DROP AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)DROP AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)

適用対象: ○SQL Server XAzure SQL Database XAzure SQL Data Warehouse XParallel Data WarehouseAPPLIES TO: yesSQL Server noAzure SQL Database noAzure SQL Data Warehouse noParallel Data Warehouse

指定された可用性グループとそのすべてのレプリカを削除します。Removes the specified availability group and all of its replicas. 可用性グループを削除する際、可用性レプリカの 1 つをホストするサーバー インスタンスがオフラインだった場合は、再度オンラインになった時点でローカルの可用性レプリカが削除されます。If a server instance that hosts one of the availability replicas is offline when you delete an availability group, after coming online, the server instance will drop the local availability replica. 可用性グループを削除すると、関連付けられている可用性グループ リスナーも削除されます (存在する場合)。Dropping an availability group also deletes the associated availability group listener, if any.

重要

可能であれば、プライマリ レプリカをホストするサーバー インスタンスに接続しているときにのみ可用性グループを削除してください。If possible, remove the availability group only while connected to the server instance that hosts the primary replica. 可用性グループをプライマリ レプリカから削除すると、元のプライマリ データベースで変更が許可されます (高可用性の保護なし)。When the availability group is dropped from the primary replica, changes are allowed in the former primary databases (without high availability protection). セカンダリ レプリカから可用性グループを削除すると、プライマリ レプリカは RESTORING 状態になり、変更はデータベースで許可されません。Deleting an availability group from a secondary replica leaves the primary replica in the RESTORING state, and changes are not allowed on the databases.

可用性グループを削除する別の方法については、「可用性グループの削除(SQL Server)」を参照してください。For information about alternative ways to drop an availability group, see Remove an Availability Group (SQL Server).

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

  
DROP AVAILABILITY GROUP group_name   
[ ; ]  

引数Arguments

group_namegroup_name
削除する可用性グループの名前を指定します。Specifies the name of the availability group to be dropped.

制限事項と推奨事項Limitations and Recommendations

  • DROP AVAILABILITY GROUP を実行するには、サーバー インスタンスで AlwaysOn 可用性グループ機能が有効になっている必要があります。Executing DROP AVAILABILITY GROUP requires that the Always On Availability Groups feature is enabled on the server instance. 詳細については、「AlwaysOn 可用性グループの有効化と無効化 (SQL Server)」を参照してください。For more information, see Enable and Disable AlwaysOn Availability Groups (SQL Server).

  • DROP AVAILABILITY GROUP は、バッチの一部として実行することや、トランザクション内で実行することはできません。DROP AVAILABILITY GROUP cannot be executed as part of batches or within transactions. また、式および変数はサポートされません。Also, expressions and variables are not supported.

  • 可用性グループの削除は、その可用性グループに対する適切なセキュリティ資格情報が存在する任意の Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) ノードから行うことができます。You can drop an availability group from any Windows Server Failover Clustering (WSFC) node that possesses the correct security credentials for the availability group. そのため、可用性レプリカがまったく残っていなくても可用性グループを削除することができます。This enables you to delete an availability group when none of its availability replicas remain.

    重要

    Windows Server フェールオーバー クラスタリング (WSFC) クラスターにクォーラムがない場合は、可用性グループを削除しないでください。Avoid dropping an availability group when the Windows Server Failover Clustering (WSFC) cluster has no quorum. クラスターのクォーラムがないときに可用性グループを削除すると、クラスターに格納されているメタデータ可用性グループは削除されません。If you must drop an availability group while the cluster lacks quorum, the metadata availability group that is stored in the cluster is not removed. クラスターのクォーラムが再取得された後、WSFC クラスターから削除するために、可用性グループをもう一度削除する必要があります。After the cluster regains quorum, you will need to drop the availability group again to remove it from the WSFC cluster.

  • セカンダリ レプリカについては、DROP AVAILABILITY GROUP は緊急の目的だけに使用してください。On a secondary replica, DROP AVAILABILITY GROUP should only be used only for emergency purposes. 理由は、可用性グループを削除すると可用性グループがオフラインになるためです。This is because dropping an availability group takes the availability group offline. セカンダリ レプリカから可用性グループを削除した場合、プライマリ レプリカは、OFFLINE 状態が、クォーラム損失、強制フェールオーバー、または DROP AVAILABILITY GROUP コマンドのどの原因で発生したのかを特定できません。If you drop the availability group from a secondary replica, the primary replica cannot determine whether the OFFLINE state occurred because of quorum loss, a forced failover, or a DROP AVAILABILITY GROUP command. スプリット ブレイン状況の発生を防ぐために、プライマリ レプリカは RESTORING 状態に遷移します。The primary replica transitions to the RESTORING state to prevent a possible split-brain situation. 詳細については、「How It Works:DROP AVAILABILITY GROUP Behaviors」 (動作方法: DROP AVAILABILITY GROUP の動作) (CSS SQL Server エンジニアのブログ) を参照してください。For more information, see How It Works: DROP AVAILABILITY GROUP Behaviors (CSS SQL Server Engineers blog).

SecuritySecurity

アクセス許可Permissions

可用性グループの ALTER AVAILABILITY GROUP 権限、CONTROL AVAILABILITY GROUP 権限、ALTER ANY AVAILABILITY GROUP 権限、または CONTROL SERVER 権限が必要です。Requires ALTER AVAILABILITY GROUP permission on the availability group, CONTROL AVAILABILITY GROUP permission, ALTER ANY AVAILABILITY GROUP permission, or CONTROL SERVER permission. ローカル サーバー インスタンスによってホストされていない可用性グループを削除するには、その可用性グループ上の CONTROL SERVER 権限または CONTROL 権限が必要です。To drop an availability group that is not hosted by the local server instance you need CONTROL SERVER permission or CONTROL permission on that availability group.

使用例Examples

次の例では、 AccountsAG 可用性グループを削除します。The following example drops the AccountsAG availability group.

DROP AVAILABILITY GROUP AccountsAG;  

関連コンテンツRelated Content

参照See Also

ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) ALTER AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL) CREATE AVAILABILITY GROUP (Transact-SQL)
可用性グループの削除 (SQL Server)Remove an Availability Group (SQL Server)