Azure Analysis Services とはWhat is Azure Analysis Services?

Azure Analysis Services

Azure Analysis Services は、完全に管理されたサービスとしてのプラットフォーム (PaaS) であり、エンタープライズ レベルのデータ モデルをクラウドで提供します。Azure Analysis Services is a fully managed platform as a service (PaaS) that provides enterprise-grade data models in the cloud. 高度なマッシュアップとモデリング機能を使用して、複数のデータ ソースのデータの結合、メトリックの定義、単一の信頼された表形式のセマンティック データ モデルでのデータのセキュリティ保護を実行できます。Use advanced mashup and modeling features to combine data from multiple data sources, define metrics, and secure your data in a single, trusted tabular semantic data model. このデータ モデルは、Power BI や Excel などのツールを使用してアドホック データ分析を実行するための簡単かつ迅速な方法をユーザーに提供します。The data model provides an easier and faster way for users to perform ad hoc data analysis using tools like Power BI and Excel.

データ ソース

ビデオ:Azure Analysis Services Overview (Azure Analysis Services の概要)」で、Azure Analysis Services が Microsoft の全体的な BI 機能とどのように調和しているかを確認してください。Video: Check out Azure Analysis Services Overview to learn how Azure Analysis Services fits in with Microsoft's overall BI capabilities.

スピーディな起動と実行Get up and running quickly

Azure Portal から数分でサーバーを作成することができます。In Azure portal, you can create a server within minutes. また、Azure Resource Manager テンプレートと PowerShell を使用して、宣言型のテンプレートを使用するサーバーを作成できます。And with Azure Resource Manager templates and PowerShell, you can create servers using a declarative template. 1 つのテンプレートを使用して、他の Azure コンポーネント (ストレージ アカウントや Azure Functions など) と共にサーバー リソースをデプロイできます。With a single template, you can deploy server resources along with other Azure components such as storage accounts and Azure Functions.

ビデオ:Automating deployment (デプロイの自動化)」で、Azure Automation を使用してサーバーを迅速に作成する方法を確認してください。Video: Check out Automating deployment to learn more about how you can use Azure Automation to speed server creation.

Azure Analysis Services とさまざまな Azure サービスを統合することにより、高度な分析ソリューションを構築できます。Azure Analysis Services integrates with many Azure services enabling you to build sophisticated analytics solutions. Azure Active Directory との統合によって、重要なデータのセキュリティをロールベースのアクセスによって確保することができます。Integration with Azure Active Directory provides secure, role-based access to your critical data. Azure Data Factory パイプラインには、モデルにデータを読み込むアクティビティを含めることによって統合します。Integrate with Azure Data Factory pipelines by including an activity that loads data into the model. Azure AutomationAzure Functions を使用すると、カスタム コードによるモデルの軽量オーケストレーションを行うことができます。Azure Automation and Azure Functions can be used for lightweight orchestration of models using custom code.

必要に応じたレベルを選ぶThe right tier when you need it

Azure Analysis Services は、 Developer レベル、 Basic レベル、および Standard レベルでご利用いただけます。Azure Analysis Services is available in Developer , Basic , and Standard tiers. 各レベルのプランのコストは、処理能力、クエリ処理ユニット (QPU)、およびメモリ サイズによって異なります。Within each tier, plan costs vary according to processing power, Query Processing Units (QPUs), and memory size. サーバーの作成時に、レベル内のプランを選択します。When you create a server, you select a plan within a tier. プランは、同一レベル内で変更することも、上位レベルにアップグレードすることもできますが、上位レベルから下位レベルにダウングレードすることはできません。You can change plans up or down within the same tier, or upgrade to a higher tier, but you can't downgrade from a higher tier to a lower tier.

Developer レベルDeveloper tier

このレベルは、評価、開発、およびテスト シナリオで推奨されます。This tier is recommended for evaluation, development, and test scenarios. プランには Standard レベルと同じ機能が含まれますが、処理能力、QPU、およびメモリ サイズが制限されています。A single plan includes the same functionality of the standard tier, but is limited in processing power, QPUs, and memory size. クエリ レプリカのスケール アウトは、このレベルでは 利用できませんQuery replica scale-out is not available for this tier. このレベルでは、SLA は適用されません。This tier does not offer an SLA.

