DROP VIEW (Transact-SQL)DROP VIEW (Transact-SQL)

適用対象: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse APPLIES TO: yesSQL Server yesAzure SQL Database yesAzure Synapse Analytics (SQL DW) yesParallel Data Warehouse

1 つまたは複数のビューを現在のデータベースから削除します。Removes one or more views from the current database. DROP VIEW は、インデックス付きビューに対して実行できます。DROP VIEW can be executed against indexed views.

トピック リンク アイコン Transact-SQL 構文表記規則Topic link icon Transact-SQL Syntax Conventions

構文Syntax

-- Syntax for SQL Server, Azure SQL Database, and Azure SQL Data Warehouse
  
DROP VIEW [ IF EXISTS ] [ schema_name . ] view_name [ ...,n ] [ ; ]  
-- Syntax for Parallel Data Warehouse  
  
DROP VIEW [ schema_name . ] view_name [ ; ]  

引数Arguments

IF EXISTSIF EXISTS
適用対象: SQL ServerSQL Server (SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) から現在のバージョンまで、SQL DatabaseSQL Database)。|Applies to: SQL ServerSQL Server ( SQL Server 2016 (13.x)SQL Server 2016 (13.x) through current version, SQL DatabaseSQL Database).|

条件付きでは既に存在する場合にのみ、ビューを削除します。Conditionally drops the view only if it already exists.

schema_nameschema_name
ビューが所属するスキーマの名前を指定します。Is the name of the schema to which the view belongs.

view_nameview_name
削除するビューの名前を指定します。Is the name of the view to remove.

RemarksRemarks

ビューを削除すると、ビューの定義やビューに関するその他の情報がシステム カタログから削除されます。When you drop a view, the definition of the view and other information about the view is deleted from the system catalog. ビューに対する権限もすべて削除されます。All permissions for the view are also deleted.

DROP TABLE を使用して削除されたテーブルのすべてのビューは、DROP VIEW を使用して明示的に削除する必要があります。Any view on a table that is dropped by using DROP TABLE must be dropped explicitly by using DROP VIEW.

DROP VIEW をインデックス付きビューに対して実行すると、ビューのすべてのインデックスが自動的に削除されます。When executed against an indexed view, DROP VIEW automatically drops all indexes on a view. ビューのすべてのインデックスを表示するには、sp_helpindex を使います。To display all indexes on a view, use sp_helpindex.

ビューからクエリを実行すると、データベース エンジンDatabase Engineでは、ステートメントで参照されているデータベース オブジェクトがすべて存在すること、データベース オブジェクトがステートメントのコンテキストで有効であること、およびデータ変更ステートメントがデータの整合性規則に違反していないことが確認されます。When querying through a view, the データベース エンジンDatabase Engine checks to make sure that all the database objects referenced in the statement exist and that they are valid in the context of the statement, and that data modification statements do not violate any data integrity rules. 確認に失敗すると、エラー メッセージが返されます。A check that fails returns an error message. 確認に成功すると、そのアクションが、基になるテーブルに対するアクションに変換されます。A successful check translates the action into an action against the underlying table or tables. ビューが作成された後で基になるテーブルやビューが変更された場合は、ビューを削除して再作成することが適切な場合があります。If the underlying tables or views have changed since the view was originally created, it may be useful to drop and re-create the view.

特定のビューの依存関係を確認する方法について詳しくは、「sys.sql_dependencies (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information about determining dependencies for a specific view, see sys.sql_dependencies (Transact-SQL).

ビューのテキストを表示する方法について詳しくは、「sp_helptext (Transact-SQL)」をご覧ください。For more information about viewing the text of the view, see sp_helptext (Transact-SQL).

アクセス許可Permissions

ビューの CONTROL 権限、ビューを含んでいるスキーマの ALTER 権限、または db_ddladmin 固定サーバー ロールのメンバーシップが必要です。Requires CONTROL permission on the view, ALTER permission on the schema containing the view, or membership in the db_ddladmin fixed server role.

使用例Examples

A.A. ビューを削除するDrop a view

次の例では、ビュー Reorder を削除します。The following example removes the view Reorder.

DROP VIEW IF EXISTS dbo.Reorder ;  
GO  

参照See Also

ALTER VIEW (Transact-SQL) ALTER VIEW (Transact-SQL)
CREATE VIEW (Transact-SQL) CREATE VIEW (Transact-SQL)
EVENTDATA (Transact-SQL) EVENTDATA (Transact-SQL)
sys.columns (Transact-SQL) sys.columns (Transact-SQL)
sys.objects (Transact-SQL) sys.objects (Transact-SQL)
USE (Transact-SQL) USE (Transact-SQL)
sys.sql_expression_dependencies (Transact-SQL)sys.sql_expression_dependencies (Transact-SQL)