DROP PARTITION FUNCTION (Transact-SQL)

適用対象: はいSQL Server (サポートされているすべてのバージョン) はいAzure SQL データベース

現在のデータベースからパーティション関数を削除します。 パーティション構成を作成するには CREATE PARTITION FUNCTION を、変更するには ALTER PARTITION FUNCTION を使用します。

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則

構文

DROP PARTITION FUNCTION partition_function_name [ ; ]  

注意

SQL Server 2014 以前の Transact-SQL 構文を確認するには、以前のバージョンのドキュメントを参照してください。

引数

partition_function_name
削除するパーティション関数の名前です。

解説

現在、パーティション関数を使用しているパーティション構成がない場合にのみ、パーティション関数を削除できます。 パーティション関数を使用するパーティション構成がある場合、DROP PARTITION FUNCTION でエラーが返されます。

アクセス許可

次のいずれかの権限が与えられていれば、DROP PARTITION FUNCTION を実行できます。

  • ALTER ANY DATASPACE 権限。 この権限は、既定では sysadmin 固定サーバー ロール、 db_owner 固定データベース ロール、および db_ddladmin 固定データベース ロールのメンバーに与えられています。

  • パーティション関数が作成されたデータベースでの CONTROL または ALTER 権限。

  • パーティション関数が作成されたデータベースのサーバーでの CONTROL SERVER または ALTER ANY DATABASE 権限。

次の例では、パーティション関数 myRangePF が現在のデータベースで作成されたことを前提としています。

DROP PARTITION FUNCTION myRangePF;  

参照

CREATE PARTITION FUNCTION (Transact-SQL)
ALTER PARTITION FUNCTION (Transact-SQL)
EVENTDATA (Transact-SQL)
sys.partition_functions (Transact-SQL)
sys.partition_parameters (Transact-SQL)
sys.partition_range_values (Transact-SQL)
sys.partitions (Transact-SQL)
sys.tables (Transact-SQL)
sys.indexes (Transact-SQL)
sys.index_columns (Transact-SQL)