プランPlan QPUQPUs メモリ (GB)Memory (GB)
D1D1 2020 33

Basic レベルBasic tier

このレベルは、表形式モデルが小さく、ユーザーのコンカレンシー数が少なく、データの更新要件がシンプルな運用ソリューションで推奨されます。This tier is recommended for production solutions with smaller tabular models, limited user concurrency, and simple data refresh requirements. クエリ レプリカのスケール アウトは、このレベルでは 利用できませんQuery replica scale-out is not available for this tier. パースペクティブ、複数のパーティション、および DirectQuery 表形式モデル機能 は、このレベルではサポートされませんPerspectives, multiple partitions, and DirectQuery tabular model features are not supported in this tier.

プランPlan QPUQPUs メモリ (GB)Memory (GB)
B1B1 4040 1010
B2B2 8080 1616

Standard レベルStandard tier

このレベルは、ユーザーの柔軟な同時実行が必要で、データ モデルが急速に拡大するミッション クリティカルな運用環境のアプリケーションに適しています。This tier is for mission-critical production applications that require elastic user-concurrency, and have rapidly growing data models. ほぼリアルタイムでデータ モデルを更新する高度なデータ更新をサポートし、すべての表形式のモデリング機能をサポートします。It supports advanced data refresh for near real-time data model updates, and supports all tabular modeling features.

プランPlan QPUQPUs メモリ (GB)Memory (GB)
S0S0 4040 1010
S1S1 100100 2525
S2S2 200200 5050
S4S4 400400 100100
S8 12S8 1, 2 320320 200200
S9 12S9 1, 2 640640 400400
S8v2 1S8v2 1 640640 200200
S9v2 1S9v2 1 12801280 400400

1 - すべてのリージョンで利用できるわけではありません。1 - Not available in all regions.
2 - S8 と S9 は非推奨とされます。2 - S8 and S9 are deprecated. v2 が推奨されます。v2 is recommended.

リージョンごとの可用性Availability by region

Azure Analysis Services は、世界中のリージョンでサポートされています。Azure Analysis Services is supported in regions throughout the world. サポートされているプランとクエリ レプリカの可用性は、選択したリージョンによって異なります。Supported plans and query replica availability depend on the region you choose. プランとクエリ レプリカの可用性は、ニーズや各リージョンの利用可能なリソースに応じて変更することができます。Plan and query replica availability can change depending on need and available resources for each region.

アメリカAmericas

リージョンRegion サポートされているプランSupported plans クエリ レプリカ (Standard プランのみ)Query replicas (Standard plans only)
ブラジル南部Brazil South B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
カナダ中部Canada Central B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
米国東部East US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
米国東部 2East US 2 B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 77
米国東部 2East US 2 S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11
米国中北部North Central US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
米国中北部North Central US S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11
米国中部Central US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
米国中部Central US S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11
米国中南部South Central US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
米国中西部West Central US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 33
米国西部West US B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 77
米国西部West US S8v2、S9v2S8v2, S9v2 22
米国西部 2West US2 B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 33
米国西部 2West US2 S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11

ヨーロッパEurope

リージョンRegion サポートされているプランSupported plans クエリ レプリカ (Standard プランのみ)Query replicas (Standard plans only)
北ヨーロッパNorth Europe B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 77
北ヨーロッパNorth Europe S8v2、S9v2S8v2, S9v2 33
英国南部UK South B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
西ヨーロッパWest Europe B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 77
西ヨーロッパWest Europe S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11

アジア太平洋Asia Pacific

リージョンRegion サポートされているプランSupported plans クエリ レプリカ (Standard プランのみ)Query replicas (Standard plans only)
オーストラリア東部Australia East B1、B2、S0、S1、S2、S4B1, B2, S0, S1, S2, S4 33
オーストラリア東部Australia East S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11
オーストラリア南東部Australia Southeast B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
東日本Japan East B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
東南アジアSoutheast Asia B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11
東南アジアSoutheast Asia S8v2、S9v2S8v2, S9v2 11
インド西部West India B1、B2、S0、S1、S2、S4、D1B1, B2, S0, S1, S2, S4, D1 11

ニーズに合わせてスケール可能Scale to your needs

スケールアップ/スケールダウン、一時停止、および再開Scale up\down, pause, and resume

サーバーをスケールアップ、スケールダウン、または一時停止します。Go up, down, or pause your server. Azure Portal を使用するか、PowerShell を使用して即座に全体を制御します。Use the Azure portal or have total control on-the-fly by using PowerShell. 料金は使用した分だけになります。You only pay for what you use.

