポート自体にデータ ソースとデータセットを埋め込みます。For the initial release of paginated reports in the Power BI service, you create embedded data sources and datasets in the report itself. 現在のところ、共有データ ソースと共有データセットは使用できません。For now, you can't use shared data sources or shared datasets. ローカル コンピューター上のレポート ビルダーでレポートを作成します。You create reports in Report Builder on your local computer. レポートでオンプレミスのデータに接続する場合は、レポートを Power BI サービスにアップロードした後、ゲートウェイを作成し、データ接続をリダイレクトする必要があります。If a report connects to on-premises data, after you upload the report to the Power BI service, you need to create a gateway and redirect the data connection. 現時点で接続できるデータ ソースは次のとおりです。Here are the data sources you can connect to at this time:

  • Azure SQL Database と Data Warehouse (Basic と oAuth 経由)Azure SQL Database and Data Warehouse (via Basic and oAuth)
  • Azure Analysis Services (SSO 経由)Azure Analysis Services (via SSO)
  • ゲートウェイ経由の SQL ServerSQL Server via a gateway
  • ゲートウェイ経由の SQL Server Analysis ServicesSQL Server Analysis Services via a gateway
  • Power BI データセットPower BI Datasets
  • OracleOracle
  • TeradataTeradata

レポートをデザインするDesign your report

マトリックス、グラフ、および自由形式レイアウトでページ分割されたレポートを作成するCreate paginated reports with matrix, chart, and free-form layouts

テーブル形式のレポートは、列ベースのデータで有効です。Table reports work well for column-based data. クロス集計レポートやピボット テーブル レポートなどのマトリックス形式のレポートは、概要データに適しています。Matrix reports, like cross-tab or PivotTable reports, are good for summarized data. グラフ形式のレポートはデータをグラフィカル形式で表示し、自由形式の "リスト" レポートは請求書などその他ほぼすべてのものを表示できます。Chart reports present data in a graphical format, and free-form list reports can present almost anything else, such as invoices.

いずれかのレポート ビルダー ウィザードを使用して始めることができます。You can start with one of the Report Builder wizards. テーブル、マトリックス、およびグラフのウィザードでは、埋め込みデータ ソース接続と埋め込みデータセットを作成する手順が示されます。The Table, Matrix, and Chart wizards walk you through creating the embedded data source connection and embedded dataset. その後、フィールドをドラッグ アンド ドロップしてデータセット クエリを作成し、レイアウトとスタイルを選択して、レポートをカスタマイズします。Then you drag and drop fields to create a dataset query, select a layout and style, and customize your report.

マップ ウィザードでは、地図や幾何図形を背景として集計データを表示するレポートを作成します。With the Map wizard, you create reports that display aggregated data against a geographic or geometric background. マップ データには、Transact-SQL クエリまたは Environmental Systems Research Institute, Inc.(ESRI) シェープファイルの空間データを使用できます。Map data can be spatial data from a Transact-SQL query or an Environmental Systems Research Institute, Inc. (ESRI) shapefile. Microsoft Bing マップ タイルの背景を追加することもできます。You can also add a Microsoft Bing map tile background.

レポートにさらに追加するAdd more to your report

データのフィルター処理、グループ化、並べ替えを行って、または数式や式を追加して、データを変更します。Modify your data by filtering, grouping, and sorting data, or by adding formulas or expressions. グラフ、ゲージ、スパークライン、インジケーターを追加して、データをビジュアル形式でまとめます。Add charts, gauges, sparklines, and indicators to summarize data in a visual format. パラメーターとフィルターを使用し、データをフィルター処理してビューをカスタマイズします。Use parameters and filters to filter data for customized views. 外部コンテンツなど、画像や他のリソースを埋め込んだり参照したりします。Embed or reference images and other resources, including external content.

レポート自体からすべてのテキスト ボックス、画像、テーブル、グラフまで、ページ分割されたレポート内のすべてのものには、レポートの外観を意図したとおりに設定できる一連のプロパティがあります。Everything in a paginated report, from the report itself to every text box, image, table, and chart, has an array of properties you can set to make the report look exactly as you want it.

