RAND (Transact-SQL)RAND (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) noParallel Data Warehouse

擬似乱数を返します float 0 ~ 1 の排他値。Returns a pseudo-random float value from 0 through 1, exclusive.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
RAND ( [ seed ] )  

引数Arguments

seedseed
シード値を指定する整数の (tinyintsmallint、または int)。Is an integer expression (tinyint, smallint, or int) that gives the seed value. 場合 シード が指定されていない、SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine シード値をランダムに割り当てられます。If seed is not specified, the SQL Server データベース エンジンSQL Server Database Engine assigns a seed value at random. 指定されたシード値に対し、返される結果は常に同じです。For a specified seed value, the result returned is always the same.

戻り値の型Return Types

floatfloat

解説Remarks

同じシード値を使用して RAND() を繰り返し呼び出しても、同じ結果が返されます。Repetitive calls of RAND() with the same seed value return the same results.

1 つの接続について、指定したシード値で RAND() を呼び出すと、以降のすべての RAND() の呼び出しで、シード値を指定した RAND() の呼び出しに基づいた結果が生成されます。For one connection, if RAND() is called with a specified seed value, all subsequent calls of RAND() produce results based on the seeded RAND() call. たとえば、次のクエリでは、同じ数値のシーケンスが常に返されます。For example, the following query will always return the same sequence of numbers.

SELECT RAND(100), RAND(), RAND()   

Examples

次の例では、RAND 関数によって 4 つの異なる乱数が生成されます。The following example produces four different random numbers that are generated by the RAND function.

DECLARE @counter smallint;  
SET @counter = 1;  
WHILE @counter < 5  
   BEGIN  
      SELECT RAND() Random_Number  
      SET @counter = @counter + 1  
   END;  
GO  

参照See Also

数学関数 (Transact-SQL)Mathematical Functions (Transact-SQL)