リソースをスケールアウトしてクエリの応答速度を高めるScale out resources for fast query responses

スケールアウトにより、クライアント クエリは、クエリ プール内の複数の " クエリ レプリカ " に分散されます。With scale out, client queries are distributed among multiple query replicas in a query pool. クエリ レプリカには、表形式モデルの同期コピーが格納されます。Query replicas have synchronized copies of your tabular models. クエリのワークロードを分散することによって、高クエリ ワークロード下における応答時間を短縮することができます。By spreading the query workload, response times during high query workloads can be reduced. モデルの処理操作をクエリ プールから切り離すことができるので、クライアントのクエリに処理操作による悪影響が及ぶことはありません。Model processing operations can be separated from the query pool, ensuring client queries are not adversely affected by processing operations.

クエリ プールは、追加分として最大 7 つのクエリ レプリカ (ご使用のサーバーを含めて合計 8 つ) で作成することができます。You can create a query pool with up to seven additional query replicas (eight total, including your server). プール内に作成できるクエリ レプリカの数は、選択したプランとリージョンによって異なります。The number of query replicas you can have in your pool depend on your chosen plan and region. クエリ レプリカをサーバーのリージョンの外部に分散させることはできません。Query replicas cannot be spread outside your server's region. クエリ レプリカは、お使いのサーバーと同じ料金で課金されます。Query replicas are billed at the same rate as your server.

レベルの変更と同じように、必要に応じてクエリ レプリカをスケールアウトできます。Just like with changing tiers, you can scale out query replicas according to your needs. スケールアウトの構成は、ポータルまたは REST API を使用して行います。Configure scale out in the portal or by using REST APIs. 詳しくは、「Azure Analysis Services のスケールアウト」をご覧ください。To learn more, see Azure Analysis Services scale out.

価格Pricing

総コストは、さまざまな要因によって異なります。Total cost depends on a number of factors. たとえば、選択されたリージョン、レベル、クエリ レプリカ、一時停止/再開です。For example, your chosen region, tier, query replicas, and pause/resume. Azure Analysis Services の価格」の計算機を使用して、ご利用のリージョンの一般的な価格を確認してください。Use the Azure Analysis Services Pricing calculator to determine typical pricing for your region. このツールは、1 つのリージョンでの 1 つのサーバー インスタンスの価格を計算します。This tool calculates pricing for a single-server instance for a single region. クエリ レプリカは、サーバーと同じ料金で課金されることに留意してください。Keep in mind, query replicas are billed at the same rate as the server.

SQL Server Analysis Services が基礎Built on SQL Server Analysis Services

Azure Analysis Services には、SQL Server Analysis Services Enterprise Edition が既に備えている数多くの優れた機能との互換性があります。Azure Analysis Services is compatible with many great features already in SQL Server Analysis Services Enterprise Edition. Azure Analysis Services は、互換性レベル 1200 以降の表形式モデルをサポートします。Azure Analysis Services supports tabular models at the 1200 and higher compatibility levels. 表形式モデルは、Tabular Model Scripting Language (TMSL) と表形式オブジェクト モデル (TOM) コードで表形式メタデータ オブジェクト定義に明記されたリレーショナル モデリング構造 (モデル、テーブル、列) です。Tabular models are relational modeling constructs (model, tables, columns), articulated in tabular metadata object definitions in Tabular Model Scripting Language (TMSL) and Tabular Object Model (TOM) code. パーティション、パースペクティブ、行レベルのセキュリティ、双方向リレーションシップ、および翻訳のすべてがサポートされています。*Partitions, perspectives, row-level security, bi-directional relationships, and translations are all supported*. 多次元モデルと PowerPivot for SharePoint は、Azure Analysis Services ではサポートされて " いません "。Multidimensional models and PowerPivot for SharePoint are not supported in Azure Analysis Services.