レポート定義の作成Creating a report definition

ページ分割されたレポートを設計するとき、実際には "レポート定義" を作成します。When you design a paginated report, you're really creating a report definition. それにデータは含まれません。It doesn't contain the data. それでは、データを取得する場所、取得するデータ、データを表示する方法を指定します。It specifies where to get the data, which data to get, and how to display the data. レポートを実行すると、指定したレポート定義がレポート プロセッサによって取得されて、データが取得され、レポートのレイアウトと組み合わせることでレポートが生成されます。When you run the report, the report processor takes the report definition you've specified, retrieves the data, and combines it with the report layout to generate the report. レポート定義は、Power BI サービス https://app.powerbi.com のマイ ワークスペースまたは同僚と共有しているワークスペースにアップロードします。You upload the report definition to the Power BI service, https://app.powerbi.com, either to your My Workspace or to a workspace shared with your colleagues. レポート データ ソースがオンプレミスにある場合は、レポートをアップロードした後、ゲートウェイを経由するようにデータ ソース接続をリダイレクトします。If the report data source is on premises, after you upload the report, you redirect the data source connection to go through a gateway.

ページ分割されたレポートを表示するView your paginated report

ページ分割されたレポートは、ブラウザーの Power BI サービスまたは Power BI モバイル アプリで表示します。You view your paginated report in the Power BI service in a browser, and also in the Power BI mobile apps. Power BI サービスから、HTML、MHTML、PDF、XML、CSV、TIFF、Word、Excel など、さまざまな形式にレポートをエクスポートできます。From the Power BI service, you can export the report to a number of formats, such as HTML, MHTML, PDF, XML, CSV, TIFF, Word, and Excel. 他のユーザーと共有することもできます。You can also share it with others.

レポートへのサブスクリプションを作成するCreate a subscription to your report

Power BI サービスのページ分割されたレポートに対して自分および他のユーザー用の電子メール サブスクリプションを設定できるようになりました。You can now set up email subscriptions for yourself and others for paginated reports in the Power BI service. 一般に、Power BI サービスのレポートおよびダッシュ ボードをサブスクライブする場合とプロセスは同じです。In general, the process is the same as subscribing to reports and dashboards in the Power BI service. サブスクリプションの設定時には、メールの受信頻度を次の中から選択します: 毎日、毎週、1 時間ごと。In setting up subscriptions, you choose how often you want to receive the emails: daily, weekly, or hourly. サブスクリプションには、レポート出力全体の PDF 添付ファイルが含まれます。The subscription contains a PDF attachment of the entire report output.

詳しくは、記事「Power BI サービスのページ分割されたレポートを自分および他のユーザーがサブスクライブする」をご覧ください。For details, see the article Subscribe yourself and others to paginated reports in the Power BI service.

制限事項と考慮事項Limitations and considerations

最初のリリースでは、次のような他のいくつかの機能がサポートされていません。Here are some other features that aren't supported in the initial release:

  • レポート ページまたはビジュアルの Power BI ダッシュボードへのピン留め。Pinning report pages or visuals to Power BI dashboards. Power BI Report Server または Reporting Services のレポート サーバー上のオンプレミスのページ分割されたレポートから視覚エフェクトを Power BI ダッシュボードにピン留めすることは引き続き可能です。You can still pin visualizations to a Power BI dashboard from an on-premises paginated report on a Power BI Report Server or Reporting Services report server. 詳しくは、Reporting Services のアイテムの Power BI ダッシュボードへのピン留めに関するページをご覧ください。See Pin Reporting Services items to Power BI dashboards for more information.
  • ドキュメント マップ。Document Maps.
  • ドリルスルー レポート。Drillthrough reports. ドリルスルーのシナリオには、ページ分割されたレポートでの URL パラメーターの使用を検討してください。Consider using URL parameters with paginated reports for drillthrough scenarios.
  • 共有データ ソースと共有データセット。Shared data sources and shared datasets.

次の手順Next steps