インメモリと DirectQuery モードの両方で表形式モデルがサポートされます。Tabular models in both in-memory and DirectQuery modes are supported. インメモリ モード (既定値) の表形式モデルでは、複数のデータ ソースがサポートされます。In-memory mode (default) tabular models support multiple data sources. モデル データは高度に圧縮され、インメモリでキャッシュされるため、このモードは、大量のデータに対するクエリの応答を最速で提供します。Because model data is highly compressed and cached in-memory, this mode provides the fastest query response over large amounts of data. 複雑なデータセットとクエリに対する最大の柔軟性も備えています。It also provides the greatest flexibility for complex datasets and queries.

パーティション分割によって増分読み込みが可能になり、並列処理が増加し、メモリの消費量が減少します。Partitioning enables incremental loads, increases parallelization, and reduces memory consumption. 計算テーブルなどの高度なデータ モデリング機能と、すべての DAX 関数がサポートされます。Other advanced data modeling features like calculated tables, and all DAX functions are supported. データ ソースからキャッシュされたデータを更新するには、インメモリ モデルを更新 (処理) する必要があります。In-memory models must be refreshed (processed) to update cached data from data sources. Azure サービス プリンシパルのサポートによる PowerShell、TOM、TMSL、および REST を使用した無人の更新操作によって、モデル データが常に最新の状態であることを柔軟に保証できます。With Azure service principal support, unattended refresh operations using PowerShell, TOM, TMSL, and REST offer flexibility in making sure your model data is always up to date.

DirectQuery モード* では、ストレージとクエリの実行でバックエンドのリレーショナル データベースを活用します。DirectQuery mode* leverages the backend relational database for storage and query execution. 1 つの SQL Server、SQL Server Data Warehouse、Azure SQL Database、Azure Synapse Analytics (旧称 SQL Data Warehouse)、Oracle、および Teradata データ ソース内の非常に大きなデータ セットがサポートされます。Extremely large data sets in single SQL Server, SQL Server Data Warehouse, Azure SQL Database, Azure Synapse Analytics (formerly SQL Data Warehouse), Oracle, and Teradata data sources are supported. バックエンド データ セットは、利用可能なサーバー リソースのメモリを超えることができます。Backend data sets can exceed available server resource memory. 複雑なデータ モデルの更新シナリオは必要ありません。Complex data model refresh scenarios aren't needed. また、データ ソースの種類や DAX 式などに制限があり、一部の高度なデータ モデリング機能もサポートされていません。There are also some restrictions, such as limited data source types, DAX formula limitations, and some advanced data modeling features aren't supported. 最適なモードを決定する前に、DirectQuery モードに関する記事を参照してください。Before determining the best mode for you, see Direct Query mode.

* 利用できる機能はレベルによって異なります。* Feature availability depends on tier.

サポートされるデータ ソースSupported data sources

Azure Analysis Services の表形式モデルは、単純なテキスト ファイルから Azure Data Lake Store 内のビッグ データに至るまでの多種多様なデータ ソースをサポートします。Tabular models in Azure Analysis Services support a wide variety of data sources from simple text files to Big Data in Azure Data Lake Store. 詳細については、「Azure Analysis Services でサポートされるデータ ソース」を参照してください。To learn more, see Data sources supported in Azure Analysis Services.

互換性レベルCompatibility level

互換性レベルとは、Analysis Services エンジンにおけるリリースに固有の動作を指します。Compatibility level refers to release-specific behaviors in the Analysis Services engine. Azure Analysis Services は、互換性レベル 1200 以上の表形式モデルをサポートします。Azure Analysis Services supports tabular models at the 1200 and higher compatibility levels. 詳細については、「テーブル モデルの互換性レベル」を参照してください。To learn more, see Compatibility level for tabular models.

データのセキュリティを確保Your data is secure

Azure Analysis Services は、機微なデータを複数のレベルのセキュリティで保護します。Azure Analysis Services provides security for your sensitive data at multiple levels. Azure サービスとして、Analysis Services は Basic レベルの分散型サービス拒否 (DDoS) 攻撃からの保護を提供します。これは、Azure プラットフォームの一部として自動的に有効にされます。As an Azure service, Analysis Services provides Basic level of Distributed denial of service (DDoS) attacks automatically enabled as part of the Azure platform. 詳細については、「Azure DDoS Protection Standard の概要」を参照してください。To learn more, see Azure DDoS Protection Standard overview.

サーバー レベルでは、Analysis Services はファイアウォール、Azure 認証、サーバー管理者ロール、およびサーバー側暗号化を提供します。At the server level, Analysis Services provides firewall, Azure authentication, server administrator roles, and Server-Side Encryption. データ モデル レベルでは、ユーザー ロール、行レベルとオブジェクトレベルのセキュリティによってデータの安全性が確保され、意図したユーザーのみにデータが表示されることが保証されます。At the data model level, user roles, row-level, and object-level security ensure your data is safe and gets seen by only those users who are meant to see it.

ファイアウォールFirewall

Azure Analysis Services ファイアウォールは、ルールに指定されている IP アドレス以外のすべてのクライアント接続をブロックします。Azure Analysis Services Firewall blocks all client connections other than those IP addresses specified in rules. 既定では、新しいサーバーに対してファイアウォールによる保護は有効になっていません。By default, firewall protection is not enabled for new servers. ファイアウォール保護を有効にし、規則をサーバー プロビジョニング スクリプトの一部として構成するか、サーバーの作成直後にポータルで構成することをお勧めします。It's recommended firewall protection is enabled and rules are configured as part of a server provisioning script or in the portal immediately after the server is created. 許可する IP アドレスを個々のクライアント IP または範囲で指定してルールを構成してください。Configure rules specifying allowed IP addresses by individual client IPs or by range. Power BI (サービス) 接続を許可またはブロックすることもできます。Power BI (service) connections can also be allowed or blocked. ファイアウォールとルールは、ポータルまたは PowerShell を使用して構成します。Configure firewall and rules in the portal or by using PowerShell. 詳細については、サーバー ファイアウォールの構成に関するページをご覧ください。To learn more, see Configure a server firewall.

認証Authentication

ユーザー認証は、Azure Active Directory (AAD) によって処理されます。User authentication is handled by Azure Active Directory (AAD). ログインするとき、ユーザーは、データベースへのロール ベースのアクセスに基づく組織のアカウント ID を使用します。When logging in, users use an organization account identity with role-based access to the database. ユーザー ID は、サーバーが存在しているサブスクリプションの既定の Azure Active Directory のメンバーである必要があります。User identities must be members of the default Azure Active Directory for the subscription that the server is in. 詳細については、「認証とユーザーのアクセス許可」を参照してください。To learn more, see Authentication and user permissions.

データのセキュリティData security

Azure Analysis Services は、Azure Blob Storage を使用して、Analysis Services データベースのストレージとメタデータを保持します。Azure Analysis Services uses Azure Blob storage to persist storage and metadata for Analysis Services databases. BLOB 内のデータ ファイルは、Azure Blob Server Side Encryption (SSE) を使用して暗号化されます。Data files within Blob are encrypted using Azure Blob Server Side Encryption (SSE). DirectQuery モードを使用している場合は、メタデータのみが格納されます。When using Direct Query mode, only metadata is stored. 実データは、クエリ時に暗号化プロトコル経由でデータ ソースからアクセスされます。The actual data is accessed through encrypted protocol from the data source at query time.

組織のオンプレミス データ ソースへの安全なアクセスは、オンプレミス データ ゲートウェイをインストールして構成することにより実現します。Secure access to data sources on-premises in your organization is achieved by installing and configuring an On-premises data gateway. ゲートウェイは、DirectQuery モードとインメモリ モードの両方で、データへのアクセスを提供します。Gateways provide access to data for both DirectQuery and in-memory modes.

ロールRoles

Analysis Services では、サーバーとモデルのデータベース操作、オブジェクト、およびデータへのアクセス権を付与するロール ベースの承認を使用します。Analysis Services uses role-based authorization that grants access to server and model database operations, objects, and data. サーバーまたはデータベースにアクセスするすべてのユーザーは、割り当てられているロール内の Azure AD ユーザー アカウントを使用してアクセスします。All users who access a server or database do so with their Azure AD user account within an assigned role. サーバー管理者ロールは、サーバー リソース レベルで割り当てられます。The server administrator role is at the server resource level. 既定では、サーバーの作成時に使用されるアカウントが、サーバー管理者ロールに自動的に追加されます。By default, the account used when creating a server is automatically included in the Server Admins role. 追加のユーザーとグループのアカウントは、ポータル、SSMS、または PowerShell を使用して追加されます。Additional user and group accounts are added by using the portal, SSMS, or PowerShell.

データのクエリを実行する管理者以外のエンドユーザーは、データベース ロールを通してアクセス権が付与されます。Non-administrative end users who query data are granted access through database roles. データベース ロールは、データベース内に個別のオブジェクトとして作成され、そのロールが作成されたデータベースにのみ適用されます。A database role is created as a separate object in the database, and applies only to the database in which that role is created. データベース ロールは、(データベースの) 管理者によって定義され、読み取りと処理のアクセス許可が与えられます。Database roles are defined by (database) Administrator, Read, and Read and Process permissions. ユーザーとグループのアカウントは、SSMS または PowerShell を使用して追加されます。User and group accounts are added by using SSMS or PowerShell.

行レベルのセキュリティRow-level security

すべての互換性レベルの表形式モデルは、行レベルのセキュリティをサポートします。Tabular models at all compatibility levels support row-level security. 行レベルのセキュリティは、テーブルに行を定義する DAX 式を使用してモデル内に構成され、ユーザーがクエリを実行できる関連テーブルの複数の方向にあるすべての行が対象です。Row-level security is configured in the model by using DAX expressions that define the rows in a table, and any rows in the many direction of a related table that a user can query. 読み取りと処理のアクセス許可に対して、DAX 式を使用した行フィルターが定義されます。Row filters using DAX expressions are defined for the Read and Read and Process permissions.

オブジェクト レベルのセキュリティObject-level security

1400 互換性レベルの表形式モデルは、オブジェクト レベルのセキュリティをサポートします。これには、テーブル レベルのセキュリティと列レベルのセキュリティが含まれます。Tabular models at the 1400 compatibility level support object-level security, which includes table-level security and column-level security. オブジェクト レベルのセキュリティは、TMSL または TOM を使用して、Model.bim ファイルに JSON ベースのメタデータで設定されます。Object level security is set in the JSON-based metadata in the Model.bim file by using TMSL, or TOM. 詳細については、「オブジェクト レベルのセキュリティ」を参照してください。To learn more, see Object-level security.

サービス プリンシパルによる自動化Automation through service principals

サービス プリンシパルは、リソース/サービス レベルの無人操作を実行する目的でテナント内で作成する Azure Active Directory アプリケーション リソースです。Service principals are an Azure Active Directory application resource you create within your tenant to perform unattended resource and service level operations. サービス プリンシパルは、Azure Automation、PowerShell 無人モード、カスタム クライアント アプリケーション、Web アプリと共に使用され、データの更新、スケールアップ/スケールダウン、一時停止/再開などの一般的なタスクを自動化します。Service principals are used with Azure Automation, PowerShell unattended mode, custom client applications, and web apps to automate common tasks like data refresh, scale up/down, and pause/resume. ロール メンバーシップを介して、サービス プリンシパルにアクセス許可が割り当てられます。Permissions are assigned to service principals through role membership. 詳細については、「サービス プリンシパルによる自動化」を参照してください。To learn more, see Automation with service principals.

Azure のガバナンスAzure governance

Azure Analysis Services は、Microsoft オンライン サービス使用条件およびMicrosoft プライバシー表明の対象です。Azure Analysis Services is governed by the Microsoft Online Services Terms and the Microsoft Privacy Statement. Azure のセキュリティについて詳しくは、Microsoft セキュリティ センターをご覧ください。To learn more about Azure Security, see the Microsoft Trust Center.

既に知っているツールの使用Use the tools you already know

BI 開発者用ツール

Visual StudioVisual Studio

Visual Studio と Analysis Services プロジェクトでモデルを開発し、展開します。Develop and deploy models with Visual Studio with Analysis Services projects. Analysis Services のプロジェクト拡張機能には、短時間で開発を進めるためのテンプレートやウィザードが用意されています。The Analysis Services projects extension includes templates and wizards that get you up and going quickly. Visual Studio のモデル作成環境に最新の Get Data データ ソース クエリとマッシュアップ機能が追加され、1400 以降の表形式モデルに対応できるようになりました。The model authoring environment in Visual Studio now includes the modern Get Data data source query and mashup functionality for tabular 1400 and higher models. Power BI Desktop と Excel 2016 の Get Data に慣れていれば、高度にカスタマイズされたデータ ソース クエリの作成が非常に簡単であることは既にわかっています。If you're familiar with Get Data in Power BI Desktop and Excel 2016, you already know how easy it is to create highly customized data source queries.

Microsoft Analysis Services プロジェクトは、インストール可能な無料の VSIX パッケージとして提供されています。Microsoft Analysis Services Projects is available as a free installable VSIX package. Marketplace からダウンロードできます。Download from Marketplace. この拡張機能は、無料の Community 版を含む、Visual Studio 2017 以降のあらゆるバージョンで機能します。The extension works with any version of Visual Studio 2017 and later, including the free Community edition.

SQL Server Management StudioSql Server Management Studio

SQL Server Management Studio (SSMS) を使って、サーバーとモデル データベースを管理します。Manage your servers and model databases by using SQL Server Management Studio (SSMS). クラウド内のサーバーに接続します。Connect to your servers in the cloud. XMLA クエリ ウィンドウから直接 TMSL スクリプトを実行したり、TMSL スクリプトと PowerShell を使用してタスクを自動化したりできます。Run TMSL scripts right from the XMLA query window, and automate tasks by using TMSL scripts and PowerShell. 新しい機能が次々と登場するため、SSMS は毎月更新されます。New features and functionality happen fast - SSMS is updated monthly.

オープンソース ツールOpen-source tools

Analysis Services には、ツールを作成する開発者の活気に満ちたコミュニティがあります。Analysis Services has a vibrant community of developers who create tools. 直感的で軽量なエディターを使用して表形式モデルを作成、保守、管理できるオープンソース ツール、Tabular Editor をぜひご覧ください。Be sure to check out Tabular Editor, an open-source tool for creating, maintaining, and managing tabular models using an intuitive, lightweight editor. DAX Studio は、DAX の作成、診断、パフォーマンス チューニング、分析のための優れたオープンソース ツールです。DAX Studio, is a great open-source tool for DAX authoring, diagnosis, performance tuning, and analysis.

PowerShellPowerShell

サーバー リソースの作成、サーバー操作の中断/再開、サービス レベルの変更などのサーバー リソース管理タスクでは、Azure PowerShell コマンドレットが使用されます。Server resource management tasks like creating server resources, suspending or resuming server operations, or changing the service level (tier) use Azure PowerShell cmdlets. ロール メンバーの追加と削除、処理、TMSL スクリプトの実行など、その他のデータベース管理タスクでは、SqlServer モジュールのコマンドレットが使用されます。Other tasks for managing databases such as adding or removing role members, processing, or running TMSL scripts use cmdlets in the SqlServer module. 詳細については、「PowerShell で Azure Analysis Services を管理する」を参照してください。To learn more, see Manage Azure Analysis Services with PowerShell.

オブジェクト モデルとスクリプトObject model and scripting

表形式モデルは開発に要する時間が短く、高度なカスタマイズも可能です。Tabular models offer rapid development and are highly customizable. 表形式モデルには、モデル オブジェクトを記述するための表形式オブジェクト モデル (TOM) が含まれます。Tabular models include the Tabular Object Model (TOM) to describe model objects. TOM は、Tabular Model Scripting Language (TMSL) を通じて JSON 形式で公開され、Microsoft.AnalysisServices.Tabular 名前空間を通じて AMO データ定義言語で公開されています。TOM is exposed in JSON through the Tabular Model Scripting Language (TMSL) and the AMO data definition language through the Microsoft.AnalysisServices.Tabular namespace.

最新のクライアント ツールをサポートSupports the latest client tools

データ可視化

Power BI、Excel、Reporting Services、サードパーティ製ツールなど、データの探索と視覚化用の最新ツールがすべてサポートされているため、ユーザーは、モデル データに対して非常にインタラクティブで視覚的に優れた分析情報を取得できます。Modern data exploration and visualization tools like Power BI, Excel, Reporting Services, and third-party tools are all supported, providing users with highly interactive and visually rich insights into your model data.

監視と診断Monitoring and diagnostics

Azure Analysis Services は、Azure Monitor のメトリックと統合され、豊富なリソース固有のメトリックを提供します。これらは、サーバーのパフォーマンスと正常性を監視するために役立ちます。Azure Analysis Services is integrated with Azure Monitor metrics, providing an extensive number of resource-specific metrics to help you monitor the performance and health of your servers. 詳細については、サーバー メトリックの監視に関する記事をご覧ください。To learn more, see Monitor server metrics. メトリックは、リソースのプラットフォーム ログに記録されます。Record metrics with resource platform logs. 監視を行ってログを Azure Storage に送信し、それらを Azure Event Hubs にストリーミング配信して、Azure Monitor ログ (Azure のサービス) にエクスポートします。Monitor and send logs to Azure Storage, stream them to Azure Event Hubs, and export them to Azure Monitor logs, a service of Azure. 詳細については、「診断ログのセットアップ」を参照してください。To learn more, see Setup diagnostic logging.

Azure Analysis Services は、動的管理ビュー (DMV) の使用もサポートします。Azure Analysis Services also supports using Dynamic Management Views (DMVs). SQL 構文に基づいて、DMV は、メタデータとサーバー インスタンスに関する監視情報を返すスキーマ行セットとインターフェイスします。Based on SQL syntax, DMVs interface schema rowsets that return metadata and monitoring information about server instance.

ドキュメントDocumentation

ここには、Azure Analysis Services 固有のドキュメントが含まれています。Documentation specific to Azure Analysis Services is included here. 記事を検索するには、ブラウザー画面の左側にある目次を使用します。Use the table of contents on the left side of your browser screen to find articles.

Azure Analysis Services の表形式モデルは、SQL Server Analysis Services や Power BI Premium データセットの表形式モデルとほぼ同じなので、Analysis Services のドキュメントのデータ モデリング チュートリアル、概念、手順、開発、およびリファレンスに関する豊富な記事のライブラリを共有できます。Because tabular models in Azure Analysis Services are much the same as tabular models in SQL Server Analysis Services and Power BI Premium datasets, there's an extensive library of shared data modeling tutorials, conceptual, procedural, developer, and reference articles in Analysis Services documentation. Analysis Services 共通ドキュメントの記事が Azure Analysis Services にも適用される場合は、記事のタイトルの下の [適用対象] バナーにその旨が表示されます。Articles in the shared Analysis Services documentation show if they also apply to Azure Analysis Services by an APPLIES TO banner beneath the title. 目次の上にあるバージョン セレクターを使用して、ご使用のプラットフォームに該当する記事だけを表示することもできます。You can also use the Version selector above the table of contents to see only those articles that apply to the platform you're using.

共有ドキュメント

投稿Contribute!

この記事のような Analysis Services のドキュメントはオープン ソースです。Analysis Services documentation, like this article, is open source. 投稿方法の詳細については、Docs 共同作成者ガイドを参照してください。To learn more about how you can contribute, see the Docs contributor guide.

Azure Analysis Services のドキュメントでは、GitHub Issues も使用されます。Azure Analysis Services documentation also uses GitHub Issues. 製品またはドキュメントに関するフィードバックを提供できます。You can provide feedback about the product or documentation. 記事の下部にある フィードバック をご利用ください。Use Feedback at the bottom of an article. GitHub Issues は、まだ Analysis Services 共通ドキュメントでは有効になっていません。GitHub Issues are not enabled for the shared Analysis Services documentation.

ブログBlogs

内容は急速に変化しています。Things are changing rapidly. Power BI ブログAzure ブログで最新情報を入手できます。Get the latest information on the Power BI blog and Azure blog.

コミュニティCommunity

Analysis Services には活気のあるユーザー コミュニティがあります。Analysis Services has a vibrant community of users. Azure Analysis Services フォーラムの会話に参加してください。Join the conversation on Azure Analysis Services forum.

次のステップNext steps